フリーター 漫画。 フリーター・無職やニートの漫画まとめ!フリーターの末路を疑似体験してみよう

ペイント漫画保管庫

フリーター 漫画

フリーターとは、アルバイトで生計を立てる人というイメージがありますが、以下の様な定義があります。 ・年齢15~34歳 ・男性は卒業者 ・女性は卒業者活未婚者 ・通学をしていない ・家事をしていない ・雇用形態が「パート」あるいは「アルバイト」 ・現在失業中で、探している仕事の種類が「パート」あるいは「アルバイト」 男性の場合、既婚者でも雇用形態が「パート」あるいは「アルバイト」の場合、定義としてはフリーターになります。 一方、女性は結婚していれば、雇用形態が「パート」あるいは「アルバイト」でも、家事育児を担っていると想定されるため、フリーターにはカウントされません。 また、現在失業中でも、真剣に職探しをしていれば、フリーターに属します。 ただし、雇用形態が「パート」あるいは「アルバイト」に限定されている場合です。 これらの定義から、「フリーターとは自ら望んでフリーでいる人」という意味があると推測されます。 フリーターでも20代ならば、アルバイトに申し込めば採用されやすく、また正社員の求人も少なくありません。 フリーターでも年齢が若ければ、企業側も「育てて戦力にすることを見込んだ採用」を検討します。 しかし、年齢が上がるにつれて、アルバイトも正社員も、採用されにくくなります。 「即戦力にならないならば、若い方が何かとやりやすい」というのが、採用側の本音です。 そのため、30代になると、フリーター生活は一気に厳しくなります。 アルバイトでも落とされることが増え、正社員になろうとしても、「なぜずっとフリーターなのか?」という問いに、相手を納得させるような答えは見つかりません。 そして、40代になると、いよいよ状況は厳しくなります。 アルバイトですら、人気がなく時給が安い仕事じゃないと、採用され辛くなるのです。 40代になると、今まで続けていたアルバイトの職を変えるフリーターが増えます。 同じ職場には、どんどん若い人材が入ってくるからです。 彼らにとって、40代は完全におっさんです。 決して仕事の能力が落ちたわけではないのに、若い彼らは傲慢で、「使えないおっさん」と、40代フリーターを馬鹿にします。 その扱いに耐え切れず、アルバイトを辞めてしまうのです。 しかし、これで次のアルバイト先が見つかるなら、まだラッキーな方です。 40代になるとアルバイトの採用率も下がり、長く続けた職場よりも条件が悪い求人ばかりになります。 その現実が受け入れられないと、とうとうフリーターから無職となってしまいます。 そして、何も残らない自分の人生を振り返り、虚しさに浸るのです。 結婚すれば人生ゴールインではありません。 女性フリーターは、結婚後専業主婦、もしくはアルバイトをしながら主婦業をこなします。 正社員歴がない女性が、結婚してから正社員になるのは非常にレアケースです。 もちろん、家庭円満ならそれで問題ないのですが、今は3組に1組の夫婦が離婚する時代です。 一旦夫婦に亀裂が走り離婚になると、ここでフリーターしか経験してこなかったツケが回ってきます。 正社員の仕事を探しても、売りとなる職歴がなく、安い時給でのパートしか仕事が見つかりません。 そして、母子家庭になり貧困に陥ります。 場合によっては経済力がなく親権を夫に奪われることもあるのです。 「夫」という収入減を失った、元女性フリーターは、こうして路頭に迷います。 フリーターでもバリバリ働けば、今の生活には困らないかもしれません。 場合によっては、正社員の友人よりも、年収が上回るケースもあります。 しかし、それは現時点での話であって、ずっとこの状況が続くとは限りません。 フリーターと正社員では、生涯平均年収と給料に大きな格差があるのです。 例えば、今あなたの時給が1,200円として、1日8時間、月20日間働いたとします。 すると、月収は192,000円です。 「いやいや、正社員だって残業しているんだから、アルバイトもかけもちすればもっと収入が増やせる」と思いますよね。 では、更に夜間毎日3時間、月20日働くことにしましょう。 深夜は時給が高めなので、1,500円に設定します。 すると、深夜のアルバイトだけで90,000万円で、月収は282,000円となります。 年収にすると、3,384,000円です。 おお!かなり稼いでいますね。 しかし、喜ぶのは早いです。 国税庁が行っている民間給与実態統計調査によると、平成28年の給与所得者の平均年収は、正規採用(正社員)が487万円となっています。 月給に換算すると、単純計算で約40万円です。 しかも、正社員は手厚い福利厚生が受けられます。 状況によっては住宅手当や日当もでます。 これだけ見ても、いかにフリーターが不利な働き方なのかがわかります。 正社員と比較すると、フリーターの年収は低く、生涯賃金に換算すると、かなり大きな差が出るのです。 自由な働き方の代償は、決して小さくありません。

次の

夢があります。フリーター?正社員?

