白 猫 キャラクター ランキング。 人気のある猫キャラクターランキング18選!最も検索された名前は誰?

人気のある猫キャラクターランキング18選!最も検索された名前は誰?

白 猫 キャラクター ランキング

キャラ 入手 タイプ 属性 評価 可 ヒーロー - 7. 5点 可 ヒーロー - 6. 5点 可 テクニカル 6. 5点 可 スキル 6. 5点 可 スキル 6. 0点 不可 バランス 10点 不可 バランス 10点 不可 テクニカル 10点 不可 アタッカー - 9. 5点 不可 スキル 9. 5点 不可 バランス 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 サポート 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 バランス 8. 5点 不可 アタッカー - 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 ディフェンス 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 バランス 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 バランス 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 サポート 8. 0点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 スキル - 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 ディフェンス 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 テクニカル - 7. 5点 不可 サポート - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 テクニカル - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 バランス - 7. 0点 不可 ディフェンス - 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 サポート 7. 0点 不可 テクニカル - 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 スキル 7. 0点 不可 スキル 6. 5点 不可 アタッカー 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 アタッカー 6. 0点 不可 テクニカル 6. 0点 不可 スキル 6. 0点 不可 バランス - 6. 0点 不可 サポート 6. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 不可 スキル - 5. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 不可 バランス - 5. 0点 不可 ディフェンス - 5. 0点 不可 ヒーロー - 5. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 不可 ディフェンス - 4. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 アタッカー - 4. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 ヒーロー - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 ディフェンス - 2. 5点 不可 バランス - 2. 0点 不可 アタッカー - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 バランス - 1. 0点 不可 ヒーロー - 1. 0点 不可 バランス - 1. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 可 スキル -点 可 テクニカル -点 可 ディフェンス -点 可 ディフェンス 10点 可 アタッカー 9. 5点 可 アタッカー 9. 0点 可 アタッカー 8. 5点 可 スキル 8. 5点 可 ディフェンス 8. 5点 可 スキル 8. 5点 可 ヒーロー - 7. 5点 可 サポート 6. 5点 可 ヒーロー - 5. 0点 可 ヒーロー - 4. 0点 不可 ディフェンス 10点 不可 バランス 9. 5点 不可 スキル - 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 ディフェンス 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 バランス - 8. 0点 不可 バランス - 8. 0点 不可 バランス 8. 0点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 ディフェンス - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 テクニカル - 7. 5点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 ヒーロー - 7. 5点 不可 スキル 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 アタッカー - 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 スキル 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 バランス 6. 5点 不可 サポート 6. 5点 不可 サポート 6. 5点 不可 バランス 6. 0点 不可 アタッカー - 6. 0点 不可 サポート 6. 0点 不可 スキル - 6. 0点 不可 ディフェンス 6. 0点 不可 ディフェンス 5. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 不可 バランス 5. 0点 不可 ディフェンス 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 アタッカー 5. 0点 不可 アタッカー 5. 0点 不可 ディフェンス - 5. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 スキル - 4. 0点 不可 バランス - 4. 0点 不可 テクニカル - 4. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 テクニカル - 4. 0点 不可 ディフェンス - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 アタッカー - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 サポート - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 可 スキル -点 可 ディフェンス -点 可 アタッカー -点 可 テクニカル -点 可 アタッカー - -点 可 テクニカル -点 可 アタッカー -点 可 バランス 9. 5点 可 サポート 9. 5点 可 スキル - 9. 0点 可 テクニカル 9. 0点 可 サポート 9. 0点 可 バランス 9. 0点 可 テクニカル 8. 5点 可 スキル 8. 5点 可 ヒーロー 6. 0点 可 ディフェンス 6. 0点 不可 アタッカー 10点 不可 アタッカー 10点 不可 サポート 9. 5点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 スキル - 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 バランス - 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 ディフェンス - 7. 5点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 ディフェンス 7. 0点 不可 スキル - 7. 0点 不可 サポート 7. 0点 不可 スキル 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 ディフェンス 7. 