こどもちゃれんじ サイエンス プラス。 こどもちゃれんじ じゃんぷサイエンスプラス8月号 息子が感激!アイスを作る実験!

しまじろうが好きではない娘だけれど…【こどもちゃれんじ】反応は!?

こどもちゃれんじ サイエンス プラス

こどもちゃれんじほっぷを受講している娘ですが、このたび幼稚園に入したということでお勉強や感性を少しでも養ってもらおう!と、 こどもちゃれんじプラスのオプション教材を注文しました。 ではこのオプション教材とは一体どんなものなのか?気になりますよね! 私もまだまだ始めたばかりなのでわからないことだらけですが、今回はこどもちゃれんじプラスについてお話ししていきます。 こどもちゃれんじプラスの種類と概要 こどもちゃれんじプラスですが、全部で3種類のオプション教材があります。 できたら「できたよシール」を貼れるようになっているので、楽しく賢くなれます。 手先が器用にもなるので、頭を楽しくほぐすのにぴったりです。 読み聞かせは感情のコントロールや、人の気持ちがわかるようになるなど良いことばかり。 絵もカラフルで温かみがあるので、永久保存版です! こどもちゃれんじプラスは申し込めば3種類全てが届くのではなく、1種類ごとの申し込みです。 1種類あたり、こどもちゃれんじ会員なら税込535円を受講月数分支払います。 私の場合は1年間一括払いにしたので、3種類で2万弱ほどでした。 でも下手な知育玩具やワークを買うよりかは、なじみのあるしまじろうと楽しく学べるので良かったです。 何より自発的に楽しみながら勉強ができるところが、親としては嬉しいですよね。 やはりイヤイヤやるようでは、身につくものも身につかないものです。 こどもちゃれんじプラスの魅力とは? こどもちゃれんじプラスのオプション教材は、こどもちゃれんじほっぷの4月号から一緒に届きます。 娘は毎月届くこどもちゃれんじを心待ちにしていて、月末にピンポンのチャイムが鳴ると 「しまじろう届いた?!」と玄関に走っていくくらいです(笑) こどもちゃれんじプラスの中では、読み聞かせが気軽に始めやすいのではないでしょうか。 キッズワークプラスの場合はシールなどを使って進めて行くので、一回使ったら少し工夫しながらもう一度やる必要があります。 表現プラスの場合は一度切り貼りしたらおしまいなので、何度も繰り返し楽しめる点でも読み聞かせはおすすめです。 絵本も意外と本屋で買うと高いので、これが500円ほどで届くのもありがたいですよね。 このクオリティの高さとコスパの良さが、こどもちゃれんじプラスの魅力だと思います。 関連付けではしまじろうの日常の動作のイラストをみて、その行動に必要なアイテムのシールを貼るというものがあります。 色の認識では同じ色の皿にシールを貼りながら並べるなど、基本的な色の認識の把握を目指します。 物の割り振りはしまじろうやみみりんなどの持ち物シールを、それぞれに振り分けます。 このようにこどもちゃれんじプラスは子どもが楽しみながら頭の体操をすることができるのですね。 こどもちゃれんじプラスで学べること こどもちゃれんじプラスはただ単にお勉強をするという漫然としたものではなく、毎月きちんと目標があります。 きちんと目標をもつことで達成感も生まれるので、オプション教材をやる「意味」がありますよね。 ではどのような目標があるのか、4月号から順番に見ていきましょう。 ・4月号 1対1対応について、相手と意味のある会話ができたり相手の気持ちを汲み取る力を身につけます。 ・5月号 系列を学び、一定の決まりの集まりの中で次に来る順番を予測する力を身につけます。 ・6月号 仲間分けを学び、同じ種類のポイントを見抜いて同じカテゴリーに組み入れる力を身につけます。 ・7月号 集合数について、数の数え方や概念を身につけていきます。 ・8月号 ひらがなの読みについて、楽しく覚えられるように簡単なものからスタートします。 ・9月号 かたちについて学び、物の形をどれだけ把握しているかを確認していきます。 ・10月号 順序数を学び、順番の概念や数え方などを身につけていきます。 ・11月号 たくさんある図形について理解を深めて、同じ図形を探すなど頭を柔らかくしていきます。 ・12月号 頭音、末尾音を学んで、ひらがなの読解に関する理解をより深めていきます。 ・1月号 しりとりのルールを覚えるのと同時に、ひらがなを使った想像力を養います。 ・2月号 似ているひらがなを学び、書き間違いや読み間違いを防げるようにします。 ・3月号 かずの数え方や振り分けなど、総復習をしていきます。 こどもちゃれんじプラスで学んでいるうちに、どんどんスキルアップしていきそうですね。 年に6,000円ほどという格安の値段で子どもの好奇心などを高めることができるので、普段のこどもちゃれんじと一緒に受講してみると良いですよ!.

