三浦 春 馬 ドラマ 最終 回。 【TWOWEEKS】ネタバレ!最終回の結末は三浦春馬が娘との約束に感動

ドラマ『TWO WEEKS』第9話のネタバレ・感想・考察!第10話(最終回)のあらすじ予告も!【ツイッター まとめ】|ドラマニア倶楽部

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

カンテレ、フジテレビ 三浦春馬主演「TWO WEEKS」最終回・第10話は、結城(三浦春馬)が柴崎の手から娘・はな(稲垣来泉)とすみれ(比嘉愛未)を助け、はなのドナーとしてはなの命を救った!最終回の視聴率は関東地区7. 7%、関西地区12. 17日に放送された最終回・第10話は、悪の権化とかしたような柴崎(高嶋政伸)がどこまでも結城(三浦春馬)とはな(稲垣来泉)を追い詰め、結城たちは何度も何度も聞きに落ちたが、最後の最後でなんとか逃げ切った。 そして、傷ついた身体ながら娘・はなのために骨髄移植を実施し、はなの健康を取り戻すことができた。 そして第2話から謎の男として柴崎の意のままに結城を苦しめる役として登場していた灰谷(磯村勇斗)は、柴崎の息子であることがわかった。 冷たい柴崎に使われるだけの存在だった灰谷だが、最後にはなと結城を逃がしてくれた。 視聴率は、初回から関東地区では8. しかし、ドラマを制作したカンテレが本拠地を置く関西地区では、初回9. 4%、以降10. 2%、8. 9%、10. 1%、8. 4%、10. 0%、9. 2%、9. 7%、10. 5%と推移し、最終回は番組最高の12. 3%で有終の美を飾った。 (数字はビデオリサーチ社調べ) 主演の三浦春馬は、初の父親役に挑み、「大きな達成感に包まれています。 一番は、娘というかけがえのない存在のために成長していく一人の男を演じられたことがとても財産になったと思いますし、今まで出会ったことのない感情に出会い、自分の芝居の可能性をこの作品によって広げてもらった」と感想を述べている。 オールアップ時には反撃編から結城を助け共に戦った芳根京子が花束を渡し、娘役の稲垣来泉がかけよると三浦春馬は稲垣来泉を愛おしそうに抱き上げた。 稲垣来泉は三浦春馬の本当の子供ができるまで娘でいたいといい、三浦の眦(まなじり)をさらに下げさせていた。 特典映像としてドラマの舞台裏に迫った貴重なメイキング映像をはじめ、ポスター撮影風景なども収録予定となっている。 公式サイトより9月24日(火)18時までに応募のこと。 韓国ドラマ版は9月現在、ネットで視聴できるAbemaTVとむりょうBS局のBS12などで好評放送中だ。 では、原作版各話のあらすじと見どころ、メイキング映像やコメント、配信、放送諜報などまとめて紹介している。 結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。 しかし当然、結城には大切な2人の命を天秤にかけることなどできない。 答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。 するとそこへ、有馬(三浦貴大)から連絡があり「おまえははなのところへ行け」と言われる。 その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。 病院から連れ刺させたはなは恐怖もあって顔色を悪くさせ、柴崎にとらえられていた。 そこには柴崎の手下の灰谷(磯村勇斗)がいた。 「おまえが一番苦しむ方法で殺す」という言葉の通りに柴崎は結城の前で灰谷にはなを殺すようにいう。 しかし、灰谷は子供を殺すことはできないと拒否する。 怒る柴崎に向って灰谷は、自分のことを子供だと思ったことは一度でもあるのかと聞くと、柴崎は冷たく「ない」と答え、灰谷の腹をナイフで刺した。 そして柴崎は魔の手をはなにむけようとするが、灰谷が傷ついた身体で柴崎を押さえつけた。 その隙に結城とはなは逃げ出す。 そのころ、ホテルに隠れている早穂子(黒木瞳)の元へ楓(芳根京子)が訪ねて行った。 事前に柴崎の秘書から動画を入手していた楓はその動画を見せ、早穂子に真実を話すようにせまる。 早穂子は息子のために法案を通したいという。 そんな早穂子に楓は、息子さんはすでに1年前に死んでいるという真実を告げる。 早穂子も知ってはいたが、そう考えると生きていけないと思っていたのだ。 そしてはなを連れて逃げていた結城は小学校に逃げ込み、はなをベッドに寝かしていた。 執拗に追いかける柴崎がやってきた。 追う柴崎と逃げる結城の間で死闘が繰り広げられ、最後、柴崎の脚にナイフがつきささって打ち合わせ動けなくなり、結城が助かったところに有馬たちが駆け付けた。 柴崎は逮捕され、結城とはなは病院に戻った。 結城は感染症などにはかかっていないもののケガをして出血も多いため、本来は移植手術の時期をずらす必要があった。 しかし、はなの容体がよくないことから、結城は予定通りの移植を頼み込んだ。 そして、はなに結城の骨髄が移植されているころ、楓が8年前の事件の再審請求が通りそうだと結城に話してくれ、今後は前を向いて歩こうといった。 そして、検事をやめることも考えていた楓だったが、今後も検事の仕事を全うすると誓っていた。 有馬はすみれ(比嘉愛未)に、自分は身を引くと告げる。 すみれとはなが心から望んでいるのは有馬ではなく結城であることを知ったため、自分から身を引いたのだった。 そして、結城は、すみれに「はなが誇れる父親になって戻ってくる」という。 はなにもそのことを告げ、新しいスタートを切ることとしたのだった。 新火9ドラマ「TWO WEEKS」は、フジテレビ毎週火曜夜9時より放送。 主演:三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉、高嶋政伸、黒木瞳ほか。 PR動画は番組公式サイトで視聴できる。