0点 不可 スキル 6. 5点 不可 バランス 6. 5点 不可 スキル 6. 5点 不可 テクニカル 6. 0点 不可 テクニカル - 6. 0点 不可 ディフェンス 6. 0点 不可 テクニカル 6. 0点 不可 アタッカー 6. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 バランス 5. 0点 不可 アタッカー 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 テクニカル - 4. 0点 不可 スキル 4. 0点 不可 テクニカル 4. 0点 不可 ディフェンス 4. 0点 不可 サポート 4. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 バランス - 3. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 アタッカー - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 バランス - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 サポート - 1. 0点 不可 サポート - 1. 0点 可 スキル 10点 可 バランス - 7. 5点 可 ヒーロー - 7. 0点 可 アタッカー 6. 0点 可 ヒーロー - 6. 0点 不可 アタッカー 10点 不可 ディフェンス 10点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 テクニカル - 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 スキル - 9. 0点 不可 スキル 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 アタッカー - 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 バランス - 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 サポート - 8. 0点 不可 スキル - 8. 0点 不可 バランス 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 ディフェンス - 7. 5点 不可 スキル - 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 ディフェンス 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 バランス 7. 0点 不可 スキル 7. 0点 不可 サポート 7. 0点 不可 ディフェンス 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 アタッカー 6. 5点 不可 バランス 6. 5点 不可 ディフェンス 6. 5点 不可 スキル 6. 0点 不可 サポート - 6. 0点 不可 テクニカル 6. 0点 不可 バランス 6. 0点 不可 サポート 6. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 アタッカー 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 ディフェンス 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 アタッカー - 4. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 スキル - 2. 0点 不可 アタッカー - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 不可 バランス - 1. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 可 ディフェンス 9. 5点 可 アタッカー 8. 5点 可 ヒーロー 7. 0点 不可 アタッカー 10点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 サポート 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 ディフェンス - 9. 0点 不可 スキル 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 テクニカル - 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 ディフェンス 8. 5点 不可 スキル - 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 サポート 8. 0点 不可 ディフェンス 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 アタッカー - 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 スキル - 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 ディフェンス 7. 5点 不可 テクニカル - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 スキル 7. 0点 不可 サポート 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 スキル - 6. 5点 不可 バランス 6. 5点 不可 アタッカー 6. 5点 不可 バランス 6. 5点 不可 ヒーロー 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 アタッカー - 6. 0点 不可 スキル 6. 0点 不可 スキル 6. 0点 不可 テクニカル 6. 0点 不可 サポート 6. 0点 不可 テクニカル - 6. 0点 不可 バランス 6. 0点 不可 ディフェンス - 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 バランス - 4. 0点 不可 スキル - 4. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 バランス - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 ディフェンス - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 不可 サポート - 1. 0点 不可 ディフェンス - 1. 0点 不可 スキル - 1. 0点 不可 サポート - 1. 0点 可 バランス 9. 0点 可 バランス - 9. 0点 可 サポート - 7. 0点 可 アタッカー 6. 5点 可 テクニカル 6. 5点 不可 バランス 10点 不可 サポート 10点 不可 サポート 9. 5点 不可 サポート 9. 5点 不可 ディフェンス - 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 サポート 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 スキル - 8. 5点 不可 アタッカー - 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 スキル - 8. 5点 不可 ディフェンス 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 スキル - 8. 0点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 サポート 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 サポート 8. 0点 不可 バランス 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 サポート 8. 0点 不可 テクニカル - 7. 5点 不可 バランス - 7. 5点 不可 サポート - 7. 