次の

こどもちゃれんじのサイエンスプラスはじめてみました。実験はすべての考え方の基礎になる|ココハレスイッチ

こどもちゃれんじ サイエンス プラス

こどもちゃれんじプラスは有料のオプション教材です。 通常のこどもちゃれんじで不足している項目や、重点的に伸ばしたい所がある時に追加するイメージ。 私も入会しようか、かなり迷いました。 というのも、こどもちゃれんじプラスって条件が複雑・・・ 「調べるのなんか面倒になってきた・・・」となりました。 でも、子どももためにと思い、頑張って調べて最終的には入会。 せっかくなので、「同じ悩みを持つ方がいるかな?」と思い、当時「あんな情報欲しかった」と思うことを全てまとめました。 この記事を見れば、あっちこっちサイトを周って調べる必要がなくなります。 お子さんにプラスアルファの教育を検討されてる方は是非ご覧ください。 タップできるもくじ• 【注意点がたくさん】料金体系と解約条件 こどもちゃれんじプラスの内容紹介より前に、料金と解約についてお伝えします。 複雑で理解するのに苦労しました・・・ すごい小さい文字で書かれた注意事項も読みました・・・ そうしたら注意点がいっぱい! なので最初にお伝えします。 サイエンス以外のコースは同料金• サイエンスは2ヶ月で1,090円なので月額545円• こどもちゃれんじに入会してる方は割引(会員価格)• 会員外でも受講できる 途中でこどもちゃれんじ本体を辞めると会員外価格になる レアケースだと思いますが、解約する時は注意です。 本体だけ解約して、こどもちゃれんじプラスを解約し忘れると痛い・・・ 本体受講中に申し込んでも会員外価格になるケースもある 申し込んだ月、にこどもちゃれんじ本体受講中でも、教材が届く月に受講していないと会員外価格になります。 タイムラグに注意です。 1年一括払いしか選択できない 2020年3月現在では一括払いしか選択できません。 但し、途中解約した場合は受講料を返金されるので安心です。 お願いこどもちゃれんじのシステムがいつ変わるか分かりませんので、最終的にはで再度確認してください。 解約・退会について 一括払いしか選択できませんが、途中解約可能です。 2ヶ月目から解約できます。 解約したい月号の前月5日(日曜・祝日の場合は翌営業日)までに連絡する必要があります。 コース変更も同様です。 基本的にこどもちゃれんじ本体とセットで考えておくと安心です。 あとは、一括払いに「びっくり」しないことですかね。 では、いよいよ教材内容をご紹介します。 基本的にお勉強の追加ワークだと思ってもらえばOKです。 こどもちゃれんじ本体より少し難易度の高い問題や考える力が要求される課題があり、思考力を伸ばせます。 ほっぷ以降は、こどもちゃれんじ本体が物足りなくなったお子さんを、更にワークブックで鍛えるイメージです。 こどもちゃれんじぷち• 毎月1冊24ページ(絵本とワークの中間の内容)• カード、シール、しかけつき• 学びが広がる保護者向けガイド ワークブックと絵本の中間くらいの絵本が毎月届きます。 発達の専門家が監修し、形、色、動物、乗り物など、年齢に応じた 題材が学べます。 正直、こどもちゃれんじオンライン教材(会員なら無料で見れる)も、youtubeもあるので、「しまじろうが好きすぎて・・・」って方以外は必要ないのかなと。 ぷち~ほっぷは24ページ、すテップは32ページの絵本が送られてきます。 わが家は絵本が200冊以上あるので受講しませんでしたが、絵本はすごく子どもを成長させてくれます。 毎日3冊は読み聞かせてます。 でも、年齢に合わせた絵本を選ぶのって難しいですよね・・・ その点、「読み聞かせコース」は、その年齢に必要な題材やレベルのお話が毎月送られてくるので、絵本に悩まれてる方は良いコースだと思います。 月500円ちょっとなら、本屋さんで絵本買うより安いですしね。 各月のテーマで身につけた表現方法を使ってひとつの作品を自分で作り上げるキットが毎月届きます。 工作は非常に優れた幼児教育だと認められています。 合わせて「物を大切にする」こころも学べます。 工作はかんたんに楽しさを見出すことができ、集中力は育むのみ最適。 自ら作り方を工夫すること創意工夫力が身に付きます。 達成感が次への意欲や成功体験につながります。 でも工作ってやり方・教え方が分からない・・・そんな方にはおすすめです。 一方で、「工作・作り方」でネットで探せばたくさんでてくるので、自分で食う附できる方受講しなくてもできそうです。 教材内容は下記動画を見ていたければイメージが付くと思います。 これだけ選択肢があるのは「こどもちゃれんじ」だけ。 子どもの成長や長所を見て、受講できますしね。 わが子も本体では物足りなかったワークを「ちいくコース」で補って、お勉強がますます楽しくなりました。 読み聞かせコースや表現(工作)コースも惹かれたけど、妻が保育士でそこら辺の知識が完璧だったので・・・(追記:読み聞かせは2ヶ月だけやりました).