フリーター 漫画

5秒でわかる!この記事の概要• 今すぐ動き出さないとこうなる「ニートの末路」 ニートの実話 絶望的な末路 ニートをしていると社会やまわりの友人たちと少しづつズレていき話がかみ合わなくなり、だんだん壁ができ疎遠になりがちですよね。 ニート経験者なら確実に身に覚えがあるはずです。 20代のうちは会社員として働き始めた友人たちと遊ぶこともあるでしょうし、アルバイトや派遣も簡単に見つかるので楽観的に考えがちです。 ただ、 30歳を超えると否応なしに正社員との格差を実感することになります。 正社員でも20代の給料はあまりバイトや派遣と変わりません。 しかし、 30歳を超え正社員に役職が付くと格差は一気に広がります。 月々の収入やボーナスだけでなく福利厚生まであるので、比べるのもむなしくなってきます。 もちろん、 格差に気づいてから就職活動しても同じ条件で働くことはまず不可能です。 何もかも手遅れなことに気づき、正社員という恵まれた環境にいる友人たちを逆恨みすることもでてくるでしょう。 徐々に交友関係・金銭面で余裕がなくなり引きこもりがちになっていきます。 そうでなくとも、友人たちも結婚し家庭を持つことで疎遠になっていきますし、金銭的に格差があるので同じ趣味やちょっと豪華な食事を共にすることも難しくなるでしょう。 こうして 友人のいない高齢ニートが出来上がりです。 また、両親生きている間はなんとか生活できますが、亡くなった瞬間から一気に現実が襲い掛かります。 葬儀のやり方から始まり、相続の手続き、固定資産税等の税金の支払いや各種保険の手続き等の それまで逃げ続けてきたものに押しつぶされます。 相談できる相手もいないからといって放置すれば実家を差し押さえられることもあるでしょう。 そうなればあとはホームレスになるしかありません。 高齢ではアルバイトも簡単に見つかりませんし、賃貸物件は無職やフリーターでは保証人なしで契約できないようになっています。 気づいたと思いますが、 この話の分かれ道は20代のうちに正社員として働き始めるかどうかです。 20代でも「社会から離れてきたな…」と感じたら 危険信号! 2chで有名なニートの末路についての考察 俺思うんだよ ネットにはニートが溢れかえってるけどその末路について語ってる人は非常に少ない 実際問題ニートの末路がどのようなものであろうとおそらくネットなんて使えなくなるだろう ニートの末路を実際に味わった者がお前らに警鐘をならそうにも手段は失われてる だからネットにはまだ余裕のあるニートが溢れかえって 「他にもいるしまだ大丈夫だろう」という意識に囚われるのかもしれない 実際にはネット世界のニートは野良猫のように2. 3年で入れ替わって多くが悲惨な末路を送ってるんじゃないか… そんな気がしてならない これは有名な2chのコピペです。 ただ、かなり的を得ている内容ですね。 現状では生活ができていても、それは 「泥船がまだ沈み切っていないだけ」です。 助け船がまわりにあるうちに泥船から抜け出さなければいけません。 「ニートの末路がどのようなものになるか」はあなたも薄々感じてはいますよね。 ・土地,家,車などの資産がない ・援助してくれる身内(家族・親族)がいない ・病気などの理由があって働けない ・世帯収入が最低生活費 生活保護を 申請するだけで上記の要件を満たす必要がありますし、生活保護に認めれられるにはさらに 「困窮の証明」が必要ですがこれには決まった書式などがありません。 親族が亡くなったニートが生きていくためには 生活保護か 働くかしかありませんが、ニートを続けるとなるとホームレスになってさまよう他ありません。 しかも、高齢ニートになってしまうと働こうとしても低賃金で人気のない仕事しかありません。 20代のうちならニートでもある程度仕事は選べるので、できるだけ早く行動することが大切です。 20代ならニート・引きこもり・職歴なしでも就職 社会復帰 は可能 ニートが就職したいなら絶対20代のうちに動きだせ! ニートからの脱出・社会復帰は20代のうちなら意外と問題なくできます。 しかも、バイトや派遣ではなく正社員として就職できることが多いです。 もちろん無策で面接に突撃しても上手くいきませんが、 「若さ」というアドバンテージがあるので成功する可能性は大いにあります。 20代の若さがある人材が採用されやすい理由は 「定年までたっぷりと時間があるから」です。 更にいまは人材不足の企業が非常に多く、元ニートでも気持ちを入れ替えて働いてくれるなら歓迎するという考えの企業もたくさんあります。 正社員就職を考えるなら非常に恵まれている時期ですね。 ただ、 ラストチャンスであることも事実です。 20代のうちは正社員として働いている同級生とあまり差はつきません。 ただ、30代でその差がはっきりとわかり、焦り始めたころにはもう遅いのです… 「どうせ自分じゃ…」と考える前に1度行動してみよう 30代以上のニートには厳しい就職事情 ただ、30代になってしまうとニート脱出の難易度は一気に跳ね上がります。 なぜなら 企業側の「若い」の定義が「30歳未満」だからです。 29歳ニートと30歳ニートに大きな差なんてあるハズがないのですが、書類の通過率が全然違います。 また企業が30歳以上を採用するのに消極的な理由として 「年収を高めに設定する必要がある」ことがあげられます。 すべての企業に当てはまることではありませんが、 「年齢給」を採用している企業は採用したのが未経験者だったとしても、歳をとっているという理由だけで高い年収を払わなくてはなりません。 年齢給とは支給額が年齢ごとに設定された給与のことです。 支給額も20代後半から上昇率が高くなり、40代半ばでピークとなって以降は横ばいとし、50代後半で下降する設計が主流です。 年齢給は従業員にとっては安定した賃金ですが、企業側としては中高年の採用がしにくい要因になっています。 いきなり高年収を求めず、まず正社員として就職したいだけだったとしてもこのような理由で落とされてしまうのです。 ニート・フリーターを続けた男の体験談 2chより ニート生活に終止符を打ちようやく見つけた仕事は、大型スーパーの園芸コーナーで時給850円のバイトだった 土や鉢などの荷物を運ぶ肉体作業がほとんどだが、コミュ力ゼロで人見知りの激しい俺には適した仕事だった ある日一組の家族連れが車で買い物にきた。 そのファミリーの父親は俺の中学時代の同級生だった 勉強もスポーツも出来ない暗いダメ男で、クラスで下の地位だった俺でも馬鹿にできる数少ない奴だった その最底辺だった奴が地味だが優しそうな奥さんと5歳くらいの女の子を連れていた なんでもマンションのベランダでガーデニングをしているらしい 「次は何植えよっか?」「チューリップ!」「パパは枝豆がいいなあ」「ダメ!」と楽しそうに話していた 俺は店長に「頭痛と吐き気がするのでちょっと休ませて下さい」と休憩をもらった でも、それは仮病じゃなかった。 本当に気持ち悪くなりトイレで少し吐いた 30歳を超えると結婚している同級生も増えていることでしょう。 もし家庭を持つ同級生とばったりと出くわした時にニートやフリーターだったら堂々と会話できますか? 「結婚できるけどしていない」と強がるのもむなしい話ですよね。 