5点 不可 サポート - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 バランス 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 ディフェンス - 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 スキル 7. 0点 不可 バランス - 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 ヒーロー - 7. 0点 不可 サポート 6. 5点 不可 サポート 6. 5点 不可 アタッカー 6. 5点 不可 スキル 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 サポート - 6. 0点 不可 スキル 6. 0点 不可 バランス - 6. 0点 不可 バランス 6. 0点 不可 ディフェンス 5. 0点 不可 アタッカー - 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 サポート - 5. 0点 不可 テクニカル 5. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 サポート - 4. 0点 不可 ヒーロー 4. 0点 不可 テクニカル - 4. 0点 不可 テクニカル - 4. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 ディフェンス - 3. 0点 不可 アタッカー - 3. 0点 不可 テクニカル - 3. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 サポート - 3. 0点 不可 ヒーロー - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 ディフェンス - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 バランス - 2. 0点 不可 サポート - 2. 0点 不可 サポート - 1. 0点 不可 ヒーロー - 1. 0点 不可 バランス - 1. 0点 可 ヒーロー - 7. 0点 可 アタッカー - 7. 0点 可 バランス 7. 0点 可 ヒーロー - 4. 0点 不可 テクニカル 10点 不可 アタッカー - 10点 不可 テクニカル 10点 不可 ディフェンス 9. 5点 不可 アタッカー 9. 5点 不可 バランス 9. 5点 不可 ディフェンス 9. 5点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 スキル 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 バランス - 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 スキル - 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル - 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 テクニカル - 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 スキル - 8. 0点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 テクニカル - 8. 0点 不可 ディフェンス 8. 0点 不可 テクニカル 8. 0点 不可 アタッカー 8. 0点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 バランス 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 テクニカル 7. 5点 不可 ヒーロー - 7. 5点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 サポート 7. 0点 不可 アタッカー - 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 テクニカル - 6. 5点 不可 アタッカー 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 テクニカル 6. 5点 不可 スキル 6. 0点 不可 バランス 6. 0点 不可 アタッカー 6. 0点 不可 スキル 5. 0点 不可 アタッカー 5. 0点 不可 バランス 5. 0点 不可 サポート - 5. 0点 不可 バランス - 5. 0点 不可 ディフェンス - 5. 0点 不可 バランス - 5. 0点 不可 サポート 5. 0点 不可 スキル - 4. 0点 不可 スキル - 4. 0点 不可 スキル - 4. 0点 不可 ディフェンス - 3. 0点 不可 スキル - 3. 0点 不可 アタッカー - 2. 0点 不可 テクニカル - 2. 0点 不可 アタッカー - 1. 0点 不可 テクニカル - 1. 0点 可 ヒーロー 8. 0点 不可 バランス 10点 不可 スキル - 9. 5点 不可 テクニカル - 9. 5点 不可 アタッカー 9. 5点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 サポート - 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 スキル - 8. 5点 不可 サポート 8. 5点 不可 テクニカル 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 サポート - 8. 0点 不可 アタッカー - 8. 0点 不可 バランス - 8. 0点 不可 ディフェンス 8. 0点 不可 バランス - 8. 0点 不可 アタッカー - 7. 5点 不可 バランス 7. 5点 不可 バランス 7. 5点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 サポート 7. 5点 不可 スキル 7. 5点 不可 サポート 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 サポート 6. 5点 不可 ディフェンス 6. 5点 不可 テクニカル - 6. 0点 不可 バランス - 6. 0点 不可 ディフェンス - 5. 5点 不可 テクニカル - 5. 5点 不可 ディフェンス 5. 5点 不可 アタッカー - 5. 0点 不可 テクニカル - 5. 0点 可 バランス - 10点 可 スキル 7. 0点 可 ヒーロー 5. 0点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 スキル 8. 0点 不可 スキル 8. 0点 不可 アタッカー 7. 0点 不可 テクニカル 7. 0点 不可 バランス 7. 0点 不可 サポート 6. 0点 不可 バランス - 6. 0点 不可 ディフェンス 6. 0点 可 バランス 9. 5点 可 テクニカル 9. 0点 可 ヒーロー - 8. 5点 可 ヒーロー 8. 5点 可 アタッカー 8. 0点 可 テクニカル 7. 0点 可 ヒーロー - 6. 5点 不可 アタッカー 10点 不可 テクニカル 10点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 アタッカー 9. 5点 不可 バランス 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 アタッカー - 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 スキル 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 ディフェンス 8. 5点 不可 バランス 8. 0点 不可 アタッカー 7. 5点 不可 バランス 7. 5点 不可 アタッカー 7. 0点 可 バランス 9. 5点 不可 アタッカー - 10点 不可 テクニカル 9. 5点 不可 アタッカー 9. 5点 不可 スキル 9. 5点 不可 アタッカー 9. 5点 不可 バランス 9. 5点 不可 スキル 9. 0点 不可 アタッカー 9. 0点 不可 テクニカル 9. 0点 不可 ディフェンス 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 サポート 9. 0点 不可 バランス 9. 0点 不可 サポート 8. 5点 不可 バランス 8. 5点 不可 アタッカー 8. 5点 不可 スキル 8. 5点 不可 ヒーロー 7.

