さとうきび 畑 映画。 『さとうきび畑の唄』こんなことのために生まれたんじゃない

森山良子 さとうきび畑 歌詞&動画視聴

さとうきび 畑 映画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• さとうきび畑の風景、森山良子氏の繊細で全てを包み込むような歌も相まって、かってこの地で凄惨な殺し合いが行われて いたとは思えない雰囲気もありました。 しかし、沖縄戦の悲惨さは紛れもない歴史的事実であり、その中での「家族の絆、繋がり」 に重点が置かされていましたが、明石家さんま氏の演技が絶妙でしたね。 中盤家族愛を 問いたり、終盤負傷していた米兵の殺害を命じられて拒否したシーンとかは特に迫るもの があり、コメディアンとしてではない「俳優としてのもう一つの顔」の魅力も改めて 認識させられました。 某軍人の仲間由紀恵氏演ずる紀子の出産すら否定・罵倒した発言 そう言えば、某週刊誌も 某スケート選手の出産についてのアンケートで大顰蹙を買ったのも記憶に新しいが には「あんただってギャーギャー泣いていた赤ん坊だった時期があったろうよ!! 」と 激しく突っ込みたくなったけど、旧日本軍の横暴っぷりもリアリティありましたね。 「あの正当化」もいかに馬鹿げているか改めて痛感させられましたが、 その一方で米軍についてはアメリカに都合の悪い描写は殆ど見られなかったのは片手落ち だった感も否めませんでした。 戦闘シーンもそうした旧日本軍の横暴が先行していて、 今ひとつ緊迫感とかなかったし、サイパン陥落の時みたいに民間人が断崖から飛び おりて自決したシーンも、何故サイパンの時みたいにそうせざるを得なかったかの理由 付けが不十分でしたね。 最後また現代に戻って上戸彩ちゃんが携帯を手にとったシーンも、ちょっとぶち壊し でしたね。 アレだったら1945年当時の時代のまま終わった方が良かったでしょう。 要するに某サイトでも指摘されていたけど、詰めが甘くて人の心をも狂わせる戦争の 悲惨さ等もう一つ伝わりきれていなかったのだと思いました。 今年も終戦記念日まで 丁度あと1ヶ月となり、またこのような反戦ドラマとかが放送されるのでしょうが、過去の 記憶を風化させないで、今に生きる私達一人一人が過去の教訓をこれからの未来に 活かしていくためにもどのように受け継いでいくべきかももう一度考えてみる時 に来ているかもしれません。 この「さとうきび畑の唄」を見て改めてそうも思えて、近年は問題作も目立つ遊川和彦氏 作品としては良いと思えた方ではありましたが、まあ評価は良い点・悪い点相殺して 「普通」とさせていただきます。 豪華なキャストによる迫真の演技や、史実にそぐわぬあざとい演出については先述されているため敢えて別の、個人的に許し難かったことを告白する。 本作品のタイトルであり、エンディング曲でもある『さとうきび畑の歌』の最後のフレーズ『この悲しみは、消えない』という一節がカットされていたと今でも記憶している。 この歌は『みんなのうた』で何度か聴くうちに覚えたので若干の自信を持った上でこう言う。 おそらく最後の、携帯電話で写真を撮るシーンを使い綺麗にまとめたかったのだろうが、そうだとすればとんでもない間違いではないだろうか。 アメリカの占領下に措かれ、日本に返還された今でも基地問題などは絶えておらず、まして当時家族や友人達と死に別れ生き恥を晒すこととなり、今なお心の傷を引きずりながら平和の語り部として活動している方々に対しても礼や義がなっていないのではないだろうか。 その短く、しかし確かに歌の一部であるその一節を削ったのか、制作側に問いたい。 当時、戦争ドラマとしては高視聴率をとった作品ですが、正直な所役者さんを除いては良いとは思えなかった。 典型的な反戦ドラマで沖縄の人は被害者で日本軍は悪、それを解放するアメリカ軍と言った構図で日本軍はとにかくまともに描かれない。 中盤の戦闘シーンだったか、盆地のようになっている所の一番低い所に日本軍が塹壕陣地を作ってアメリカ軍と戦闘していたわけですが、低い所と高い所で戦闘したら高い所の方が明らかに有利なわけです。 実際の日本軍も小高い丘に陣地を作っており、火力、兵力で圧倒的なアメリカ軍でも場合によっては何日も足止めを食らってます。 それを考えるとこの人は鉄の暴風と称されるぐらいの艦砲射撃を行ったアメリカ軍を知らないんでしょうか? このドラマで出てきた陣地など見つかったら艦砲射撃と航空機爆撃で10分と持ちませんし、私の知る限り半年前のペリリュー島の戦いからむやみな突撃は禁止しているはずなんですけど、突撃しています。 後、さんまさんの演技はなかなかの物で好きなんですが、最後のセリフは狙いすぎてダメでした。 あの時代にあんなこという人がいるのだろうかと。 