日焼け 対処法。 日焼けが痛いときの対処の方法とは?治すための薬など。ケア期間何日

日焼けで赤くなった後のおすすめ対処法|肌のケアでヒリヒリ痛みを抑える

日焼け 対処法

この記事の目次• 体の外側から日焼けを治す7つの対処法 日焼けをすると、肌が熱を持ち、赤くヒリヒリすることが多いですよね。 それは、強い日光により 肌が炎症を起こしているからです。 薬やクリームを塗りたくなるかもしれませんが、まず、 炎症を抑えるために水で冷やします。 日焼け直後の肌は、とても刺激に弱くなっているので、優しく扱います。 1)水で冷やす前に気を付けること 日焼け止め、汗などの汚れが付いている場合は、低刺激の石鹸できれいに落とします。 冷たすぎる水は、 血行を悪くし皮膚の再生の妨げになるので、氷水などの冷水は避け、ややぬるめの温度の水で冷やしてください。 シャワーを使って冷やす場合は、水圧にも気を配ってください。 水圧は、刺激にならないように弱めにします。 痛みや赤みが引いて来たら、シャワーなどでひやすのはやめて、保冷剤をタオルなどでくるんだもので冷やし続けるとさらに効果的です。 2)顔のケアは低刺激の化粧水で保湿、美白ケアはその後 顔のケアは日焼けした後、特に気になる箇所ですが、ずっとシャワーをかけるわけにはいきませんよね。 顔の赤みや熱が引いてきたら、 低刺激の化粧水をコットンに含ませてパックで保湿します。 低刺激の化粧水を使うときは、 含まれている成分を確認してください。 パラベン• アルコール• 防腐剤 などの成分は刺激になりやすく、注意が必要です。 低刺激と書いてあっても、含まれていることがあります。 どんな低刺激の化粧水を使えばいいかわからない場合は、 温泉水をベースにしているものが、低刺激の製品が多いのでおすすめです。 美白化粧品は、色々な成分が入っているので、日焼け後のダメージを受けた肌には刺激になります。 痛み、赤みが取れてから美白化粧品を使うことで、優れた美白の成分が肌の刺激にならず、浸透し、効果を発揮します。 日焼けして、ヒリヒリした痛み、赤みが出たときは、当日に美白化粧品を使うのは避け、2日ぐらいたってからが安心です。 4)冷やした後は保湿をしっかり 水や化粧水で冷やした後は、保湿をしっかりします。 日焼けをした後の肌はとても乾燥しやすくなっています。 赤みやヒリヒリ感が少なくなっても、 まだまだ肌は傷ついたままです。 おすすめの保湿剤は低刺激のワセリンです。 また、日焼けがヒリヒリと痛むのは、空気に触れるからなので、保湿剤を塗っておくと痛みが和らいできます。 ヒリヒリ感がなかなか治まらない場合は、保湿剤を塗った上からラップを巻き、上から冷やすと効果的です。 5)水ぶくれができたら皮膚科へ ヒリヒリ感や赤みだけでなく、 水ぶくれができてしまった場合は、皮膚科へ行ってください。 重度の日焼けと同じ症状になっているので、間違ったケアをすると• 水ぶくれが破れ• 痛みが増すだけでなく• 雑菌が入りやすくなる などの危険があるので、気を付けてくださいね。 6)色が黒くなるタイプでも冷やすことを忘れない 色が黒くなるだけで終わる人もいます。 もともとメラニン色素が多い人は、日焼けをしても赤くなったり、痛みが出たりが少ないので、肌ダメージに気が付かずそのままにしてしまうことが多いです。 でも、 黒くなるタイプでもダメージは受けているので、そのままにしていると乾燥やしわの原因になります。 「日差しが強かった」と感じるときは、特に冷やすことを忘れないようにしてください。 7)日焼けが治るまで、1か月はかかる 日焼けを早く治すために冷やしていると、いつになったら日焼けが治るのか気になりますよね。 美白化粧品を使っても、すぐに元の肌色には戻りません。 肌には、 28日の周期でターンオーバーという肌の生まれ変わりがあり、新しい細胞が古い細胞を押し上げ、垢となって剥がれ落ちる仕組みがあります。 日焼けした肌が新しい細胞に生まれ変わるのに、約1か月~2か月は必要で、日焼けの程度によりどれぐらいの肌色に戻るかも変わってきます。 