トミー 財布。 【楽天市場】メンズ財布(ブランド:トミー・ヒルフィガー)

Tommy Hilfiger(トミーヒルフィガー)

トミー 財布

TOMMY HILFIGER トミーヒルフィガー レディースレザー長財布とロレアルパリ 白髪染め 6LAの出品です 使用感は多少あります、神経質な方はご購入をお控えください。 スナップボタンやファスナーにダメージありませんので問題なくお使い頂けます。 ペンホルダー付きなので、通帳やチケット等を収納してマルチポーチとしてもお使い頂けます。 ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。 5点満点評価 特に破れや汚れはあまり見当たりません。 素人撮影の為、画像は反射等で色合いや風合いが少し違いがあることがありますがご理解ください。 あくまで素人個人同士のお取引ですので、神経質な方や中古品に理解がない方はご遠慮ください。 非常識な方が多いので、購入意思のあるちゃんとした方だけ購入をお願いいたします。 素材は豚革で、財布内側にもTOMMY HILFIGERの刻印があり、高級感があります。 スタイリッシュな折り畳み長財布でお札を折らずにいれられます。 カード入れも12箇所あり充実しているので、名刺や定期、ポイントカードなど整理整頓できます。 お札を入れるポケットが2箇所、ファスナーつきの小銭入れが1箇所あります。 付属の箱の表面も革素材で上質感があふれています。 箱の裏面に光にあてると見える程度の傷があります。 写真2枚目のとおり、財布内側に革がよっているところありますがもともとこのような感じでした。 海外で購入したので日本にはないデザインなので希少です。 定期入れ、折り畳み財布、長財布お探しのかたにもおすすめです。 お色はベージュでTHのロゴが大人っぽく素敵です。 表面にはTOMMY HILFIGER の銀色のタグがあり、後ろにはコインを入れられそうなチャックがついております。 財布をとめるボタンが二段階に調整できるので、内側に物をたくさんいれても調整ができます。 中を開くと横長ポケットが6ヶ所、カードポケットが13箇所あり、ペンなどをかけて箇所もあります。 クーポンや割引券なども楽々収納できます。 パスポートやチケット、クレジットカードなども収納できるので、トラベルポーチ兼財布としてもご使用いただけます。 通帳入れや診察券入れ、定期入れ、折り畳み財布、長財布お探しのかたにもおすすめです。 マルチケースとしてもご使用いただけます。 正規店取扱商品であっても、少しの傷などは不良品扱いされません。 予めご了承の上、お買い求めくださいませ。 予めご了承下さい。 《発送後のキャンセル、返品、交換について》 商品の不備以外は原則お受けすることができません。 発送後のキャンセル、返品、交換 サイズが合わない等)についてはお受けすることができません。 ご不明な点等ありましたら、ご注文前にお願いいたします。 画像9枚目。 ポケット8枚。 全く同じ物は画像検索しても出てこないので 日本にはあまりないのではないかと思います。 素人採寸のため多少の誤差が生じる場合があります。 中はナイロンっぽい素材です。 (喫煙者なし、ペットなし) 中古品ということをご理解頂いた上でご購入をお願いします。 他フリマサイトでも出品しておりますので、ご購入のタイミングによっては売り切れとなる可能性があります。 申し訳ありませんが、予めご了承ください。

次の

【楽天市場】【訳あり】 トミーヒルフィガー 財布 TOMMY HILFIGER カーフレザー 31TL130053 Black Tan Maxim 二つ折り:ブランド探検隊

