新型 コロナ ウイルス 中国 責任。 中国共産党内、習近平の「コロナ拡大隠蔽」の責任を追及する会議開催要求…揺らぐ独裁体制

新型コロナウイルス、中国がアメリカに責任を押し付けている模様。

新型 コロナ ウイルス 中国 責任

ウイルスの危険性、現時点での対策フェーズは? 2月12日正午の段階で、中国での新型コロナウイルスへの感染者は4万4000人、死亡者数は1000人を超えた。 日本では武漢からの帰国者や外国人観光客などの感染者が29人(2月12日正午)。 それとは別に横浜港に接岸したクルーズ船では、乗船者の一部である492人に対して検査を行い、174人の感染が確認されている。 死亡した人の多くは糖尿病や心臓病など、すでに別の病気を患っている(既往歴のある)高齢者が多い。 少なくとも、健康な人が感染しても、ほとんどの人は命に危険が及ぶことはなさそうだ。 実際、 中国ではすでに4000人以上の患者が回復したとの報告もあり、日本時間2月11日時点の中国の報道によると、感染者の数も2月中旬から下旬がピークとの見方がでてきた。 1月中旬から2月11日までに確認された、中国以外の感染者数。 日本の感染者数をカウントする際には、クルーズ船で確認された感染者は除外されている。 世界各地では、感染者は微増し続けている。 爆発的な感染の広がりを起こさずに終息させられるかどうか、非常に重要な時期に差し掛かっている。 WHOのSituation reportsを元に編集部が作成 では、今回流行しているウイルスは、日本にとってどの程度危険なウイルスだと考えればよいのか。 押谷教授は、ウイルスの危険性について次のように話す。 「ウイルスの危険性は、ウイルスの感染性と病原性で決まります。 恐らく、武漢で見えていたのは、感染者のごく一部です。 感染性はSARSに比べれば高いといえます」 SARSよりも高い感染性をもつといっても、 ウイルスの性質として感染力が高いとは限らない。 ウイルスの感染性を決めるのは、主に次の3つの要素だ。 病原体(ウイルス)の性質• 感染する人のファクター(免疫の有無など)• 環境因子(交通状況や人の密集状況、公衆衛生の環境など) 中国と日本で確認されている新型コロナウイルスの遺伝子はほとんど変わらない。 また、人の免疫システムにも大差はない。 となれば、日本での感染の拡大を予想する上で重要となるのは環境因子だ。 押谷教授は「日本での感染の広がり方を想定することは正直難しい」としながらも、 「新型コロナウイルスが 封じ込められないウイルスであるように見えることを考えると、 ウイルスの拡散がある程度起こるという前提で、臨床現場での対応を考える段階にシフトしなければならないでしょう」 と、臨床現場での対策の必要性を語った。 新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由 2003年に流行したSARSでも、空港での検疫が強化された。 SARSは性質上、検疫などの対策が効果的に働き、封じ込めに成功した。 押谷教授は、その理由を次のように話す。 「武漢では、感染者が数十人という初期段階でウイルスが見つかっています。 中国にはSARSの経験があるので、そこで何らかの対策をしたはずです。 しかしそれでも、対応がうまくいかなかった」 SARSが流行した際は、封じ込め対策が功を奏して世界的な大流行は回避された。 しかし、封じ込め対策が成功するには条件がある。 その条件の1つが、 初期の段階で典型的な症状があり、ほかの病原体による感染症と区別がつきやすいことだ。 SARSの場合は、発症者の多くにウイルス性肺炎がみられ、さらに 重症化しなければ感染性もなかった。 一方で、今回流行している新型コロナウイルスは、初期症状が風邪と似ており、 重症化しない例が多い。 加えて、 症状がない状態や症状が軽い段階でも感染性があると考えられている(ただし、症状がない状態での感染頻度はよく分かっていない)。 武漢市内で消毒液を撒く車両。 2月10日撮影。 CHINA OUT. 「武漢では、流行が分かった段階で軽症者などを起点に広範にウイルスが拡大していて、気がついた時には手の付けられない状態になっていたと考えられます。 しかし、新型コロナウイルスは、 見えない形で感染が拡散するウイルスである可能性が高い。 だから対応が難しい」(押谷教授) ただし、押谷教授は中国当局の初期対応については、一定の理解を示している。 「恐らくSARSに準ずる対策として、『肺炎』をキーワードに検査を進めていたのではないでしょうか。 その結果見えたのは『SARSにくらべて相当楽だな』という事実だったのでしょう。 私がその場にいてもそう思ったと思います。 でもそれは、感染の広がりが見えていなかっただけだった」 クルーズ船のバルコニーから外を見渡す乗船客。 新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た人は、順番に船外の病院へと運ばれている。 撮影は2月10日。 しかし、この形での流行の終息について、押谷教授は厳しい見解を示す。 逆に、今後、日本での感染拡大にともなう最悪のケースは「 日本での医療崩壊が起こり、救える命が救えなくなる場合」だ。 「現時点で分かっている限り、新型コロナウイルスに感染しても、高齢者や既往歴がある人でなければ重症化する可能性は低い。 ただし、 数は少ないものの比較的若く健康な人の死亡例も報告されているので、健康な人であっても注意は必要です。 だからこそ、本当に医療が必要な人に対して医療を提供できるような状況を整えなければいけません。 日本の高い医療水準において、地域の医療現場が踏ん張ることができれば、重症者への対応はできるはずです」(押谷教授) 押谷教授は日本の現状の対応を「 真っ暗な東京ドームに大量にまかれたボール(感染者)を、ペンライトで探しているような状態」と話す。 今はメディアも含めて、クルーズ船のように、たまたまボールがたくさんあった場所に注目している状況だ。 ただし、海外からの人の流入は、船よりも飛行機の方が圧倒的に多い。 そして、今回のウイルスの性質から考えると、空港での水際対策(温度スクリーニングなど)は、症状の無い感染者がやってきた場合は役に立たない。 エムステージが医療従事者向けに行った「新型コロナウイルスによるマスク不足など、医療機関での影響について」のアンケート調査では、マスク不足などによる現時点での影響はそれほど大きくないという回答が多かったものの、多くの医療従事者が今後の業務への懸念を示していた。 出典:株式会社エムステージ 少なくとも一部の医療機関では、マスクや消毒液の買い占めによる煽りを受けて、マスクなどの使用制限などが起きている。 いざというときに最も感染リスクが高い医療従事者たちの懸念を増やしても、医療崩壊を助長するだけだ。 現段階で私たちにできるのは、日々の手洗いや咳エチケットなどの小さな対策だけだ。 「今、我々は目の前のウイルスとの戦いに集中すべきで、誰が悪い、何が悪いといった議論は何の利益ももたらしません。 中国やWHOを非難しても何も良いことはありません。 この新型ウイルスについて最も情報を持っているのは中国ですから、 中国を巻き込んで戦っていく必要があります。 それは日本国内で感染の広がりが見えるようになった場合も同じです。 国が悪い、保健所が悪いなどと責任の所在を言い争っても、何の利益にもなりません」(押谷教授).

