ゴーゴー ジャグラー。 ゴーゴージャグラーの逆押し手順・打ち方(小役回収打法)

恐怖!ゴーゴージャグラー!ジャグラーでさわってはいけない機種

ゴーゴー ジャグラー

コンテンツ• ゴーゴージャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法 さて、それでは早速設定6から見てみましょう! ゴーゴージャグラー設定6のグラフと特徴 まずは実機設定6のグラフのサンプル画像をご覧ください。 第1ピークまで上がるのが早くすぐに2000枚行く事が多いです。 ハマリが浅い割に連荘が強くグングン上昇します。 またトレンドラインは最下点のラインと平行になる事が多いですが、このラインを突破するのはほとんど6です。 6でない場合は、その後急落してしまいます。 早い段階で強い上昇が来ると当日の差枚数の到達点が上がります。 詳しくは下記の記事で解説していますが、このサンプルは2000枚まで 早い段階で出た為に最終的に7000枚に到達しています。 設定差が出やすい第1ピークからの落差も少なくすぐに上昇して戻します。 設定6は不安なくハマリも浅く、ペカると期待に応えて連荘してくれますし尚且つBIGが連荘します。 設定5の場合は、一定の差枚数に達するとBIGが弱くなりがちです。 最大ハマリも500G行くことは一日に1. 2回あるかどうかです。 連続して300超えるとか頻繁に超える場合は、設定45かそれ以下を疑いましょう。 ゴーゴージャグラーの実機の統計データは下記の記事で詳しく紹介しています。 合わせてもご覧ください。 ゴーゴージャグラーも公表値が低く公表されています。 ジャグラーの設定6はかなり出ます。 ゴーゴージャグラーの設定6は頻繁に5000枚出る機種です。 結果的に差枚数がつかない台は設定6ではありません。 頻繁に300Gを超える場合や、連続して300Gを超える場合は まず設定6ではありませんので設定判別に使いましょう。 45位になります。 設定6のみ終日全く落ちない事もあります。 設定5でもブドウが良く、その後低下する実践記事もありますのでこちらも見てみてください。 設定5でも充分に出るので設定6を敢えて置いてくれる事は少ないです。 また平均連荘も一時的に3. 0に迫り最終的に2. 5以上程度に落ち着きます。 この辺りの統計データはで公開しています。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定5のグラフと特徴 まずは実機設定5のグラフのサンプル画像をご覧ください。 ゴーゴージャグラーの設定5の出る枚数は差枚で3000枚程度です。 この台は朝から1000枚まですぐに出ている為、4000枚に到達出来ました。 途中で設定5と気付ければ4000枚でやめるべき台です。 止めるべき枚数の判断方法は以下の記事で紹介しています。 しかし、その後伸び切れるかが設定6との差になります。 4000枚出た後に、3000枚まで落とされていますが、このような落ち方は設定6ではしません。 打たないと結果が分からないため、設定6が入っている根拠があるかが非常に重要になります。 また打ち慣れると分かってきますが、設定6よりはハマリの頻度が高く子役確率も落ちやすいです。 ゴーゴージャグラーの設定5も公表値が低く公表されています。 朝から跳ねる場合を除いて約3000枚の出玉を望める設定ですが、 3000枚到達した後はやめないと落とされます。 設定6よりは頻度が高く、3000枚を達成したとはまとめてハマリが来ます。 01ありますが、設定6ではありませんし、高設定域の設定差が少ないため 設定4以上との判断しか出来無い機種ですね。 またジャグラーのブドウ確率は一定ではありません。 限界の差枚数に達すると例外なく落ちます。 3000枚到達した後に、ハマリが深くなり連荘も弱くなるので止め時を見失わないようにしましょう。 高設定を後追いして負けた事が無い人は恐らくいないでしょう。 しかし、途中で波が変わるように出来ているので、 さっきまでと変わり「 当たらない・連荘しない・子役も落ちない」で回収されてしまうのです。 これは実は設定が無かった場合もあるでしょうが、 本当に高設定でも設定6でない限り起きるのです。 しかし、サンプルの台では9000回転回せれば最高点を更新する台です。 残り時間と枚数を考慮して勝利できるのかを考えて稼働すると収支に結びつきますよ。 こちらの記事に管理人が使っている方法を記載しているので是非読んでください。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定4のグラフと特徴 まずは実機設定4のグラフのサンプル画像をご覧ください。 この台朝から不調で出始めに時間を要していますが9000回転近く回っており 何とか2000枚に到達しています。 乱高下が激しく一度強い連荘が終わったら誰かに打ってもらって ハマり切ったところ打つ方が時間効率が良いです。 設定3はマイナスまで普通落ちますのでそこが設定4と設定3の差になります。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 ハマリは少ないはずですがREGに偏る事で差枚が調整されます。 