私は歴史好きとミリタリー好きでもあるので沖縄戦について調べましたし、実際にひめゆり隊に所属していた方の話を聞き、沖縄戦の悲惨さを改めて知ったんですが、このドラマはどうも受けません。 ただ感動して涙を流したいだけの人にはお勧めですが、真剣に戦争について考えたい人にはお勧めできません。 さんまさんの演技は光っていたので評価はとても悪いにします。 脚本、映像技術、リアリティー。 そのどれを取っても文句の付けようのない戦争ドラマだったと思います。 さんまさんが死ぬ場面や日本兵が特攻していく場面では思わず泣いてしまいました。 このドラマは沖縄での悲しい出来事を赤裸々に描かれていて、多少陰惨な場面でもごまかすことなく描いたのがまた好印象でした。 ただ文句もないわけではありません。 まず主役級の役者さんがあまり汚れていなかったこと。 黒木さんなど女性陣はバッチリ化粧を決めていた感じがしましたし、何よりさんまさんの白い歯が目立つ目立つ。 顔を茶色くしている分余計に歯が輝いて見えました。 次にこれは生で見たからなのでドラマの出来とは直接関係ないのですが、さんまさんや黒木さんの出ているCMがかなり流れていたのは正直閉口しました。 100年の感動も醒める、といった感じでしょうか。 特にこういった感動物のドラマのときはテレビ局も流すCMを選んで欲しいものです。 というわけで評価は「良い」です。 またDVDでも見れば評価も変わるかも…。 此処最近の数字稼ぎの問題作を作っていた遊川和彦の手がけた作品の中ではベストになる作品。 一貫して沖縄の人の視点で描かれた作品であり、またそれ故に戦争というものの悲惨さ、残酷さというもの、そして家族の絆というものが描かれていた。 主人公は大阪から身分違いの恋を経てその相手と一緒に沖縄に駆け落ち同然でやってきた人だったが、一生懸命働いて手にした幸せを戦争というもので全て奪われ、最期には生き延びようとしたものの軍に徴用され、おまけには殺されてしまう…。 本土でも米軍の攻撃で多くの惨劇があったが、沖縄はその本土以上の惨劇を島全体で受けており、更にはそのしこりが今なお残っている。 沖縄の人と本土の人では視点が異なってくるのも当然であろう。 それと、アメリカ軍が沖縄でやった事もかなりのものだったが、日本軍もかなり酷い事を味方である筈の沖縄の人たちにやっており、それらが描かれている事に反発した人もいたというが、正直言えば、日本軍 特に上層部の思想 は「国を守りこそすれど民を守ろうとしたわけではない」といういろんな国の軍隊に共通する思想で行動していた印象があり、さらにあの当時一段低く見られていた沖縄 沖縄 つまりは琉球 は日本に侵略された土地でもある においてともすればアメリカ軍レベルの酷い事をした日本軍もあったという。 そういう意味ではこの作品で描かれていた事はかなりリアルな印象。 戦争というものは現在においても何処でも起こってしまっており、またこの国でも下手したら巻き込まれかねないし下手したら突き進みかねないという危険性を感じさせる。 こういうことになった場合、このドラマで起こる事が身の回りで起こるというのを考えると、色々考えさせられる作品である。 あんまり役者は好みじゃない面々が揃っていたのだけど、それでも近来の戦争物としては良く出来ていたし、実際の戦争中の光景と、暗いムード、そしてその中身は沖縄戦を良く捉えていたといえる。 アニメーションにもなった「対馬丸」や、「ひめゆりの塔」と並ぶ名作となったことは間違いないし、末期の日本陸軍が民間人と米軍の区別も付かないで島民を虐殺したり、天皇陛下万歳の声と共に多くの島民が犠牲になり、米軍兵士達にも深い心身両面の傷を負わせた沖縄戦は今も忘れてはならない事である。 こういった本作の作風はもっと造っても良いと思うし、戦争というものがどんな形であれ理不尽に命を奪っていくものである事を捉えているし、また、そうでなければ反戦という意味合いも伝わりはしないのだし、沖縄で死んでいった多くの人達への慰霊の意味も本作は濃い内容だといえる。 硫黄島といい、沖縄といい後のベトナムや、今のイラクの原点ともなった戦争であり、今も沖縄の現状は芳しいとはいえないし、世界から砲声が途絶えた訳ではない。 愚かな指導者達や国家のエゴによって、こんな悲劇が再び起こらないという保証はないのだし、我々国民がそういった視点に目を向けなければならないのは今も昔も変わらないし、その認識を失せさせると、こんな悲劇が連鎖的に起こると言うことを忘れてはならない事を明示している。 沖縄の悲劇と命題は今も形を変えて我々に有形無形のメッセージを送っている。 それはこのドラマだけでなく、多くの沖縄の人々の姿と、今尚、暗い影を落とす戦争への怒りが、様々な書物で記されているのである。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