次の

責任者は「新型コロナウイルス開発者」と報道の人物…中国、科学者1千人集めワクチン開発

新型 コロナ ウイルス 中国 責任

感染源とされる中国では、習近平国家主席の肝いりで国家のメンツをかけて、中国人民解放軍直属の軍事科学院軍事医学研究院を中心に、約1000人もの科学者や疫学者、ウイルス学者、医師らが研究に取り組んでいる。 対する米国も国防総省傘下の研究機関がワクチン開発に参画ししのぎを削るなか、思わぬ伏兵が現れた。 それが米製薬大手モデルナで、短期間で開発した新型コロナウイルスのワクチンを米政府研究機関に提出。 中国で発生した同ウイルスの感染拡大阻止に効果があるかどうかを確かめるため、初の臨床試験が実施されており、同社の株価は急騰している。 米中間のワクチン開発競争が激化 中国人民解放軍軍事科学院軍事医学研究院(アカデミー)は中国の軍事医学研究機関の最高峰で、1951年に上海で設立。 解放軍総後勤部衛生部に所属する。 1958年から北京に拠点を置き、いまでは北京、天津、上海、吉林省、黒竜江省などに11の研究機関と直属の病院を擁している。 このなかでも、ウイルス研究部門は天津にある「康希諾生物」で、軍直属の製薬会社も設けている。 研究所の責任者は人民解放軍の生物戦を担当する最高の専門家の陳偉少将だ。 彼女は2002年秋に中国本土で重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した際、コロナウイルスのワクチン開発に参画し「鼻スプレー」を開発し、一定の効果が確認されている。 また、アフリカで発生したエボラウイルスのワクチンの共同開発者の1人として名前を連ねている。 今年1月に湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染が拡大した際、米メディアが、ウイルスは武漢市の中国人民解放軍武漢ウイルス研究所で生物兵器として開発されたもので、それが外部に漏洩し感染が拡大したとの観測を報じた。 陳氏は武漢研究所に在籍中に炭疽菌の研究を続けていたことから、「新型コロナウイルスを開発した当の本人」と名指しされたこともある。 いまだに、この報道を裏付ける根拠は示されていないが、いずれにしても彼女は中国で有数の疫学者であることは間違いなく、「軍最高指導部から一刻も早くワクチンを開発するよう命じられている」と香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは伝えている。 なぜならば、マーク・エスパー米国防長官が軍傘下の米軍生物学防衛研究所(米メリーランド州フォート・デトリック)やウォルター・リード陸軍研究所にワクチンの開発を命じていると伝えられているからだ。