この話は他人事だと思えない… 20代のニートがホワイト企業で正社員に就職するための5つのポイント 「資格を取ってから就職」は絶対NG ニートやフリーターの期間が長いと「正社員になるにはすごい能力が必要」だと思い込んでいる人がいますが、 実際に正社員で働いている人と話してみると、能力はそれほど変わらない人が大半なことに気づくでしょう。 ニートの就職活動で絶対にやってはいけないのが 「資格の勉強で時間を浪費」することです。 もちろん資格は持っていたほうが役に立ちますが、実務経験を持っている人に到底及びません。 ニートにおすすめの資格として 「宅建」「簿記2級」「社労士」等をよく見かけますが、 実際の就活市場では 実務経験がなければ内定を貰えるようなアドバンテージにはなりません。 それどころか、勉強に時間をかけて落ちてしまった場合は「若さの浪費」になってしまいます。 ニートの就活に「資格」は必要ありません。 「若さ」だけで十分です。 20代ニートは「若さ」と「長く働きたいという意思」の2つをアピールしよう 少子高齢化と好景気による採用活動の活発化により、どこの企業も人材難で困っています。 だからこそ、 20代という若さと 長く働きたいという意思は 非常に強いアピールポイントになります。 企業はゴーイングコンサーン 継続企業の前提 のもとに活動を行っているので、採用活動をまったくせず定年退職によりいつかは社員が0になってしまうという事態を避けようとします。 そのためできるだけ 若い人材に長く働いて欲しいというのが企業側の本音です。 企業側の心理をついたアピールをしていきましょう。 アルバイトや派遣で妥協せず正社員を目指そう 「いきなり正社員はハードル高いからまずはバイトや派遣から始めよう…」 この考え方をしている人は非常に危険です。 前述した通り、最大の武器は「若さ」です。 アルバイトや派遣は職歴になりません。 正社員就職の選考においてはただの「空白期間」になってしまいます。 「バイトから正社員登用を目指している」という人もいますが、 これは非常に少ない事例です。 なぜなら、 バイトにやらせている仕事は正社員にやらせるつもりがない簡単な仕事です。 その簡単な仕事をいくら頑張っても、違った種類の仕事をしている正社員に昇格させようか?とはならないですよね。 正社員の仕事ができそうな人材を別に探します。 バイト先が20代が多くなってきて居づらくなってくる バイトから正社員登用を密かに期待していたのに、店長から「そろそろどこかに就職しないの?」と言われショックを受け退職する 重い腰をあげて正社員を目指して就職活動するが、「10年間職歴無し」とみなされどこも受からない 友人たちは次々と役職に付き、結婚したりマンション買ったりしはじめる。 20代なら妥協せずに正社員求人だけ受けよう! ニートを採用するつもりのない企業を受けない ニートが就職活動をしていると 「正社員就職なんて絶対無理!」と感じることが必ずあります。 そのパターンの多くは 受ける企業を間違えています。 求人を出している企業の中では履歴書に空白期間があったり、病気を患っている人材を絶対採用しない先もあります。 そのような企業にいくら応募しても空白期間があるニートが内定をもらえるわけがありません。 ただ、このパターンのやっかいなところは 「経歴に空白期間がある人材は不可」といったことが「求人情報に載っていない」ことです。 採用される見込みのない人材について載せてくれれば良いのに、そのことについては一切触れられていないことが大半です。 つまり、ニートの就活で最も難しいのは 「空白期間を気にしない企業を見つけること」になります。 ちなみに、 一度空白期間を挟むと「高学歴ニート」「大学中退ニート」「高卒ニート」の評価は ほぼ一緒になります。 新卒カードが使えなきゃ学歴はほぼ無意味になってしまうのです。 これまでニートをしていた理由を説明できるようにする 20代なら空白期間があるニートでも採用する企業は多くありますが まず間違いなく「ニートをしていた理由」を聞いてきます。 空白期間を咎めたいわけではなく 採用するつもりがある企業という前提 、「働けなかった理由があるのか?」「めんどくさくてニートをしていたならどう上手く説明するか?」などの 受け答えを確認したいのです。 ・難易度の高い資格 司法書士、税理士など の勉強をしていた ・親の介護が必要で働けなかった 上記のような理由がはっきりしているのなら堂々と伝えるだけで良いのですが、 「なんとなくやる気が起きなかった」など面接で伝えられる理由がない場合は就職エージェントに相談しましょう。 就職しなかった理由が「人と話すのが怖かったから」「パチンコにはまったから」という人もいます。 就職エージェントなら あなたのこれまでの人生を踏まえて一緒に理由を考えてくれます。 面接で全くのウソをつくと理由を掘り下げられたと時に答えられず落ちることになりますし、入社後もウソをついたことをずっと気にしながら働くことになってしまいますよ。 ニートの就職に転職エージェントが必須な理由 履歴書に空白期間があるニートにこそ転職エージェント ニートやフリーターの就活における最大の難所「履歴書」。 正社員の職歴以外は経歴にならないという日本の通例のおかげで、ニートやフリーターは空白期間がいっぱいで中身がスカスカの履歴書しか作ることができません。 空白期間を気にしない企業に応募するなら良いですが、そうでない企業ならまず書類選考に通りませんし、通ったとしても空白期間について執拗に質問責めをされます。 ここで大切なのは ・エリート層向け「」 ・一般的な大卒向け「リクルートキャリア」「」 ・ニート,フリーター向け「」「」 というように エージェントもターゲットを絞ってサービスを展開しています。 そのため、ニートが 「」を利用しても門前払いされますし、逆にエリートが「就職Shop」を利用しても門前払いされます。 ニートならニート・フリーター向けの 「」「」を使いましょう。 たまに、ニート・フリーター向けのエージェントとしてリクルートやDODAを紹介しているサイトを見かけますが、 それは就職活動のことを全然理解していない人が作ったサイトです。 エージェントはあなたに合った空白期間の説明の方法を一緒に考えてくれます。 また、そもそも履歴書なしで面談できることを売りにしているエージェントもあります。 そういったエージェントはあなたとの面談を通じて履歴書 のようなもの を作成してくれており、あなたにかわり面談予定の企業に提出してくれています。 ちなみに、すべての 転職エージェントは 完全無料で利用できるのでガンガン使い倒しましょう。 転職エージェントを無料で利用できる理由 転職エージェントの利用は完全無料です。 ただ、エージェントもボランティアでこのようなサービスをしているわけではありません。 利用者からは料金をもらわない代わりに、企業から成功報酬形式で利用料をもらっています。 だから利用者は無料で利用できるのです。 エージェント側もちゃんと利用者と企業をつなぐことで報酬をもらっていますので、無料で使えるからといって必要以上にペコペコする必要はありません。 