さとうきび畑の唄(平成15年度文化庁芸術祭大賞受賞作品)|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

さとうきび 畑 映画

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月) 、寺島が、歌手・の伴奏者として前のを訪問した際、を観光して着想した作品。 末期ので戦死した人々が眠る、夏の畑に流れる風の音が繰り返される。 全部で11連からなり、通して歌うと11分近くを要するため、大抵は要所要所カットして歌われる。 には後述のが「特別完全盤」として11連全ての詞を歌ってシングル発売しており、収録時間は10分19秒だと紹介されている。 を通して、沖縄の人々は日本で最も激しい地上戦を戦い抜いた。 その激戦を通して、日米両国、無数の人々が敵味方殺し合い、そしてした事例もみられる。 数え切れないほど多くの戦死者・自決者たちが今なお「さとうきび畑」の下に眠っている。 作者の寺島は、に日本に復帰する前の沖縄を訪れて、作品中「66回」繰り返される風の音 を考えたという。 歌の主人公はひとりの少女である。 少女は沖縄での戦闘で死んだ父親の顔を知らない。 やがて大きくなると、ひとりで父親を探しにさとうきび畑に行く。 父はなぜ戦い、なぜ殺されたのか、なにを恐れ自決したのか。 通り抜ける風の音を聞きながら静かに悲しみを訴える。 作曲者によって、混声合唱、女声合唱にも編曲されており、混声合唱版はCD化されている 『寺島尚彦合唱作品集』フォンテック。 録音と普及・その他のエピソード [ ] (昭和42年)、民会館で、 門下の歌手で、既に歌謡曲歌手として成功していた によってコンサートで初演された。 (昭和44年)にがレコーディングし、アルバム『森山良子カレッジ・フォーク・アルバムNo. 2』に収録したのが最初のレコード化であった。 1970年前後には、この曲の反戦歌としてのメッセージ性や、のへの関心の高まりから、や、でよく歌われるようになっていた。 にはの音楽番組『』での歌唱で紹介されたが、このときは2、3、11番だけという超ショートバージョンの形で録音・放送されている。 には、森山が『みんなのうた』で、1、2、3、8、11番という、ちあきのバージョンとは異なる形のショートバージョンを「みんなのうたバージョン」として録音し、放送された。 1995年にロス・ネリモスがCD『ノルウェイの森のシンフォニー~ミュージック・フロム・ジ・アース第2集』に、1、2、3、9、10、11番、かつ3番と9番の間に沖縄民謡『海ぬチンボーラー』を挿入するというバージョンを収録した。 歌手のがさとうきび畑をカバー。 彼の初CDとなった。 2001年に、森山は、11連全ての詞を歌う録音を「」とのカップリングでシングル発売し、この曲の歌唱でのでは最優秀歌唱賞を受賞した。 2002年に歌手のEPOがカバーシングルとして、EMIミュージック・ジャパンからさとうきび畑のマキシシングルを発売。 歌詞は1、3、8、9番となっている。 なおこの曲は1995年発売のアルバム「UVA」に収録されていたものをシングル化したものである。 ので、森山は 白組の一員として出場していた息子・とともに この曲を歌った。 こうした経緯のため、森山はこの曲の代表的な歌手と見なされているが、森山の他にも、クラシック系 、 、 、 、など 、ポピュラー系 、 、 、 、 、など 、民謡系( )の多くの歌手に歌い継がれている。 また、この曲は、学校音楽教育の教材としても、様々な形で取り上げられている。 にはこの曲をモチーフとしたスペシャルドラマ『』()が放映された。 『』 2004年1月18日放送分では、この曲の「ざわわ」のフレーズを活かして様々な人や物を紹介するという問題が出題されたが、「ざわわ」の三文字を変えるという問題の分かりやすさが故に、答えの大半を観客に先に言われてしまう事態が起きた。 