次の

【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

新型 コロナ ウイルス 中国 責任

はじめに — アメリカのコロナショックの政治模様 新型コロナウイルスは誰のせいで、何のせいで流行してしまったのか、その答えを出すことは非常に難しく、この問題は非常に繊細です。 アメリカは新型コロナウイルスによって非常に多くの感染者・死亡者が出ていますが、トランプ大統領は、その責任を中国に押し付け、アメリカは被害者であるという論陣を張っています。 今回は、新型コロナウイルス禍で「責任問題」という新たな局面を迎えたアメリカがどうなっているのか、アメリカ政府が考えていることなどを現地目線で解説します。 公務員として、ぜひ今読んでもらいたい内容です。 アメリカの経済再開、そして責任問題へ 新型コロナウイルスの影響が続いているアメリカですが、5月1日を起点にして少しずつ経済が再開され始めました。 トランプ大統領も11月に控えた大統領選に向けて遊説を再開しており、徐々にアメリカは日常へ戻りつつあります。 3月13日の非常事態宣言以降のアメリカは「自宅待機」というフェーズを過ごし、5月からは次の段階である「経済再開」を迎えています。 そして、次のフェーズとされているのが「責任問題」です。 トランプ大統領は「世界で最も感染者数と死亡者数が多い国」という不名誉な結果を招いた大統領になってしまいました。 このまま終息を迎える訳にはいかないトランプ政権は、積極的に中国批判を繰り返し、新型コロナウイルスの責任を中国に取らせて、あくまでもアメリカは被害者という姿勢を打ち出したい構えです。 新型コロナウイルスに対するアメリカによる中国批判 まずは、トランプ大統領が新型コロナウイルスに対してどのように中国を批判しているのか、その狙いも含めて見てみましょう。 トランプ大統領「中国はひどい間違いを犯した」 5月3日、トランプ大統領はFOXニュースに出演し「新型コロナウイルスは中国(武漢)にある研究所から流出したことを裏付ける報告書を準備中だ」と発言しました。 また、「何が起きたかを正確に示す強力な報告書になる」「決定的なものになる」とも述べ、アメリカ政府が新型コロナウイルスの感染拡大は中国に原因があると考えていることを示唆しました。 番組のなかで「中国政府が世界への対応を誤ったと考えるか?」と聞かれたことに対しては「疑う余地はない」と述べ、感染拡大の原因も初動対応の誤りもすべて中国にあるとしています。 トランプ大統領「中国での死者はアメリカよりも多い」 トランプ大統領は4月18日時点で「中国当局が発表する数字から倍になった」「中国の死亡者数はアメリカよりも多い」と指摘しました。 実際に、湖北省武漢市の当局は死亡者数を2,500人あまりから3,869人に訂正したため、トランプ大統領の主張が正当化される結果になりました。 同時に、中国政府に対する不信感や情報の不正確さをアメリカ国民に向けて広めることに成功したと言えます。 ポンペイオ国務長官「決定的な証拠がある」 トランプ大統領の発言に同調するように、ポンペイオ国務長官も中国に原因と責任があるとしています。 5月3日、ポンペイオ氏は記者会見で新型コロナウイルスが中国(武漢)の研究所から広がった可能性があるという主張を巡って「多くの根拠がある」と発言しました。 また「確証」を取るために情報機関が検証を続けているともし、中国を追いつめる姿勢です。 トランプ大統領は言及しなかった「中国政府とWHOの結託」にも触れ、中国政府へ責任追及をする考えを示しました。 ヨーロッパやオーストラリアなどもこの意見に同意していることから、他国を巻き込んで中国政府を追及することになりそうです。 ラッシュ・リンボー「CDCがディープステート」 アメリカで自由奔放な発言が多いことで人気のラジオDJであるラッシュ・リンボーは中国批判を繰り返すトランプ大統領を支持しており、追い風を吹かせる意味を込めて「CDC(アメリカ疾病対策センター)がディープステート」と発言しました。 ディープステートとは政府の中に存在する「隠れた政府」のことを指しており、この発言の裏には、CDCが中国と連携してトランプ大統領の再選を拒んでいるのではないかという主張が隠されています。 ちなみに、ラッシュ・リンボーは2020年4月にトランプ大統領から「大統領自由勲章」を授与されており、トランプ大統領の「したたかさ」が感じられます。 アメリカの批判に対する中国政府の反応 アメリカから新型コロナウイルスの原因と責任を巡って批判されている中国政府ですが、明確な証拠を示さずに批判ばかりを繰り返すアメリカに対して抵抗しています。 外務省報道官「根拠を示さないのは根拠がないから」 中国外務省の報道官はポンペイオ国務長官の発言に対して「多くの根拠があると言うなら出せば良い。 出せないのは根本的に根拠がないからだ」と反論しました。 