地震予知予言ドットコム。 東日本大震災で感じた地震の前兆について!地震雲?椋平虹?

[B!] 地震予知ブログ更新情報

地震予知予言ドットコム

スペイン南東部で現地時間の11日の午後7時前にマグニチュード5. 1の強い地震が発生したとの報道があり、震源地近くでは建物の崩壊による死者が出ているとの状況です。 スペインのあるイベリア半島自体はその大部分が比較的古い地盤で構成されているので比較的地震が少ない地域なのですが、南部とピレネー山脈付近については半島生成の過程からも地震が他の地域に較べて地震がおきやすい地域と言えるのですが・・・ そして出てくる予知話 実はこの地震に先立って、ヨーロッパ、特にイタリアで過去の地震をホボ完璧に予知した地震学者の予知情報に基いて大混乱が起きていました。 ラファエレ・ベンダンディ氏という1979年に86歳で無くなった地震学者の予言なのですが、何しろ1923年にイタリア国内で起きた地震を2日違いで「的中」させ、時の政権を握っていたムッソリーニから勲章を貰ったという人物。 で、このラファエレ・ベンダンディ氏の予言に2011年5月11日に地震が起きるというものがある、という話がネット上で広まったお陰で、イタリア国内で欠勤する人が続出したり、商店が休業したりといった騒ぎになっていました。 そしてその予言が半ば的中したような形でスペイン南東部での今回の地震。 これを偶然と考えるのか予言が当たったと考えるかは人それぞれだとは思いますが、確かに地中海沿岸で地震が起きたのは事実。 参考記事: もちろん地震の予知というのは非常に難しい話であるわけで これを引き合いに出して東海大地震がどうのこうのと言う気は無いのですが、少なくとも地殻変動の大きな流れの中で地震が起き易いと思われる地域があるのは事実。 ただし一体何が直接の引き金になって個々の地震が起きるかというのとは別の話だというのも事実。 でも、実は地震の予知については過去から色々言われてるもうひとつの大きな問題があるんですよね。 え?何かって? 予知情報を公の機関が裏付けるなどしたときの社会的な混乱に対して誰が責任を取れるのか たとえば東海地震については観測機器の展開と併せて地震予知連絡協議会という公的に拘束力を持った機関があるわけです。 ここでの予測に基いて国が動くというシステムが出来ている訳ですが、そこでの判断、つまりたとえば「間もなく大きな地震が発生すると思われます」という判断がもたらす経済環境への影響を本当に国として、自治体として担保できるのか、更にはそれを受けた企業や個人はどうなるのか。 もっと言うとそれが結果的に「誤報」となったときに誰かの責任問題になるのかどうか。 私自身の考えで言うと、たとえ「誤報」であったとしても何かしら事前に規定した予兆が観測された時点で一定の警告は出すべきだと思っていますし、それによって発生する何らかの損失は社会が甘受するべきリスクだと思っています。 だからと言って原発を全部止める事ってどうよという話もある一方、「これで原発を全部止めるキッカケになってウマー」的な主旨の発言をされる方も当然いらっしゃる訳で、この動きが今後数年の日本の経済状況や夏の暑さの乗り切り方等とどうバランスを取るの?とか、そもそもいきなり要請するってどうよとか、良く考えると震災復興関連会議ってのは首相の私的諮問機関でしょとか、まぁ色々と話題は尽きない状況にあるのが正に今。 そんな中、誰もが間違いなく共有しなくてはいけないのは、今後も必ずそれなりの規模の地震はくるであろうというコトと、今日本は嘗て経験してこなかった種類の国難に直面しているというコトだと思っています。 でも世の中全員が同じ考えを持っている筈も無く、同じ方向を向いている筈も無く、そのあたりのバランスを誰がどう取るか。 非常に難しい問題です。

次の

【警告】北海道地震は学者や超能力者が“完全に予言”していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ! (2018年9月12日)

