イヴェルカーナ 柵。 MHW IB : あとは野となれ山となれ!

モンハンアイスボーン片手剣攻略 シナリオ編⑦イヴェルカーナ|満月のゲーム攻略ブログ

イヴェルカーナ 柵

のメインモンスター、イヴェルカーナ戦で流れる戦闘BGM群。 MHW:Iのストーリー上ではなんと 3種も用意されているが、この内2種は特定のでのみ流れ、 普段は『 壮麗纏いし銀盤の貴人』のみが使用されている。 追跡時に流れる「The Chase」が収録されている点や、曲名にモンスター名を冠する点などから、 この曲がイヴェルカーナ本来のテーマ曲と言える。 また、MHW:IではMR解禁~終盤まで頻繁にイヴェルカーナがストーリーに関わるため、 ムービーなどに本項で記載する楽曲群のアレンジが多用されている。 発売まで プレイヤーを大いに惑わせた楽曲群でもある。 イヴェルカーナの発表から発売直前まで『壮麗纏いし銀盤の貴人』は公開されておらず、 『 冷気を統べる者の片鱗』という別の曲が長らくPVで多用されていた。 更に、開発側から動画でイヴェルカーナを紹介する際にも『冷気を統べる者の片鱗』が使用されており、 この時点で既にためイヴェルカーナの専用曲と目されていた。 ところが、イヴェルカーナの初試遊が行われた2019年8月のゲームズコムで事態は急変。 この曲『 セリエナの攻防』はに用いられる曲と推測されていた。 一方、試遊者が公開した実機プレイ動画では さらに異なる第3の楽曲が登場。 これこそが『壮麗纏いし銀盤の貴人』であり、発売前のベータテストにて広く知られることとなった。 第3回ベータテスト以降は「最初から公開されていた楽曲はなんだったのか? 」という疑問点が浮上。 「没になった」「製品版では形態変化でBGMが切り替わる仕様なのではないか」など、 様々な憶測を招いていたが、 実態としては「特定のクエストでのみ使用される」が正解であった。 冰龍イヴェルカーナのテーマ曲。 通常の戦闘ではこの曲が使用されている。 氷を操るイヴェルカーナのイメージに合わせて ピアノを多用しているのが特徴。 後述の楽曲群も全て『壮麗纏いし銀盤の貴人』を基にした楽曲であり、編成やフレーズに共通点がある。 他にも氷をピアノで表現した代表的な戦闘曲としてやなどの楽曲が存在している。 他の作品でも氷をイメージした楽曲にはピアノがBGMで使われることが多く、モンハンにもその傾向が見られる。 尤も、初の寒冷地である雪山が登場した頃は• 従来メインシリーズに登場した古龍のうち、"氷だけ"を主軸に使うのはぐらいであり、 そのキリン亜種はのため、固有BGMは有していない。 メインシリーズに登場し、氷属性を主軸に扱う古龍種で専用BGMを持つモンスターはイヴェルカーナのみとなる。 前述の通り、この曲は ピアノを中心としているのが大きな特徴。 他にも金管楽器のメロディが目立ち、総じてピアノと金管楽器を中心に構成されている。 曲調は美しくも荒々しいイヴェルカーナを非常に上手く表現しており、 『壮麗纏いし銀盤の貴人』という題名を体現した曲に仕上がっている。 サントラのライナーノーツによれば、『ネルギガンテが「 魔王」であれば イヴェルカーナは「 女王」のイメージ』であると伝えられたというが、 この曲と共に華麗に舞い踊るイヴェルカーナはまさしく氷の女王が如しである。 開始早々にストリングスとピアノ中心のクライマックス感溢れるイントロが入り、とても印象的。 その後もリズミカルなフレーズが続き、戦闘開始早々に盛り上がる楽曲となっている。 大きな特色として、MHの戦闘曲では珍しい ピアノだけの長いパートが存在している。 曲想が移り変わる場面に挟まるため、この部分で翻弄されているような感覚に陥ることも。 序盤の部分は特に耳に残りやすく、本曲のイメージに大きく寄与している。 