また、名指しこそ控えたものの「発生源については科学者や専門家の仕事であり、(アメリカの)国内政治のために嘘をつき続ける政治家ではない」と痛烈な批判で対抗しています。 習近平は沈黙を貫く 習近平国家主席はアメリカからの批判に対して沈黙を貫いています。 トランプ大統領自身も習近平国家主席を批判することはなく、むしろ「よくやっている」「良好な関係だ」とし、トップ同士による衝突を避ける姿勢を見せています。 中国批判、アメリカの本当の狙いは? 中国に対して責任を追及するアメリカ、それに反論する中国という泥仕合になっているこの責任問題ですが、実はアメリカは確かな証拠など始めからなく、別のことを目的にしていると考えられています。 トランプ政権への批判回避 アメリカの本当の狙いは「トランプ政権への批判回避」で、最終的には大統領選への影響を抑制することにあるとされています。 トランプ政権はひとまず中国に対して責任を追及していることを国民にアピールし、政権への批判をかわして「トランプは良くやっている」と評価される構図を作ろうとしています。 トランプ政権が中国への批判を繰り返し、証拠の出し惜しみをすることで、メディアは当面の間これに関連する報道を続けます。 本来であればアメリカ国内で初動対応のミスや被害拡大の責任論が発生するはずですが、中国批判をすることでそれを防いでいるという仕組みです。 実は明言していないトランプとポンペイオ 中国批判をするなかでトランプ大統領とポンペイオ国務長官は「断定」はしていません。 テレビインタビューや記者会見では両氏ともに「だろう」や「つもり」といった表現を用いており、現時点で「確証」がある訳ではないのです。 実際に、ポンペイオ国務長官が5月3日におこなった記者会見では「情報機関は我々が確信できるように検証すべきだ」とも述べていることから、確証がないことがうかがえます。 また、6日の会見では「確証はないが、多くの証拠はある」と発言し、決定打に欠ける状態が続いています。 トランプ大統領も確証については断定せずに「間もなく出るだろう」とだけ残しており、確証を提示していません。 アメリカの情報機関はトランプ大統領の命令を受けて、確証を手に入れるために調査を続けていることは間違いないでしょう。 アメリカ政府内の矛盾 国家情報長官室(ODNI)は、4月30日時点で確証はないという声明文を出しているため、トランプ大統領と政府の情報機関で矛盾が生じています。 さらには、ニューヨークタイムズ紙によって、ポンペイオ氏をはじめとする政府高官がウイルス発生原因と武漢を結びつけるように圧力をかけているという報道もされています。 アメリカ政府は「振り上げた拳の行き場に困る」状態なのか、それを分かった上でメディアを翻弄する姿をあえて演じているのかは不明です。 アメリカのコロナ中国批判、今後の展開 新型コロナウイルスの発生および感染拡大を巡って続いているアメリカと中国の批判合戦は今後どのような展開を迎えるのでしょうか? 関税の引き上げ トランプ大統領は新型コロナウイルスの原因を中国に取らせようと、中国製品に対する「関税引き上げ」を検討するとしています。 具体的な内容は示されていないものの、中国政府は「関税を武器に他国を脅迫する考えは捨てるべき」とアメリカを批判しました。 2019年9月に起きた米中貿易戦争(対中追加関税15%)が再び繰り返されるかもしれないと、一時市場には緊張が走りました。 両国の関税による牽制は予断を許さない状況です。 イラク戦争の二の舞 今回の米中批判合戦で最も懸念されるのは「イラク戦争の二の舞」です。 イラク戦争はブッシュ大統領が「イラクが大量破壊兵器を所有している」と断定したことがきっかけで始まりました。 しかし、大量破壊兵器を見つけられなかったことからブッシュ大統領は後に「失敗だった」と認めています。 イラク戦争は、おおよそ10万人の民間死亡者が出たにもかかわらず「勇み足」に終わったことから、今回の中国批判も同じ道を歩むのではないかと心配されています。 両国にとって武力衝突は現実的な選択肢ではありませんが、アメリカの強引な介入によって関係悪化が進んでいることは間違いないでしょう。 まとめ アメリカでは新型コロナウイルスを巡る責任問題が熱を帯びています。 一方で、武漢の研究所が発生源とする確証は提示されておらず、中国を批判するばかりという対応には疑問が残ります。 アメリカ政府の曖昧な対応が続いていることから「別の目的」が示唆されており、このままではマイナスイメージにも繋がりかねません。 いまだに感染被害が終息していないアメリカですが、中国を巡るトランプ政権の対応から目が離せません。 確証を提示できなかった際の動向や世間の反応にも注目したいところです。 今後も、アメリカの動向、そしてトランプ大統領の発言に、注目してください。 本記事は、2020年5月11日時点調査または公開された情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

次の