0など非常に多いですね。 ブドウ確率は設定4以上の判断に使いましょう。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってBIG3連とかするとすぐにハマります。 基本的に2000枚到達したら連荘抜けでやめて構いません。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定3のグラフと特徴 まずは実機設定3のグラフのサンプル画像をご覧ください。 設定4は若干右肩上がりですが設定3は真横に行きます。 リセットで設定3を入れると調子が良い場合は2000枚でも出ます。 しかしその後きっちり0まで回収してくれるのでホールとしては助かるはずです。 設定3を後追いすると負けるので高設定の根拠を持っていないと履歴打ちはしてはいけません。 設定4以上と違いBIGが3連しにくいので数珠連で上がっている台は大体3です。 設定5以上になるとBIG4連など出玉が早い事が多いです。 BIG4連などしている台のみに着目すれば設定3をかわせる事が多いですが 高設定を使う根拠がやはり一番大事です。 ジャグラーのボーナス確率は出始めのボーナス確率がその設定のボーナス確率です。 設定4と勘違いしやすくなるのはこのためですが、これだけペカっても REGに寄せて出玉を回避するのは設定3の仕事です。 高設定は8割がたは素直に出ます。 出玉がつかない台はおかしいという考えを持つように意識しましょう。 86%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えますので結構辛いです。 300Gを超えるジャグラーを追う時は設定判別が済んでいるか根拠がある台のみです。 管理人もわからずに捨てる事はありますが、ほとんどが低設定の中で わからずに追うのは危険ですし継続して勝てません。 ペカる台もすぐにブドウが悪い事に気づくのでペカっていても下の設定だなとわかります。 低設定や中間でも光る時ってホントにあるんですよ。 管理人はBIG1回分で出るだけだして、はまり出したらすぐに捨てますね。 この方法は本当におススメですのであなたも試して下さいね。 詳しくはこちらの記事に記載しています。 設定5以上と違いBIGの連荘が少なく、間違ってもBIG3連以上ほぼしません。 基本的に2回連荘が続くとやめないといけない設定ですね。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定2のグラフと特徴 まずは実機設定2のグラフのサンプル画像をご覧ください。 REG確率など完全確率じゃないから単体では有害なデータになってしまいますね・・・ ジャグラーの高設定の平均投資枚数は550枚程度です。 倍の1000枚入れても出ない台はほぼ否定するでしょう。 全く当たらなかった台が、当たってから普通に高設定として出だす台はありますが すでに連荘が発生している台はそういう台ではありません。 投資枚数の上限を決めると負ける金額を抑えれます。 通常は多くて1000枚程度にすると良いでしょう。 この台は1000回転を超えるハマリもありますが、高設定以外は300でやめれば 被害はぐっと少なくなります。 これは連荘が弱いので影響を受けにくいためです。 設定3同様で84%になると6回に1回程度の割合で300Gを超えます。 何度も言いますが300でやめましょう。 BIG1回分が150ゲーム位で無くなる事もざらにありますね。 BIGがほぼ連荘しないので出玉が増えません。 高設定はBIGがドンドン連荘する台なので、連荘が弱い台はとっとと捨てましょう。 -スポンサーリンク- ゴーゴージャグラー設定1のグラフと特徴 最後は実機極悪設定の設定1グラフのサンプル画像をご覧ください。 05とかありますが、ぶどうの信頼度はこんな物です。 また連荘もしないため、こういう台は絶対に打ってはいけません。 実際の機械割は87%程度です。 ちょっと打っただけで猛烈に負けるのはこのためですね。 サンプルの台は67%ですがこれは2. 3回に1回は300Gを超えています。 しかしサンプルのように 極端に当たっていない台はブドウ確率だけが良い事が多々あります。 これは機械割を保とうとしてくれているのか、稼働を上げるための罠なのかはわかりませんが こういう台はしょっちゅうあります。 ブドウ確率だけで判別をしていけないのはこのためですね。 全く連荘する気がしない気分にさせてくれる設定です。 もしこういう台を打っていて連荘したら100Gいったらすぐにやめましょうね。 -スポンサーリンク- まとめ 今回はゴーゴージャグラーの全設定のグラフの比較をご覧いただきました。 もちろん狙いたいのは設定6ですが現実的に見かけるのは設定4程度です。 そのため中間設定の波を読んで収支を上げていく必要があります。 こちらの記事でも中間設定で収支アップを狙う方法を具体的に記事にしましたので是非ご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければこのサイトをシェアしていただければ幸いです。