次の

猫のキャラクターといえばこれ!人気ランキングTOP10

白 猫 キャラクター ランキング

猫は、もはや「猫様」である!?• ぺット保険シェアNo. 1のアニコム損害保険株式会社(代表取締役 野田 真吾)は、2月22日の「猫の日」に合わせ、ペット保険「どうぶつ健保」に新規契約した0歳の猫、約37,000頭を対象とした「猫の名前ランキング2020」と「人気猫種ランキング 2020」を発表します。 また、ネコノミクス旋風が吹く昨今の猫事情の調査結果とともに、猫が「猫様」化している実態も、ご紹介します。 株 富士経済発行「2019年ペット関連市場マーケティング総覧」調査 猫の名前ランキング2020 2020年の総合ランキングは「ムギ(258頭)」が昨年6位から大躍進! 総合トップに輝きました。 「ムギ」は、茶色や黄色のフサフサとした見た目から「小麦」を連想しやすいだけでなく、性別に関わらず付けられる名前でもあることから、男の子部門で5位、女の子部門で2位と、男女ともに人気が高いことが窺えます。 また、躍進した理由の一つとして、昨年某テレビ番組のエンディングテーマへ抜擢され話題となった人気シンガーソングライターの「むぎ(猫)」(むぎかっこねこ)さんの影響もあるかもしれません。 2位は男の子1位の「レオ(254頭)」、3位には昨年1位の「ソラ(237頭)」がランクイン。 一方で、例年人気の高い「モモ」は6位に後退する結果となりました。 スコティッシュ・フォールドは、某人気Youtuberが2018年から飼育を始めたことで、人気や認知度に拍車がかかっているのかもしれません。 2位には昨年4位の「マンチカン(4,226頭)」がランクイン。 マンチカンは、ダックスフンドのように短い足が特徴として知られていますが、通常の猫と変わらない足の長さや、中間の長さを持つ個体もいます。 また、毛色や柄、長毛、短毛など毛の長さもさまざまで、それぞれが違った魅力を持つだけでなく、人にも慣れやすいことなどから、人気につながっていると考えられます。 猫は犬と異なり、散歩に行くといった世話が不要なので、忙しい現代人のスタイルにマッチしているのかもしれません。 一方、その癒し効果は絶大で、猫の可愛らしい動画や写真が、度々SNSで話題となっています。 また自分で毛づくろいや爪とぎをしてくれるので、トリミング代もかからないなど、犬より猫の方が飼育費用が低い傾向にあることもわかっています(アニコム 年間支出調査より)。 2015年頃から使われ始めた「ネコノミクス」という言葉もすっかり定着し、猫ブームはブームを超え、「文化」として定着しつつあるといえるのではないでしょうか。 そこで、日本の現在の猫文化を紐解くべく、さまざまな角度からデータを検証しました。 例えば「株式会社ハチたま」が開発したIoTトイレ「」は、猫がかかりやすい慢性腎疾患・慢性腎不全といった泌尿器疾患の初期症状をモニタリングし、猫の健康情報を管理できる最新型のトイレです。 バイオロギング解析技術と機械学習によって、猫の行動を「歩く」「走る」「睡眠」「ごはん」などのパターンに分類することで、わが子が今何をしているのか、いつでもアプリから見ることが可能です。 こうしたグッズは上記に限らず、様々な企業から開発・発売されています。 さらにこれらの最新デバイスをフックにした猫に関する研究も、各社で進められています。 アニコムグループでも、先程ご紹介した「toletta」や「Catlog」と、猫の行動や病気との関係性を探るべく共同研究を開始しています。 こうした流れはいずれも、飼い主さんの猫を愛する気持ちからニーズが高まり、各社が応えている結果といえるのではないでしょうか。 「猫様」である! 「猫の名前ランキング&猫種ランキング」の発表を記念して、とにかく猫が好きで好きでたまらない…!わが子のかわいさをもっと発信したい!という方必見のキャンペーンを開催します。 (リポストと抽選は一切関係ありません。 ・応募はおひとり様1回のみです。 ・発送は日本国内のみです。 ・アカウントの非公開設定をオンにしている場合には、当選対象外となります。 com 「猫の名前ランキング&猫種ランキング」の発表を記念して、とにかく猫が好きで好きでたまらない…!わが子のかわいさをもっと発信したい!という方必見のキャンペーンを開催します。 (リポストと抽選は一切関係ありません。