また、質の悪いエージェントだと 「成果報酬を得るために無理やり就職させようとする」こともあります。 ブラック企業に無理やり就職させられたらたまったものじゃありませんよね。 エージェントの言いなりにならず、自分の判断基準をもって求人情報を吟味するべきです。 それを一緒に考えてくれるのがエージェントです! また、一緒に考えてくれるだけじゃなく、実際に面接形式で練習もしてくれます。 さらに、 応募する企業が何を聞いてくるのか教えてくれる場合もあるので、 面接の練習どころか面接のカンニングができることもあります。 聞かれる内容に対してどう答えると印象が良いのかもフィードバックしてくれるので、エージェントを使っていない人よりも確実に通過率は高くなります。 書類選考免除もあるので自己PR・履歴書がなくて楽 すべてのエージェントではありませんが、中には 「書類選考」が免除され、いきなり採用面接から始められるエージェントもあります。 理由は「エージェントが代わりに作ってくれている」「エージェントと企業の信頼関係ができている」等いろいろな理由がありますが、 利用者は面接だけに集中できるので非常に助かります。 脱ニートにおすすめの転職エージェント3社 就職Shop 誰でも名前を聞いたことがある 転職業界最大手リクルートが運営するニート・フリーター向けのエージェントが 「」です。 リクルートが運営しているだけあり、ニート・フリーター層向けのエージェントの中では 求人情報の質が1番良いです。 求人情報が営業職に偏りがちなエージェントも多いですが、就職Shopは幅広い種類をそろえています。 しかも 「書類選考なし」で面接まで行けるので、 ニートが就職活動をするなら必ず登録しておきたいエージェントですね。 ただ、 就職Shopは「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」「大阪」「京都」「兵庫」にしかないのがデメリットです。 面接の練習や相談で何回か会いにいく可能性を考えると、できるだけ近場のエージェントを選んでおきたいですよね。 逆に、あなたの近くにの店舗があるなら必ず登録しておきましょう。 ・社会人マナーに自信がない人向けに研修 無料 をしてくれるので基礎レベルを上げられる ・全国各地に窓口がある ・上京希望者に就職活動の間シェアハウスを無料で用意してくれる 等の他エージェントよりも手厚いサービスがあげられます。 1番のポイントは「就職カレッジ」という研修を無料で受けられることです。 以前は営業カレッジという名前でしたが、営業職のみの研修と勘違いされがちだったので名前を就職カレッジに変更したようです。 就職対策~入社後のフォローまでしてくれるので、これまで正社員経験がなく、 マナーが身についていないと感じる人は受講しておきましょう。 また、 は 転職エージェントの店舗が近くになくて困っている人や 上京したい人にもおススメです。 上京希望者には就活期間限定ですがシェアハウスを無料で使わせてくれますし、窓口が全国各地にあるので地方での就活にも使いやすいです。 60秒で登録できます! 選択肢が多いのでやりたいことが決まっていない人におすすめ! を詳しく人は 「」もどうぞ。 20代ニートが正社員就職に成功させた事例 ニートが1年間就活した結果、大手企業に就職できたンゴ — コタツになったひだりめ JV. この辺りから今の景気の流れができたっぽいんだが、私も就職できた。 時代の流れを読むのは大事だなと。 今のうちにできる限り、スキルと人脈、実績を作るに限るよ。 それすら叶わなかった人達が社会に居場所を見つけられず「中年ニート」になっているのを思うと、自分の足場が奈落の上にかけられた薄板一枚程度でしかなかった当時の心許ない感覚を思い出す。 2週間くらいこういう時間まで毎日夜更かししてゴミクズニートしてましたが、明日からはそうもいきません。 普通の時間に起きて仕事して、普通に寝ます。 中には大企業だったり優良企業に上手く就職できた方もいますね。 ただ、やはりニートが優良企業に就職するには 好景気という追い風があってこそです。 オリンピックとアベノミクスの効果で景気が良い今のうちに動いておくべきですよ。 ニートが就職する際に絶対に気をつたい3つのポイント 向いていない・続かない仕事を選ばない 例えばあなたがコミュニケーション能力に自信がないのに営業職を選べばまず続かないでしょう。 もしその職場が年収も高く休みもしっかりとれる、他の人からしたらホワイト企業だったとしてもです。 自分がその職場で問題なく働いているイメージを持てるところが向いている職場です。 働いているイメージを持てる職場に就職しましょう。 ブラック企業か事前に調査 実は ブラック企業の定義は正式に決まっていません。 つまり、 あなたがブラック企業だと感じればブラック企業なのです。 あなたが譲れない「年収」「勤務時間」「休日数」はどのくらいでしょうか? 事前にこれらの条件を確認しておかないと入社してすぐ辞めたくなる可能性もあります。 少しズレている程度なら良いのですが、残業は絶対したくないのに「毎日終電まで残業」ということだってありえます。 面接時に必ず勤務条件を確認しておきましょう。 働きやすい職場を選ぶ 働きやすい職場を選ぶのも気を付けたいポイントです。 風通しが良く上司に報告しやすい 残業が少ない 休暇をしっかりとれる ただ、これらは面接のときに聞いてもわからないことが多いです。 そのため、これらのポイントを確認するためには入社前に職場を見せてもらいましょう。 面接前にメールで 「可能なら職場を見せて欲しい」と連絡しておけば見せてくれる企業もあります。 職場が整理整頓されていなかったり、働いている人の表情が暗く、私語がいっさいないような職場だと 働きにくい職場の可能性が高いですね。 できれば定時内と定時後で2回見られるとなお良いです。 雰囲気が違ったり、そもそも定時後には人がいなかったりと色々見えてくるものがありますからね。 ニートができるだけ早く就職しなきゃいけない絶対的な理由 就職市場は非常に景気に左右されやすい市場です。 リーマンショック後の就職難は記憶に新しいはずです。 特に氷河期世代 40代くらい の就活は悲惨でした。 本人の能力とは関係なく、40代になった現在でもフリーターや派遣社員としてしか働けない人も大勢います。 景気が良いうちに職歴をつけておこう! 氷河期世代が現在でも正社員として就職できないのは「職歴」がないからです。 氷河期世代は若さが武器になる20代のうちに正社員としての経歴をつけられませんでした。 そのため、 若さがなくなった30代以降にアピールできる武器がなく、景気が回復しても正社員になれなかったのです。 20代では求人自体がなかったのに、30代では職歴がなかったから就職できなかった悲惨な世代です。 ここからわかることは、 20代で職歴を付けることが 残りの人生を左右するということです。 幸い現在は景気も良く就職・転職市場も活発です。 しかし、 いまリーマンショックのようなことが起きて一気に不景気に突入したらどうでしょうか。 氷河期世代と同じ末路になりかねませんよね。 ニートの就職活動はさっさと行動するのがキモ エージェントに面談に行き 「現状に危機感を持っている」ことを伝えるだけでとんとん拍子で正社員への道は開けます。 ニートやフリーターを相手にしている エージェントの悩みの種は「利用者の危機感の欠如」です。 まじめに就職するつもりのないニートを企業に紹介すれば、企業からの評判が落ちますし時間のムダです。 そして、就職の意思もなく面談にいくニート・フリーターは意外と多いです。 まず 面談に行き就職するためにすぐに行動する意思があることをアピールしましょう。 それだけで他のニート・フリーターを出し抜くことができますよ。

