生理中 性欲。 “性欲スイッチ”が入らない女たち―「実は知らない性の話」を専門家が解説【産婦人科医 宋美玄・麻美ゆま他】

两性新知:女人一个月中什么时候性欲最强

生理中 性欲

意中の彼と初エッチに持ち込んだのにいざとなったら 全然気乗りしなかったり、そうかと思えば 妙にムラムラして酔った勢いで好きでもない男と寝ちゃって翌朝後悔したり。 女性の性欲って、かなり波がありますよね。 自分の意思とは無関係なところで、 誰かに性欲を操られてるんじゃないかとさえ勘ぐりたくなってしまうほどですが、この現象の謎を解くカギは、実は女性ホルモンと性欲の関係にあったのです。 女性の生理周期とホルモンの関係 男の精神に強力に影響を及ぼすホルモンがテストステロンだけなのに比べて、 女には実に4つも存在していることはご存知でしたか? ・エストロゲン… 性欲を増進、女性らしい体にする ・プロゲステロン… 性欲を抑制 ・オキシトシン… 幸せホルモン ・テストステロン… 男性ホルモンの代表格 思考や行動を支配してしまうほど強力なパワーを持ったホルモンが、 4種類も入り乱れて増減する女性の体は、性格や性欲が不安定で当然だったのですね。 生理周期は、分泌されるホルモンによって、 大きく4段階に分けることができます。 生理中 エストロゲン、プロゲステロン共に、分泌量が少ない時期になります。 体が冷えて血行が悪く、皮脂量も少ないため、 肌が乾燥して過敏になりやすい時期です。 生理終了から排卵まで 生理が終わるころからエストロゲンの分泌量が増え始め、排卵前には分泌量がピークになります。 エストロゲンには性欲を増進させる働きがあるため、分泌量の一番多い排卵前は 性欲が強くなる傾向にあります。 一番妊娠しやすいタイミングなので、子孫を残そうとする 人間の本能が強く働く時期となります。 当然、この時期は男性に口説かれた場合、本能に従ってしまい易いので要注意です。 また、エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する効果もあり、 肌や髪にハリやツヤが出ます。 そして、副交感神経の活発な働きによって情緒も安定します。 つまりこの時期は、排卵受精に向かって 男性を受け入れる体制が整い、従順で優しい性格になり、女性としての魅力が増す時期といえるでしょう。 排卵後から次の生理数日前まで この時期になると、安定剤の役割を果たすホルモンであるプロゲステロンとオキシトシンが一気に増えます。 妊娠の可能性を考え、 アクティブに行動しないように制御をかけているという訳です。 また、この時期は排卵も終わってしまっていて妊娠が不可能なので、性欲も抑えられています。 この時期は性欲が低いため、ペニスの挿入を伴うセックスには消極的になり、その代わり、幸せホルモンのオキシトシンの影響でふれあいを好むようになります。 性感が弱まっているため、オーガズムにも達しづらいと言われています。 クリイキならば、なんとか可能といったところでしょうか。 また、プロゲステロンには、皮脂分泌を活発にする作用があるため、 吹き出ものなどの肌トラブルが多くなりがち。 ムクミや便秘なども起こりやすくなるので、体調管理にはいつも以上に気を付けたい時期です。 生理数日前から生理まで 生理が始まる3~10日前の体に起きる様々な不調のことを、 PMS(月経前症候群)といいます。 人によっては全然症状が出ない人、その逆にPMSが間接的な原因で犯罪を犯してしまうほど強く影響を受けてしまう人など様々ですが、この時期は外に向かって 不機嫌が放たれやすい傾向にあります。 プロゲステロンとエストロゲンが大きく落ち込んでいく中で、性欲ホルモンのテストステロンと愛情ホルモンのオキシトシンが上昇していきます。 生理前は意味もなくムラムラするというような場合には、このテストステロンの働きだと思って間違いないでしょう。 もうすぐ始まる生理の月経血をスムーズに排出すべく、セックスによって子宮を柔軟にして骨盤を少しでも広げるために性欲が高くなる、という説もあるようです。 愛する人との関係を持つことで、骨盤が開き生理も楽になるという理屈です。 少しでも女性が暮らしやすいように、性欲や本能がプログラミングされているなんて、人体ってほんとに良く造られているなと感心してしまいます。 さて、こうして4段階に分けてホルモンバランスの推移みてきたわけですが、いかがでしたか? 性欲と生理周期の関係性を理解したことによって、自分の感情や性欲の波と上手につきあっていけるようになるといいですね。 関連記事 ライタープロフィール TOMO 長く海外生活を経験し、国際情勢に精通。 美食&美酒、ファッション、旅をこよなく愛する。 現在は東京在住。 翻訳家&ライターとしても活躍中。 自分のキュアリは?(女性としての内面磨き) 知的好奇心を持ち続けて日々を生きること。

