般若 心 経 ひらがな。 写経体験・写経について・般若心経用紙ダウンロード : 写経体験 : 曹洞宗 黒羽山 大雄寺

写経体験・写経について・般若心経用紙ダウンロード : 写経体験 : 曹洞宗 黒羽山 大雄寺

般若 心 経 ひらがな

摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみたしんぎょう 観自在菩薩 かんじざいぼさつ 行深般若波羅蜜多時 ぎょうじんはんにゃはらみったじ 照見五蘊皆空 しょうけんごうんかいくう 度一切苦厄 どいっさいくやく 舍利子 しゃりし 色不異空 しきふいくう 空不異色 くうふいしき 色即是空 しきそくぜくう 空即是色 くうそくぜしき 受想行識亦復如是 じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ 舍利子 しゃりし 是諸法空相 ぜしょほうくうそう 不生不滅 ふしょうふめつ 不垢不浄 ふくふじょう 不増不減 ふぞうふげん 是故空中 ぜこくうちゅう 無色 むしき 無受想行識 むじゅそうぎょうしき 無眼耳鼻舌身意 むげんにびぜっしんい 無色声香味触法 むしきしょうこうみそくほう 無眼界 むげんかい 乃至無意識界 ないしむいしきかい 無無明 むむみょう 亦無無明盡 やくむむみょうじん 乃至無老死 ないしむろうし 亦無老死盡 やくむろうしじん 無苦集滅道 むくしゅうめつどう 無智亦無得 むちやくむとく 以無所得故 いむしょとくこ 菩提薩埵 ぼだいさった 依般若波羅蜜多故 えはんにゃはらみったこ 心無罣礙 しんむけいげ 無罣礙故 むけいげこ 無有恐怖 むうくふ 遠離一切顛倒夢想 おんりいっさいてんどうむそう 究竟涅槃 くきょうねはん 三世諸佛 さんぜしょぶつ 依般若波羅蜜多故 えはんにゃはらみったこ 得阿耨多羅三藐三菩提 とくあのくたらさんみゃくさんぼだい 故知般若波羅蜜多 こちはんにゃはらみった 是大神呪 ぜだいじんじゅ 是大明呪 ぜだいみょうじゅ 是無上呪 ぜむじょうじゅ 是無等等呪 ぜむとうどうじゅ 能除一切苦 のうじょいっさいく 真実不虚 しんじつふこ 故説般若波羅蜜多呪 こせつはんにゃはらみったじゅ 即説呪曰 そくせつしゅわつ 羯諦羯諦 ぎゃていぎゃてい 波羅羯諦 はらぎゃてい 波羅僧羯諦 はらそうぎゃてい 菩提薩婆訶 ぼじそわか 般若心経 はんにゃしんぎょう 酒井圓弘 訳 (2013年の秋に光の庭で瞑想していたときに降りてきたメッセージをメモしたものの一部です。 ) 心静かに物事を観察していたら、心に何のこだわりもなくなり、この世界はすべて、永遠不滅ではないことが解りました。 条件が変われば、結果も変わります。 刻々と変化してとまることはありません。 色々な条件の中には自分の努力というものがありますが、それだけではありません。 何かの条件があるはずです。 いつも自分は自分で変わらないと思っていても、変化しています。 死にたくないと言いますが、生まれる前と死んだ後に行く所は同じだから安心して良いのです。 元いた場所に帰るだけです。 こだわると言う事は、そこにじっとしているだけです。 じっとしていたのでは他の素晴らしい世界を知ることもできません。 心を自由自在にしていきましょう。 何かを恐がる事もなく、現実を無視して『こうであったらいいのになあ』などと夢見ることもなくなります。 それは素晴らしい心の広がりを持ち、充実感に満ちたどっしりしたものです。