次の

【オスメス別】猫の名前ランキング2018|ねこのきもち|ねこのきもちWEB MAGAZINE

白 猫 キャラクター ランキング

猫のキャラクター人気ランキング18選! 早速猫のキャラクター人気ランキングを紹介していきます! ただ、猫のキャラクターは様々な物語で出てくるため、全てを網羅するのは到底できません。 そのため、今回は管理人の中で厳選した18の猫キャラクターの人気順位を公表していきます。 ランキングの選定基準は以下になります。 それではランキングを発表していきます! 1位:ドラえもん(ドラえもん)• 検索回数:673,000回• ジャンル:漫画、アニメなど 栄えある1位はドラえもんです! どこでもドアやタケコプターをはじめとする、様々な空想科学道具を出してくれることで有名な猫キャラクターですね。 元々は猫型ロボットと言うように、耳が付いていました。 ただ、ネズミにかじられてしまい、修理工場でトラブルに見舞われるなどした結果、耳を失うこととなってしまいました。 ちなみに、元々黄色かった体の色(塗装)が青くなるのもこの事件が影響してのことです。 猫らしい姿こそあまりありませんが、「猫型ロボット」という響きは確かなものです! 2位:トム(トムとジェリー)• 検索回数:90,500回• 基本的なストーリーは毎回同じで、体が大きくちょっとマヌケな猫のトムと、体が小さく頭の良いネズミのジェリーのドタバタ(ケンカ)劇を描くというものです。 ただ、毎回最後はジェリーが巻き返すのが定番の流れです。 1作目が1940年制作と、とっても昔からあるアニメですが、コミカルな表現が変わらぬ人気を保っていますね! 3位:にゃんこ先生(夏目友人帳)• 検索回数:40,500回• ジャンル:漫画、アニメなど 夏目友人帳のマスコットキャラクター「にゃんこ先生」が見事3位にランクインです。 基本は招き猫のような姿をしていますが、その正体は「斑(まだら)」というとっても強く美しいあやかしです。 普段はのんびり食っちゃ寝をするにゃんこ先生ですが、いざという時に頼りになるギャップも人気の理由の一つですね。 なんと人間に化ける能力まで持っており、人間時の姿は女子高生の姿になります。 検索回数:33,100回• ジャンル:ブランドキャラクター、アニメなど 白猫+赤いリボンという組み合わせが有名なサンリオの猫キャラクターですね! 有名なエピソードですが、キティちゃんの伸長はリンゴ5個分、体重はリンゴ3個分という何ともメルヘンチックな紹介になっています。 その人気は日本だけでなく、世界的なものと言えます。 特に近年はレディーガガやキャメロンディアスをはじめとした、名だたるセレブたちがキティちゃん好きを公表していることで、その人気を更に世界的なものにしています。 4位:ジバニャン(妖怪ウォッチ)• 検索回数:33,100回• ジャンル:ゲーム、アニメなど ジバニャンは第二のポケモンともいえる、妖怪ウォッチのマスコットキャラクターです! 名前の由来は、地縛霊の「ジバ」と猫の鳴き声「ニャン」を合わせたものです。 ちなみに、元々ジバニャンは車にはねられて死んでしまった猫が地縛霊になった姿なのです。 6位:ひこにゃん(彦根城ゆるキャラ)• 検索回数:22,200回• ジャンル:ゆるキャラ 滋賀県彦根城のゆるキャラこそが「ひこにゃん」です。 角突き赤かぶとをかぶる白にゃんこという見た目ですが、その由来は以下のようなものです。 