次の

フリーターの暮らしぶりが分かるブログ7選

フリーター 漫画

私には『漫画家』という夢があります。 漫画イラスト関係の専門学校に通っていて、3月に卒業です。 正社員になってお金を貯めようと思っていたので、就職活動はしてます。 でも最近になってフリーターで漫画を描いてた方がいいのでは? と考えるようになりました。 企業説明会などにも参加しましたが、この会社で働きたいと思えません。 仮に入社したとして、研修期間がありますよね? 新しい仕事を覚えるための期間ですし、趣味に費やす時間も限られてくると思います。 正社員の方が福利厚生が、有給が、ボーナスが…なんて事も考えました。 ですが、やっぱり『自由な時間』を優先するならフリーターの方がいいですよね? 今まではお金を貯める事を一番に考えていたのですが、最近ではお金<時間です。 夢がある場合、フリーターと正社員、どちらにどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 食べていける程の漫画家に成れなかったら、どうするんですか? 知り合いに、正社員として働きながら、漫画家をやってる人がいました。 漫画は数ヶ月に一本載せてもらえる程度のお仕事だったようで、やって行けてたみたいです。 漫画家の仕事だけで暮らせる人は、一部の人だと思います。 それに、一生、漫画家を続けられる人も、一部の人だと思います。 「昔、ちょっと売れてた、あの漫画家は、今、どこで描いてるんだろう?」って思うことありませんか? 新しい才能が次々とデビューして来るので、中途半端な才能の漫画家の寿命は、10年も持たないかもしれないですよね。 生き残って行ける自信はあるのでしょうか? 年を取ってから、正社員になるのは難しいですよ。 漫画家として成功しなかったことも考えて、正社員になった方がいいんじゃないでしょうか。 あなたは漫画家になりたい。 漫画を読むのが好きでも、書くほうになりたいという人はそれほど多くない。 でも、あなたは書くほうになりたい、と思ってる。 ということはあなたのどこかに漫画家の才能があるということかも知れない。 まず、各種の漫画コンクールやコンテストがあるよね。 それに応募し、上位入選を絶対にねらうべきだね。 もちろん、何百、何千と応募があるだろう。 その中から1位、2位になるのは容易ではない。 でも、それくらいの競争を勝ち抜かないとプロの漫画家への道はひらけないよね。 仕事だけど、高卒対象の公務員試験を受け、公務員になったらどうかな。 高卒ならそんな忙しいところへいくことはないし、家へ帰ったら漫画書きに専念できるよ。 土日は完全に漫画に没頭できるよ。 駄作をたくさん書くより、「これこそ」という作品に渾身の力をこめ、それに賭けるんだ。 漫画家になる事に関しては、結局自分次第だと思っています。 >就職されるなら、会社にもキチンと貢献しなきゃならないので 漫画家を目指しているのに会社に入る、というのに少し抵抗を感じるのですが… 会社はそんな人いらない!と思わないのでしょうか? それとも公にせず漫画を描けばいいのでしょうか? 学校を卒業して2年間はフリーターをしてもいいと両親に言われています。 とりあえずフリーターになって2年間頑張る! というのも考えてはいるのですが。 確かに年齢制限があるわけじゃないので、いつでも目指せますね(なれるかどうかは別として) >研修期間って…何のこっちゃって感じです 大変なのはむしろ研修期間が終わってからですよ 研修期間に限った事ではないのですが、新しい仕事を覚えるという事で慣れるまで余裕がないのでは?と思いました。 確かに研修が終わったからといって仕事が簡単になるわけじゃないですよね。 すいません。 ご意見ありがとうございました! 研修期間ですか、大したことはないと思いますよ?2週間から3ヶ月位 だと思います。 趣味を仕事にしたい人はフリーターを選ぶ方もいますね。 男性ならまず就職をおすすめします。 わたしもフリーターをしていましたし、今も正社員までは行きませんが フリーターよりもちゃんと早く今の職(でなくとも)についていれば 良かったなと思っています。 正社員の年収も、若い人は特に少ないですけれどやはり安定していると 安心ですよ。 漫画を描きたい、というのはこの際関係なくお話してます。 たしかに漫画を描くには時間が要りますが、 「漫画の為に時間が足りない!もう無理!!」 となってから辞めても遅くはないと思います。 実際集中力は人間30分しか進みませんし、時間がありすぎてだらだら すごすよりは、僅かな時間でも集中して取り組む、その上で目指す、 という方がいいと思います。 それに、仕事をしていてもできますよ。 目まぐるしいお仕事を除いてですが、仕事しつつもネームやストーリーは 考えられますもん。 社会人になるという経験は、あってプラスになるんじゃないでしょうか。 漫画で食べていける人はごく一部でしょうが、生活はしなくてはなり ません。 夢を追うばかりに、親御さんにおんぶにだっこでは自分自身 大人に慣れなりきれないと思います。 なんて、ちょっとえらそうでしたか? 一般論も含めお書きしました。 アシは画力が高くないと出来ないし、 同人関係の会社は忙しくなる時期が重なるのでお勧めできませんね。 がんばって! ご丁寧にメリット・デメリットをあげてください、ありがとうございます! 確かに、時間が足りないと感じてから辞めるのもアリかな?と思いました。 仕事をやりながら漫画を描く、というのも可能だと思います。 >社会人になるという経験は、あってプラスになるんじゃないでしょうか それは私も考えています。 しかし、それはフリーターにも当てはまる事。 フリーターも経験したい、正社員も経験したい、というのは無茶苦茶な考えでしょうか… そうですね、いつまでも家でお世話になってるわけはいきません。 一応、今の学校を卒業したら家にお金をいれるつもりです(就職してもフリーターでも) お金を貯めて1人暮らし、というのも考えています。 偉そうだなんてとんでもないです!貴重なご意見ありがとうございました! 時間のとれる職業(一部の地方公務員など残業がないところ)に就職して、 残る時間はすべて漫画優先というのはどうでしょうか。 昔、銀行員で作詞家だった人もいたように思います。 まあ、これは珍しいからこそ話題になったのでしょうが。 #1さんがいわれているのはもっともなことで、 建築家なども若い頃は著名な建築家のアトリエでごく安い給料で働いた人が多いです。 東大とか早稲田とか有名な大学の建築学科を出てからですよ。 でもまあ、芸術家(私は日本の漫画も芸術のひとつだと思います)で成功できるのはひとにぎりですからね。 