次の

般若心経

般若 心 経 ひらがな

紀元前5百年前に中国の玄奘三蔵(あの三蔵法師のこと)げんじょうさんぞうさんが、インド(天竺)のありがたいお経を中国へ持ち帰るために一人で過酷な旅に出ます。 これをドラマチックな物語にしたのが中国・日本でも大人気の「西遊記」です。 その物語には三蔵法師の旅を邪魔する妖怪や魔物と、三蔵法師を護るためのお供の「孫悟空・沙悟浄・猪八戒」が出てきますが、実際はひとりで行っています。 当時の王政の監視の目をくぐり抜けて約30000キロメートルという、ガチヤバな距離を徒歩で行っちゃいます。 (地球の円周が40000キロです。 ) 過酷な旅(そりゃあなぁ)を終えて素晴らしいお経を中国へ持ち帰った玄奘三蔵はインドの古代サンスクリット語の経典を中国の言葉へ翻訳しました。 中国に広く仏教が広がったのはこのときの玄奘三蔵の翻訳が素晴らしい出来だったからだそうです。 ですから玄奘三蔵は「訳聖」として歴史に名前が残っているのです。 そして「般若心経」とは膨大なありがたい経典の内容をわずか262文字にめちゃ圧縮集約されたものなんです。 この「般若心経」は英語圏でも大人気で「Heart Sutra」ハートスートラ(心のお経・心臓のお経)として今でも大人気です。 スティーブジョブズや、ジョン・レノンなど、世界に多大な影響を与えてきた人たちもこの「般若心経・ハートスートラ」を気に入って取り入れていたようです。 あざーっす! 僕が「般若心経」を知ったのは2018年で、それまでほとんど接点がありませんでした。 両親とアホ姉がプロテスタントのクリスチャンになっていて、たまたま周りにクリスチャンがいたのでキリスト教の聖書のほうが知識としては多かったです。 「般若心経」はどちらかと言うと具体度は低めで、「抽象度」が高めの内容なので読む人の想像の幅に合わせた柔軟な基礎の教えとなっていて、僕にとってはすごく相性が良かったです。 また日本には仏教だけでなく「神道」や「自然崇拝」「祖先崇拝」など多様な思想があるので「般若心経」は抽象度高めで柔軟なところが日本人にはウケているかとおもいます。 「聖書」のペテロやヨハネも具体的で見習うにはとても良いんですが、土台となる基礎部分は幅広く柔軟な「般若心経」にしようと考えています。 まだ「般若心経」1年目ですが、すごくハマっています。 少しずつ写経しながらインストールしてみようと考えています。 あとは音楽なんかでも耳馴染みしながらやってます。