6位:チェシャ猫(不思議の国のアリス、アリスインワンダーランド)• 検索回数:22,200回• ジャンル:小説、映画など 不思議の国のアリスや、同作の実写映画「アリスインワンダーランド」などに登場する神出鬼没な猫がチェシャ猫です。 その不気味さと不思議な存在感から、カルト的なファンを持っているキャラクターですね。 「不思議の国のアリス」の原作者ルイスキャロルが、チェシャ猫と言うキャラクターの着想を得るに至った説はいくつかあります。 有力な説としては、元々ありふれた慣用句であった「チェシャ猫のように笑う」という、意味なくニヤニヤと笑うことを指す意味の慣用句から着想を得たというものです。 そこから意味なく常に笑う、神出鬼没なチェシャ猫が誕生したと考えられています。 8位:ジジ(魔女の宅急便)• 検索回数:22,200回• ジャンル:児童文学、アニメ映画など 魔女の宅急便のマスコットキャラクターとも言える黒猫がジジです。 元々魔女と黒猫はペアとしてよく出てくる傾向にあるのですが、魔女の宅急便もその流れを踏襲したと言えますね。 ジジは、見習い魔女キキのよき理解者でありながら、ちょっと生意気なところもある、いかにも可愛い猫キャラクターと言ったところでしょう。 一人称が「ボク」なのも、なかなか珍しい点ですよね。 そんなジジですが、映画劇中では、途中から主人公のキキがジジの言葉を聞き取れなくなってしまいます。 その理由は明確には説明されていませんが、映画の監督宮崎駿氏はあるトークライブで、この件について以下のように発言したようです。 ジジの声は元々キキが空想していたもので、物語が進み、キキが成長したため、その声が必要なくなった。 つまりジジが変わったのではなく、キキが成長し、変わったのである。 引用: もちろん解釈は人それぞれなので、色々な見方ができますね。 9位:バロン(耳をすませば、猫の恩返し)• 検索回数:12,100回• 登場作品は「耳をすませば」と「猫の恩返し」という2つの作品です。 耳をすませばでは、主人公の恋人になる天沢誠司宅にある猫の人形として出演します。 猫の恩返しでは、より物語のメインキャラクターとして、活躍しますね。 猫の事務所の所長を務める、猫男爵として登場します。 個人的なイメージとしては、シャーロックホームズがより紳士になった様な感じがありますね。 9位:フェリックス(フェリックス・ザ・キャット)• 検索回数:12,100回• ジャンル:漫画、アニメなど 黒猫のフェリックスはご存知ですか? なんと初登場が1919年からと、とっても歴史のある猫キャラクターです。 このフェリックス、実はドラえもんと非常に似ている設定があります。 なんと、フィリックスは魔法の黄色いかばんをもっており、そのかばんはどんなものにでもなるという万能の小道具なのです。 4次元ポケットの設定と、とても似ていますよね。 もしかしたら、フィリックスがドラえもん着想の原点の一つになっているのかもしれません。 ちなみに、10円ガムのキャラクターとしてもフィリックスは有名です。 管理人が子供の頃はよく売っており、とても大好きだったことを覚えています。 検索回数:9,900回• ジャンル:新聞漫画、映画など ガーフィールドも日本より世界的に有名な猫キャラクターです。 元々新聞漫画として登場したキャラクターで、その見た目はでっぷりと太ったオレンジ色の猫です。 頭がよく(特に皮肉)運動神経も良いのですが、とっても自堕落でラザニアが大好きという特徴を持っています。 検索回数:9,900回• ジャンル:ゲーム、アニメなど 国民的アニメ、ポケモンの人気キャラクターです。 ニャースも説明不要なくらいの人気キャラクターですね! ロケット団の一員として活躍?しているニャースは、ポケモンの中では大変珍しく、人間の言語を喋れるという特徴を持っています。 