しっかり水分、栄養を取ることで、肌の再生(ターンオーバー)がしっかりできます。 人の体は約60%が水分でできているので、水分が不足していると体が上手く機能しなくなり、 肌も潤いが保てないのです。 夏場は、水分を取ることが多いですが、日焼け後は特に多めに水分をとります。 ビタミンA、ビタミンE、をはじめ、日焼け後には特に ビタミンCが必要です。 ビタミンCは• パプリカ• ブロッコリー• アセロラ• キウイ などにたくさん含まれています。 レモン入りのミネラルウォーターやハーブティーのローズヒップティーを飲めば、水分補給と一緒にビタミンCを取ることもできます。 食べ物から、十分にとることができない場合は、サプリメントやドリンクなどを利用します。 ビタミンCは水溶性なので、必要がない場合は 尿として対外に排出されるので、積極的にとってください。 日焼けすると、体力を消耗していることが多いですが、 睡眠中は成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーに役立ちます。 午後10時~午前2時までは、成長ホルモンが特に多く分泌される、 肌のゴールデンタイムです。 午後10時に寝るのは難しいとしても、遅くても12時には、就寝したいですね。 それは アルコールと、カフェインです。 暑い時期に、ビールなどのアルコール類は美味しいものですが、アルコールは血管を広げ、血流が良くなるので日焼けがしやすい飲み物です。 また、睡眠中の成長ホルモンの促進のためには質のよい睡眠が必要ですが、アルコールやカフェインは睡眠の質を悪くします。 特に、 就寝前のアルコール、カフェイン接種は控えたほうが良いのです。 女性は、特にシミが気になることが多いですよね。 すぐにとはいきませんが、日焼けした肌を白くする、努力次第でシミをできにくく、薄くすることはできます。 日焼けを治す方法の基本である、冷やす工程をしっかりすることで、白く戻りやすくシミができにくい肌の基礎ができます。 特に成分が濃いとされる美容液は、 美白効果が高いものを使うのがおすすめです。 シート状のパックも美白成分が肌にしっかり浸透するので、週に2~3回使うと肌のターンオーバーが早くなります。 ビタミンも食事からとると同時に、 美白用のサプリメントを使うと効果的です。 美白ケアは非常に時間がかかりますし、サプリメントは気休めという意見もありますが、続けることに意味があります。 日焼けはシミだけでなく、肌の老化の原因にもなるので、10年後は確実に違うはずです。 日焼けをすると、肌を守ろうとして、 角質が硬くなる傾向があります。 硬い角質はターンオーバーの妨げになり、肌のくすみやシミの原因になります。 角質ケアは頻繁に行いすぎると、刺激になり肌の負担、肌荒れを起こします。 週一回のペースで行ってください。 角質ケアをした時には肌が乾燥しやすいので、保湿をしっかりすることを忘れないでくださいね。 日焼けを重ねるとメラニン色素がたくさん作られ、ターンオーバーをしてもメラニン色素が肌に残ったままになり、シミのもとになります。 洗濯やごみを捨てに行くなどの少しの間でも、日ごろから日焼け対策することが大切で、 「かなり日焼けしたな」と感じるときは、いつも以上の対処が必要です。 家の中にいても、日焼けはするので、外出しなくても日焼け止めは塗るようにしてください。 まとめ 日焼けを早く治すためには、まず冷やすことが大切です。 日焼けにいいと思っていたのに、 誤った使い方をすると逆効果になることもあるので、正しい対策を覚えてくださいね。 大人になってからは、日焼けや美白には気を付けるようになったのですが、学生の時は日焼けなんて気にせずに夏を楽しんでいました。 そのころのシミが今頃になって…と思うと、後悔でいっぱいです。 シミってなかなか消えないんですよね。 まだ、 年齢が低い方や子供がいる方は、ぜひ将来のためにも、今から 日焼けの対策、早く治す方法を徹底して行ってほしいです。

次の

日焼けした直後とその夜の対処法は?

