マイ ガレ クラブ。 レンタルバイクの年間契約は安い?マイガレ倶楽部のメリットとデメリット

【バイク】マイガレ倶楽部 1年間利用のまとめ

マイ ガレ クラブ

(24時間) 一方、 バイクの場合には中型クラスでも1万4~5千円、一定の大型車種だと2万円近くするケースもあります。 (24時間) そのため、よく バイクのレンタルは「高すぎる」という声もあるのは事実です。 ただ、実際は必要な経費や保険、貸出頻度などの回転率を考慮すると、これぐらいの料金体系になってしまうのは仕方がないというのが実情です。 (実際、これ以上安くすると成り立たなくなってしまうので、レンタル819以外のバイクレンタルを行っている会社も、ほぼ同じような料金体系です。 ) とは言っても、 月に数えるほどしかバイクに乗らない場合には、バイクを購入して保険や税金、車検やメンテナンスなどの維持費を払うよりは、 レンタルバイクを利用する方がずっとお得だというケースもあるのは事実です。 マイガレ倶楽部の料金体系 レンタル819には年間会員のマイガレ倶楽部と言うサービスがありますが、実際に料金体系はどのようになっているのか確認してみましょう。 まず、 入会時には入会金が発生します。 年間契約ですが、更新時の更新料金は掛かりません。 レンタルの上限回数や、借りられる車種、曜日によってコースと月会費が異なります。 年間会員のマイガレ倶楽部は安い! 料金体系を確認してみると、 マイガレ倶楽部は活用の仕方によってはかなりお得なプランだという事がわかります。 もちろん入会金や車両補償もありますが、 年間で30万円以上もお得な計算になります。 通常会員で年間24回借りるくらいなら、マイガレ倶楽部を利用しない手はないですし、レンタルバイクで年間45万円近く費やすなら、バイクを買ってしまう方が良いかもしれません。 この場合でも、 年間で10万円もお得な計算になります。 月に1度、もしくは2度のツーリングを楽しむ程度の頻度であれば、年間10回までのLight会員でぴったりかも知れません。 それでも、 通常会員で借りるよりはずっと安くてお得です。 ただ、年間会員になってもほとんど利用しなかったという場合には、はやり損をしてしまう事もあるでしょう。 しかしながら、 ある程度の回数を利用すれば、マイガレ倶楽部は非常に安いプランだという事が言えます。 マイガレ倶楽部のメリット では、年間会員になる事のメリットをまとめてみましょう。 しっかり活用すればかなり安い 年間会員の一番のメリットでしょう。 定額のサービスなので、 一定の回数を超えて利用すれば、借りる度に利用料金を払うよりもずっと安く利用できます。 また、上限回数に近くなればなるほど、お得度はUPしていきます。 いろいろなバイクに乗ることができる レンタルバイクの醍醐味のひとつです。 借りる度に違う車種を選ぶことができますので、色々なバイクを楽しむことができます。 これはバイクを所有した場合には無い魅力です。 タイミングがあえば、最新モデルを借りることができるかもしれません。 旅行先などでも安く借りられる マイガレ倶楽部は 基本的には入会した契約店舗のみでの利用が可能になっています。 北海道や九州、四国などでツーリングがしたい!けど、自走で行くのはちょっと・・・。 という時には、バイクを輸送するか現地でレンタルをするかのどちらかになるでしょう。 そんな時に、マイガレ倶楽部対応の店舗があれば30%OFFでバイクを借りることができます。 レンタル819店舗は全国にたくさんありますが、基本的には、 それぞれが別の法人(バイクショップやバイク用品店)です。 そのため、 入会した店舗以外では定額の範囲外となるようです。 ただ、 その場合には通常の30%OFFでレンタルが可能です(マイガレ倶楽部専用車両のみ) マイガレ倶楽部のデメリット メリットを把握したら、今度はデメリットを見てみましょう。 契約店舗以外では定額料金の範囲外 前述しましたが、全国のレンタル819の店舗で利用できるわけではありません。 原則、 入会店舗(法人)だけでの利用が可能です。 (ライコランド、2りんかん等一部店舗は除く) 多店舗の場合にも30%OFFで借りられるのをメリットとも考えられるので、デメリットとも言い切れないのですが、こちらは認識しておく必要があるでしょう。 途中解約はできない 年間契約なので、 途中解約をする場合には違約金が発生します。 また、マイガレ倶楽部は、入会した店舗(法人)との1年契約になります。 (もちろん、再入会はしなくても良い) レンタルバイクの予約が取れない場合もある これは、マイガレ倶楽部(年間契約)のデメリットと言うよりは、 レンタルバイク全般の注意点になります。 週末や連休、ハイシーズン(春や秋)には、レンタルバイクの需要も増してきます。 年間契約とは言っても、予約優先になりますので、必ず予約が取れると言う訳ではありません。 乗りたい予定がある時には、早めに予約をしておきましょう どんな車種でも借りられるわけではない これもレンタルバイク全般の注意点になります。 レンタル819の場合には、 店舗によってレンタルバイクのラインナップが異なります。 そのため事前に契約したい店舗のラインナップを確認しておく必要があります。 また、マイガレ倶楽部の場合には 「マイガレ倶楽部専用車両」と言うバイクもあるので、注意が必要です。 まとめ:使い方次第ではめちゃくちゃお得! レンタルバイクのメリットは、色々なバイクに手軽に乗れることでしょう。 通常、バイクを購入して保有していると、税金、保険料、車検やメンテナンスなどの 維持費で年間13~4万円くらいは掛かると言われています。 (400㏄以上の場合) もちろん、バイクを所有する事のメリットも沢山ありますし、個人的にはもっとバイクが売れるようになってもらいたいと思っています。 ただ、 人によってはバイクを購入するよりも、レンタルを利用する方が合っている人もいるのは事実でしょう。 月に1~2回ほどはバイクでツーリングに出かけたい• いろんなバイクに乗って楽しみたい• バイクの購入や維持費に抵抗がある このような人には、レンタル819の年間会員「マイガレ倶楽部」は、めちゃくちゃお得でおすすめできるサービスです。 全国に店舗もありますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

