こ ー すけ なん j。 【VIP・なんj】大阪「けーへん」京都「きーひん」兵庫「こーへん」奈良和歌山滋賀「」

他板「J( 'ー`)し」←泣ける なんJ「J( 'ー`)し」 : オリックス速報@なんJまとめ

こ ー すけ なん j

net 春日俊彰の面白さに関する考察 オードリーの面白さの神髄。 それは、春日(以下、敬称略)のギャグにある。 これは、春日のギャグが面白さに直結していることを意味しない。 ただ、春日のギャグを中心として、お笑いが構成されているということである。 春日のギャグは大きく分けて3種類:1 大声 2 大声+変顔 3 カスカスダンスである。 「トゥース!」「うまし!」などは1番目、 「アパーーーーーッ!」「ヘッ!」「鬼瓦!」などは2番目に分類される。 特徴は、どれも脈略がないことである。 つまり、ありとあらゆる文脈で通用する。 「タイトル」などの前振りも必要とせず、どんな場面でも一定程度の成果を期待できる。 「トゥース!」や「うまし!」で笑う人がいるとは考えづらいので、ギャグとして成立しているのは2番目の分類が主である。 ただし、2番目も実は単体で笑う人がいるとは考えづらい。 大学のサークルの飲み会で一芸を頼まれたときに、 これらのギャグしか思いつかなかったら、私ならその飲み会をなんだかんだ理由をつけて欠席する。 「カスカスダンス」は春日のお笑いの中心である「ピンクのベストを着たおじさんが大声を出す」という枠組みから外れている。 「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだす」というお笑いである。 特に、クイズの答えを考えている時に、「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだしたことで、答えが考えられない!」 という運用がなされることが多い(近年では運用回数が激減している)。 「カス、カスカス、カス、春日」という文言から派生して「カス、カスカス、カス、カスタード」などに変化していくパターンもあるが、 自然と「なんでだよ!」と突っ込みたくなるところに天才性を感じる。 ここまでで明らかになってきた通り、春日のギャグに共通していること、それは、「何が面白いのかよくわからない」 ということである。 しかし、この「よくわからなさ」がオードリーのお笑いの神髄であると考えられる。 これがあるから、若林が「何だよそれ!」と突っ込めるのである。 ここで注目すべきは、どうやって「何が面白いのかよくわからない」ことを考えついているかということである。 この10年でほぼ唯一の新ギャグを生み出した際にも、『「アパーーーーーーッ!」って言ったら面白いぞー』 などと考えてしまえるところが、まさに春日が天才たる所以なのである。 なお「春日のここ、あいてますよ」について、約10年間、春日のここは一度もあいていなかったことから これは「ギャグ」ではなく「単なる嘘」であることを補足しておく。

次の

他板「J( 'ー`)し」←泣ける なんJ「J( 'ー`)し」 : オリックス速報@なんJまとめ

こ ー すけ なん j

net 春日俊彰の面白さに関する考察 オードリーの面白さの神髄。 それは、春日(以下、敬称略)のギャグにある。 これは、春日のギャグが面白さに直結していることを意味しない。 ただ、春日のギャグを中心として、お笑いが構成されているということである。 春日のギャグは大きく分けて3種類:1 大声 2 大声+変顔 3 カスカスダンスである。 「トゥース!」「うまし!」などは1番目、 「アパーーーーーッ!」「ヘッ!」「鬼瓦!」などは2番目に分類される。 特徴は、どれも脈略がないことである。 つまり、ありとあらゆる文脈で通用する。 「タイトル」などの前振りも必要とせず、どんな場面でも一定程度の成果を期待できる。 「トゥース!」や「うまし!」で笑う人がいるとは考えづらいので、ギャグとして成立しているのは2番目の分類が主である。 ただし、2番目も実は単体で笑う人がいるとは考えづらい。 大学のサークルの飲み会で一芸を頼まれたときに、 これらのギャグしか思いつかなかったら、私ならその飲み会をなんだかんだ理由をつけて欠席する。 「カスカスダンス」は春日のお笑いの中心である「ピンクのベストを着たおじさんが大声を出す」という枠組みから外れている。 「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだす」というお笑いである。 特に、クイズの答えを考えている時に、「ピンクのベストを着たおじさんが踊りだしたことで、答えが考えられない!」 という運用がなされることが多い(近年では運用回数が激減している)。 「カス、カスカス、カス、春日」という文言から派生して「カス、カスカス、カス、カスタード」などに変化していくパターンもあるが、 自然と「なんでだよ!」と突っ込みたくなるところに天才性を感じる。 ここまでで明らかになってきた通り、春日のギャグに共通していること、それは、「何が面白いのかよくわからない」 ということである。 しかし、この「よくわからなさ」がオードリーのお笑いの神髄であると考えられる。 これがあるから、若林が「何だよそれ!」と突っ込めるのである。 ここで注目すべきは、どうやって「何が面白いのかよくわからない」ことを考えついているかということである。 この10年でほぼ唯一の新ギャグを生み出した際にも、『「アパーーーーーーッ!」って言ったら面白いぞー』 などと考えてしまえるところが、まさに春日が天才たる所以なのである。 なお「春日のここ、あいてますよ」について、約10年間、春日のここは一度もあいていなかったことから これは「ギャグ」ではなく「単なる嘘」であることを補足しておく。