地震予知予言ドットコム

東日本大震災によって私は本当に多くのものを失いました。 その失われたもののなかには知識によって守れたものが沢山あります。 なぜ対策をしなかったのか、なぜ学んでいなかったのか。 後悔は今でも消えることがありません。 そんな後悔をしないために、命を守るために、学んでください地震のこと、防災のことを。 少し地震の事をインターネットで検索すると、すぐに 地震予知や 地震予言を行っているサイトが出てきます。 そして毎日ツイッター上にあげられている 地震震の写真。 さらには 荒唐無稽な陰謀論。 誰もが来てほしくない地震だからこそ、予測できるなら絶対に知りたいことです。 しかしネットに出回っているのは百害あって一利なしの情報ばかり。 では東日本大震災の直前、実際にはどのような前兆があったのか? 漁師は何か異変を感じていたのか? 占い師はどう占ったのか? 地震雲、椋平虹って本当にあるのか? 被災当時、税理士事務所に勤務していたこともあり、本当に多くの業種の方と話す機会があったので気になる点をまとめてみました。 東日本大震災の前兆はあったのか? 最大の前兆「前震」 2011年3月11日、東日本大震災発生当日。 税理士事務所で勤務していた私は事務所内、そしてお客さんと 「地震が多くて怖いですね」 という話をしていました。 それもそのはず、3月9日と3月10日に発生した地震は東日本大震災の前震でした。 3月9日 マグニチュード7. 3 震源地 三陸沖 3月10日 マグニチュード6. 4 震源地 三陸沖 この2つの地震で警戒心を強めていれば、被害をかなり少なくすることだってできたはずです。 しかし、それは結果論でしかありません。 その時点では前震なのか本震なのか分からないから。 ただひとつ確実に言えること、それは 地震は連続するということ。 2016年の熊本地震のように 3日間で震度6以上の地震が7度も発生することがあります。 熊本地震では、最初の地震では生き延びたが、次の地震で亡くなった方が多くいるのです。 だから前震だとか、本震に関係なく、 地震が来ればいつも以上に警戒する。 それは本当に大切なことだと思います。 裸足で歩くのを防ぐため、睡眠時にスリッパを横に置いておく• 助けを求めるための笛を持っておく• スマホの充電満タンを意識的に行う• 頭を守れるものを身近に用意しておく 簡単なことですが、何もしないより確実に助かる確率は上昇します。 漁師の証言 ネット上には地震直前に特定の魚が大量発生した、リュウグウノツカイや深海魚が取れたなどの異変が書かれていることがあります。 しかし私が聞いた地元の漁師は 「そんな異変なんてねぇ」と言語道断。 長年漁師をやっていれば、特定の魚が大量に取れたり、逆に激減したりってのはよくあること。 魚で地震が分かったら、漁師は皆被害ねぇだろ! とても正論でした。 占い師の証言 宮城県で営業しているベテラン占い師で、地元のテレビに出演実績もある方です。 「前兆はあったんだけどね・・・」 そんな意味深な事を言っていました。 少し微妙な空気になったので、それ以上は何も聞けませんでした。 気象予報士の証言 銀行員なのに気象予報士の資格をもっている変わった友人に聞きました。 「地震雲なんて都市伝説だよ」 仮に、地震の前に発生しやすい雲があったとして、何パーセントの的中率だったら信じるの? 高い的中率だったらとっくに解明されているはずでしょ。 だから、ありもしないし、あったとしても的中率が低くて実用性のないものだよ。 とても銀行員っぽく教えてくれました。 椋平虹も同じく都市伝説の域を出ないようです。 現状では一切気にしない方がよさそうです。 【結論】地震予知は・・・ ここまで文章を読んだ人は、 「なんかパッとしないことしか書いていないな」 と思われたはずです。 でも、多くの被災者と話をしていても地震の前兆に至っては、本当にパッとしないことばかり。 うちのワンチャンがいつも以上に吠えていたとか、耳鳴りがしたとかいうものです。 世界中の研究者がかなりの予算をかけても、未だ現実化しない地震予知。 今私たちがすべきことは、根拠のない地震予知に振り回されることなく、いつ地震がきても命を守れるように対策をすることです。 予知や前兆を調べる時間があるのなら、ひとつでも防災知識を学びましょう。 その方が10倍生存率が上がります。