トミー 財布

トミーヒルフィガーというブランドの位置付け?について。 最近、デザインをとても気に入ってトミーヒルフィガーのバッグを買ったんですが、 ふと気になって調べてみるとトミーは所詮高校生 がよく持ってるカバンというレベルのブランド。 とおっしゃっている方がそこそこいて驚きました。 トミー自体は、スーツやネクタイも扱っているそんなに安くないブランドですよね? そのような方々の意見と同じだとすると、サマンサの財布は所詮高校生の持つ程度のたかがしれてるブランド、と言っているのと同じような気がします… 私が実際高校生なので。 だったらそんなこと気にしなくても、と思うかもしれませんが、カバンを、長期的に使うことを考えると少し不安になりました みなさんはどう思いますか? トミーヒルフィガー自体がアバクロやノースフェイスあたりと同価格帯で、さほど高額ではないスポーツ系のカジュアルブランドであることと(高校生には高額ですが)、すでに廃止となったセカンドラインの「TOMMY」の製品(数千円で買えるロゴがでかく入ったドラム型のバッグなどのことです)が手頃な価格で可愛くて高校生に人気だったので、「高校生が持つブランド」というイメージが強いのかもしれません。 ただ使い勝手が良くて気に入っているものであれば、それが安くても、高級ブランドでなくてもいいと思います。 たとえば、OLがよく、外資系スーパーの「ディーン&デルーカ」のトートバッグを持ってますが、3000円のエコバッグでも、やっぱり使い勝手が良ければ人気はあります。 ちなみに、ラルフローレンはトミーヒルフィガーのことが大嫌いだそうです。 元々、トミーはラルフローレンのデザインや経営手法を模写し、元ラルフローレンのスタッフを集めて、ラルフローレンの顧客に対して「格段に安くラルフローレンに似た製品が買えますよ」と宣伝して成功したブランドで、そのおかげでラルフローレンはトミーヒルフィガーを「ラルフローレンが買えない貧乏人のためのコピーブランド」と呼んでます。 ただし、ここからが面白いんですけど、そのラルフローレンも元はブルックスブラザーズの店員からスタートしたデザイナーで、ブランド初期は「ブルックスブラザーズに手が届かない人のための模倣ブランド」って言われていた過去があります。 どうしてもアメカジはテイストが似通うので、この辺はパクリかどうかは気にしない方がいいのかな、ということで、豆知識として書かせていただきました。 で、この「先にある人気ブランドを模倣して成功するブランド」はたくさんあります。 たとえば、主さんが挙げた「サマンサタバサ」は、海外の高級ブランドのデザインをほぼ丸パクリしたバッグをだすことで「高級品を買えないけど、そのデザインを楽しみたい一般女性」をターゲットにして成功したブランドで、ミュウミュウ、ジバンシィ、クロエ、マイケルコース、セリーヌ、ディオール、エルメス、ラルフローレン、シャネル、プラダ、グッチなど、真似されていないブランドを探すのが大変なくらいです。 この節操のなさを嫌う人も多いですが、人気があるのはやはり「高級ブランドのデザインを安く楽しみたい」という購買層の要望にマッチしているブランドだからです。 ある程度、収入がある大人になると、トミーヒルフィガーやサマンサタバサを買わないのは事実だと思います。 アメリラントラッド好きの人はブルックスブラザーズやラルフローレンを買うでしょうし、バッグ好きの女性はシャネルやエルメスに目がいきます。 でも、やっぱり高校生は「安くても可愛いと思うもの」を、周りの意見に左右されずに素直に使う方が好感が持てます。 バッグのことはよくわかりませんが…。 私の夫は50代ですが ゴルフウェア等によくトミーのポロシャツやセーターを着ています。 夏場も、ユニクロで買ったような短パンに トミーのポロシャツでよく出かけてるので お気に入りのブランドみたいです。 ですが、去年、 出張でアメリカに行った際、 そこで現地の人達とゴルフしたそうですが その時、トミーのポロシャツを着ていたら 現地の人達が 「それは息子さんのを借りてきたのか?」と訊かれたとのこと。 「違う、自分のだ。 」と言うと 「日本人は何もわかってないなぁ。 