歌碑 [ ] さとうきび畑の歌碑 、「さとうきび畑」の歌碑が高志保のさとうきび畑の一角に建立され、に除幕式が行なわれた。 歌碑のある一帯は、に米軍がへの最初の上陸作戦を行なった地域である。 脚注 [ ]• 同年も放送の予定であったが、「3月のライオン」のため休止。 各連には「ざわわ ざわわ ざわわ」という行が2行あり、11連で「ざわわ」が66回繰り返されることになる。 森山は本来は(当初は)カレッジフォークを持ち歌としていたため、「さとうきび畑」のような反戦の歌を持ち歌とすることに当初抵抗感があったという。 また、放送の『』の「きょうは何の日」コーナー等によると「自分のような幸せでぽわんとした少女時代を送った自分に歌う資格があるのだろうか」と思ったとのこと。 や文化の衰退後、回顧的に作成される曲集などには、この曲が採録されていることが多い。 当時みんなのうたは5分で2曲を放送していたため、1曲あたりの時間は2分20秒弱に制限されていた。 この音源は、ちあきの芸能活動休止後に出された、2000年の6枚組CD-BOX『ちあきなおみ・これくしょん ねえあんた』に収録されている。 その後、NHKが公式に承認してCD化、DVD化された『みんなのうた』のソフトでは、この森山の「みんなのうたバージョン」の音源・映像が用いられるか、の録音などが用いられている。 沖縄出身の新垣 テノール は、2001年にこの曲をフィーチャーしたアルバム『さとうきび畑』でデビュー、翌年この曲をアルバムからシングルカットしたものが初シングルであり、その後も重要なレパートリーとしている。 鮫島 ソプラノ は、2002年のアルバム『さとうきび畑』などでこの曲を取り上げている。 錦織 テノール は、2004年のアルバム『秋の月』に、この曲の11連バージョンを収録しており、その後のベストアルバムにもこの録音が収録されている。 上条は1971年に、レコード・デビュー後2枚目のシングルとしてこの曲を出し、同年の『上条恒彦ファースト・アルバム』にもこれを収録した。 この曲は、上条の代表曲のひとつとして後年のコンピレーションCDにも収録されている。 1976年7月25日、からLP『NHKみんなのうた ゴールデン・ヒット・アルバム』(CW-7074)の収録曲として発売。 堀江はないし歌手としての活動が目立つが、コロムビアで『』で取り上げられた曲のコンピレーションが作成され、この曲が収録される場合は、いずれも堀江の歌唱が用いられている。 のリーダである宮沢は、自身のソロ・ツアーで取り上げていたこの曲を、2002年にTHE BOOM名義のシングル「」の2曲目に収めている。 によるフォーク系楽曲のカバー・アルバム・シリーズのひとつ2002年の『』の最後には、松浦をメインに、がサポートする形で、この曲が収められている。 沖縄出身の夏川は、2003年のアルバム『』でこの曲を取り上げている。 戦後70年目の節目となる2015年、この曲の歌詞がに翻訳されて沖縄出身の上間が歌唱を担当することとなり、沖縄での組織的戦闘が終結した日とされるに、上間のメジャーデビュー後2枚目のシングル『さとうきび畑 ~ウチナーグチ~』として発表された。 笑点web• 「さとうきび畑」歌碑建立実行委員会. 2013年1月31日閲覧。 琉球新報. 2012年4月2日. 2013年1月31日閲覧。 読谷村. 2013年1月31日閲覧。 参考文献 [ ]• 田村洋三『ざわわ ざわわの沖縄戦 サトウキビ畑の慟哭』(光人社、2006年)• 寺島尚彦『ざわわ さとうきび畑 緑いろのエッセイ』(琉球新報社、2007年) 関連項目 [ ]• - 今こそ、ソロヴォーカルの神髄を! ほのぼのと、切なさと、懐かしさと、ちあきなおみの"黄昏のビギン"はあなたの恋する勇気をサポートします。 ライブ・アルバム.