次の

時事ドットコム:地震予知は可能/上田… : 予知クリップ

地震予知予言ドットコム

東日本大震災によって私は本当に多くのものを失いました。 その失われたもののなかには知識によって守れたものが沢山あります。 なぜ対策をしなかったのか、なぜ学んでいなかったのか。 後悔は今でも消えることがありません。 そんな後悔をしないために、命を守るために、学んでください地震のこと、防災のことを。 少し地震の事をインターネットで検索すると、すぐに 地震予知や 地震予言を行っているサイトが出てきます。 そして毎日ツイッター上にあげられている 地震震の写真。 さらには 荒唐無稽な陰謀論。 誰もが来てほしくない地震だからこそ、予測できるなら絶対に知りたいことです。 しかしネットに出回っているのは百害あって一利なしの情報ばかり。 では東日本大震災の直前、実際にはどのような前兆があったのか? 漁師は何か異変を感じていたのか? 占い師はどう占ったのか? 地震雲、椋平虹って本当にあるのか? 被災当時、税理士事務所に勤務していたこともあり、本当に多くの業種の方と話す機会があったので気になる点をまとめてみました。 東日本大震災の前兆はあったのか? 最大の前兆「前震」 2011年3月11日、東日本大震災発生当日。 税理士事務所で勤務していた私は事務所内、そしてお客さんと 「地震が多くて怖いですね」 という話をしていました。 それもそのはず、3月9日と3月10日に発生した地震は東日本大震災の前震でした。 3月9日 マグニチュード7. 3 震源地 三陸沖 3月10日 マグニチュード6. 4 震源地 三陸沖 この2つの地震で警戒心を強めていれば、被害をかなり少なくすることだってできたはずです。 しかし、それは結果論でしかありません。 その時点では前震なのか本震なのか分からないから。 ただひとつ確実に言えること、それは 地震は連続するということ。 2016年の熊本地震のように 3日間で震度6以上の地震が7度も発生することがあります。 熊本地震では、最初の地震では生き延びたが、次の地震で亡くなった方が多くいるのです。 だから前震だとか、本震に関係なく、 地震が来ればいつも以上に警戒する。 それは本当に大切なことだと思います。 裸足で歩くのを防ぐため、睡眠時にスリッパを横に置いておく• 助けを求めるための笛を持っておく• スマホの充電満タンを意識的に行う• 頭を守れるものを身近に用意しておく 簡単なことですが、何もしないより確実に助かる確率は上昇します。 漁師の証言 ネット上には地震直前に特定の魚が大量発生した、リュウグウノツカイや深海魚が取れたなどの異変が書かれていることがあります。 しかし私が聞いた地元の漁師は 「そんな異変なんてねぇ」と言語道断。 長年漁師をやっていれば、特定の魚が大量に取れたり、逆に激減したりってのはよくあること。 魚で地震が分かったら、漁師は皆被害ねぇだろ! とても正論でした。 占い師の証言 宮城県で営業しているベテラン占い師で、地元のテレビに出演実績もある方です。 「前兆はあったんだけどね・・・」 そんな意味深な事を言っていました。 少し微妙な空気になったので、それ以上は何も聞けませんでした。 気象予報士の証言 銀行員なのに気象予報士の資格をもっている変わった友人に聞きました。 「地震雲なんて都市伝説だよ」 仮に、地震の前に発生しやすい雲があったとして、何パーセントの的中率だったら信じるの? 高い的中率だったらとっくに解明されているはずでしょ。 だから、ありもしないし、あったとしても的中率が低くて実用性のないものだよ。 とても銀行員っぽく教えてくれました。 椋平虹も同じく都市伝説の域を出ないようです。 現状では一切気にしない方がよさそうです。 【結論】地震予知は・・・ ここまで文章を読んだ人は、 「なんかパッとしないことしか書いていないな」 と思われたはずです。 でも、多くの被災者と話をしていても地震の前兆に至っては、本当にパッとしないことばかり。 うちのワンチャンがいつも以上に吠えていたとか、耳鳴りがしたとかいうものです。 世界中の研究者がかなりの予算をかけても、未だ現実化しない地震予知。 今私たちがすべきことは、根拠のない地震予知に振り回されることなく、いつ地震がきても命を守れるように対策をすることです。 予知や前兆を調べる時間があるのなら、ひとつでも防災知識を学びましょう。 その方が10倍生存率が上がります。

次の