これ以外にもピアノを主旋律に据えた部分が多く存在し、MHシリーズに数多ある楽曲の中でも指折りにピアノが目立つ曲となっている。 冷気を統べる者の片鱗 使用作品 MHW:I 収録 モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック• 極めて限定的な条件で流れるイヴェルカーナとの戦闘曲の一つ。 こちらの曲名には「イヴェルカーナ」の名は冠していないものの、実質固有の戦闘曲と見なせる。 『壮麗纏いし銀盤の貴人』を基にしているが、やや穏やかな曲想を特徴としている。 MHW:Iではストーリー上先にこちらが流れるため、いわば前哨戦としての側面が強い。 冒頭から激しいイントロを特徴とする『壮麗纏いし銀盤の貴人』に対し、 こちらはピアノとストリングスの音が心地よい流麗な印象の穏やかなイントロから始まる。 このイントロは登場ムービーの演出にある程度合わせたものとなっており、 緩やかな動きでハンターを見やるイヴェルカーナともよくマッチする。 一方、イントロ終了後は叩き付けるような威圧感のあるパートが入る。 発売前のPVではこの部分のフレーズが多用されており、耳に残った人も居るだろう。 一部にMHWのテーマ曲『』のフレーズが判りやすく使用されている。 この点も含め、曲全体の曲調の変化がやや不安定で、一抹の不穏さを感じさせる。 このクエストは特殊仕様のイヴェルカーナが登場し、戦闘中は 氷纏いに移行することが無い。 使用する技も限定的であり、曲名通り「力の片鱗だけを見せている」状態である。 任務クエストの性質上、「氷と炎のはざまより」はクリアすると二度と受注できず、 他プレイヤーのクエストに参加しない限り ストーリー上、一度しか聴く機会のない幻の曲である。 ストーリー上、一度しか流れない戦闘曲としては後術の「嵐との決着」が先例として存在する。 上述した「氷纏いに移行しない特殊仕様のイヴェルカーナ」は任務クエスト以外でも登場する。 MHW:Iでの討伐後にイヴェルカーナが新大陸に向けて飛び去るムービーが入るが、 それ以降新大陸各地のにてイヴェルカーナが出没し、実際に戦闘を行うこともできる。 しかしそちらでは 『壮麗纏いし銀盤の貴人』が使用されているため、この曲は流れない。 このことから、本楽曲は 「氷と炎のはざまより」自体に設定されているBGMであることが判る。 セリエナの攻防 使用作品 MHW:I 収録 モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック• フィールド「」での戦闘で流れるBGM。 今後兵器置き場で他モンスターが登場する機会があるのか、その場合に本曲が流れるのかは現状不明。 このため、必ずしもイヴェルカーナの楽曲とは限らない点に留意されたし。 任務クエストの性質上、こちらも「セリエナ防衛戦」クリア後はストーリー上二度と聴けなくなる。 MH4Gにて先例のが存在しており、 あちらも 「古龍の脅威から拠点を守るために撃退する」イベント用であるなど用途が 全く同じである。 しかもは錆びたクシャルダオラとイヴェルカーナの攻防戦 両方に出演している。 こちらも『壮麗纏いし銀盤の貴人』を基にしているが、セリエナの存亡を掛けた一戦で流れることから勇壮な曲想に纏まっている。 あちらほどではないがピアノも使用されており、イヴェルカーナともよくマッチしている。 MHW:Iメインテーマの『』のフレーズをサビとして用いている。 全体的に勇壮でリズミカルな楽曲の中、このサビフレーズは特に目立つ。 「セリエナ防衛戦」ではクエスト開始直後から始まるムービーの途中で流れ始める。 該当の場面ではの向こうにイヴェルカーナがいるため、 モンスターの姿が見えない状況で流れ始めるというストーリー重視のMHWらしい使われ方をしている。

次の

ウイニングポスト9プレイ日記33 柵越えの季節、到来!