それに賭けるかどうかはご本人の考え方次第でしょうね。 フリーターも気楽という面ではいいですが、身分的には不安定です。 次の月には仕事がなくなるかもしれません。 そのときは就職活動を再度することになり面倒です。 給料だけでなく賞与なども正社員とは違います。 この辺も考えてみてはと思います。 はっきり言いますが、あなたの様な心持ちでは、絶対漫画家になれないと思います。 断言してもいいです。 プロを甘く見てませんか?プロですよ?それでお金を稼ぐんですよ! 漫画家としても中途半端、会社員としても中途半端、 どっちつかずで、ただ人生の時間だけ過ぎていく典型ですね。 漫画が好きそうですが、あなたは趣味に留めておくべきです。 あなたの漫画は100%世に出ないでしょうから。 正社員になって、しっかりその会社でプロになって(仕事とはそういう ものです)、趣味に漫画を描いてコミケで売る程度にしたほうが身の 為です。 世の中そんなに甘くありません。 あなたは、漫画に対する想いは誰にも負けないと言うでしょう。 甘いです。 ワールドカップを見てますか?プロってどういうことかわかりますよね? 本当に夢が捨てられないなら、まずはプロの漫画家のアシスタントになることから始めるんじゃないですか?お金とかそんなことどうでもいいじゃないですか!24時間漫画のこと考えて、その業界に近づいていないと、プロなんて無理でしょう。 その上で、漫画の技量や、ストーリー を構築する能力を競うのですよ。 確率からいって、何百万分の1だと思いますよ?それだけ真剣になってますか? 漫画家も会社員もなめるなよって言いたいです。 Q もうすぐ25歳になりますが、漫画家志望です。 今はフリーターで、親と同居しています。 最近親に「早く就職しろ!」と急かされており、困っています。 漫画家を目指していることは言ったことはありません。 ただ、絵を描いている所を母に良く見られているので、もしかしたらバレているかもしれません。 漫画家になれる確率は低いということについては承知しています。 ですが、30歳ぐらいまでは諦めず、頑張って目指してみようと思っています。 ただ、30歳になって無理だと思って諦めた時フリーターだったらそこから一から何かを 始めるというのは相当難しいと思うので、親が言うように今就職すべきではないかと考えています。 ですが、今はフリーターだから気軽に描いていられますが、社員になると責任の重さは全く違うと 思いますので、残業があったり、早く帰れても疲労で漫画を描いたり絵の練習をしていくことが出来ないかもしれない と思うと今一歩踏み出せないでいます。 また、事務など比較的慣れれば簡単にやれる仕事か、クリエイティブ系の仕事について漫画家の仕事を 諦めてもまだ楽しくやれる仕事かどちらにするか迷っています。 どちらかと言えば、クリエイティブ系に就きたいのですが、この仕事は残業も多いと聞きますし、 益々漫画が描けない状況にもなってくると思うので、悩みます。 それにこの業種は、フォトショップやイラストレーター等のソフトが使える人のみ募集の会社が 多いので、難しいですよね。 フォトショップやイラストレーター等は独学で学べるものなのでしょうか? 通うお金もないので、スクールに行って学ぶことは考えていません。 その他、漫画を描きながら続けていけそうな職種があれば教えていただきたいです。 漫画家には小学生の時からなりたかったのですが、本当に目指してみようと思ったのは ほぼ1年位前で、ストーリー1作品も未だ仕上げたことがないです。 最近1つぐらい仕上げてようと思い、ネームを書いてみたのですが、コマ割の難しさに、 断念してしまい、やはり基礎からキチッとやって取り組んでいこうということに決めました。 自分の漫画の絵は定まっておらず、絵もあまり上手くないので、今色んな本を見て パースの事や人体の構造等について描きながら学んでいるところです。 ストーリーについては、何本か脚本みたいな感じに書いて、パソコンの中に溜めています。 分からないことだらけですが、よろしくお願いします。 もうすぐ25歳になりますが、漫画家志望です。 今はフリーターで、親と同居しています。 最近親に「早く就職しろ!」と急かされており、困っています。 漫画家を目指していることは言ったことはありません。 ただ、絵を描いている所を母に良く見られているので、もしかしたらバレているかもしれません。 漫画家になれる確率は低いということについては承知しています。 ですが、30歳ぐらいまでは諦めず、頑張って目指してみようと思っています。 ただ、30歳になって無理だと思って諦めた時フリ... A ベストアンサー イラストレーターです。 辛口回答ですのでイヤだったら読み飛ばして下さい。 今はイラストほぼ一本でやってるのですが、 その前はお勤め(正社員)してたので、残業した後に帰ってから絵の仕事・・・ なんてザラでした。 しかも超ハードな仕事で・・・(あえて職種は書きません) はっきり言って質問者様は甘すぎます。 今の状態ではほぼ100パーセント夢はかないません。 ごめんなさい、失礼ですが断言できます。 >ですが、今はフリーターだから気軽に描いていられますが、 >社員になると責任の重さは全く違うと >思いますので、残業があったり、早く帰れても疲労で漫画を描いたり>絵の練習をしていくことが出来ないかもしれない >と思うと今一歩踏み出せないでいます。 絵の勉強なんてできます。 どんな状況でも。 私の知り合いに闘病しながら絵の勉強を続けた人がいます。 >ほぼ1年位前で、ストーリー1作品も未だ仕上げたことがないです それでは一年間何をしていたんですか? 何事もやってみなくてはわかりません。 下手でもわからなくても、一つ作品を形に仕上げてみましょう。 本当に職業としてやっていくつもりなら、もっと貪欲になるべきです。 夢を現実にするのに、言い訳をしているヒマはないです。 私も基礎からはじめて、実際絵を職業としたのが20代後半なので、あせる気持ちはわかります。 先行きに不安を感じるのもわかります。 >その他、漫画を描きながら続けていけそうな職種があれば教えていただきたいです。 なんでも続けられます。 やる気次第です。 言い訳が多すぎます。 まず、「もしなれなかったら・・・」ではなく、「絶対3年後にはデビューしてる」など、明確なプランを持ちましょう。 実家にいるだけ質問者様は恵まれています。 また、同じクリエイティブ系の仕事といっても、マンガやイラストの仕事とは全然かけ離れた仕事の方が多いですよ。 と、えらそうに長々辛口ごめんなさい。 どんなに楽しそうな夢でも、いざお金をもらって仕事になると悲しいくらい「現実」です。 そのことを踏まえた上で、ぜひ頑張っていただきたいな~と思いました。 辛口回答ですのでイヤだったら読み飛ばして下さい。 今はイラストほぼ一本でやってるのですが、 その前はお勤め(正社員)してたので、残業した後に帰ってから絵の仕事・・・ なんてザラでした。 しかも超ハードな仕事で・・・(あえて職種は書きません) はっきり言って質問者様は甘すぎます。 今の状態ではほぼ100パーセント夢はかないません。 ごめんなさい、失礼ですが断言できます。 >ですが、今はフリーターだから気軽に描いていられますが、 >社員になると責任の... Q 私は絵を描くことが好きです。 中学生の頃は友人と毎日部活で楽しく描いていました。 しかし高校生になると積極性を欠く子の存在やそれに合わせてしまう子もおり、部活はあまり楽しくありませんでした。 男子生徒からの遠回りないじめや校風もあり、3年間通いましたが、その頃には絵は好きでも人生そのものに冷めてしまっていました。 進路を決めるときには専門学校と就職、どちらかで迷っていましたがどうせプロになんてなっても食べていけない、夢は夢で一握りしかそういった職には就けないと思い、絵は趣味でいいと少し離れた機械部品の会社に事務として就職しました。 就職して2ヶ月余り、本当に後悔しています。 絵は好きでも描く時間が減り、また趣味を同じくできる人もいなければ同年代の人もいないので、職場でも仕事はしても意識は上の空でいつも絵を描く人と話しながら実力を上げたい、と感じています。 食べていけなくてもいい、興味の無いこの会社でただ黙々と書類を打ち込むよりもせめてものづくりの会社に入りたい、と入社して早々感じ始めました。 今では仕事場に居るだけで苦痛でなりません。 新しい仕事を教えて頂いても覚える気にもならず、このままでは何か重大なミスでもしでかしてしまいそうです。 仕事場の人達は殆どの人がいい人で、私のような新人にも気を使って頂き、会社自体もしっかりとした所なので一度辞めたい、と自宅でぼやいた所親は辞めるなんて有り得ない、ととても怒っています。 私自身も辞めるという事は優しくて常に忙しそうな係長や班長や、職場の先輩方を裏切るような真似であり、我侭だと思うのですが、どうしても専門学校へ行って自分の好きな絵を勉強したい、描きたいのです。 なので私の中ではもう東京で一人暮らしをしながら、専門学校へ通おうと決めています。 しかし金銭的な問題もあり、今は会社を辞めるかどうかとても悩んでいます。 車のローンや保険など、手取りが11万ちょっとの私の給与では月々支払わなければならない出費で月2万円程しか残りません。 車を手放すのが一番手っ取り早いのでしょうが、自宅から会社までの距離は片道26キロあり、一時間かかります。 田舎ですので電車もバスもありません。 車が無いと通勤できないのです。 しかし車があるとお金が貯まらない、あの会社に勤める限りいつまで経っても専門学校へ行って一人暮らしするお金は貯まらないのです。 それならば自転車でも通える10キロ圏内の場所で製造の仕事をして、車は使わずローンを伸ばし事故の心配も無いので保険を解約し、少しでもお金を貯めていった方が良いのではないかと考えています。 しかし今の会社を辞め、製造に入ったとしてもそこでもお金が貯まったらすぐに辞めるでしょう。 そんな転々と職を変える人材を専門学校は受け入れてくれるでしょうか。 肝心のものづくりの会社も欲しいと感じるとは思えません。 だからといってあの会社にずっと勤め続ける事はもう無理だと感じています。 向上心の無い社員になってしまった私がいつまでもずるずると居るのは私を入社させて下さった方々への冒涜だと感じます。 しかし我侭だと一蹴されるような情けないこの退職理由が通じるでしょうか。 それでも私は専門学校へ行って絵を描き、実力を上げ、一度諦めた夢を追いたいと思うのです。 まだ間に合うと思うからこそ、今この現状が悔しくて仕方ありません。 乱文になってしまい申し訳ありません、相談内容をまとめさせて頂くと、 私は今の会社を辞めてお金を貯め、専門学校へ行きたい。 しかし本当に辞めるべきなのか、辞める事ができるのか、また辞めた所で受け入れて貰えるのか、相談させて頂きます。 毎日悩みながら出勤しています。 先日には「歓迎会」という事で出席の有無を問われ、「主役だし、行くよね?」と言われました。 今の私に歓迎される価値も、出席する権利もありません。 職場では埃を理由にマスクを付け、表情が分からないようにしています。 両親は絶対に辞めるな、皆最初はそうだ、の一点張りで、高校での友人は大学へ行きとても急がしそうで、わざわざ私の相談で友人の新しい生活の邪魔をしたくありません。 一人で悩むのはもう疲れました、どうかご意見を頂けませんでしょうか。 私は絵を描くことが好きです。 中学生の頃は友人と毎日部活で楽しく描いていました。 しかし高校生になると積極性を欠く子の存在やそれに合わせてしまう子もおり、部活はあまり楽しくありませんでした。 男子生徒からの遠回りないじめや校風もあり、3年間通いましたが、その頃には絵は好きでも人生そのものに冷めてしまっていました。 進路を決めるときには専門学校と就職、どちらかで迷っていましたがどうせプロになんてなっても食べていけない、夢は夢で一握りしかそういった職には就けないと思い、絵は趣味... 私は60過ぎのオバサンです。 子供がもう30を超えてます。 その立場で言うならば夢は追いなさい、とアドバイスします。 まだまだ追えますから。 ただね、現実を無視してはいけないと思う。 辞めるから仕事に身が入らないのは言訳ですから改善してください。 辞めるその日まで貴女は社員なのです。 自動車を売るなら売ってバイクにすればどうですか? チョイ載りだってありますし、車ほど維持費がかかりません。 ボーナスについてどうなっているのかわかりませんが、ボーナスがでてそれを貯めることができれば正社員のほうがいいです。 よーく計算し、10キロ県内でアルバイトできるのか、採用してもらえるのかを目算してください。 たとえ辞めるにしても、今のままじゃ東京には出てきても無理です。 だってそうでしょう? 入学できても生活は?学費は?東京は高いですよ。 (私は都内在住です) 一番しないといけないのは親と相談することです。 親はまさか?と思っているようですがこれを説得することです。 奨学金?いえいえ、アテにしないでください これは結局は親が借りるようなものです。 家だって保証人がいます。 だから親と相談し計画的に進め、それが最善だとしたら会社を辞めましょう。 親に「じゃあ会社を辞めて近くでアルバイトしたら?」と言わせるのです。 だってまだちょっとじゃないですか。 ようは子供をみていればこの子がどんな理由でそう思うのか親は今までのことでわかっている。 嗚呼、就職がイヤなんだなと。 この質問みても仕事を辞めたい=夢を追うという図式です。 普通は夢を追いたい=仕事を辞める、です。 なぜ逆に見えるか考えなきゃ。 ご両親に「今になってなんだけど、どうしても絵を勉強したい。 東京で専門学校へいきたい。 勿論難しい道になるのはわかる、でもやってみたい、アドバイスが欲しい」そういうのです。 すぐ辞めるのは逆効果です。 最低でも1年くらいしなさい。 つまりね、見切り発車するような説得はだめということ。 計画を進めていくということはそういうことですよ。 金銭面のこと就職のこと。 若いお嬢さんを手放すのです、それも悪しき東京にです。 親御さんの反対は大きいと思う。 だからもし絵でやっていけなかったらどうするのか自分の人生について真っ向から向き合うのです。 今、まだ6月でしょ、就職して2ヶ月でやめたい、夢を追いたいなんてすごく飽きっぽいです。 私が貴女の親ならば仕事がイヤなので諦めた夢にすがっている、そう判断するでしょう。 