日焼け 対処法

しかし、 冷やすのは危険な場合もありますので、そこまで目が痛くない場合は、冷やすことをしない選択をするのもいいでしょう。 冷やさず「休める」だけでも効果があります。 どうやって目を休めるのか? 目を休めると言っても、「どういうこと?」と思いますよね。 ここで言う「休める」とは、睡眠ももちろんそうですが、 「15分程度目をつむる」ことを指します。 それとともに、 できる限りスマートフォンなど目を刺激するものを使わないということも大切です。 いつもより「意識的」に目が疲れないように、自分で行動を制限してみましょう。 目焼け対処法2:目薬を使う 目が日焼けしてしまった時に効果的なのが、 「目の日焼け専用」の目薬です。 昔は「ノアールUV」という、目の日焼け対策として有名な目薬があったのですが、販売中止(売れなかったのでしょう)になってしまいましたので、ここでは現在販売中の2つの目薬を紹介します。 目の日焼けにおすすめの目薬1:ロートUVキュア 「ロートUVキュア」には、日焼け(炎症)を抑えるための硫酸亜鉛水和物、充血対策のための「ナファゾリン塩酸塩」、目の疲れをケアする「L-アスパラギン酸カリウム」「アミノエチルスルホン酸」「ビタミンB6」「ネオスチグミンメチル硫酸塩」が含まれた目薬です。 紫外線によって受けた紫外線ダメージを鎮める、第2類の医薬品です。 (10mL・610円) 目の日焼けにおすすめの目薬2:バイシンUV 「バイシンUV」は目の日焼けによる炎症を改善するための「硫酸亜鉛」、角膜の組織を回復し、乾燥を防ぐ「コンドロイチンサン硫酸ナトリウム」、目の充血に対して「塩酸テトラヒドロゾリン」が配合された目の日焼け用目薬です。 痛みが強い場合には、バイシンUVのほうがおすすめです。 第2類医薬品。 価格は10mL・458円です。 目焼け対処法3:目の日焼け後出かけるときにはサングラス【重要】 目を休めて、目薬を使って応急処置をした後は、 外出の際にサングラスや帽子を使って、目に入ってくる紫外線量を減らすようにしましょう。 「UVカット率」が表示されたサングラスを使おう サングラスの注意点は、「色がついたものであれば紫外線カットができている」という迷信です。 サングラスは 色がついているかどうかは関係ありません。 そのような「UVカット機能」がついたものを選ぶようにしましょう。 外出するときは、できるだけ日陰の中に入ろう サングラスがない場合には、 できる限り日陰を選んで外出するようにしましょう。 この「ちょっとした積み重ね」が、目の日焼けダメージをはやく回復させてくれます。 サングラスや日陰がない場所を移動するのであれば、日傘も効果的です。 目焼け対処法4:ブルーライトをカットするメガネを使う【重要】 ブルーライトは、 紫外線の次にエネルギーの高い波長だということが分かっています。 しかし、目が日焼けしたからと言って、スマホやパソコンの使用時間を減らせないという人もいるでしょう。 そこでおすすめなのが 「ブルーライトカットメガネ」です。 ブルーライトカットメガネは、ブルーライトを効率的に吸収・遮断してくれます。 