マイガレクラブの評判は?実際に入会したのでレビューします

マイ ガレ クラブ

費用 入会料として12,000円とコース2ヶ月分の料金を前払いする。 自分が入るのはプラチナコースにするので9,500円。 3ヶ月目から毎月9,500円払う形になる。 それ以外に1日乗るごとに車両補償を入れないとならない。 1日乗るごとに大体1,000円。 支払い方法はクレジットカードのみらしい。 なので完璧に乗ると年間額は以下のようになる。 燃料満タンで貸し出されて、満タンにして返す形になる。 これは車種や距離によって変わるので分からない。 年間単位契約なので途中で解約すると解約金が取られるので注意です。 Link: その他小ネタ その他おもしろネタを書いておく。 ・1時間レンタルもやっている そういうこともやっている。 しかし、当日に余ったバイクのみそういうサービスを受けられるとのこと。 予約はできないので不便だけど安い価格で借りられるのは大きいです。 ・125ccメインの人がよく使っているみたい 自分で持っているのは実用性メインの125ccとかのスクーター。 大きいバイクに乗りたい時だけレンタルバイクを使うという 生活スタイルが増えているみたいです。 こういう使い方は盲点でしたね。 ・レンタルバイクを買取ることができる レンタルバイクで借りて気に入ったらそのバイクを買取ることもできるみたいです。 値段的にはわからないけどぜひともほしいというと売ってくれるみたい。 最後は他会社が買取るらしいので個人で買うことも可能みたい。 そういうことが原因かはわからないけどリストにはあるが 乗れないバイクがあるのはそういうことになっているからかもしれない。 ・初月の区切りはまだあやふや 例として「開始日が8月31日に借りたらその1日でその月が終了するのか」とか そういう部分が気になるわけです。 この辺りは最近しっかりしてきたみたいなので聞いてみたけど結構よくわからない。 上記の場合は来年の8月1日~30日までと統合されるとかなんとか 話してはもらったんだけど理解ができなかった。 開始は月頭からがいい気がしました。