次の

こどもちゃれんじサイエンスプラスを受講した口コミと感想【体験談】ちょっと高いけど

こどもちゃれんじ サイエンス プラス

「こどもちゃれんじプラス」とは? 「こどもちゃれんじ」は知らない人がいないほど超有名な通信教育ですが、実はオプション教材も用意されています。 開講されているのは「知育プラス、リズムダンスプラス、読み聞かせプラス、サイエンスプラス…」などの講座。 学年別に用意されています。 それぞれの分野に特化した教材が一号あたり535円〜1644円程度で受講出来ます。 お値段については「こどもちゃれんじを受講中かどうか?」や「受講月数」、「受講コース」によってまちまちなのでホームページで確認下さい。 リケジョの血が騒ぐ!年長さんのサイエンスプラスでは「試験管」を使います。 「こどもちゃれんじじゃんぷサイエンスプラス」、 4月号のテーマは「まぜたらどうなる」。 ざっくりいうと「水溶液には酸性とかアルカリ性とか、そういう性質があるんだよー」というのを体感させる感じ。 実験材料として届くのは以下の8点。 その他にも、「実験ガイド」と「実験シート」もついてきました。 園児向けの実験なので、もちろん「酸性、アルカリ性」を難しく学ぶものではありません。 どちらかといえば、 「水の色が変わる化学マジック」を子供に見せるといった類の実験です。 しかし、実験ガイドは充実しており、「〇〇するとどうなると思う?」等、 予想を立てる展開もしっかり用意されていて、進めやすいです。 「予想をたてて実際にやってみて確かめる」というのは身に着けておきたい習慣の1つかなーと思うので、その点でも「こどもちゃれんじサイエンスプラス」は良いなと思います。 …とここまでは親目線の感想。 実際、年長女子のわが子がどうだったかと言うと 「実験自体はワ~と歓声を上げるほど楽しそうだったけれど、何をするか理解するには動画がないと厳しい」です。 親の私からすれば「サイエンスプラスの実験ガイド」は、写真も沢山で、考えるべきポイントも丁寧に誘導されていてちょっと親切すぎるほどだと思うのですが…。 そんな実験ガイドを読み進めていったときの娘の反応は、 「(何するか)わからなーい」でした。 正直、「こんなに丁寧なのにわからないの!?」と思ったりもしましたが、そこはさすがのベネッセ。 ホームページには「実験ムービー」の動画が用意されています。 しまじろうとがおがおさんが解説してくれる動画なのですが、娘はこれを一部分見ることで「(何をするか)わかった」となっていました。 百聞は一見にしかず…動画ってすごい。 振り返ってみれば、私も子供のころは実験前から何をするか理解していたと言うことは全くなくて、実験を進める中で(あるいは全部終わってから)「なるほど、今の実験はこれを確かめるためだったのか」と理解していたように思います。 実際にやってみる事は大切だなーとつくづく思う。 そんなこんなで、親子二人で実験を進めていったわけですが、水溶液の色が変わった時の娘のリアクションはなかなか良かった。 目をキラキラさせて「おぉー!」と叫んでいました。 そんな反応に私も大満足。 一応お勉強のつもりなんだけれど、 遊びとしても十分楽しいレベルです。 とっても充実した時間を過ごすことができました。 ちなみにこどもちゃれんじはオプション講座単品でも受講出来ます ちなみに「こどもちゃれんじサイエンスプラス」はこどもちゃれんじを受講中でなくても、単体で受講できます。 例えば「こどもちゃれんじ4月号とオプションのサイエンスプラスを申し込んで、こどもしゃれんじだけ解約する」という事も可能。 こどもちゃれんじの最低受講月数には要注意ですが。 途中でこどもちゃれんじ本体を解約すると、その後サイエンスプラスの料金は通常価格の1644円になるので、差額請求されます。 こちらの場合はWEBから申し込み出来ます。 (私はこの方法で申し込み、「こどもちゃれんじ」本体は一旦退会して、お休み中です) こどもちゃれんじ本体は全く受講せずに「サイエンスプラスのみの受講」も可能ですがこの場合は電話での申し込みになる気がします。 気になる方は是非! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 awdrf.

次の