」と笑われてしまったとか。 要するに、ハイスクールの学生が着るようなブランドだよ、 ということを言われたそうです。 ですが、夫は 「ふーん、でも自分はこれが気に入っているから。 」と まったく気にしなかったそうです。 もし仮に自分が気に入っていたらキティちゃんのTシャツでも着る、 と言ってました。 大人なので、 いちいち人の評判とか意見は気にしないんだと思います。 ちなみに20年くらい前のことですが 私がロスに出張した際、 その当時高校生だった弟へのお土産を悩んでいたら 「トミー・ヒルフィガーのコロンがいいよ。 」と 勧められました。 こっちの高校生には大人気なんだ、と。 ティーン向きなのは確かみたいですよ。 ライフスタイルが変わると、バッグも変えることになりますし 大人になると1つのバッグをずっと使うというよりも いくつかのバッグを服装やTPOに合わせて使うようになりますから。 1つのバッグにそんなにこだわらなくなりますよ。 もし今そのバッグが気に入っておられるなら ネットの意見などあまり気にせず 思い切り使って、楽しむといいと思いますよ。 私なんか、40年くらい前に買ったバッグで いまだに活用しているものがありますよ。 しかもノンブランド! もう汚れてぼろぼろですけど この時はこのバッグじゃないとダメだ!みたいなゲン担ぎもあるので 捨てられませんよ~。 高校生とそれなりに収入のある大人の価値観が違うのは当たり前なので、気にし過ぎる必要もないのですが、、 ファッションに関心のある大人で、もの選びの基準を構築している人間は、ファッションのセオリーはもちろん。 生地、縫製はもちろん生産国にこだわりが出てきます。 アメリカのブランドなのに、中国やベトナムで生産していることはビジネス拡大の観点では仕方ないことであったとしても、、質にこだわるブランドではないことの証左と映ります。 本国生産で質にこだわったシャツをつくれば、2万円は下らないのが現在の状況です。 別にトミーヒルフィガーのデザインが好きでファンになったというのは良いですけど、、トミー自体は質はともかくポロシャツを得意にしているファッションブランドですから、まぁカジュアル衣料全般を組み合わせて買うこと自体は、予算的にマッチする人にとっては普通のことです。 ただ鞄ということになれば、、ファッションブランドの鞄は何か特別な理由があるとか、全身トミーの信者みたいな人しかオススメ出来ないのです。 あえて得意ではない分野のものを買うよりは、鞄メーカーの作りのしっかりしたものを買う方が使いやすいし、耐久性もある場合が多いですし。 そういう当たり前の判断が出来ることが、大人と子供の違いです。 高校生の金銭感覚でトミーやサマンサが安くないというのは分からないでもありませんが、その価値観を大人がみんな持ち合わせていると考えるのは早計です。 確かに、非正規雇用でそれらのブランドを安いとは思わない大人だっているでしょうけど、、仮に予算がない方でも質にこだわる考え方が身についてる人は検討すらしないブランドであるという事実もあるわけです。 もちろん下を見ればキリがないのですが、予算以外の観点でもの選びの基準を持っている大人がどういうロジックを構築しているのかを知ることはマイナスにはならないと思います。 お金がないから、質の高いものを大切に使うという考え方もあるわけですし。 だからこそ吟味して、合わせやすいものを買う。 定番品を知り絞って買い進めるということを実践している方も少なからずいらっしゃいます。 もちろん収入がそれなりにある方は、こだわりも出てきますから、そういう方も挙げらたブランドのお店に入ることすら少ないでしょう。 現に、ファッション感度が高い大学生ならトミーもサマンサも選ばないでしょう。 メディアに取り上げられて露出度が高いブランドであることと、商品の質には相関がありません。 私なら社会人の彼女に、サマンサの財布はとてもプレゼント出来ません。 もちろん私もそれなりにファッションに関心あるので、関心ない女性とはお付き合いしてこなかったからでもありますけど、同じ予算でも別のものを考えるでしょう。 辛口ゴメンなさい。 偽らざる本音を書いたつもりです。