ただ、ロケット弾のニャースが人間の言語を喋れるのにはある悲しいエピソードがあるのです。 ニャースは、元々野良ポケモンでした。 上京し、出会ったマドンニャというメスニャースに恋するも、彼女は「人間が好き」と言います。 ニャースはバレエのレッスンを参考にしたり、人間の発声練習を見て、猛特訓の末に二足歩行や人間の言葉を喋れるようになります。 意を決して、花束を持ち告白するも「人間の言葉が喋れるニャースなんて気持ち悪い」と見事撃沈。 そして、ぐれてしまいロケット団に入団するという経緯があるのです。 管理人は丁度ポケモン世代のため、当時見ていたのですが、なかなかに悲しいエピソードとして記憶に残っています。 13位:ダヤン:8100• 検索回数:8,100回• ジャンル:小説、絵本など 絵本作家の池田あきこが創作する架空の国「わちふぃーるど」 その中で暮らす猫がダヤンです。 ダヤンは猫らしく気まぐれでありながら、優しい猫でもあります。 そんなダヤンはグッズブランドとしてもかなり人気で、都心部には多くの「わちふぃーるど」ショップがありますね。 そして、マスコットデザインには当然ダヤンが採用されています。 実際に、商品もとてもおしゃれで優雅なため、着々と人気を獲得しています。 13位:長靴をはいた猫(シュレック2、長ぐつをはいたネコ)• 検索回数:8,100回• ジャンル:映画など シュレックシリーズに登場する長靴をはいたネコは、その正式名称をプスと言います。 シュレック2で登場したプスはその人気から、長ぐつをはいたネコという映画で主演を獲得することとなります。 映画内では、賞金稼ぎとしてのハードボイルドぶりや、相変わらずの猫らしさを存分に見せてくれます! 13位:なめ猫(猫グッズキャラクター)• 検索回数:8,100回• ジャンル:雑貨など ユーモアあふれる猫写真の運転免許証こそ「なめ猫」です。 なめ猫が発売開始されたのは、1980年の名古屋ですが、一時期大ブームになりました。 なめ猫運転免許証は「死ぬまで有効」「なめられたら無効」という、なかなか奇抜な面白免許証になっています。 ちなみに写真に使われている子猫の写真は、実際に子猫に洋服を着せて、それを撮影したものらしいです。 16位:井上トロ(どこでもいっしょ)• 検索回数:1,300回• ジャンル:ゲームなど どこでもいっしょに登場する二足歩行の白猫がトロです。 人間になりたいと願う白猫で、人間の言葉を覚えていきます(ゲーム内でも実際に覚えた言葉を使おうとする) 性格はとっても純真で少しアホの子、だけどそこが可愛い。 そんなトロはぬいぐるみやキャラクターグッズとしても人気で、数多くのキャラクターグッズが販売されています。 17位:シルベスター・キャット(ルーニー・テューンズ)• 検索回数:590回• ジャンル:アニメなど ルーニー・テューンズシリーズに登場する白黒猫。 悪知恵の回るトウィーティー(鳥)を捕まえようとするシルベスター・キャット(猫)という、若干トムとジェリーに似ているアニメです。 検索回数:10回• ジャンル:アニメ映画 ディズニー作成のわんわん物語に登場するシャム猫コンビです。 二匹ともずる賢くいじわるな性格をしています。 そして、いたずらの原因は他の犬になすりつけるなど、作中でもかなりやりたい放題です(笑) でも、シャム猫の性格のイメージに近いような気がするのは私だけでしょうか? 番外編:シンバ(ライオンキング) 検索回数:5,400回 ジャンル:アニメ映画など 百獣の王ライオンのシンバも、海外では特に人気のあるネコ科キャラクターですね! アメリカではオス猫として人気のある名前10位、オーストラリアやフランス、ドイツでもとても人気の名前です。 確かにシンバという響き自体綺麗ですし、何よりライオンキング人気の根強さが伺えますね。 海外で人気の猫の名前について、もっと見てみたいと言う方はこちらをどうぞ。

次の