イヴェルカーナ 柵

いよいよ本格的に イヴェルカーナとの決戦が始まる・・・のか? ガチバトルというよりは施設を守ったりギミックを使ったりという感じでしょうか。 セリエナ防衛線• 目的地:兵器置き場• 時間:50分• 報酬金:28800z• 受注:MR16以上 任務の達成 依頼者:総司令 イヴェルカーナの脅威がセリエナに押し寄せんとしている。 完成 した撃龍杭砲を奴に撃ち、撃退へと追い込む事を最終目的とする。 それではセリエナに導きの青い星が輝かんことを! そもそも何でここを襲いにくるんだろうか。 あの時は起爆竜杭と溜め砲撃に拘りすぎたので、今回はチクボンしながら隙を見て程度にやってみようと思う。 今回も耐雷のまま登録していたことを失念しておりそのまま出撃に・・・ ソードマスターさん こんなに人員がいて気を引いている役がソードマスターさん1人・・・他にいると邪魔になるとかかな? 続編で多少かっこいいムービーでもないかなと思ったら新拠点の司令官ポジって。 イヴェルカーナ 防衛 とりあえずただ戦うだけなのかな? たまに壁を攻撃しに行くがそこまで傷んでいる感じは見受けられないのだが。 攻撃で生成される壁がとても鬱陶しい。 視界の悪さもさることながらバクステが引っかかったりと怖い。 壁が壊れて小さな段差になるとさらに厄介だ。 乗り上げると降りるときにガードが解ける。 どうすればこのフェイズが終わるのか。 適当に戦っていたら拘束弾が入った後に次のイベントに進んだのだが。 撃龍杭砲 燃料を積めるように言われ柵の裏に1度引っ込むことに。 ・・・なんで私がそんなことをしなければならないのか。 そして燃料があるのはあそこだってなんで反対側なんだよ。 柵を攻撃が抜けてくるので横切る際は注意か。 せっせと運んで詰めた辺りで イヴェルカーナくんが柵を突破してきた。 大砲のある上の段に乗って暴れまわっているのだが・・・もう制圧されているじゃないか。 暫くすると下に降りてくれて定位置についてくれるので発射命令が。 ・・・なんで私がそんなことをしなければならないのか。 完走した感想 調査班リーダー「お前は本当にすごいな。 皆を、セリエナを守ってくれた。 本当に。 何なんですかこの一体感を感じられそうで感じられないイベントは。 続編ではもう少しその他のキャラの見せ場もあると思っていたのですが・・・ まぁ・・・なに、とりあえずソードマスターさんがかっこよかった。 (小並.

次の

【MHWIB】モンハンの通過儀礼をしっかり受けたイヴェルカーナ君。【part6】

イヴェルカーナ 柵

前回、イヴェルカーナがアステラの地に来て数多のモンスターが活性化。 その始末に追われながらもイヴェルカーナの行方を掴み追って戦闘へ。 勝利を収めたかに見えたがイヴェルカーナは真の力を発揮した。 その際に受付嬢を庇い気を失う私、クレバスに落ちたおばちゃん。 頭にでっかい氷塊・・・。 ただ1つ言えることはイヴェルカーナは何らかの理由で一時的に龍結晶の地に来ただけだという事。 私たちはイヴェルカーナを追ってまた『渡りの凍て地』へ・・・。 受付嬢「変容したイヴェルカーナ・・・。 」 受付嬢「とてつもない力を感じましたね。 あー、まだ頭の後ろと首がいてーなー。 アステラで未発見だったモンスターが活性化。 アステラの助っ人に行くことに。 ソードマスターが主人公じゃねぇかよ。 イヴェルカーナが後退したところで防衛柵が上がりました。 しかしイヴェルカーナの脅威は去ったわけではない。 そこで若き司令官が出した命令は・・・。

次の