次の

ゴーゴージャグラーの逆押し手順・打ち方(小役回収打法)

ゴーゴー ジャグラー

ゴーゴージャグラーの極端なバケ先行台で勝負 ゴーゴージャグラーは最も苦手なジャグラーで、できれば勝負を避けたい機種。 けれど先日昼過ぎにジャグラーをチェックしていると、空席になっているのは設定以上にペカっていて伸びしろがなさそうな台と、明らかに低設定と思える台ばかり。 ただ1台ゴーゴージャグラーで 約2600Gで6-15という台が空席になっている。 けれどゴーゴージャグラーの 極端なバケ先行。 ゴーゴージャグラーはバケ確率が良いため、バケ先行台の見極めが難しい台。 打つかどうか少し悩んだが、ここまで極端なバケ先行台はたとえ出るにしても4000G前後でビッグが爆発することが多い。 まだ打つには少し早いし、なんといってもゴーゴージャグラー。 稼働を待つ一方、他に打ち頃の台が空席になるのを待つことにした。 ゴーゴージャグラーで結局勝負 約1時間後、再び入店。 けれど特にめぼしい台はなく、極端なバケ先行のゴーゴージャグラーも約600Gまわってビッグ1回、バケ2回引き 7-16になっていた。 もし出るとしたら4000G前後からエンジンがかかると思うので、打ち時としては悪くはないと思う。 ただ3200Gでビッグ7回。 ここまでビッグが重いと、このまま沈みっぱなしの確率が高い気がする。 不安な点• 最高4連しかしていないこと• ビッグが重すぎること 履歴をよく見ると、ここまで最高4連で4連したのは1回のみ。 高設定ほど100回転以内のペカが多く、極端なバケ先行台で伸びる台は稼働の浅い段階で貫通していることが多い。 4連しかしていないのは不安な点。 そしてアイムジャグラーならともかく、ビッグ確率のいいゴーゴージャグラーで3200Gビッグ7回はあまりにビッグが少ないと思う。 連チャンが弱いこと、ビッグが少なすぎることで設定がない可能性が高い気がする。 ただ、ここまで最高ハマリは300G代。 そして計算すると、 約2400Gの時点で6-14。 合算120。 設定がある可能性も多少はあると思う。 けれどバケ先行台の罠が多いゴーゴージャグラー。 設定がない可能性の方が高いので、危ないと思ったらに逃げる覚悟で勝負してみることにした。 いきなりのビッグ連 3200Gで7-16の台に着席して2kで幸先よくペカりバケ。 これでバケは17回になったが、連チャンせずに100G越え。 極端なバケ先行台なのでそう簡単には出ないと思っていたが、1K追加投資した132Gでペカりビッグ。 今回も連チャンしないかと思ったが、93Gで ビッグ確定のフリーズ。 さらに45Gでペカるとまたもやビッグでビッグ3連。 そして51Gで再びペカりバケでビッグ3バケ1の4連。 ここで一気に 貫通するようならば、高設定の可能性も十分あると思ったが残念なことに4連でストップ。 ただ履歴を見るとこの日初めてのビッグ3連。 3900Gで10-18。 ここですんなりいくようならば見込みはあると思う。 ただ、設定がない可能性の方が高いと思うので、ここで止まる確率の方が高い気かする。。 幸い投資は少ないので、次のペカ次第では逃げることを考えながらまわしてみることにした。 予想通りの展開 ビッグ3連後、思ったよりハマらず218Gでペカ。 ここでビッグならば見込みはあると思ったが残念ながらバケ。 そして予想通り連チャンしなかったので、台移動しようかと思ったがまだ完全に設定は否定できない。 もう少し様子を見る必要があると思い、続行することに。 サイトセブンは反映が少し遅いのでグラフは上がったままだが、 約4600で12-20。 そして 約5300Gで15-22。 バケ確率は相変わらずいいがビッグも上がって来ず、ここまでチェリー重複ボーナスはたったの2回。 もはやこの台は設定もなく無理だと思う(笑)。 けれど全のまれしては1K追加で毎回のようにペカり全くハマらない。 この手の台は6000G前後から伸びることもあるので、もう少し様子を見ることに。 6000Gで激変したが。。 少しバケのペースが落ちてきたと思ったが、6000G前後で一桁Gを含むバケのみの3連。 さらにバケ3連後、 フリーズでビッグ。 今まで早いG数の連チャンはあまりなく、早いG数でのバケ連の後のフリーズ。 「爆発するならここしかない」 と思い、連チャンしたら大好きなカフェオレを買いに行こうと思っていたが何事もなく100G越え。 そして全のまれ後、2k追加してもペカらなかったので撤退。。 最初のビッグ3連後にすんなりいかなかったところで無理だと思ったが、全のまれ後1Kでペカるのを繰り返したため粘り過ぎたような気がする。 閉店後台のデータをみると、その後バケを1回引いたのみ。 やはり ゴーゴージャグラーのバケ先行台は難しいと思う(笑)。 まとめ バケ先行台は大好きで、2200Gで3-10からビッグ30回引き、3000枚オーバーになったマイジャグのような展開を夢見ることが多い。 けれどゴーゴージャグラーのバケ先行台は即辞めした時以外は勝ったためしがほとんどない。 マイジャグやアイム、ハッピージャグラーではバケ先行台と相性がいい事を考えると、ゴーゴージャグラーは少し特殊なのかもしれない。 けれど先ペカもガコッもないため打っていて面白くなく(勝てれば面白いが。。 )、単に打ち込みが足りないだけのような気もする。