ここではコスパに優れた「JINS」のブルーライトカットメガネを紹介します。 コスパの高いJINSメガネのJINS SCREEN 「JINS SCREEN」は日本で一番売れているブルーライトカットメガネです。 累計700万本も売れており、価格も安くコスパが高いのが特徴です。 ブルーライトカット率が低いほど透明のレンズに近くなり、カット率が高いほど黄色がかったレンズになります。 これは、 「黄色」という色が青色の反対色で、ブルーの波長を吸収・遮断してくれるからです。 目焼け対処法5:ルテイン・ゼアキサンチンで活性酸素を除去する・目を守る【重要】 目が日焼けしたら、目の回復をはやめたり、目をこれ以上悪化させないように守るための栄養素 「ルテイン」「ゼアキサンチン」も摂取するようにしましょう。 1日に必要なルテインは6㎎と言われおり、ほうれん草換算で毎日4. 4株を、にんじん換算で13本摂取しなければいけません。 ですので、ルテインやゼアキサンチンを「食品」から摂取するとともに、サプリメントなどで補っていくことが大切です。 目焼け対処法6:ビタミン類・ポリフェノールをしっかり摂取する 目に優しい栄養素はルテインやゼアキサンチンだけではありません。 他にもビタミン類では ビタミンA・C・Eや、ポリフェノール、その他のカロテノイドも効果的です。 これらは、目が日焼けすることによって発生する「活性酸素」を取り除く働きがあることが分かっています。 ルテインやゼアキサンチンとともに、これらの栄養素を摂取することで、紫外線ダメージを和らげるとともに、眼病の予防をすることもできます。 最高のアイケアサプリ「めなり」 ルテインサプリの中でもハイパフォーマンスでユーザーファーストなルテインサプリが「めなり」です。 めなりには、フリー体ルテイン12㎎、ゼアキサンチン2. 価格は初回980円、2回目以降2980円。 継続の必要無、15日間全額返金保証となっており、安心して利用することができます。 目が日焼けし、 「あまりにも痛い」という場合や、 「明らかに異常だろう」という場合には、眼科に行くことをおすすめします。 ここで紹介した「目の日焼け対処法」は、あくまで想定内の紫外線ダメージによるものです。 異常を感じたら眼科で適切な検査と治療を受け、眼病を未然に防ぐようにしましょう。 さいごに 目が日焼けをするのは夏だけではありません。 また、ゲレンデなどでよくあるのが「雪目」ですが、ゲレンデに行くから目が日焼けするというわけでもありません。 一人一人によって、目の紫外線に対する強さは異なりますし、春だろうと、秋だろうと、自分にとって一定以上の紫外線を浴びれば目は日焼けします。 しかし、何はともあれ、まずは「目を休ませる」ことを大事にしながら、目に必要な栄養を摂取して、体の中からもケアすることが大切です。 一番ダメなのはほったらかしにすること。 ほったらかしにしても大丈夫なことが多いのですが、「ほったらかしにするクセ」が付くと、眼病のサインも見逃してしまうことになり、最悪失明という事態を招きます。 目を酷使する人ほど、目を大事にした人ほど、今回紹介したことを生活に取り入れてみてくださいね。