次の

漢字 ひらがな 両表記版

般若 心 経 ひらがな

般若心経 「 般 若 心 経 」 パソコンで写経 パソコンで写経したっていいじゃない。 というわけで、なぜか般若心経のページを作ってしまいました。 一行づつかみしめていきたいと思いますので、ゆるゆると行きます。 【 漢 文 】 【 和 文 】 摩訶般若波羅蜜多心経 (まかはんにゃはらみつたしんぎょう) 摩訶般若波羅蜜多心経 「はんにゃしんきょう」をパソコンで変換すると「般若新教」になってしまいました。 ん?と思ったら、やはり「般若心経」が正解。 心のお経ということですね(合ってるかな?)。 参考文献によると、「はんにゃしんぎょう」と書いてある。 これだときちんと「般若心経」に変換されました。 はたまた、正式名称は、「摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみつたしんぎょう)」となっています。 (知らなかった。 「般若心経」のもととなっているのは、「大般若教」で600巻もあり、その精神の神髄を伝えたのが「般若心経」だそうです。 「摩訶般若波羅蜜多心経」とは、 「摩訶」=梵語の「マハー」=大 「般若」=梵語の「プラジャニー」=知恵(深い意味で) 「波羅蜜多」=梵語の「パーラミター」=到彼岸=悟りの境地に到る 「心」(漢訳)=人間の心、自分の心、そして「大般若経」の心(神髄) 「経」(漢訳)=梵語の「スートラ」=常住不変の義(永遠に変わることのない法) といったところでしょうか。 「到彼岸の知恵」にも「浅」と「深」がある。 空を求めて色を否定する「色即是空」だけでは「浅」。 色を全うして空を見る「空即是色」になって「深」。 「行じし」は、特別の修行をするというよりは、日常の生活のなかでの行いを指す。 蘊(うん)は「集まり」。 色蘊は、物質的構成要素(肉体を含む)。 受蘊は、感受作用(見る、聞く、触るなど)。 想蘊は、表象作用(心に想うこと)。 行蘊は、意志作用(能動的なはたらき)。 識蘊は、識別する作用(分別、判断)。 「空」は、なにもないこと。 五蘊はすべて空であるとお見通しになった。 「厄」は禍い。 「度」は渡すこと(苦の岸から、楽の岸へ渡す。 ) すべての苦厄から、ときはなたれた。 観自在菩薩が、呼びかけた人。 (仏が説法するときに、聴衆のなかからだれか一人を選んで語りかける例にならっている。 ) シャーリプトラは、バラモン族の出とされており、バラモン教の聖典である「ヴェーダ」を学び、伝統的な学芸すべてに通じていたが、仏陀の弟子アッサジのすがすがしい姿を見て、仏教に帰依した。 智恵第一と称せられた。 「空」は、なにもないこと。 一切のものがそのままありながら、空であるとする。 形あることは、そのまま、なにもないことでもある。 色蘊は、物質的構成要素(肉体を含む)。 受蘊は、感受作用(見る、聞く、触るなど)。 想蘊は、表象作用(心に想うこと)。 行蘊は、意志作用(能動的なはたらき)。 識蘊は、識別する作用(分別、判断)。 「色」以外の「受想行識」。 「相」は、すがた、ありよう、あい対する関係。 「浄」は、清らかなこと。 汚れているのでもなく、清らかでもない。 「色」は、先にあったように、「色蘊」=物質的構成要素(肉体を含む)であり、「形あるもの、森羅万象のすべて」を指す。 色蘊は、物質的構成要素(肉体を含む)。 受蘊は、感受作用(見る、聞く、触るなど)。 想蘊は、表象作用(心に想うこと)。 行蘊は、意志作用(能動的なはたらき)。 識蘊は、識別する作用(分別、判断)。 「色」以外の「受想行識」。 根は、根茎、根本といった意味。 「六根」によって、次に出てくる「六境」色・声・香・味・触・法を認識する。 眼根は、眼で、「色」を見る。 耳根は、耳で、「声」を聞く。 鼻根は、鼻で、「香」を嗅ぐ。 舌根は、舌で、「味」を味わう。 身根は、身で、「触」に触れる。 意根は、意識で、「法」(さまざまなこと)を考える。 空の立場(実態がないという立場)においては、「六根」もない。 先に出てきた「六根」によって、この「六境」を認識する。 空の立場(実態がないという立場)においては、「六境」もない。 「六根」と「六境」を合わせて「十二処」。 さらに、「六識」を加えて「十八界」となる。 「界」とは、「人間存在の構成要素」といった意味です。 「十八界」を全て並べると、次ぎのとおり。 