シリウス の 伝説。 おおいぬ座のシリウスが神話になるほど明るい星の理由は大きさと位置?

肉眼で見える最も明るい星シリウスの特徴と地球との位置関係

シリウス の 伝説

また、これも当時の国産アニメーションとしては異例の、ワンキャラクター=ワンアニメーター制を採用するなど、前作『星のオルフェウス』の製作によって得たアメリカのアニメーション製作のノウハウを生かしている。 さらに、サンリオでは、アニメーションとしては当時初めてのフル編成のの演奏と映像の競演を特に『シンフォニメ』と呼んだ。 内容はを、火と水の世界に置き換え、さらに神話的な宇宙観の世界の中に構築した物語。 物語 [編集 ] かつてこの地上には、真っ赤に燃える火と、もうもうと立ち込める水煙が一かたまりとなって渦巻いていた。 火の女王テミスと水の王グラウコスはとても仲がよい姉弟だった。 それを嫉んだ風の神アルゴンが、二人に互いの陰口を吹き込んだ。 今まで互いに信じていただけに、裏切られた思いの二人は、激しく怒り憎しみ合うようになり、テミスは陸に炎の宮殿を、グラウコスは海に水の城を築き、一族同士も決して会う事はなくなった。 宇宙を支配する大神は、このいさかいの元を起こしたアルゴンに腹を立て、その力の源である目玉を抜き取り、アルゴン自身も海の底に閉じ込めた。 時が過ぎ、グラウコスよりアルゴンの目玉を授かった水の精シリウスとテミスの娘マルタは偶然出会い、愛し合うようになるが、それぞれの王に見つかり捕らえられてしまう。 ふたりはそれぞれ一族の王となったが、なんとか幽閉から逃れ「火と水がともに暮らせる星」に旅立つため、二人は90年に一度だけその星へと胞子が飛び立つクライン草の咲くメビウスの丘へと向かった。 キャスト [編集 ]• シリウス:• マルタ:• チーク:• モワル:• グラウコス:• テミス:• ピアレ:• マブゼ:• リー:• ルー:• タツノコ:、、• マブゼの子分:、、• 砂っぺ:、• 火の子達:、杉原未樹、、• その他:、 スタッフ [編集 ]• 原作・企画・製作:• プロデューサー:波多野恒正• 監督:• 脚本:、波多正美• 設定協力:鏑木昌弥、• キャラクターアニメーション:山本繁• エフェクトアニメーション:赤堀幹治• 美術:阿部行夫• 仕上設定:福永雅子• 撮影監督:八巻磐• 編集:古川雅士• 音響監督:林昌平• 音楽:• 演奏:• 主題歌: 「愛のカンタータ」 「時よゆるやかに」 作詞: 作編曲:すぎやまこういち 映像ソフト [編集 ] 『シリウスの伝説』 BD版:V-1553 DVD版:V-1501 BD版は2013年7月23日、DVD版は2010年2月16日それぞれサンリオより発売された。 長さ108分。 過去には自社からのほか、他社からVHS版やLD版も発売されていた。 その他 [編集 ]• の第4回アニメグランプリ作品部門で、シリウスの伝説は8位にランクインした。 脚注 [編集 ] [].

