優しいあの子歌詞。 優しいあの子 スピッツ 歌詞情報

スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味とは?ドラマ『なつぞら』主題歌

優しいあの子歌詞

広瀬すずさん主演のNHKの朝ドラ、「なつぞら」で再び注目されたスピッツ。 ドラマもよかったのですが、スピッツファンとしては、やはり主題歌をスピッツが歌っている事が気になります。 (広瀬さん、ゴメンなさい) このドラマのために書き下ろされた、スピッツの名曲、「優しいあの子」。 歌詞に「コタン」という言葉が出てくるのですが、「コタン」って何? と思いますよね? 調べて見ると、「コタン」とは、アイヌ語で「村」とか、「集落」を意味するとのことです。 歌詞を見ながら詳しく見ていきましょう。 まずは歌詞を見ていきましょう。 曲の雰囲気にもあった、マサムネさんんらしいチョイスですね。 でも、やっぱり歌ありにしたそうです。 インストだったらどんな感じになったのかも気になりますが、 スピッツはやっぱり歌詞、そしてマサムネさんの歌声がとても大きな魅力なので、「歌あり」で良かったです!笑 今回、この曲を作るにあたり、マサムネさんは何度か十勝に行かれたようですね。 そして、ドラマタイトルは「なつぞら」なので、ドラマ自体は夏のイメージなのですが、 長い冬を超えてやっと待ちに待った夏が来た! というイメージで曲を書いていったそうですね。 スポンサーリンク 「なつぞら」はどんなお話? ちなみに、「なつぞら」のお話がどんなのかというと、 実在のアニメーター、 奥山玲子さんがモデルのオリジナル脚本です。 脚本は「新・静かなるドン」の大森寿美男さんが担当しています。 東京で戦争孤児になった少女が北海道の大地に移り住むことになり、 そこで豊かな感性を身につけて やがて上京、アニメーターをめざす、という物語です。 物語のモデルの奥山玲子さんはあの宮崎駿さんも尊敬する方だそうで、草創期のアニメ界でとてもご活躍された方とのこと。 「優しいあの子」とのタイトルの対比もいいですね。 実はこの曲はスピッツのファンクラブ限定ツアー「GO! スカンジナビア」(通称、ゴースカ)ですでにお披露目されているようですね。

次の

朝ドラ「なつぞら」主題歌スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味(解釈)とは?

