妹はビッパー速報。 巨人パーラ、6回適時打含むマルチ安打で勝利に貢献

石川遼 コロナ対策でキャディー帯同せず「違和感が大きかった」/ゴルフ/デイリースポーツ online

妹はビッパー速報

第1打はフェアウエーやや右。 第2打をピン左1・5メートルにつけバーディーチャンスも、右に外してパー。 1番ティーへ向かう渋野日向子(撮影・清水貴仁) 1番 ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 2番410ヤード、パー4=パー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打をグリーン右奥4メートルにつけるも、これを惜しくも外しパー。 2番 第2打を放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 3番200ヤード、パー3=パー 第1打をピン右15メートルにオンするも、パットが50センチショートしパー。 3番 笑顔をみせる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 4番320ヤード、パー4=バーディー 第1打、ユーティリティーでフェアウエー。 第2打は、スピン効いた球で、手前1メートルにピタリ。 これを入れて 初バーディー。 4番 ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 4番 バーディーを奪う渋野日向子(撮影・清水貴仁) 5番485ヤード、パー5=バーディー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打、グリーン手前にキャリー、転がりピン奥2. 5メートルのイーグルチャンス。 第3打、下りスライス、カップ右を抜ける。 返しの30センチ入れて 連続バーディー。 6番410ヤード、パー4=パー 第1打は1番ウッドで左ラフ。 第2打、グリーン奥エッジ。 17メートルをパターでピン下70センチ。 これを入れてパー。 6番 グリーン上でラインを読む渋野日向子(撮影・清水貴仁) 7番400ヤード、パー4=ボギー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打、ピン切られた上段に届かず、左下段15メートル。 第3打は1. 8メートルショート。 パーパットはカップなめて外し 初ボギー。 7番 勝みなみ(中央)と笑顔で話す渋野日向子(撮影・清水貴仁) 7番 パットで第3打を放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 8番150ヤード、パー3=ボギー 第1打、アイアンでこすり気味に右へ。 第2打はバンカーに転がり落ちる。 第3打が、ピン6メートルオーバー。 返しも入らず 連続ボギー。 8番、ショートホールのティーショットがバンカーにつかまり悔しがる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 8番、ショートホールのティーショットがバンカーにつかまり厳しい顔をみせる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 9番495ヤード、パー5=バーディー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打は2オン狙いでグリーン右に外す。 第3打、アプローチを1メートルに寄せ、これを入れて バーディー。 9番、グリーンそばのラフからアプローチショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 10番370ヤード、パー4=パー 11番535ヤード、パー5=パー 12番155ヤード、パー3=パー 13番385ヤード、パー4=パー 14番395ヤード、パー4=パー 第1打はフェアウェー。 第2打をピン左10メートル。 長いパットを奥に外してパー。 15番375ヤード、パー4=ボギー 第2打はグリーン右のエッジ。 第3打をピン右3メートル。 これを外して ボギー。 16番190ヤード、パー3=パー 第1打をピン奥2メートル。 パットをわずかに外してパー。 17番510ヤード、パー5=バーディー 雨が強くなる。 第3打でピン手前2メートルに寄せると、これを決めて バーディー。 18番390ヤード、パー4=バーディー 第1打、フェアウエーの真ん中の好位置。 第2打をピン横30センチにつけ 連続バーディーフィニッシュ。