次の

完全攻略!「ゴーゴージャグラー2」設定判別 / 解析情報!

ゴーゴー ジャグラー

スロットで勝ち続ける基本は出玉率 機械割 の高い台に座る時間を長くし、出玉率の低い台に座る時間を短くすることです。 そのためには、もっとも信頼のおける当日のデータを有力視することが有効とされているため、 データが出揃う夕方以降の勝負がジャグラーで立ち回っていくためのセオリーとなっています。 もちろん3000Gよりは4000G、4000Gよりは5000Gの方がリスクは低くなりますが、それと同時に「台に座れるかどうか」という問題が出てきてしまうので、このあたりのバランスは地域性などにも左右されるでしょう。 しかし 「3000Gを制する者はジャグラーを制す」と言っても過言じゃないくらい、3000G時点の挙動はジャグラーで勝っていく上で非常に重要な要素であることは間違いありません。 スポンサーリンク Contents• 9 97. 3 98. 0 99. 7 101. 5 103. 4 106. 2 【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】 単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分 「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。 チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。 それらをここにまとめたいと思います。 細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。 3634 勝率:76. これまでに実践してきたアイムジャグラー、マイジャグラー、ファンキージャグラーなどと比較すると、REG確率で 低設定をふるい落とせる数が圧倒的に少なすぎますね。 通常のジャグラーなら設定1は面白いくらいREGが引けなかったのに対し、ゴーゴージャグラーは設定1でも突出してREGが引けないということもなく、3000Gくらいじゃ大きく暴れる展開も見受けられます。 どういうホールで勝負するのかなどにも左右されるとは思いますが、さすがにゴーゴージャグラーで設定4以上を狙って立ち回るという人はいないと思います。 おそらく「設定5以上狙い、できればそれも設定6濃厚という展開からのスタート」というのが理想だと思いますから、 3000G時点でREGが7回以下の台は文句無しに捨てでいいでしょう。 7です。 さて、3000Gの実戦に置いて 「3000GでREG10回を良しとするか悪しとするか」は賛否両論あると思うんですけど、僕なら3000Gからの実戦なら11回のREGは欲しいという考えなので、今回はREG10回のケースは除外しますね。 7の確率差って見た目以上に大きいんだろうか…。 これはちょっと出来過ぎのような気もしますが、とりあえず 高低を見切るという上では1つの目安になるのかなぁというボーダーですね。 とは言え、低設定でもそこまで排除できるわけではありませんし、高設定を確実に拾えるというわけでもありません。 3000GでREG13回以上に注目 表を見て少し思ったのは、 REG13回のボーダーが面白いんじゃないかという点です。 7692となり、ちょうど設定6の数値を上回る確率になるのですが、ここに注目してみましょう。 これなら低設定を引き上げてしまう確率もそこまで高くないですし「ここをクリアしていれば飛びついてOK」という指標には最適かと思います。 決して高設定を確保できる可能性は高くないですが、3000G時点でそれなりにリスクを冒さずに勝負できるラインとしては、この 3000GでREG13回というボーダーはピッタリと言えるのではないでしょうか。 