キングダム 弟。 映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

原作派からも高評価の実写映画『キングダム』のキャストが凄い!あらすじや続編についても紹介

キングダム 弟

嬴政陣営• 嬴政 【国王】中華を統べる事を夢見る若き秦国国王• 成蟜 【王弟】兄王・政に協力し勢力拡大に励む• 昌文君 【左丞相】政の教育係りから一番の側近へ• 向 【大王側室】政を心から慕う芯の強い宮女• 麗 【王女】政と向の間に生まれた娘• 陽 【宮女】気の強い向の親友• 瑠衣 【王弟第一夫人】屯留出身の成蟜の第一夫人• 肆氏 【文官】竭氏の反乱鎮圧後、政の側近となる 飛信隊• 信 【飛信隊:隊長 五千人将】五千人将まで登りつめた王騎の遺志を継ぐ者• 河了貂 【飛信隊:軍師】飛信隊を動かす頭脳明晰な女軍師• 羌瘣 【飛信隊:副長 三千人将】復讐の「先」を見付けた飛信隊の頭脳兼右腕• 渕 【飛信隊副長】もっとも古株な副長• 楚水 【飛信隊副長】有能な働きで飛信隊を支える• 尾平 【飛信隊什長】お調子者だが仲間思い• 岳雷 【飛信隊】寡黙な元麃公兵• 我呂 【飛信隊】麃公軍から編入 呂不韋陣営• 呂不韋 【元相国】秦王の座をおびやかす最大勢力の長• 昌平君 【右丞相 呂氏四柱 】文武に優れた秦軍の総司令• 蒙武 【大将軍 呂氏四柱 】次世代の秦国を担う秦軍最強の猛将• 蔡沢 【文官 呂氏四柱 】秦に長く仕える外交のプロフェッショナル• 李斯 【文官 呂氏四柱 】厳格なる法の番人• 蒙毅 【文官】軍師を志す貂の兄弟子 秦軍• 麃公 【大将軍】戦場の匂いを嗅ぎ取る本能型将軍の極み!• 蒙驁 【大将軍】確かな腕と眼力を持つ秦を代表する大将軍• 張唐 【大将軍】確かな経験を持つ頑固一徹な老将• 王騎 【六大将軍】亡き後もその意志は信の中に• 摎 【六大将軍】六大将軍にして昭王の実の娘• 騰 【大将軍】捕らえどころがない王騎の元副官• 録鳴未 【将軍】激烈な性格の王騎軍筆頭• 隆国 【将軍】王騎の意思を継ぐ元第2軍長• 千央 【将軍】死闘の中で活路を見出す!• 王翦 【将軍】王の座を狙うミステリアスな知将• 桓騎 【将軍】友軍すら身構える残虐非道な元野盗• 雷土 【桓騎軍:副官】自信も軍を率いる桓騎軍副官• 黒桜 【桓騎軍:副官】桓騎を慕う女性副官• 摩論 【桓騎軍:参謀】奇策を操る桓騎軍参謀• オギコ 【桓騎軍:千人将】桓騎のお気に入り千人将• 王賁 【玉鳳隊:隊長 五千将】次世代将軍の筆頭候補!• 関常 【玉鳳隊:千人将】王翦から編入された切れ者の千人将• 蒙恬 【楽華隊:隊長 二千将】蒙武を父に持つ才気溢れる秦将• 陸仙 【楽華隊:副長】蒙恬に付き従う副長• 壁 【将軍】将軍に昇進した昌文君の右腕• 尚鹿 【将軍】壁の幼馴染みも将軍に• 袁夏 【将軍】成蟜を慕う将軍 山の民• 楊端和 【山の民・大将軍】山民族を束ねる山界の死王• バジオウ 【山の民】双刀を扱う山民族ナンバー2• タジフ 【山の民】山民族有数の怪力の持ち主• シュンメン 【山の民】山界一 屈強な鳥牙族の代表• ランカイ 【山の民】成蟜の元から山の民へ その他• 羌象 【羌族】外界を夢見た羌瘣の姉的存在• 羌明 【羌族】羌族の情報を流している一団の長• 幽連 【幽族】現蚩尤で羌瘣の仇討ち相手• ムタ 南越ベッサ族の戦士• 漂 政の影武者となった信の幼馴染.