次の

パート速報VIP

妹はビッパー速報

第1打はフェアウエーやや右。 第2打をピン左1・5メートルにつけバーディーチャンスも、右に外してパー。 1番ティーへ向かう渋野日向子(撮影・清水貴仁) 1番 ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 2番410ヤード、パー4=パー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打をグリーン右奥4メートルにつけるも、これを惜しくも外しパー。 2番 第2打を放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 3番200ヤード、パー3=パー 第1打をピン右15メートルにオンするも、パットが50センチショートしパー。 3番 笑顔をみせる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 4番320ヤード、パー4=バーディー 第1打、ユーティリティーでフェアウエー。 第2打は、スピン効いた球で、手前1メートルにピタリ。 これを入れて 初バーディー。 4番 ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 4番 バーディーを奪う渋野日向子(撮影・清水貴仁) 5番485ヤード、パー5=バーディー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打、グリーン手前にキャリー、転がりピン奥2. 5メートルのイーグルチャンス。 第3打、下りスライス、カップ右を抜ける。 返しの30センチ入れて 連続バーディー。 6番410ヤード、パー4=パー 第1打は1番ウッドで左ラフ。 第2打、グリーン奥エッジ。 17メートルをパターでピン下70センチ。 これを入れてパー。 6番 グリーン上でラインを読む渋野日向子(撮影・清水貴仁) 7番400ヤード、パー4=ボギー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打、ピン切られた上段に届かず、左下段15メートル。 第3打は1. 8メートルショート。 パーパットはカップなめて外し 初ボギー。 7番 勝みなみ(中央)と笑顔で話す渋野日向子(撮影・清水貴仁) 7番 パットで第3打を放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 8番150ヤード、パー3=ボギー 第1打、アイアンでこすり気味に右へ。 第2打はバンカーに転がり落ちる。 第3打が、ピン6メートルオーバー。 返しも入らず 連続ボギー。 8番、ショートホールのティーショットがバンカーにつかまり悔しがる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 8番、ショートホールのティーショットがバンカーにつかまり厳しい顔をみせる渋野日向子(撮影・清水貴仁) 9番495ヤード、パー5=バーディー 第1打、1番ウッドでフェアウエー。 第2打は2オン狙いでグリーン右に外す。 第3打、アプローチを1メートルに寄せ、これを入れて バーディー。 9番、グリーンそばのラフからアプローチショットを放つ渋野日向子(撮影・清水貴仁) 10番370ヤード、パー4=パー 11番535ヤード、パー5=パー 12番155ヤード、パー3=パー 13番385ヤード、パー4=パー 14番395ヤード、パー4=パー 第1打はフェアウェー。 第2打をピン左10メートル。 長いパットを奥に外してパー。 15番375ヤード、パー4=ボギー 第2打はグリーン右のエッジ。 第3打をピン右3メートル。 これを外して ボギー。 16番190ヤード、パー3=パー 第1打をピン奥2メートル。 パットをわずかに外してパー。 17番510ヤード、パー5=バーディー 雨が強くなる。 第3打でピン手前2メートルに寄せると、これを決めて バーディー。 18番390ヤード、パー4=バーディー 第1打、フェアウエーの真ん中の好位置。 第2打をピン横30センチにつけ 連続バーディーフィニッシュ。

次の

<速報>松山英樹の米初V大会が開幕 スタートはティショット曲げるもパー

妹はビッパー速報

7月12日は「ラヴィン・ユー」(1975年)の大ヒットで知られる女性シンガー、ミニー・リパートンの命日。 ミニー・リパートンは1947年11月8日、アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。 10代の頃から音楽活動をスタートさせたリパートンは、1971年にスティーヴィー・ワンダーのバックコーラスに起用され、74年、スティーヴィーのプロデュースにより『パーフェクト・エンジェル』を発表。 アルバムは全米ビルボード4位を記録し、翌75年には同作から全米No. 1大ヒット・シングル「ラヴィン・ユー」が誕生した。 「ラヴィン・ユー」はリパートンが夫で音楽プロデューサーのリチャード・ルドルフとともに、愛娘のために作ったいわゆる子守歌のような曲。 5オクターブ以上の広い音域を持ち、ホイッスル・ボイスといわれる超高音を自在に操る歌唱法は、のちの多くの女性シンガーに大きな影響を与え、「ラヴィン・ユー」はこれまでに多数アーティストにカバーされている。 なかでも、日本では女性レゲエ・シンガー、ジャネット・ケイによるカバーが有名。 リパートンは「ラヴィン・ユー」の大ヒットからわずか1年後の1976年に乳がんと診断。 闘病生活を送っていたが、1979年7月12日に31歳という若さでこの世を去っている。

次の