次の

三浦春馬

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

もくじ• ドラマ「TWO WEEKS」のあらすじとネタバレ 「三浦春馬」が夏ドラマで主演、フジ得意の韓流ドラマ・リメイクで父親役? — 今日のエンタメニュース Yo80xW3GcM9xuHO 三浦春馬に娘がいた! 主人公の結城大地(三浦春馬)は、前科があって、日陰でひっそり暮らしていました。 ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)が訪ねてきて、血液検査をしてほしいと言います。 2人は8年前、大学生の時に付き合っていて、すみれは、結城大地(三浦春馬)にフラれた後に妊娠が発覚、出産して、 シングルマザーになっていました。 娘のはな(稲垣来泉)が急性白血病になったことで、父親である結城大地(三浦春馬)に血液検査をしてもらって、骨髄が合えばドナーになって欲しかったのです。 病院でドナー検査をした帰りに娘に会うと、急に父性が沸き上がって、愛しく思えました。 2人の骨髄が合って、2週間後に手術をすることに決まりました。 必ず、娘のために2週間後に手術をすることを約束しますが・・・。 逃亡生活始まる そんな時に、元暴力団で今は実業家の会長、柴崎要(高嶋政伸)の愛人の柏木愛役(立花恵理 )が殺される事件が起きて、結城大地(三浦春馬)が容疑者として指名手配されます。 結城大地(三浦春馬)には、前科があって、前にも会長に濡れ衣を着せられて、逮捕されていました。 結局、結城大地(三浦春馬)は、逮捕されてしまいますが、 2週間後の娘の手術があるので、捕まるわけにはいきません! 護送中に交通事故が起きて、脱走してからの逃亡生活が始まります。 青柳すみれ(比嘉愛未)の今の恋人は有馬海忠 刑事(三浦貴大)で、すみれの娘のはなの父親が結城大地(三浦春馬)と知って葛藤しながら追います。 また、会長の養子で殺し屋の灰谷(磯村勇斗)謎の男も追います。 会長の秘書の間宮裕(久保田悠来)も怪しい! 月島楓(芳根京子)検事は、会長と国会議員の癒着を独自に調べていて、結城大地(三浦春馬)の冤罪を知って、味方になってくれます。 そして、結城大地(三浦春馬)と握手したところを写真に収めて、いざとなったら、「逃走犯と手を組む国会議員」と公表する準備をします! また、 刑事の中にスパイがいたことで、今まで青柳すみれ(比嘉愛未)や結城大地(三浦春馬)が行くところの情報が漏れていたことに気付いて、それを利用しました。 スパイの刑事が会長に嘘の手術の日を伝えます。 しかも、父親だとわかり・・・ナイフを落としました。 柴崎会長(高嶋政伸)は、結城大地(三浦春馬)を殺そうとしますが、 ベッドに寝ていたのは人形でした。 逃げる会長を捕まえて、倉庫に縛り付け、警察が会長を捕まえようとした瞬間、倉庫が爆発します。 え~っ!結城大地(三浦春馬)が犯人になっちゃう? いいえ、会長はライターの火で縄を燃やそうとして、火が薬品に引火して爆発しました。 手術は無事に成功 後日、娘のはなの骨髄移植手術は、無事に成功して、結城大地(三浦春馬)の過去2回の傷害事件の再審の裁判が始まります。 結城大地(三浦春馬)の冤罪が認められて、親子で暮らすのでしょうか。 しかし、すみれ(比嘉愛未)には、有馬刑事(三浦貴大)がいますから、どうなるの? 娘と約束の結末 青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城(三浦春馬)と有馬(三浦貴大)どちらも選ばずに、娘と2人で暮らします。 結城大地(三浦春馬)は、「娘の8年間の内の2週間だけが父親だった。 父親らしくなって戻って来る」と言って立ち去ります。 父親らしさって何?そばにいたり、いざとなった時に力を貸してくれるのが父親じゃないの? 最後には、娘が「パパ」と呼ぶ声に振り返る結城大地(三浦春馬)の姿で終わります。 何年後に戻ってきた姿でしょうか? 10月からのこの時間は、ドラマ「まだ結婚できない男」で、続編で13年後も結婚できてない男を阿部寛さんが演じます。 ドラマ・がおもしろそう!.