次の

【トミーヒルフィガー 財布】どの年齢層の方に人気?

トミー 財布

トミーヒルフィガーというブランドの位置付け?について。 最近、デザインをとても気に入ってトミーヒルフィガーのバッグを買ったんですが、 ふと気になって調べてみるとトミーは所詮高校生 がよく持ってるカバンというレベルのブランド。 とおっしゃっている方がそこそこいて驚きました。 トミー自体は、スーツやネクタイも扱っているそんなに安くないブランドですよね? そのような方々の意見と同じだとすると、サマンサの財布は所詮高校生の持つ程度のたかがしれてるブランド、と言っているのと同じような気がします… 私が実際高校生なので。 だったらそんなこと気にしなくても、と思うかもしれませんが、カバンを、長期的に使うことを考えると少し不安になりました みなさんはどう思いますか? トミーヒルフィガー自体がアバクロやノースフェイスあたりと同価格帯で、さほど高額ではないスポーツ系のカジュアルブランドであることと(高校生には高額ですが)、すでに廃止となったセカンドラインの「TOMMY」の製品(数千円で買えるロゴがでかく入ったドラム型のバッグなどのことです)が手頃な価格で可愛くて高校生に人気だったので、「高校生が持つブランド」というイメージが強いのかもしれません。 ただ使い勝手が良くて気に入っているものであれば、それが安くても、高級ブランドでなくてもいいと思います。 たとえば、OLがよく、外資系スーパーの「ディーン&デルーカ」のトートバッグを持ってますが、3000円のエコバッグでも、やっぱり使い勝手が良ければ人気はあります。 ちなみに、ラルフローレンはトミーヒルフィガーのことが大嫌いだそうです。 元々、トミーはラルフローレンのデザインや経営手法を模写し、元ラルフローレンのスタッフを集めて、ラルフローレンの顧客に対して「格段に安くラルフローレンに似た製品が買えますよ」と宣伝して成功したブランドで、そのおかげでラルフローレンはトミーヒルフィガーを「ラルフローレンが買えない貧乏人のためのコピーブランド」と呼んでます。 ただし、ここからが面白いんですけど、そのラルフローレンも元はブルックスブラザーズの店員からスタートしたデザイナーで、ブランド初期は「ブルックスブラザーズに手が届かない人のための模倣ブランド」って言われていた過去があります。 どうしてもアメカジはテイストが似通うので、この辺はパクリかどうかは気にしない方がいいのかな、ということで、豆知識として書かせていただきました。 で、この「先にある人気ブランドを模倣して成功するブランド」はたくさんあります。 たとえば、主さんが挙げた「サマンサタバサ」は、海外の高級ブランドのデザインをほぼ丸パクリしたバッグをだすことで「高級品を買えないけど、そのデザインを楽しみたい一般女性」をターゲットにして成功したブランドで、ミュウミュウ、ジバンシィ、クロエ、マイケルコース、セリーヌ、ディオール、エルメス、ラルフローレン、シャネル、プラダ、グッチなど、真似されていないブランドを探すのが大変なくらいです。 この節操のなさを嫌う人も多いですが、人気があるのはやはり「高級ブランドのデザインを安く楽しみたい」という購買層の要望にマッチしているブランドだからです。 ある程度、収入がある大人になると、トミーヒルフィガーやサマンサタバサを買わないのは事実だと思います。 アメリラントラッド好きの人はブルックスブラザーズやラルフローレンを買うでしょうし、バッグ好きの女性はシャネルやエルメスに目がいきます。 でも、やっぱり高校生は「安くても可愛いと思うもの」を、周りの意見に左右されずに素直に使う方が好感が持てます。 バッグのことはよくわかりませんが…。 私の夫は50代ですが ゴルフウェア等によくトミーのポロシャツやセーターを着ています。 夏場も、ユニクロで買ったような短パンに トミーのポロシャツでよく出かけてるので お気に入りのブランドみたいです。 ですが、去年、 出張でアメリカに行った際、 そこで現地の人達とゴルフしたそうですが その時、トミーのポロシャツを着ていたら 現地の人達が 「それは息子さんのを借りてきたのか?」と訊かれたとのこと。 「違う、自分のだ。 