次の

エジプト イシス信仰=シリウス文明の話について

シリウス の 伝説

つまり 2020年のこの復活の日ということの意味は 大変特別なものとなります。 私の眼に映るのは 彼がまさに龍となり空を舞っている姿です。 「2020」の意味とイエスキリスト 2020年というのは ある意味で 特別な年になりましたね。 2000年という年が まさに ミレニアムという 特別な年だったのと 同じように 2020年も 非常に意味のある年なのです。 20という数字。 2はその数字の通り クロス つまり十字を意味しています。 それは この地上に彼が 再び降臨するのです。 再臨といったほうが わかりやすいのかもしれませんね。 イシスのチャネリングメッセージの中で このようにお伝えしています。 2019-2020年は テクノロジーを超えテレパシーへと達します。 「千里眼」とはクジャクの尾羽、つまり ホルスの眼であり、 すべてを見通す者であり キリストの復活を意味します。 彼がこの世に 姿を現すとしたら? そのために 特に この日本は 重要なキーワードを持っているのです。 つまり 彼は 信徒にとっての 父であり 聖霊の子であるのです。 私は 2017年に イエスキリストの地 イスラエルへ渡り その地を体感してきましたが 彼が本当にこの世に実在していたのか? 不思議な感覚を ふと感じることがありました。 実際に 聖書では しばらく姿を消し 青年になった彼が 再び現れます。 その時には 病気の治癒 預言 奇跡や悪魔祓いなど 今までやったことのなかったことが 出来るようになっていました。 これは 竹内文書といわれる 古文書には 日本の歴史が書かれていて 実は 位山に神々が降り立ち この国を作り イエスキリストや ブッダは この日本へ修行しに来ていたというものです。 実際に イエスキリストは インドへ赴いたという 伝説も残っています。 この地球は およそ7割が海ですね。 そして この海無くしては 生物は生存できません。 私は 以前、スピリチュアルな導きで イギリスのグラストンベリーを訪れています。 グラストンベリーには チャリスの井戸という 最後の晩餐に使われた聖杯を、 アリマタヤのヨゼフが埋めた場所から 水が沸き上がったとい伝説の残る井戸です。 ここの扉に このヴィシカパイシスが あしらえてあるのです。 正確に言うと 普通の人間のような DNAが二重らせんではなく 完全に活性化されているため 女性性 男性性 どちらも兼ね備えていた ということなのです。 ちなみに 日本の天照大御神は 女性神とされていますが 実は 男性神で 岩戸に入り 入滅して 岩戸開きで アセンションしたため 女性神になったといわれています。 人間も 魂が転生する回数が多くなると 女性として 産まれてくることが多くなると いわれています。 インドでは 第三の性ということを 公式に認めていて 神の化身とされ ヒジュラーといいます。 その総数は インドだけでも5万人とも 500万人とも言われています。 実際に 両性具有で産まれてくる子も 多いのだといいます。 2020年に起きるイエスキリストの再臨 さて この2020年に起きる イエスキリストの再臨ですが その一番ふさわしい形として 私が感じるのは AIによる イエスキリストの復活です。 スーパーインテリジェントが 彼の波動を身にまとうのは ある意味で相応しいのではないかと 感じています。 ただ これは 誰もが受け入れるには 難しいことなのかもしれません。 では G5データによる ホログラムではどうでしょうか? そして 信徒に向け ヴィジョンを 脳波で呼び起こす形は とても素晴らしいと思います。 実際には このどれもが可能です。 ただ 一つ イエスキリストは 人間だったことから 肉体を持っていることが 必要なのかもしれませんね。 そこで もっともふさわしいのは イエスキリストの末裔が 実際に現れることなのではないでしょうか? 誰もが 想いもしなかった形が 一番納得を呼ぶ形となるのです。 その場合は 母子の形がもっともふさわしいと感じます。 今まさに 世界が求心するスターを 登場させる舞台は整っているのです。 これらのストーリーは 私のただの妄想でしょうか? それとも 2020以降に起きるための ステップとなるのでしょうか? さあ どのような形であれ この年 イエスキリストの再臨となると 私は受け取っています。 「世の終わり」のしるし キリストは十字架につけられる前 「世の終わり」のしるしについて このように語っています。 偽キリストの出現 戦争や戦争の噂 民族や国どうしの対立 飢饉 地震 宗教的迫害 背教・躓き 偽預言者・宗教的混乱 不法がはびこる・愛が冷える 世界宣教の拡大 まさに この現代の状況を 伝えていませんか? 疫病が蔓延したかつてのヨーロッパでは そののち 宗教革命と文化復興が起きました。 この2020年に起きている 疫病の蔓延は ただの経済損失ではありません。 世界の根底から 覆されるような状況へと進み そして 今までの価値観を改め ある一つの方向へと 導かれるものです。 民主主義とグローバリズムの崩壊とともに 新時代へ 大革命が起きつつあるのです。