眼界・耳界・鼻界・舌界・身界・意界・色界・声界・香界・味界・触界・法界・眼識界・耳識界・鼻識界・舌識界・身識界・意識界 「十八界」の初めが、「眼界」。 「十八界」の最後が、「意識界」。 それから意識界まで、もない。 )の十二のうち、最初の項目である。 「十二縁起」は、次のとおり。 1 無明 むみょう(無知) 2 行 ぎょう(潜在的形成力) 3 識 しき(心作用、認識作用) 4 名色 みょうしき(精神と肉体、名称と形態) 5 六入 ろくにゅう(六つの感覚器官、眼、耳、鼻、舌、身、意) 6 触 そく(心が対象と接触すること) 7 受 じゅ(感受作用) 8 愛 あい(愛欲、妄執) 9 取 しゅ(執着) 10 有 う(生存) 11 生 しょう(生まれていること、生きること) 12 老死 ろうし(老いゆくこと、死ぬこと) 「無明」があるから「行」があり、「行」があるから「識」があり、・・・・「生」があるから「老死」がある、とみるのが「順観」である。 逆に、「無明」がなければ「行」もなく、「行」がなければ「識」もなく、・・・・「生」がなければ「老死」もない、とみるのが「逆観」である。 「順観」からみれば、「無明」から展開していく苦の人生のすがたがあり、「逆観」からみれば「無明」もなく「老死」もない悟りの世界がある。 「苦集滅道」は、原始仏教の根本の教えである「四諦(したい)」を指す。 「四諦」は「十二縁起」とともに、原始仏教の根本の教えである。 「諦」は梵語(サンスクリット)の「サティア」で、真理、真実を意味する。 四諦は次の4つ。 1 苦諦 くたい ・人生は苦であるという真理 2 集諦 じつたい ・苦悩の原因は人間の欲望や愛着の心にあるという真理。 ・集めたもの、財宝などへの愛着が苦悩の原因となる。 3 滅諦 めつたい ・苦悩の原因である煩悩が完全になくなった状態。 ・仏教の目指す理想境は涅槃にあるという真理。 4 道諦 どうたい ・理想境である涅槃に到達するための実践方法を説いたもの。 ・具体的には八正道(はっしょうどう)を指す(八聖道ともいう。 ・八正道は仏教での修行の基本となる、次の八つの実践徳目である。 正見(正しい見解) 正思惟(正しい決意) 正語(正しい言葉) 正業(正しい行為) 正命(正しい生活) 正精進(正しい努力) 正念(正しい思念) 正定(正しい瞑想) 苦集滅道もない。 「菩提薩[土垂]」は、パーリ語の「ボーディサッタ」、梵語(サンスクリット)の「ボーディサットゥヴァ」の音を写した語。 「観自在菩薩」の「菩薩」は、この「菩提薩[土垂]」を略したものといわれている。 意味は、悟りを求めて修行する人、仏になろうと志す人。 [石疑]は、パソコンに無い文字を、偏(へん)と旁(つくり)の二文字で表した。 「[四圭][石疑]」は、仏教の言葉で、「こだわり」、「さまたげ」、「わだかまり」といった意味である。 心にこだわりなし。 恐れおののくこと。 恐れることがない。 仏教では、次の4つの「顛到」があると説く。 1 常顛到 無常である自分の命・身体が、いつまでも元気でいられるという錯覚 2 楽顛到 苦に満ちた世の中で、人生は楽であると見る錯覚 3 我顛到 無我の身である自分を、我ありと見る錯覚 4 浄顛到 汚れた身である自分を、清浄なりと見る錯覚 「夢想」は、これらの誤った考えを、夢のように想い描くこと。 「遠離」は、遠ざけること。 「涅槃」は、パーリ語の「ニッバーナ」、梵語(サンスクリット)の「ニルヴァーナ」の音を写した語で、迷いのない境地、心の安らぎの状態を意味する。 「涅槃を究竟す」と訳すが、「究竟して涅槃す」と読むこともできる。 涅槃をきわめつくす。 「佛」は、「仏」で、悟った者、真理に目覚めた人。 「諸佛」とは、釈迦仏(=ゴータマ・ブッダ)のほか、阿弥陀仏、弥勒仏、薬師仏など、もろもろの仏を指す。 三世の時間を越えて常住する諸仏。 三世にわたってあるさまざまな仏さま。 漢訳では、「無上正等覚」と記す。 阿耨多羅三藐三菩提を得られた。 ここでは、「真言」と訳します。 「大神咒」は、「偉大にして神聖なる真言」といった意味。 「是=これ」が指すものは、般若波羅蜜多 「到彼岸の知恵」 である。 これ大神咒なり。 これ大明咒なり。 これ無上咒なり。 これ無等等咒なり。 故に般若波羅蜜多の咒を説く。 以下に出てくる「羯」も同じ。 ここの「羯諦」から「菩提薩婆訶」までは、梵語(サンスクリット)の発音をそのまま漢字で表して、呪文としたものである。 「羯諦」の意味は「行ける者よ」である。 波羅羯諦。 波羅僧羯諦。 菩提薩婆訶。

次の