私は夢を追いなさいとアドバイスしますが、嫌なことから逃げるためにすすめているのではありません。 だから先ずは辞めるということは撤回することです。 貴女は趣味でいいというが、趣味に300万も400万もかける親の立場になって。 製図機だとかデッサン帳とか絵の具だとかパソコン(今はありますよね)だとかお金のかかーることだらけです。 絵のものになると教本1つでも高いでしょう? 先ずは入りたい専門学校の資料請求です。 シュミレーションするの。 学費がいくらかかるか、生活にいくらかかるか、正直今のように就職しているから絵に割ける時間が少ないなんて言っているようじゃだめです。 生活するのにアルバイトしたら疲れて学校いけなくて留年しました、絵をかく時間がなくて進級できませんでしたなんてことが容易に想像できるから。 いい訳はしないことです。 今の自分にできることをしないと何1つ為し遂げることはできないのです。 ええ、通じますよ。 ただ軽蔑されようが、文句を言われようがそれはしょうがない。 貴女が気にしてはだめです。 それに辞めるときは「一身上の都合」でいいと思います。 詳しく説明することもありません。 専門学校は商売ですから。 入ってお金を入れてくれればOKです。 そして才能を発揮して良い就職先で就職率をあげてくれれば御の字です。 そうね。 それは否めない。 でも、それをしのぐ才能があれば大丈夫。 それは貴女が在学したときの成績、才能、努力、そして出席率などです。 最後に絵の世界は貴女が思うようにすごく大変。 正直、専門学校くらいでは大体の人が印刷会社のDTP程度。 本当に難しいです。 結局、良い就職先は美大をでているひと、美大後に専門学校で仕上げてくるような人ばかりです。 貴女には絵で成功するという目標があるのなら今のまま、地元にいて絵の先生につき、美大合格を目指す実力くらい「学校で習う前に」独自で身につけるくらいの独学力が必要です。 学校にいけば教えてくれる、という態度では無理だということです。 一度、このサイトの絵の仕事をしている人に、どんな進路を進むべきか聞いてみてたらどうでしょう?それをふまえ親とよく相談してください。 仕事はまだ辞めないで、です。 辞めることは簡単。 でも次の仕事がいくらもらえるのかの目算や実際に次の仕事が見つかってから辞めるくらいの計画性は必要です。 オバサンはバツイチですが息子を留学させました。 大変だけど夢を追わせてあげました。 今はまーったく留学と違う仕事についています。 でも無駄だった、と思うことはありません。 夢を追うという協力をし応援するのも親だと思うからです。 息子は海外で就職後、自分の限界を感じたのか帰国し今は国内で働いています。 諦めと、引き際を間違わないでいればそれはそれで問題ないことだと思いますよ。 ただね、貴女は女の子だから親は心配。 東京で悪い男に引っかかるのではないか、アルバイト、合コン?に走り東京生活を楽しみ学校もいけないのでいるのではないか(大体はそういう心配アリです)。 学校はでたものの東京でしがないOLするか絵がダメでも仕事はなんでもある。 東京に住むことが目的になってしまうことを親は心配するし反対もするのです。 女の子ですから。 出来ることなら目の届くところでお嫁にいってほしいです。 心配ですもの。 その心配を親にさせないためにきちんとしなくてはダメです。 毎日の生活のこととか、目算もそうです。 よく考えてみてくださいね。 そして焦らないことをアドバイスさせてください。 年齢は確かに大事。 でも絵のような才能の世界ならば年齢はさほど関係ない。 冷静に考えて夢を追ってください。 最後に、誰かに相談するということはすごく大事。 ここではなく身内に、近くにいる友達にです。 貴女をここにいる人よりもよく知っている、考えも性格も。 その上で他人が言うアドバイスを受け止めてください。 相談できるということはすごく大事。 それもリアルな現実社会で、です。 がんばって。 私は60過ぎのオバサンです。 子供がもう30を超えてます。 その立場で言うならば夢は追いなさい、とアドバイスします。 まだまだ追えますから。 ただね、現実を無視してはいけないと思う。 辞めるから仕事に身が入らないのは言訳ですから改善してください。 辞めるその日まで貴女は社員なのです。 自動車を売るなら売ってバイクにすればどうですか? チョイ載りだってありますし、車ほど維持費がかかりません。 ボーナスについてどうなっているのかわかり... A ベストアンサー あのさ・・・・ >就職するとなると、専門で学んだことを生かすためゲーム会社にしようかと思ってるのですが、漫画を描く時間が存分にとれるのか疑問です。 こんなどっちつかずの人じゃ、ゲーム会社なんて門前払いで入れませんよ。 というかゲーム会社なめてません? ゲーム製作現場のパロディ漫画みたいなゆるい世界じゃないですし、頭のゆるい人なんか入れません。 漫画家になること つまりは自営業ですね。 ゲーム会社に入る サラリーマンになる どっちも、その収益で飯食って生活することになりますけど、自営業であれば書いてる時間どうするの? 収入ないよ?バイトの合間? そんなで、生活できる?作品書ける?爪に火をともすような生活だけど耐えられる? 生活を潤わせたかったら、バイトばっかりになるよ。 どれだけかいたって、担当つかないレベルならデビューは無理だよ。 新人賞なんてデキレースなんだから。 まともなサラリーマンの月収得たかったら三流誌で月間3本はこなさないと、アシも呼べないけど いいの? 漫画家(独立)ならアシになって技術を磨いて、作品作って担当つけてもらえるようにならないと 何年も1ヶ月1万円生活どころの話じゃないけどいいの? アシ代は、バイトの自給から比べればゴミくずみたいな値段だよ。 労働基準法も最低賃金保障だってそんな法もクソ食らえな世界だよ。 以上が了承できる 耐えられる覚悟決められるのなら がんばってください。 そういう夢もって 落ちぶれた人、なんとか同人で食ってる商業にたまに穴埋めで出てる人 商業1本でなんとかやってる人 ようやく安定軌道に乗れた人 たくさん知り合いに居ます。 わたしも漫画家ではないけどデザイン畑の仕事ですから。 とりあえず、会社やりながらとかバイトしながらとか仕事をなめないでほしい 宙ぶらりんの覚悟なら漫画家なんて博打商売は生半可な夢のような卓上の考えなんて1年も持たない世界だから。 あと、親と同居とか、親の財産食いつぶそうと考えるなら、こんな仕事は止めなさい。 これが掲載さえなきゃ飯も食えない 死ぬくらいハングリー精神のない職業漫画家なんて コミケのにわか漫画家のサークルの何倍もいるんだから。 あのさ・・・・ >就職するとなると、専門で学んだことを生かすためゲーム会社にしようかと思ってるのですが、漫画を描く時間が存分にとれるのか疑問です。 こんなどっちつかずの人じゃ、ゲーム会社なんて門前払いで入れませんよ。 というかゲーム会社なめてません? ゲーム製作現場のパロディ漫画みたいなゆるい世界じゃないですし、頭のゆるい人なんか入れません。 漫画家になること つまりは自営業ですね。 ゲーム会社に入る サラリーマンになる どっちも、その収益で飯食って生活することになりますけど...

次の