次の

目の日焼けの対処法とは?これでばっちりな6つの方法まとめ

日焼け 対処法

子供の日焼け後の処置法と注意点! 子供が真夏の公園や海で長時間遊んだ後、日焼けして真っ赤になって帰ってきた、という経験のあるお母さんも多いのではないでしょうか? そんな時、子供の日焼け後の処置法と注意点はどうしたらよいでしょう? 子供の日焼け後の処置法3ステップと注意点 ステップ1)冷やす まず、優しくガーゼでくるんだ保冷剤で冷やしてあげましょう。 もし、水ぶくれが広範囲にできている場合は、冷たく濡らしたタオルでも効果的です。 ちなみに、氷を直接当てて長時間冷やすと、皮膚が冷えすぎてしまい、再生力が低下するので注意が必要です。 ステップ2)保湿する 次に、お母さんの化粧水で保湿して、肌の再生力を促すようにしましょう。 ちなみに、化粧水は、刺激性の少ないしっとりタイプがおすすめです。 ステップ3)皮膚科で受診し、軟膏を塗る それから、日焼けの症状がひどい場合や、特に小さな子供が日焼けしたら、できるだけ速く皮膚科で受診しましょう。 皮膚科で処方してもらえる薬はコチラ!? ・症状が軽い場合:キンダベート軟膏などのステロイド外用薬 ・症状が強い場合:リンデロン-VG軟膏などのステロイド外用薬・内服薬 ・ステロイドをワセリンで薄めた軟膏 なお、こうしたステロイド系の薬を服用する場合は、必ず医師の処方箋に従って服用するように注意して下さい。 熱や水ぶくれへの対処法! 子供が日焼けし水ぶくれができたり、発熱してしまった!という場合はどうしたらよいのでしょう? 水ぶくれへの対処法 日焼け後、水ぶくれになる原因は、肌が日光を浴びていわばやけどした事によるものです。 ですが、水ぶくれの中には、傷ついた皮膚のダメージを修復する天然成分が含まれているため、お子さんがつぶさないように気をつけましょう。 そして、つぶさないように気をつけながらよく冷やして保湿することで、肌の再生力を促しましょう。 発熱への対処法 ひどい日焼け後は、皮膚のやけど状態を回復させるため体が酷使されることにより、疲労感や体のだるさ、発熱といった症状も見られます。 こうした場合は、やけど治療と同じように病院での点滴治療や入院が必要になります。 自己判断でケアせず、早めに病院で受診しましょう。 スポンサーリンク 赤ちゃんや子供の紫外線対策は必要? 昔は、子供は日光を浴びた方が健康によいとされていましたが、最近では、皮膚ガンや白内障など紫外線の悪影響が心配され見直されています。 もちろん、子供は思いきり外で遊ばせてあげたいですが、ひどい日焼けや水ぶくれになったり、重たい病気の原因になったら心配ですよね。 そこで、赤ちゃんや子供にも次の紫外線対策をしてあげるようにしましょう。 1) 紫外線が強い時間帯(正午前後)は日光に当たらないようにする 2) 帽子を着用する 3) 普段から充分栄養をとらせ、しっかりとした睡眠を心がける また、乳幼児や敏感肌の赤ちゃんでも塗れるUVケアの商品もでていますので、肌に合った物を選んで外出前につけるとよいですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、子供の日焼け後の処置法や注意点、熱や水ぶくれへの対処法について詳しくご紹介しました。 まず、子供の日焼け後の処置法は、冷やす、保湿する、皮膚科で受診して軟膏を塗るといった3ステップがありましたね。 ちなみに、直接的に冷水で冷やすといった肌の再生力を弱める行為は避けるよう気をつけましょうということでした。 それから、水ぶくれはつぶさないようにし、発熱といった重い症状がでる場合もあるので、早めに病院で受診する必要があるということでしたね。 また、乳幼児でもできる紫外線対策もご紹介しました。 このようにして、子供たちが思いきり外で遊べる環境を大人が作るようにしたいですね! スポンサーリンク 日焼けを早く治すために一番大事なことを忘れていませんか? 日焼けによる様々なトラブルで困っていると、そのときの症状に合わせた処置をすることを考えると思います。 確かに、今起こっている症状に合わせた対症療法が最も効果的なのは事実です。 しかし、それは最も効果的な方法のうち、外側からの効果に目を向けたときです。 では、もう一つの最も効果的な方法が何かというと、それは内側からの効果に目を向けた方法です。 日焼けは皮膚がやけどした状態のことですが、やけどの症状がこれ以上進行しないように抑える処置が外側からの方法にあたり、一方で、やけどした肌の細胞を回復させてあげるのが内側、つまり身体の内側から回復を促す方法なのです。 それでは、内側からの回復を促進するために何が必要かというと、食習慣を含めた生活習慣の改善です。 つまり、肌の細胞の回復を活発にしてあげるためには、それがしやすい環境を作って上げる必要があるのです。 そして、そのために生活習慣を正してあげる必要があります。 しかし、これだけだと回復しやすい環境作りをしているにすぎません。 そこで、大事になるのが、回復しようとしている細胞に直接働きかけることなのです。 そうすることで、肌の細胞の回復を早めることができます。 では、肌の細胞に直接働きかけるためにどうしたら良いのでしょうか。 そこで、近年特に注目を集めているのがビタミンCの効果で、肌の細胞が再生するときに非常に重要な働きをしていることがわかってきています。 ただ、ビタミンCの摂取に効果があるといっても、摂り方を間違えるとかえって逆効果になってしまいます。 そこで、続いてビタミンCを上手に摂る方法についてご紹介いたします。

次の