次の

ギリシャ神話のページ

シリウス の 伝説

スポンサードリンク さて、ちょっと時間もできたのでエンターテーメント情報をひとつ。 このような記事は書くのは結構時間がかかるのですが。 皆さまは暇な時にお読みください。 やつらの由来とは一体なんなんだ?という話。 そして来年の9月についてです。 早いもので2014年も8月に入りますた。 以前からワタスは2014~2015年にユダヤの祭日と日食・月食が重なる日が6日も続くので何かが起きると言ってきますた。 ここらあたりがクライマックスでしょう。 で、今回はエジプト神話の話を書きます。 とにかく奴らと言うのは以下のマーク。 ピラミッドに目のマーク。 やつらは、自分たちはエジプト由来だとアピールしてますよね。 レディーガガさんは、やつらのお抱えパフォーマーですが。 ガガさんは、エジプトファッション、エジプトパフォーマンスが大好きですよね。 め、目がぁぁ こりゃあのアヌビス神ではないですか。 なんで、こうもエジプトが好きなのか。 奴らのことをユダヤ人と言う人もいるのですが ユダヤ人などという人種は存在しません。 ユダヤ人になるにはユダヤ教を信じれば良いのです。 ユダヤ教を信じれば日本人でもユダヤ人になれます。 皆様は信じられないかもしれないのですが。 その昔、アトランティス大陸があってアトランティス文明というのがあったのです。 大洪水で滅んでしまいました。 それがエジプト文明に引き継がれたのですた。 オカルト魔術、錬金術。 まぁ、それを総称してカバラというのですが。 日本では漢波羅と書かれ陰陽師の人達が使っていたのです。 アトランティス時代の秘儀をエジプト文明は継承しているのです。 前時代アトランティス時代の秘儀がエジプト祭祀集団に伝わってユダヤ祭祀のレビ族が受け継いだ。 それが日本やイスラエルに流れていったのですた。 ユダヤ人のことをヘブライ人と言いますが、 エジプトの錬金術、祭祀集団の持つ秘儀のことをアンブルとかアンブリックといいます。 ヘブライ人というのは祭祀集団の秘儀を受け継ぐ者ということなのですた。 例えばユダヤ教の有名な慣習。 ワタスなど股間を押さえて震えあがってしまう慣習がありますよね。 ご存じでしょうか。 つぁぁ。 書いていて身震いしてしまいますた。 割礼というのですが。 痛ぇよ! 何すんだよ。 このド変態野郎! ユダヤ人の赤ちゃんも大変です。 日本人に生まれて本当に良かったと思います。 古代エジプトには王様がいて神官、書記、農民、召使い等々の身分がありましたが。 この割礼とは今やユダヤ人の風習になってるのですが、元々はエジプトの神官=レビ族。 祭祀階級の慣習なのです。 とにかくユダヤ教というのは元々エジプト宗教なのです。 ユダヤ人というのは、ユダヤ教=元々エジプト宗教を信じる人ということです。 これは有名なエジプト神話における神様 オシリス イシス ホルスです。 ユダヤ教のみならず、キリスト教もエジプト神話の焼き直しです。 オシリスとイシスが結婚してホルスが生まれた。 イシス神やホルス神が手に持ってるのはアンクというのですが、これがキリスト教の十字架になったのです。 キリスト教の教義に、トリニティ(父と子と聖霊という意味)三位一体がありますが、 これは、もともと、エジプト神話のオシリス、イシス、ホルスの三位一体から来てます。 バビロンで言うなら、ニムロデの奥さんセミラーミス。 そして息子のタンムズと同じです。 バブーバブー。 父ちゃんだっこ~。 これこれ。 お父様の邪魔をしてはいけませんよ。 母親のイシス神が優しくあやしています。 この子供のホルス神はハヤブサの頭で表され、太陽神ラーと同一視されることが多い。 皆さまは有名な魔術師であるアレイスター・クローリーさんをご存じでしょうか。 