次の

生理中や前にムラムラ性欲が高まるのはなぜ?原因や対処法を解説!

生理中 性欲

小贴士:美国国家癌症研究中心的最新报告显示:乳房在月经周期的前两个星期状态最"放松"。 如果想做乳房的仪器检查最好选在这段时间,不仅易于医生确诊,而且被检查的人也会感觉舒服些,因为乳房在这个时期最"合作"。 对年轻女性来说这个特点尤为明显。 注意:如果你发现乳头有分泌物或感觉到乳房里面有肿块的话,无论处在月经周期的哪个时段都应该尽快去医院。 WEEK 2(排卵期):最性感的1周 月经结束1周后,大约在"周期"第14天,我们那个成熟的卵子从一侧卵巢摇曳而出。 随它一起到来的还有一定数量的雌激素和雄激素。 此后一两天内,这两种荷尔蒙水平又开始下降。 这时,如果你感到腹部疼痛和轻微的烦躁,甚至少量出血都不足为奇,医生把这叫做"突破性出血"。 这些都是伴随排卵而出现的正常反应。 小贴士:不要否认,你对隔壁写字间那个英俊的男士爱慕已久,在本周找个机会坐到他身边去吧。 因为这是女人1月中最性感的1周。 对于成熟女性来说,她比平常任何时候都更想做爱。 这是体内性荷尔蒙充足的缘故。 根据美国《爱与情欲》一书中提到的,性激素最能刺激性欲,当女人自然生育能力达到最高时,也是她感觉最性感的时候,受孕的几率随之增大,因此最需要注意避孕。 注意:这个时段最适合做一些创造性活动,因为这时候你的脑子最活跃。 美国科学家的研究认为:随着体内雌激素水平的升高,人的认知能力也随着升高。 如果你的周期是28天,那么你在第12天到第14天时大脑最好用,短时记忆力也最强。 把重要的会议和谈判都安排在这段时间进行,你的反应比平时更快,工作效率更高。 WEEK3(孕育期):酷爱撒娇的7 天 排卵后孕激素上升,为子宫内膜的生成做准备,丰厚、结实的子宫内膜决定着成熟卵子的着床率的高低,不论你的心理如何,你的身体每月都在这个时候洋溢着母性的光辉。 同时性欲一落千丈,在这段时期里,你不再像几天前那样渴望性爱,对伴侣的主动进攻也懒得配合。 小贴士:这个时段你也许会心情不好,而且特别渴望爱抚。 医生的分析是:当体内孕激素水平高的时候,女性喜欢的性爱方式是温情脉脉的疼爱。 如果你发现自己忽然变得爱撒娇了,那一点儿也不奇怪。 注意:这个时候的女人最容易被性传播疾病袭击。 最近的几个科学研究报告显示:月经后半个周期女人更容易感染HIV和其他性传染疾病病毒。 原因是:这个时期生殖系统内的抗病毒细胞处在最"消沉"的状态,因此病毒也最容易"趁虚而入"。 WEEK 4(经前期):躁动的性感女人 第4个星期时孕激素水平达到了最高峰,而随着新一次月经的即将来临,子宫内膜终于"摆脱"了荷尔蒙的控制,开始枯萎并准备脱落。 荷尔蒙的动荡使得我们不得不应付经前综合征(PMS)带来的诸多问题:例如:情绪化、精力不集中、乳房肿胀、痤疮此起彼伏、喜欢大吃大嚼等等。 小贴士:在这段时间里,你忽然发现自己又有了想做爱的念头。 然而,与月经中期荷尔蒙导致的性欲旺盛有所不同的是:这个时期对性爱的渴望是由于月经前的烦躁不安和盆腔充血所导致的压力造成的。 无论从理论上还是从实践上都认为:经前性爱能给女性的身心带来无与伦比的愉悦。 注意:如果你有哮喘的话,在这段时间尤其要注意。 这个时候孕激素对身体的很多方面都有"煽动"作用,会导致呼吸困难,很可能使哮喘恶化。 英国医学家研究发现:对于有哮喘病的女性来说,可以考虑通过服用避孕药物来控制荷尔蒙的变化。 也可以在月经即将来临的前一个星期增多服用抗哮喘药物,防患于未然。 20岁、30岁、40岁女人的月经与性欲 20岁:青春期的痛经如果随年龄增长越来越严重的话,很可能是得了子宫内膜炎,如果除了痛经还伴有性交疼痛的情况则更应注意。 30岁:这个年龄的月经是女人一生中最规律的阶段。 和20岁时的痛经问题相比,30岁的女人更容易被PMS(经前综合征)困扰。 每次月经之前都要度过几天难过的日子。 30岁的女人出现痛经和月经量过多可能是子宫内膜炎或子宫肌瘤的症状。 40岁:月经周期的长短开始发生变化,从21天的周期变成35天,然后又变成27天都是正常的。 另外,月经量可能会增多。 40岁时出现的不规则出血可能是子宫息肉的症状。 虽然卵巢与从前相比不再那么规律排卵,而且排卵频率也降低了,但也不能忽视避孕的问题。 40岁女人意外怀孕的比率和青少年意外怀孕的机会一样高。 女性在性欲方面可以分为两大类,一类是完全感觉不到性欲的存在;另一类对性欲有明显的感觉,有的甚至相当强烈。 关于何时性欲最强,有一位女性这样说:"月经前2--3天,月经中,月经8天后有3--5天。