次の

キングダム李信の最後は悲惨?嫁が超大物で子孫が王様になったって本当か

キングダム 弟

【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物? 政と成蟜(せいきょう)の関係 まず先に政と成蟜(せいきょう)の関係について紹介を。 兄と弟という関係ですが、その関係は複雑。 いわゆる腹違いの兄弟というやつです。 政と母親は長く趙で暮らしており、その環境は劣悪なものでした。 本来は秦の王族であるはずが他国で秦への恨み辛みを受けるような生活を送っており、母親は身体を売るようなこともやっていました。 一方、政と違い秦で生まれ秦で育った成蟜(せいきょう)はいわゆる温室育ちのお坊ちゃん。 ワガママな性格に育っており、王族を尊重しそれ以外の人間は卑下する傾向にあります。 王族とは言え、兄の政を目の敵のように敵対視する成蟜(せいきょう)。 その原因は政が趙から秦に舞い戻ってきた時に、自分の取り巻き連中が政に鞍替えをしたこと。 それまでの配下への散々ないじめが原因で周囲からの評判は最悪だったので当然の結果といえば当然なんですけどね。 このことが原因で成蟜(せいきょう)は一方的に政への敵対心を持つことになります。 そして、それが成蟜(せいきょう)の反乱へと繋がっていきます。 成蟜(せいきょう)の反乱まとめ キングダムの最初の大きな戦といえば成蟜(せいきょう)の反乱。 これは成蟜(せいきょう)が政に対してクーデーターを起こし、周りの家臣ともども王宮を乗っ取ろうとしました。 信の相棒であったヒョウが命を落としたのも元々この争いが原因ですね。 この時に政は信とカリョウテンのたった3人だけで追っ手の追撃を逃れ昌文君と合流します。 そして、成蟜(せいきょう)に奪われた王宮を取り戻すために山の民の長である楊端和に助けを求めます。 これが政と楊端和の最初の接点です。 後に重要な役目を山の民は担っていくのですが、それはまた別のお話し。 山の民と昌文君の兵隊を率いて王宮へと戻った政たち。 ここで、成蟜(せいきょう)側の軍と戦いを繰り広げて辛勝ながらも勝利を得ます。 この戦いで多くの人間が血を流したのですが、張本人である成蟜(せいきょう)はその重大性に気づいていなかったので政によって鉄拳制裁を食い事態は収集します。 この後は反乱を企てた成蟜(せいきょう)やそのほかの家臣たちは幽閉されます。 成蟜(せいきょう)の変化 次に成蟜(せいきょう)がキングダムに登場したのは合従軍の時。 この時、秦はかなりマズイ状況で滅亡寸前のところまで追い詰められます。 この時に裏で手を引いていたのは呂不韋。 この時に呂不韋が政不在の玉座に座ろうとしたところを成蟜(せいきょう)が王族以外座るなと登場します。 実はこれは成蟜(せいきょう)の暴走でもなんでもなく、戦いのために最前線に向かう政が自ら、空いた玉座を守るように成蟜(せいきょう)に頼んでいたんですね。 かなり久しぶりの登場でしたが、この時には過去のいさかいは失くし2人の兄弟が秦のために力を合わせていた瞬間だと言えます。 再度の成蟜(せいきょう)の謀反 お互いの関係も良好になり、成蟜(せいきょう)自身も政の考えや信念に突き動かされ変わっていきます。 しかし、そんな成蟜(せいきょう)にまた災難が降りかかります。 政の命令で趙の屯留という場所の攻略に向かうのですが、なんと屯留で軍を起こしクーデターを起こしています。 実はこれには裏があって、実際には成蟜(せいきょう)は捕らえられ、成蟜(せいきょう)名義でクーデターを起こしたかのように見せかけられていたわけです。 裏で糸を引いていたのはもちろん呂不韋。 そして、この反乱の最中で成蟜(せいきょう)は命を落としてしまいます。 史実の成蟜(せいきょう)は存在したのか? 次に一度キングダムから離れて成蟜(せいきょう)が実際に実在した人物なのか?という点について考察していきます。 もちろん、成蟜(せいきょう)は史実に登場している実在の人物です。 というか、概ね史実通りの内容です。 成蟜(せいきょう、生年不詳 — 紀元前239年)は、中国の秦の始皇帝の弟。 長安君に封ぜられた。 『史記』始皇本紀によると、紀元前239年(始皇8年)、長安君成蟜が軍を率いて趙を攻撃したとき、屯留・蒲鄗の兵卒を従えて謀反した。 秦がこれを攻撃すると、成蟜は屯留で死に、軍吏はみな斬り死にし、その民は臨洮に遷された。 『史記』三家注のひとつ『史記正義』では、成蟜は屯留の城壁の中で自殺したと解釈している。 キングダムでも描かれていた反乱の部分は若干、違いますね。 史実では成蟜(せいきょう)が裏切ったというような描写になっています。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回、キングダムの成蟜(せいきょう)について紹介しました。 最初はザ・悪者として描かれていましたがその後は改心し国のために尽力しようとした矢先に謀略によって殺されてしまったので残念ですねぇ・・・.

次の

【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物?

キングダム 弟

しかしそれは先頭に立つ信と 殿 しんがり を務める 羌瘣 きょうかい の存在があったからである。 尾到 びとう は誰かを助ける存在ではなく、ただただ助けられる存在でしかなかった。 尾到 第二戦へ出陣し飛信隊へ入隊 紀元前244年(始皇歴三年)。 秦国 しんこく は 韓国 かんこく に20万人の兵を出兵する。 蒙驁 もうごう 将軍は順調に韓国の城を落としていく。 しかし秦国の内部が手薄になった隙を 趙国 ちょうこく に攻め込まれる。 秦国は国内に強制徴兵し対応する。 そこで 城戸村 じょうとむら の 尾平 びへい ・ 尾到 びとう も徴兵されることになる。 趙国に対応する秦国の総大将は、伝説の六将のひとり 王騎 おうき 将軍である。 信は 百人将 ひゃくにんしょう に出世し尾到は 伍長 ごちょう として飛信隊に入隊する。 同じ 同郷 どうきょう である信の昇進。 村一番の出世。 そんな信をどこか誇らしげに、自分のことのよう に喜ぶ尾到がいた。 飛信隊の伍長として信を 鼓舞 こぶ する 尾到 びとう 王騎 おうき 将軍は飛信隊に 過酷 かこく な任務を授ける。 僅か100人で 趙軍 ちょうぐん の二万を率いる 馮忌 ふうき 将軍をどさくさに紛れて首を取れ。 という無謀と思える作戦。 任務を受けた飛信隊は 馮忌 ふうき 軍の側面から突撃を行う。 奇襲作戦により二万の兵の内部に侵入に成功する。 しかし敵将の 馮忌 ふうき は知将と呼ばれる人物。 あと一歩のところで馮忌は飛信隊から逃げて距離を取られる。 飛信隊はもう一度突撃する力が残っていない。 信を含め諦めかけた時に 尾到 びとう が叫ぶ。

次の