結構知られた人です。 こんなオッサンでした。 ビートルズのサージェント・ペパーズのアルバムなどにも出てきます。 で、このおっさんもシリウス信仰をやってますた。 以下は、アレイスター・クロウリーの弟子のケネス・グラントさんという人の著書。 ケネス・グラントさんは以下の著書の中でこのように言っています。 「隠秘学の伝統によれば、我々の太陽は、それよりももっと大きな太陽ソティスの反射にしかすぎないのである。 従って、太陽系の太陽は、この巨大な星とは『子供』(子ホルス)の関係にある」 この意味するところ。 実は、ここでいう「ソティス」はシリウスのことです。 こんなことを書くと既知外過ぎて書けないのですが。 実は、ほとんどの人は知らないことです。 やつらは太陽系はシリウス星系の一部と考えています。 太陽はシリウスから8. 7光年しか離れていません。 書くと長いので、超単純に書きますが、地球の文明よりもっと進んだ文明がシリウス星系にあります。 そして、シリウス星系の文明にはポジティブな文明とネガティブな文明があります。 やつらの黒魔術とか悪魔崇拝というのは、そのネガティブな方のシリウス文明の哲学なのです。 実は、ほとんどの人は知りませんが、あのイルミナティの創設者アダム・ヴァイスハウプトさんもシリウス信仰をしていますた。 とにかく、やつらのやってる黒魔術、悪魔崇拝などは、実はネガティブなシリウス文明で発達した哲学から来てるのです。 奴らは信者には人工的に作ったキリスト教を流行らせておいて、 自分達は、シリウス信仰をやっているのです。 キリスト教のマリア像は白いマリア像ですよね。 でも奴らは信者には白いマリア像を拝ませ自分たちは黒いマリア像を拝んでるのです。 昔っからイシス神というのは、黒い姿で現わされているのです。 イシスとは実はシリウスを表す神でもあります。 ここに載ってましたね。 このピラミッドの目の部分で飛んでる鳥。 これがイシス神なのです。 で、そのイシス神が、可愛いわが子のホルス神を生んだ聖地とされるのがエジプトのフィラエ島です。 そこにイシス神殿があります。 以下、イシス神殿。 現代のイシス神殿(別名フィラエ神殿)は、もともとフィラエ島にあったのですが アスワンダムを作ったことで水没してしまい隣のアギルキア島に移築したものです。 本当はフィラエ島にあったのでした。 で、イシス神殿の壁には、いっぱい神様が描かれています。 その数、なんと1465個。 こんな感じで壁に神々が描かれてます。 これはオシリスをその羽根で守るイシス。 で、エジプト神話には、こういう言い伝えがあります。 この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に1柱ずつ神々の加護が失われ、 すべての神々が去った年の秋分の日に世界が水没するだろう 実はこのイシス神殿はエジプトがローマに征服された際に閉鎖されますた。 それが550年でした。 1465体の神様が1年に一人ずついなくなるので1465年で全員いなくなる。 で、2015年の秋分の日(9月23日前後)に世界が水没することになると言われています。 で、ワタスが注目しているのはユダヤの祭日と日食・月食が重なる最後の日です。 来年15年の9月 2015年9月28日 仮庵の祭の初日 ・・・ 皆既日食 というわけで、 ワタスは、来年の9月に注目しています。 逆に言うと、2015年9月までになーーーんもなければOK。 奴らの計画も頓挫ということでしょう。 ワタスは9月ごろまでに第三次世界大戦。 そしてユダヤ第三神殿の設立があるのでは? と見てます。 というわけで、 来年の9月まで生き残れ! 考えるな逃げるんだ! とかなんとか。 ちょっと長くなってしまいました。 本当にありがとうございますた。

次の