次の

生理中や前にムラムラ性欲が高まるのはなぜ?原因や対処法を解説!

生理中 性欲

所以,医生在临床上较少提醒女性,要利用性欲高峰改善性生活质量。 最近,美国北卡罗来纳州立大学对300多名未婚女性进行调查,发现被调查者发生婚前性行为的时间,大多在月经前后,此时出现性高潮的几率也很高。 报道还指出,已婚女性达到性高潮的时间,也大多集中在月经到来的前后。 其实,这方面的话题早已引起了科学界的关注。 她发现,在女性 每一个28天的月经周期中,一般会出现两个性欲高峰,一个是在月经来潮之前,另一个则在排卵前后的两三天中。 两个高峰一般相距14天,各历时3天左右。 这 两个时间段的性欲强弱,可能会因情欲和疲劳等因素而略有差别。 虽然国内学者尚没有针对中国女性在月经周期中的性欲波动进行过调查,但也认为女性确实可能存在这样的周期。 如排卵时的性欲高峰,可能与有利于生育的本能相关;月经前的性欲高峰,则可能与希望保证性生活的安全有关。 有观点认为,女性的这种性欲变化,与月经周期中雌孕激素的规律性分泌有关。 即随着卵泡成熟,雌激素分泌不断升高,并在排卵前形成高峰,由此诱发性欲高峰。 不过也有观点认为,在生物进化的过程中,发展愈高级,性激素对性行为的影响愈弱。 但在科学界有个共识,即女性的性欲波动,受到多重因素影响,如生理、心理、情感、环境、伴侣等。 因此,杨大中表示,在现实生活中,上述两个性欲高峰并非放诸四海而皆准,有些女性就属例外,她们在来月经时性欲较为强烈。 所以,医生在临床上较少提醒女性,要利用性欲高峰改善性生活质量。

次の