もちろん長期的なスパンで見ていけば安定して勝っていけることは間違いないんですけど、 3000G程度ではかなり暴れる印象ですね。 確かに他のジャグラーでも 「BIG:REGが1:1になるはずの高設定で、大きくBIGに偏ってしまう展開」は無いわけではないのですが、ここまで多いジャグラーシリーズは稀だと思います。 大体偏ったとしても、高設定ならREG2桁は堅いって部分もありますからね。 ちなみにこのような台を積極的に打ってしまうと、低設定に引っ掛かってしまう可能性も爆発的に高くなってしまうので注意してください。 確かにサンプル数を増やしていけば、高設定ほど大きく勝ちやすいという部分はあるでしょうが、その中にもBIGがヒキ強になったパターンが多いため、データだけを見て高設定ぽい挙動をしている台ばかりではありません。 それにBIG確率にもそこまで大きな設定差が用意されているわけでもないので、やはりREGが引けていないことには安心して勝負することはできないと思います。 逆に言えば 「何枚負けていても、高設定である可能性は残されている」って考え方もできるので、大きくREGに偏っている凹み台で勝負するのは面白いかも。 2 単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで 自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、コレが分かればトータルレギュラー回数で見るよりも精度の高い設定推測ができると思います。 何より 「左リールにチェリーを狙うだけで分かる」という手軽さなので、稼働する際はぜひチェックしてみてください。 実戦データ 単独REG回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 REG3回以下 6 4 1 2 1 REG4回 1 3 2 2 2 REG5回 4 6 5 3 2 3 REG6回 4 2 6 1 3 4 REG7回 7 4 8 5 4 4 REG8回 5 4 5 4 6 7 REG9回 1 3 5 3 REG10回 1 5 1 1 2 3 REG11回 1 1 2 6 1 4 REG12回 1 2 1 1 REG13回 1 1 1 REG14回 2 スポンサーリンク マイジャグラーほどの設定推測要素ではない マイジャグラーでは設定1と設定6の間に約2倍もの設定差が設けられていたので、 ここを見るだけで設定1と設定6は丸裸にできると言っても過言ではないくらいの設定推測要素でしたが、ゴーゴージャグラーのそれはそこまでのヒントにはならないようです。 逆に 「チェリー重複レギュラーに注目したらどうだろうか?」とも考えましたが、いかんせん分母が大きすぎて暴れるので、使いにくい要素と判断しました。 まぁかなり厳しくはなりますが、設定3と設定4の間にそこそこの差が見られそうですし、 低設定を振るい落とせる基準として覚えておくのはアリではないでしょうか。 自分で打っていてこの基準を満たしていれば、一気に高設定の期待度も高まりますね。 53 ゴーゴージャグラーにもぶどう確率に設定差があるのですが、ぶどうフラグは1個じゃないんですよね。 そのためシミュレーターでカウントするのが難しく、データを取っていません。 僕自身、ゴーゴージャグラーを打つこともほとんど無く、ゴーゴージャグラーでぶどうをカウントすることが有効なのかどうかわからないので、ここについては割愛させていただきます。 ちなみにマイジャグラーなんかではブドウカウントは超有効だと思っているので、ぜひカウントしてみてください。 参考 まとめ.

次の