優しいあの子歌詞

重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて めげずに歩いたその先に 知らなかった世界 氷を散らす風すら 味方にもできるんだな 切り取られることのない 丸い大空の色を 優しいあの子にも 教えたい ルルル・・・ 口にする度に泣けるほど 憧れて砕かれて 消えかけた火を 胸に抱き 辿り着いた コタン 芽吹きを待つ仲間が 麓にも生きていたんだなあ 寂しい夜温める古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい ルルル・・・ 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい スピッツ「優しいあの子」歌詞の意味考察 今回の曲は、スピッツらしいほんわかとした曲調と、その中に込められた「深く力強い信念」が印象的です。 スピッツファン歴20年、歌詞考察歴2年の私が、歌詞を考察していきます。 大空の色は誰にも奪うことができません。 綺麗な自然はいつも自分のそばにあるのです。 口にする度に泣けるほど 憧れて砕(くだ)かれて 消えかけた火を 胸に抱き 辿り着いた コタン コタンとはアイヌ語で「集落」という意味です。 険しい道が続いて諦めそうになることは、良くあることです。 諦めてしまった方が楽かもしれませんが、胸に灯った希望の光を抱き続け、進み続けるのです。 そうすれば、必ず夢は叶います。 芽吹きを待つ仲間が 麓(ふもと)にも生きていたんだなあ 寂しい夜温める古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい 辛いのはみんな一緒です。 辛いなら協力しあって生きていきましょう! 1人では何もできませんが、協力すればできることも広がります。 衝突を恐れず、励ましあえる仲間たちを探したいです。 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい 感謝の気持ち、反省の気持ちほど言うのをためらうものです。 でもその2つの言葉だけを言うことができれば、大概のことを乗り越えられます。 「ありがとう」と「ごめんね」 何があっても正しく優しい心で歩いていきましょう。 そうすればまた広がるほどの可能性を感じられる時がやってきます! そうですよね! PR なつぞら 朝ドラ「なつぞら」は、宮崎駿さんも慕った先輩、奥原玲子さんをモデルにした作品だと言われています。 これからなつはどのような道を乗り越え、アニメーターになっていくのでしょうか。 私はこのドラマですでに3回泣いてしまいました。 主人公のなつは、戦争孤児です。 なつは両親を亡くし、子どもたちだけで生き抜いてきました。 その後たどり着いたのが、藤木直人さん演じる柴田さんの家です。 兄の咲太郎は、立派な大人になるため、あえてなつと離れる運命を選びました。 様々な想いを胸に、なつは十勝にやってきたのです。 とても強いなつの愛溢れる日々が始まります。 スピッツ草野マサムネさんのコメント スピッツのbおーかる草野マサムネさんのコメントが、に掲載されていました。 草野マサムネ(スピッツ)コメント 記念すべき「朝ドラ」100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは?とも考えましたが、今回は歌ありです。 ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。 これには理由がありまして、お話を頂いてから何度か十勝を訪ねました。 そこで感じたのは季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。 「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。 広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました! 「優しいあの子」は、北海道で書いたのですね。 実際に北海道・十勝を訪ね、その空気を肌で感じながら、「優しいあの子」は作られたのです。 そう考えると、その空気を味わいながら、聴いてみたいものです。 下記動画に十勝の雄大な自然が、写っていたので掲載させて頂きます。 この歌では、北海道ならではの苦しい寒さが一緒に語られているのです。 寒い寒い冬が長く続く北海道には、その土地にしかない文化があります。 夏になると、ひらけた大地いっぱいに木々や植物が生い茂ります。 その時に心地よさや高揚感は、東京に住んでいる私が味わったことのないほどの快感なのかもしれません。 「なつぞら」の主人公・なつ(東京の戦争孤児)にとって、十勝はまさにオアシスのような場所でした。 なつはそこで、どうして自分には家族がいないのと、わんわん泣きながら本心を叫びます。 なつの子ども時代を演じる粟野咲莉ちゃんは、現場でみんなから「小なつ」と呼ばれていました。 その旅の中で、家族とは何か、そして生きるとはどういうことなのか、学んでいくのではないでしょうか。 草野さんはきっとそういう思いを、この曲に込められたのではないかと思います。 スピッツ「優しいあの子」 スピッツの「優しいあの子」は、6月19日に発売されました。 「優しいあの子」は前作「みなと」、約3年2ヶ月ぶりのシングルだそうです! ファンとしてはやっと出たニューシングルです! 全部を聴ける日が待ち遠しいです。 スピッツ「優しいあの子」ラジオOA解禁 5月20日(月)午前7:30「優しいあの子」ラジオOA解禁されました。 早くもフル歌詞をアップする人が続出! 皆さん、待ちに待った解禁で、思い想いの感想を発信しています。 毎朝朝ドラ見てるから聞いてはいるけど、フルで聞くと改めて良さがわかるし、歌詞を見てると情景が浮かんでくる。 曲を聞いてて、スピッツファンでよかったと改めて思った。

次の

スピッツの「優しいあの子」のコタンは集落のこと!