」と言うと 「日本人は何もわかってないなぁ。 」と笑われてしまったとか。 要するに、ハイスクールの学生が着るようなブランドだよ、 ということを言われたそうです。 ですが、夫は 「ふーん、でも自分はこれが気に入っているから。 」と まったく気にしなかったそうです。 もし仮に自分が気に入っていたらキティちゃんのTシャツでも着る、 と言ってました。 大人なので、 いちいち人の評判とか意見は気にしないんだと思います。 ちなみに20年くらい前のことですが 私がロスに出張した際、 その当時高校生だった弟へのお土産を悩んでいたら 「トミー・ヒルフィガーのコロンがいいよ。 」と 勧められました。 こっちの高校生には大人気なんだ、と。 ティーン向きなのは確かみたいですよ。 ライフスタイルが変わると、バッグも変えることになりますし 大人になると1つのバッグをずっと使うというよりも いくつかのバッグを服装やTPOに合わせて使うようになりますから。 1つのバッグにそんなにこだわらなくなりますよ。 もし今そのバッグが気に入っておられるなら ネットの意見などあまり気にせず 思い切り使って、楽しむといいと思いますよ。 私なんか、40年くらい前に買ったバッグで いまだに活用しているものがありますよ。 しかもノンブランド! もう汚れてぼろぼろですけど この時はこのバッグじゃないとダメだ!みたいなゲン担ぎもあるので 捨てられませんよ~。 高校生とそれなりに収入のある大人の価値観が違うのは当たり前なので、気にし過ぎる必要もないのですが、、 ファッションに関心のある大人で、もの選びの基準を構築している人間は、ファッションのセオリーはもちろん。 生地、縫製はもちろん生産国にこだわりが出てきます。 アメリカのブランドなのに、中国やベトナムで生産していることはビジネス拡大の観点では仕方ないことであったとしても、、質にこだわるブランドではないことの証左と映ります。 本国生産で質にこだわったシャツをつくれば、2万円は下らないのが現在の状況です。 別にトミーヒルフィガーのデザインが好きでファンになったというのは良いですけど、、トミー自体は質はともかくポロシャツを得意にしているファッションブランドですから、まぁカジュアル衣料全般を組み合わせて買うこと自体は、予算的にマッチする人にとっては普通のことです。 ただ鞄ということになれば、、ファッションブランドの鞄は何か特別な理由があるとか、全身トミーの信者みたいな人しかオススメ出来ないのです。 あえて得意ではない分野のものを買うよりは、鞄メーカーの作りのしっかりしたものを買う方が使いやすいし、耐久性もある場合が多いですし。 そういう当たり前の判断が出来ることが、大人と子供の違いです。 高校生の金銭感覚でトミーやサマンサが安くないというのは分からないでもありませんが、その価値観を大人がみんな持ち合わせていると考えるのは早計です。 確かに、非正規雇用でそれらのブランドを安いとは思わない大人だっているでしょうけど、、仮に予算がない方でも質にこだわる考え方が身についてる人は検討すらしないブランドであるという事実もあるわけです。 もちろん下を見ればキリがないのですが、予算以外の観点でもの選びの基準を持っている大人がどういうロジックを構築しているのかを知ることはマイナスにはならないと思います。 お金がないから、質の高いものを大切に使うという考え方もあるわけですし。 だからこそ吟味して、合わせやすいものを買う。 定番品を知り絞って買い進めるということを実践している方も少なからずいらっしゃいます。 もちろん収入がそれなりにある方は、こだわりも出てきますから、そういう方も挙げらたブランドのお店に入ることすら少ないでしょう。 現に、ファッション感度が高い大学生ならトミーもサマンサも選ばないでしょう。 メディアに取り上げられて露出度が高いブランドであることと、商品の質には相関がありません。 私なら社会人の彼女に、サマンサの財布はとてもプレゼント出来ません。 もちろん私もそれなりにファッションに関心あるので、関心ない女性とはお付き合いしてこなかったからでもありますけど、同じ予算でも別のものを考えるでしょう。 辛口ゴメンなさい。 偽らざる本音を書いたつもりです。

次の