次の

TWO WEEKS■最終回10話ネタバレ感想!~動画を無料で見る方法~最後の逃亡ははなと一緒に?柴崎から救い出せるか~|ドラマ情報サイトのドラマイル

三浦 春 馬 ドラマ 最終 回

柴崎の手下に尾行されていると気付いていた楓は、信頼を置いていた検察事務官の角田智一(近藤公園)に指示に従うように結城に伝えました。 そしてめちゃくちゃキレイ。 ずっとそれで逃げてたらいーのにww 待って、女装似合いすぎますよね。 さすがですよね、女より美しい三浦春馬。 後ろ姿も正面もきれいだったけど? すぐに投げ捨てたね^^ 角田さんが用意したのね! 引用:Twitter 女装姿の結城を見た楓は「えーーーっ!!!」って顔をしていましたね^^ その直後、結城は 「好きでこんなことをしている訳じゃない!」と言いながら、かつらを投げ捨てていました。 結城( 三浦春馬)がようやく手に入れたデジカメには、 柴崎( 高嶋政伸)と 早穂子( 黒木瞳)が密談する様子が映っていた。 母親のように慕う早穂子の裏の顔を知った 楓( 芳根京子)は衝撃のあまり言葉を失い、放心状態に。 すると次の瞬間、灰谷( 磯村勇斗)が2人に襲いかかり、デジカメは柴崎の手に渡ってしまう。 すみれ( 比嘉愛未)から、結城が8年前と今回の事件で何者かに無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた 有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることに少なからずショックを受けるが、それでも、手術を控える はな( 稲垣来泉)のために結城を死なせるわけにはいかないと、8年前の事件の捜査資料を読み、やがて楓が当時の事件関係者だったことに気付く。 そんななか、はなが入院している病院では、ある騒ぎが起きる。 何者かが結城の友達を名乗り、はなの病室に侵入したのだ。 男が結城のことを探っていたと聞き、ピンときた有馬が担当看護師に確認すると、侵入者は柴崎だと判明。 薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は、すぐさま柴崎のオフィスへ。 しかし反対に、はなが確実に移植手術を受けられるよう、ある取引を持ちかけられる。 一方、デジカメを奪われ、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、突然、楓に出頭すると告げる。 しかし、そこにはある思惑があり……。 ktv. html 『TWO WEEKS』第7話では、デジカメの内容を結城(三浦春馬)と月島楓(芳根京子)が確認しているところに、再び謎の男・灰原(磯村優斗)が現れて、 灰原にデジカメを奪われてしまいました。 デジカメには 柴崎(高嶋政伸)と久我(黒木瞳)の密会現場 が記録されていて、それが公表されれば柴崎と久我に大きな痛手となるとともに、結城の無実を証明するものでした。 一方、 デジカメを奪われた結城は最後の手段として警察に出頭すると楓に告げます。 結城が現れるとの情報を掴んだ有馬は柴崎にその情報を流しますが、それは柴崎に嘘の情報を流して 灰原をおびき寄せるための結城の策略だったのです。 出頭当日、結城はバイクに乗って楓のもとに現れますが、灰原が物陰から結城を銃で狙っていました。 灰原の打った弾は結城の心臓を打ち抜き、命が奪われたかに見えましたが、数秒後、結城は目を覚まします。 結城は、灰原から狙われることを予想して防弾チョッキを着用していたのでした。 バイクと防弾チョッキを用意したのはなんと、柴崎に情報を流した有馬だったのです! 有馬は柴崎に取り込まれたふりをして、逆に柴崎を追い詰めようとしていたのです。 灰原が立ち去ろうとしたところに有馬が現れ、有馬と灰原のアクションシーンになりますが、最後には有馬が灰原を現行犯逮捕したのでした。

次の