優しいあの子歌詞

「優しいあの子」という曲名にはどんな意味があるのでしょうか。 自分はこの曲名には2つの解釈の仕方があると思いました。 まず1つ目はこれを聞いた時にあなたはどう解釈しましたか?私はこの曲を聞きこの曲名を読んだときに昔の恋人を思い出しました。 あなたも誰か知り合い思い出したはずです。 つまりこの曲を、曲名を聞いた人の心の中にいる誰かに当てはまるようにできていると解釈しました。 あの子というとてもぼやけた表現の仕方がこの曲名を読んだ人が自分の中の誰かに当てはめやすくなっていると解釈できるからです。 そして二つ目の解釈の仕方はNHK連続テレビ小説「なつぞら」の山田天陽が奥原なつに、奥原なつが山田天陽に送りたい曲と解釈できるのです。 「なつぞら」では奥原なつがアニメーターを志して東京に上京してしまい、山田天陽は北海道におりお互い恋心を抱いているような描写がありながらも口にできず離れ離れになってしまいます。 そういった二人の交差する感情を描いた歌だと思います。 歌詞にもあの子と共有したいというような内容があることからもそう解釈できると思います。 この楽曲は「なつぞら」の主題歌ということもあり、後者の解釈の仕方で歌詞も解釈していきたいと思います。 解釈 酪農かアニメーターかで悩んだ末にアニメーターを選んだら 一筋縄ではいかなくて それでもなんとか頑張っていたら アニメーターや漫画映画の業界に入れた 最初は敵のように見えた人たちでも 味方になってくれることもあるんだな 解釈の「悩んだ末」という部分ですが、なつのおじいさんの夢をとるか自分の夢をとるかという葛藤を歌詞の「重い扉」という部分から解釈しています。 また、解釈の「敵のように見えた人たち」という部分はなつのアニメーターの先輩であるまこさんや、川村屋のマダムなどのことだと歌詞の「氷を散らす風」つまり、氷すらも吹き飛ばしてしまう荒々しい風という部分から解釈しています。 切り取られることのない 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい ルルル… 解釈 酪農が夢と嘘を言うたびに泣けてしまうほど アニメーターに憧れてでも無理で 諦めそうになった夢を抱いていたら 東京でたどり着いた夢の業界 同じ夢をかなえたい人が 初心者でも何もわからなくてもいるんだなぁ 解釈の「酪農が夢と嘘を言うたびに」という部分は「なつぞら」ではアニメーターが夢と必死に言ってこなかったことと、「酪農が夢」と何度も嘘を口にしてきたので歌詞の「口にするたびに泣けるほど」から解釈しました。 歌詞の「コタン」ですが、アイヌ語で集落という意味なので人が集まる場と解釈し、「業界」としました。 歌詞の『芽吹きを待つ」はまだ芽吹いていないということからまだアニメーターになれていない人やなつが試験会場で出会った人たちのことだと解釈し、歌詞の『麓」はまだ山に登っていない人、つまり、まだ挑戦できていない人たちのことだと解釈し、「初心者でも何もわからなくても」としました。 寂しい夜温める 古い許しの歌を 優しいあの子にも聴かせたい ルルル… 解釈 東京で一人の寂しい夜の心を温かくする 自分を許してくれる古い歌を 奥原なつにも聴かせてあげたい 歌詞の「寂しい夜」は東京で孤独に頑張っている奥原なつのことだと解釈し「東京で一人の寂しい夜の心を温かくする」とし、「古い許しの歌」はなつが妹を救えなかった自分のことを許しておらず自分を許してほしいというなつに対する歌だと解釈し「自分を許してくれる歌」と記述しました。 この歌は山田天陽と奥原なつの交差する感情の曲なので山田天陽の視点だと解釈し、「奥原なつにも聴かせてあげたい」と記述しました。 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい ルルル… 解釈 まだ臆病で言えなかった ありがとうというただ一言と あの北海道のひなたでまた会うことができるなら なにもない丸い大空の色を 今のこの景色を奥原なつにも教えたい 歌詞の「怖がり」というのは山田天陽が恋愛感情を持っていたけれどありがとうと言うと終わりになってしまうようで臆病なってしまって言えなかったと解釈し、「臆病」としましたまた、「日なたでまた会えるなら」は山田天陽が奥原なつに北海道に戻ってきてまた同じ日を浴びて同じ大空を見たいと解釈したので「あの北海道のひなたでまた会うことができるなら」と記述しました。 歌詞の「優しいあの子」というのは今北海道にいない奥原なつに対して山田天陽が今見ている北海道の空を見せてやりたいという意味だと解釈して「今のこの景色を奥原なつにも教えたい」と記述しました。

次の