ビーマ スポーツ。 biima sports 南船橋校(ビーマ・スポーツ)12月よりOPEN!!

biima sports 門真校(ビーマ・スポーツ)

ビーマ スポーツ

21世紀型の新しい教育で、均一的な日本の教育を変革する 私たちは、子どもたちに、「21世紀型の教育コンテンツ」を提供するベンチャー企業です。 昨今、グローバル化や21世紀型教育が叫ばれ、教育業界でも、大きなイノベーションが起こると言われ始めた2016年、私たちは、創業しました。 私たちbiimaの考える、「21世紀型の教育コンテンツ」とは、今日の日本に足りないとされる「Diversity=多様性」「Identity=主体性」「Creativity=創造性」を取り入れた教育と定義しています。 子どもたちは、遊び(=asobi)の中では、それぞれの個性を尊重し、楽しく主体的に工夫しながらそれぞれの新しいasobiを作り出します。 子どもたちがasobiの中で発揮するこれらの「多様性・主体性・創造性」を、ヒトやITのチカラでmanabiの世界へ持ってきたい。 そんない想いで、biimaは、スタートいたしました。 これまでの教育現場では、学校でも塾でも、全員同じような教育をうけ、同じような価値観で判断される、いわゆる均一的な教育が行われてきました。 しかし、高度経済成長期のビジネスモデルが崩壊し、成熟社会となった現在において、これから日本が成長していくためには、旧来型の知識詰め込み型教育、均一的な教育では、次の日本を創っていく人材は育成できないと考えます。 次の日本を創っていく人材とは、与えられた仕事をこなす人材ではなく、答えのない世界の中で、自分で主体的に考え、行動、判断することで、新しく仕事を作り出せる人材であると思います。 そういう人材を育成していくには、旧来型の均一化された教育から、21世型の新しい教育に変革する必要があります。 私たちbiimaは、「Diversity=多様性」「Identity=主体性」「Creativity=創造性」を取り入れた新しい形の「21世紀型の教育コンテンツ」を、学習領域、スポーツ領域、音楽領域など、様々な領域でサービス展開してまいります。 子ども達がみんな笑顔で活き活きしている。 子どもが自分で考えて、「これをやりたい!」と言ってくれた。 いろいろなものにチャレンジするようになった。 今までにはなかった「新しいカタチの教育」を私たちは創っていくことで、新しい未来を創ることに貢献してきたいと思います。 田村恵彦.

次の

biima sports

ビーマ スポーツ

biima sports(ビーマ・スポーツ)は、「最新のスポーツ科学」と「幼児教育・保育学」を融合した 新しい形のキッズスポーツスクールです。 特定のスポーツには特化せず、サッカーやバスケットボール、野球、体操、テニスなど、様々なスポーツで必要な要素を取り入れた総合スポーツスクールモデルです。 「21世紀型の教育コンテンツをつくるベンチャー企業」の株式会社biimaと、早稲田大学の教授陣が、プログラムを共同開発。 運動神経は親から遺伝せずに10歳までの運動経験で決まっていくという研究結果から総合スポーツを行っております。 biima sportsでは、「子どもたちにスポーツを好きになってもらうこと。 」を最も大切なポリシーと掲げています。 だからこそ、スポーツ科学の要素だけではなく、幼児教育・保育学の理論も用いて、心と身体の成長につながるプログラムを開発いたしました。 (社会人向けのビジネス研修やリーダーシップ研修で実施される内容を幼稚園、小学生版にカスタマイズして実施いたします。 ) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【運営会社 株式会社biima】 株式会社biimaは21世紀型の新しい教育で均一的な日本の教育を変革するということにチャレンジしている会社であり、21世紀に活躍する人材とは与えられた仕事をしっかりこなす人材ではなく、答えのない世界で、自分で主体的に考え、行動、判断することで、新しく仕事を作り出せる人材と考えております。 そのために多様性、主体性、創造性を取り入れた新しい形の「21世型教育コンテンツ」を様々な領域でサービス展開していきます。 100年変わらない教育を変え、21世紀に求められる人材を育てる教育。 そんな新しい教育に変革するチャレンジをしてまいります。

次の

biima, Inc

ビーマ スポーツ

21世紀型の新しい教育で、均一的な日本の教育を変革する 私たちは、子どもたちに、「21世紀型の教育コンテンツ」を提供するベンチャー企業です。 昨今、グローバル化や21世紀型教育が叫ばれ、教育業界でも、大きなイノベーションが起こると言われ始めた2016年、私たちは、創業しました。 私たちbiimaの考える、「21世紀型の教育コンテンツ」とは、今日の日本に足りないとされる「Diversity=多様性」「Identity=主体性」「Creativity=創造性」を取り入れた教育と定義しています。 子どもたちは、遊び(=asobi)の中では、それぞれの個性を尊重し、楽しく主体的に工夫しながらそれぞれの新しいasobiを作り出します。 子どもたちがasobiの中で発揮するこれらの「多様性・主体性・創造性」を、ヒトやITのチカラでmanabiの世界へ持ってきたい。 そんない想いで、biimaは、スタートいたしました。 これまでの教育現場では、学校でも塾でも、全員同じような教育をうけ、同じような価値観で判断される、いわゆる均一的な教育が行われてきました。 しかし、高度経済成長期のビジネスモデルが崩壊し、成熟社会となった現在において、これから日本が成長していくためには、旧来型の知識詰め込み型教育、均一的な教育では、次の日本を創っていく人材は育成できないと考えます。 次の日本を創っていく人材とは、与えられた仕事をこなす人材ではなく、答えのない世界の中で、自分で主体的に考え、行動、判断することで、新しく仕事を作り出せる人材であると思います。 そういう人材を育成していくには、旧来型の均一化された教育から、21世型の新しい教育に変革する必要があります。 私たちbiimaは、「Diversity=多様性」「Identity=主体性」「Creativity=創造性」を取り入れた新しい形の「21世紀型の教育コンテンツ」を、学習領域、スポーツ領域、音楽領域など、様々な領域でサービス展開してまいります。 子ども達がみんな笑顔で活き活きしている。 子どもが自分で考えて、「これをやりたい!」と言ってくれた。 いろいろなものにチャレンジするようになった。 今までにはなかった「新しいカタチの教育」を私たちは創っていくことで、新しい未来を創ることに貢献してきたいと思います。 田村恵彦.

次の