次の

レンタル819年間会員マイガレ倶楽部

マイ ガレ クラブ

お店に頼むと5000円前後の工賃でやってくれるみたいだね そしてしばらくの時が過ぎ、いよいよネットで検索しながら自分でやってみたところ、 思ったよりもあっさり簡単に取り付けることができました。 最初はとても難しそうに見えますが、やってみたら意外とできるもんで、なによりできた時の達成感が気持ちよかったですね。 ただ、ナビの取り付けをためらっていたのにはもう一つ理由があって、 ナビをつけると危ないんじゃないか?っていう不安もありました。 バイクにナビをつけるのは危険? 以前は、ナビをつけるとナビに意識が集中してしまい、事故の原因につながるんじゃないかっていう不安がありました。 ただし実際に使ってみるとその逆で、 どっちの道を行けばいいか迷いながら運転するよりも、ナビの案内に従って走る方がはるかに安全だったのです。 走行中にナビを操作したり、画面を注視したら危ないですが、ちらっと見るぐらいなら全然大丈夫です。 走行中にサイドミラーを見て後方を確認するのと同じような感覚ですね。 ただ、追突の危険を避けるため車間はしっかりとっておきましょう。 バイクにナビを付ける必要がある7つの理由 今どこを走っているのかわかる バイクにナビを装着すると今自分がどこを走っているのかすぐにわかります。 また、目的地までの距離やおおよその到着予定の時間まで表示されるので、「今〇〇市を走ってるのか」「いま半分ぐらい走ったんだな」などということがわかり、「時間に余裕があるからあそこに寄り道するか」などといった計画も立てやすいです。 到着予定時間の表示はけっこう精度も高くて便利だね どっちに行けばいいのか迷わないので安全に走れる ナビがないと、「あれこっちの道だっけ」「ここどっち行けばいいんだろう」と迷って急ハンドルを切ったり、止まってしまったりといった危ない運転をしてしまいがちです。 ですがナビがあれば走行中に迷うことがなくなるので安全に走ることができます。 いちいち地図を見る必要がない ナビがないと地図で目的地までの道のりを計画する必要があります。 単純な道ならばそれでもいいですが、いろんな道を曲がったり長い距離のツーリングの場合、地図を覚えるのも大変です。 ナビがあれば目的地を入力したらナビに従って走るだけでいいので、道を覚える必要も経路を考える必要もありません。 そうはいってもできれば明るいうちに目的地に着いた方がいいけどね バイクにナビを付けるデメリット バイクにナビを付けるにはUSB電源が必要 ナビは電池の消費量が激しいのですぐに電池がなくなってしまいます。 そこでUSB電源の取り付けが必須になりますが、こういった作業に慣れてない人にとっては結構取り付けが面倒くさいです。 分からなければ有料ですがナップスなどの店で取り付けてもらうのもありですね。 安いスマホホルダーを使うと落下の危険も スマホアプリのナビを使う場合、スマホホルダーを取り付けてそこにスマホをつけることになりますが、落下には気を付けなくてはなりません。 走行中に落下してしまえばほぼ間違いなくスマホは壊れてしまうし、後続の車の事故にもつながりかねません。 安いスマホホルダーだと落下してしまうというケースもまれにあるようです。 落下の心配が必要ない、おすすめのスマホホルダー 僕が使用しているスマホホルダーは 「ラムマウント」と言って落下の心配が全く必要ない超優れものです。 amazonでの口コミ評価もすこぶるよく、実際に僕が使った感じでもこれなら絶対に落ちる気がしないですね。 値段がやや高く、見た目もちょっとゴツイですが、その分スマホのホールド力は別格で安心できます。 スマホは大事なデータがたくさん入っていて絶対に落下させてはいけないものなので、ここにかけるお金はケチらないほうがいいでしょう。 ナビはバイク専用のものとスマホアプリとどっちがいい? ナビはバイク専用のナビとスマホで使えるアプリのナビあります。 バイク専用ナビは画面が大きくて見やすく操作しやすいです。 また、熱や雨にも強いものが発売されているので、スマホよりも頑丈にできているというのもメリットです。 ただ、初期購入費用や地図のデータ更新費用などが掛かってしまうのが難点です。 一方、 スマホアプリのナビは常に最新情報に更新され、機能面ではバイク専用ナビに引けを取りません。 そして何より無料で使えるというのが大きなメリットですね。 ただ、夏場は熱にあまり強くなかったり、雨で壊れてしまう危険もなくはありません。 また、画面が小さいのでやや操作がしにくいというのもデメリットですね。 僕はスマホアプリのナビを使っています おすすめのナビアプリ ではここからはボクがおすすめするスマホナビアプリを2つ紹介します。 僕がおすすめするナビアプリの一つは 「ヤフーカーナビ」ですね。 このアプリは無料で使えるに有料のカーナビと同じぐらいの性能を持っています。 経由地の設定や高速優先、一般道路優先の変更も可能で、リアルタイムの渋滞情報も出てきます。 また常に最新の状態に更新されるのもメリットですね。 あと車線が複数あるときにどの車線を走ればいいのかも教えてくれるのもヤフーカーナビのいいところ。 これがあると、例えばまっすぐ行きたいのに左折専用レーンなどを走ってしまう、というようなリスクを減らしてくれます。 次におすすめするのは 「グーグルマップ」です。 個人的には一番おすすめのナビアプリですね。 グーグルマップといえば超有名な無料地図アプリですが、実はヤフーカーナビに劣らぬ優秀なナビ機能も付いています。 ただ、ヤフーカーナビが大き目の道路を選ぶのに対し、グーグルマップは狭い道を選ぶ傾向があるあります。 住宅街などの事故が起こりやすい道を通ってしまう可能性もあるので、どちらかと言えばヤフーカーナビの方が安心感はあります。 ただ、走る道が単調になりづらく、走っていて楽しいコースを案内してくれることもあるので、楽しさを求めるならグーグルマップの方がおすすめですね。 ボク自身もグーグルマップを利用することが多いです。 また、リアルタイムの渋滞情報マップはグーグルの方が情報が多く優れていますね。

次の