次の

こーして俺は○○を堪能した

こ ー すけ なん j

なんJ民 なんみん とは、の「」(通称:)の住人である。 なんJラーとも。 住民 なんJ民には、大きく分けて• 以前に居た住人。 「」、「の民」、「」、「きうり民」. 以降に流入してきた住人。 「やきう民」、 「」「」 、 「正民」. 利用者が増加したことを受け他め等から、に以降流入した住人。 基本的にで呼ばれる。 「お客さん」、「」、「アニ」. これら3つのが存在する。 本稿ではそれぞれに分けて解説する。 2009年5月以前からの住人 元々はであったが、の流入によりが低下したに嫌気が差したことにより、に移住してきた住人。 では「」で表現される。 となって以降、の立て・書き込みの緩さにを付け、やかつてのを彷彿とさせるなを立てまくっていた(しかし、それでも数は少なく、数が5に満たないこともであった)。 の住人でありながら番組やのを行うことはで、むしろそれらを排除しようとする雰囲気さえあったとも言われている。 例:の民の掟 しかし、後述のが大量に押し寄せてきたことによりの雰囲気は一変。 とても前述のようなが立てられる状況ではなくなり、そのうち住人そのものがされていった(というかが桁違いに多すぎて見えなくなってしまった)。 はやなどへ移住した、そのままに覚めた、などの噂があるが詳細は不明である。 特徴としてはが立ったとみるや良を返し、それを繋げていく発想と統率、にを生やさない、を崇めるなどがある。 でも、この時代の住人や文化を振り返る、それらをにしたがときたま立つ。 また、のである「吹けば」を考えたのもこの時代の住人である。 2009年5月以降に流入した住人 元々はでを行っていた住人。 前述のからは「」と呼ばれていることになっている。 では「」と表現される。 にに厳しいがかかった際(詳細は「」の記事を参照)、で保持数などのが近いことにを付け、に移住してきた。 によりの存在を知った住人が多いが、一部は以前から認知しており、ごく稀にを立てていた。 基本的な性質は民と変わらないが、以降はがに限られないこともあって住人は増え続けており、の中でも特に次のような特徴を有する。 何よりもを優先する。 変な を中心とした用(定文)が豊富である。 時代以上に多用されている。 周囲の潮に流されやすい。 としてはなの突撃を有し、個人のなどへのもよく行っている。 (の人など)• 博識 のふりをしている人がたくさんいる。 周囲の潮に流されやすい。 への当たりが強くなく、の中で用が使われることも多い。 周囲の潮に流されやすい。 に存在するには 「 を毛嫌いする」「どこかおかしな方()が多い」「荒れやすい (例:・)」という性質を持つものも多い。 しかし、大量の民の流入により という共通項でゆるい連帯をなしているは、系でありながら系としても機しているという特異性を持ち、多種多様なが行えることが魅の一つでもある。 「 」「サン 」「 ニ 」「 して、どうぞ」など、球界や からの を多用した定 文を用いたが大半を占めており、こ れらのや等の文化はの中でも一際独特で、他から来たや「お客さん」の類はこれらを使いこなせないためすぐにバレる。 また定期的に様々な分野の質問が立ち盛況を博す場合があることから分かるように、の質問にはやさしく、自信のある分野の知識をひけらかしたい住民が多いようだ。 中は連てられるはのものとは異なり、対戦同士の共有という形式でが行われる。 また系の・が多いことも特徴。 中継が終わった後の帯においては、巡りの、の(・等)が行われたりと、基本的にはなんでもっている。 論好きも多いが、=とする原理義者も存在し、彼らはのを排斥しようとする傾向にある。 また原理義者でなくとも、大半のなんJ民は に身も心も げている人々 (と呼ばれる)とは対立している。 2012年1月以降流入した住人 この時期に流入してきた住民は基本的に評判は良くなく、「お客さん」、「」、「アニ」などのがつけられる傾向がある。 の規模が増大してから流入してきたこの時期からの住人に対し、 からしてきたなんJ民からの評判はよろしくない。 理由として、• の試合中になどを使い、にたたかれる(民の前では)• と呼ばれる内でのみ通用する用、文化を以外の場に持ち出し使う• 勢いのあるに押されやが落ち、「」などど発狂する 等が挙げられる。 特に、を以外で使う人物に関して過敏に反応する傾向があり、これによりがを受ける例も数多く存在する(、等参照)。 また、が嫌い、が好き、は気にしないなどの気質を持つ住民も多数存在しており、()とを掛け持ちしている住民も多いのではという意見も出ていた。 においてはもあるが、自体を毛嫌いしているなんJ民もまた多数存在する。 関連動画・関連静画 関連項目•

次の