次の

ドラマ『さとうきび畑の唄』の動画

さとうきび 畑 映画

概要 [ ] おじいとおばあの耕作するサトウキビ畑に、期日までにサトウキビの収穫を終わらせるため、若者たちがアルバイト「キビ刈隊」として集められる。 過酷なアルバイトの毎日に、垣間見えるそれぞれの過去、悩み、希望。 そんな若者たちの間におこる、出会いと葛藤、心の交流が、沖縄の美しい自然の中でさわやかに描かれている。 主題歌はのシングル『風と空のキリム』の中に入っている「深呼吸の必要」。 が特別協賛となっており、当該映画とのコラボレーションによる沖縄キャンペーンが展開された。 また日本航空が提供するラジオ番組の中で本作品を基にしたが放送された。 タイトルは、で、社会への意味深な「警世」などでも知られる(番組 「」 などに、時々出演)、の同名の詩集に因む。 キャストのうち、長澤まさみは、同時期に撮影が行われていた『』とのかけ持ち出演であるが、こちらへの出演が先に決まっていたため、「絶対に日に焼けない」という条件で、『世界の…』の撮影を数週間抜け、こちらの撮影に参加したというエピソードがある。 このさい約束どおり日焼けは防いだが沖縄料理の食べすぎで顔・体型が変わってしまい、『世界の…』の監督のからダイエットを命じられることになる。 キャスト [ ] メインキャスト• 立花ひなみ:(少女期:)• 池永修一:• 西村大輔:• 土居加奈子:• 川野悦子:• 辻元美鈴:• 田所豊: サブキャスト• 平良誠(おじい):• 平良ツル(おばあ):• 宮里一雄(飲み屋店長):• 新里優二郎:• 医師:• 山根修一: スタッフ [ ]• 脚本:• 監督:• 音楽:• 撮影:• 照明:• 録音:• 美術:、浅野誠• 編集:• 助監督:、水元泰嗣、新井俊介• 音響効果:北田雅也• 脚本協力:、、• スタジオ:• 現像:• ロケ協力:沖縄フィルムオフィス、、、、• 製作者:坂上直行、久松猛朗、、• エグゼクティブプロデューサー:遠谷信幸、高野力、黒坂修、熊田忠雄• 企画:、• プロデュース:千野毅彦、古川一博、森谷晁育、加藤悦弘• 特別協賛:、• 製作委員会:SHINKOKYU associates(、、、、、、、デスティニー)• 配給:、• 主題歌:「」(「」に収録) 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の