コロナウイルス 日本 予言。 イルミナティが新型コロナウイルスを予言?志村けん死去との関係もまとめ

コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

コロナウイルス 日本 予言

画像は「 」より引用 世界中で猛威を振るっている。 全世界での総感染者数が9万人に到達しようかという勢いだが、感染拡大は一体いつまで続くのか? もしかしたら、 すでに人類は終末のとば口に立っているのかもしれない。 英紙「Express」(3月1日付)によると、の流行は『』に記されている終末の状況と酷似しているという。 聖書解釈の一部では、『』は世界の終末(アポカリプス)を事細かに記した予言の書だとされ、その過程は第一~第7段階まであり、最終的な終末において、神の裁きが下るとされている。 『』で疫病の流行が記されているのが第6章第8節である。 それによると、4つ目の封印が解かれた時に青白い馬に乗った騎士が現れ、「疫病」や「野獣」を用いて、地上の人間を死に至らしめるとある。 黙示録では終末に向けて3分1の人類が死ぬと言われているが、の出現は『』に記された終末と一致しているというのだ。 ネット上でも終末が始まったと考える人が溢れている。 「疫病と飢饉で人類の3分の1が死ぬ。 は聖書で預言された病の1つじゃないか?」 「今後世界がどうなるか知りたければ聖書を読めばいい……」 「聖書の預言とまったく同じ状況だ!」 飢餓といえば、アフリカ東部で発生したバッタの大群は今や2大陸で10カ国以上に広がり、 2000万人が飢餓のリスクにさらされている。 勢いはおさまらず、 1日で数万人分の作物がなくなるペースだという。 『』で語られる「野獣」とはこのバッタのことではないだろうか。 だとすればまさに聖書通りということになる。 画像は「 」より引用 2020年を人類滅亡の年だとしている予言者は数多くいる。 たとえば、の国家機密だった 盲目の予言者ババ・ヴァンガは、 2020年にモンスター級の壊滅的な大が襲いかかると予言しているし、 カ最高の師ン・ディクソンも 2020年に「ハルマゲドン」が起こり、「キリストの再臨が実現する」と予言している。 世界最高クラスの予言者2人がそろって2020年を世界の終末の年だと指摘している上、『』の記述とも一致している……これを単なる偶然と呼ぶにはあまりにも出来すぎているだろう。

次の

コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

コロナウイルス 日本 予言

破綻というキーワードを聞いて、真っ先に思い浮かべるのは過去のバブル崩壊や リーマンショックなど経済的なことでしょう。 過去の事例に学び「右肩上がりの時代でもあるまいし、浮かれてなんかいない」 と気を引き締めている人もいるかもしれません。 でも、どこかでオリンピック景気や外国人観光客増加のニュースを聞いて 「まだ大丈夫でしょ?」「パーティ中は楽しめばいい。 昨今の世相から、今一度読み返しをどうぞ。 — 江原啓之 eharahiroyuki 恐ろしい言葉ですね破綻と崩壊って。 江原啓之さんは嘘が明るみに出ると予言しています。 ただ、2020年はオーストラリアの大火事に始まり、現在大流行中のコロナウイルスが世界中を崩壊させています。 これにより、世界中の経済が破綻するのではないかといわれてるほど。 コロナウイルスを直接予言はしていませんが、まさに破綻と崩壊という予言は当たっていますね。 ここまでの大流行を予言していたとは思いませんが、崩壊や破綻というキーワードを予言していただけあってさすがに全くのデマだとは思えない。 まだ2020年は始まった3ヶ月しかたっていませんが、破綻と崩壊の道に進んでいってるようにも見えますね。 東京オリンピックも延期になる可能性が非常に高い。 そうなると経済的なダメージも大きく日本経済が崩壊するという声もあるほど。 【五輪延期で損失3兆円も 試算】 国際オリンピック委員会(IOC)は、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、東京五輪は延期を含めて検討と発表。 来年以降に延期となれば、経済損失は3兆円以上との民間試算もある。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 江原啓之さんの予言当たっていますね今のところ。 2020年は崩壊と破綻がキーワード。 常に備えが必要ということですね。 江原啓之 コロナウイルス予言を否定? スピリチュアルカウンセラーとしてお悩みを解決している江原啓之さん。 江原啓之さんのコロナウイルスの予言が話題になっています。 江原啓之さんは2019年の 年末に女性誌で『来年は破綻と崩壊の年になる』と予言。 見事その通りとなっており、これがコロナウイルスを予言していたという説が流れています。 ただ、江原啓之さんはこの予言を否定というか、どうでもいいといっています。 江原啓之さんは、ここ数年次のことをず~と言っていました。 ・『あなたは物質主義的価値観にまみれていませんか?』 ・『一人ひとりが真の豊かさに目覚め、丁寧に生きようと改心しなければ、取り返しのつかない事態を招くことになりかねません』 特別、コロナウイルスが流行るとかそういったことはいってなく、こういう世界が今後やってくるという大まかな予言と警告しかしてないんですよね。 なので、確かにコロナウイルスによる影響え経済破綻などが起きていますが、コロナウイルスを予言していたわけでなく破綻を予言していたのです。 ここ近年の丁寧差を欠いた生き方に警告をだしてたに過ぎないんです!! それでも破綻を予言していただけでもすごいですけどね。 江原啓之さんはコロナウイルスに打ち勝つには次のことが必要と言っています!! 江原啓之さんの2020年の予言は破綻と崩壊! コロナウイルスによって今までの常識が次々と崩壊しています。 新しい生き方をみつけるタイミングなのかもしれませんね!! 江原啓之 コロナウイルスを去年から予言 毎年話題になる江原啓之さんの予言。 江原啓之さんは2020年にコロナウイルスを予言してると話題になりましたが、実は昨年からコロナウイルスの予言をしていたのです。 江原啓之さんは毎年年初めに予言を行います!! 2017年は不安の年、2018年は爆発の年と予言しています。 そして、昨年の2019年には 平安に足元救われると予言していたのです。 確かに2019年までは平安でした。 ただ、2020年になりコロナウイルスにより世界は変わっていきましたね。 当初はここまでの被害は想定しておらず、完全に足元を救われた形となります。 2019年は複雑というキーワードを予言していましたが、まさにそのとおりになってきています。 元々、江原啓之さんの過去の予言も当たっていると言われています。 2017年は不安というキーワードを予言。 2017年はトランプ大統領の就任で全世界が不安に陥りました。 【1月18日(木)夜10時〜「アメリカ銃・鎮痛剤乱用のリアル トランプ大統領就任1年 その闇と光」】現地取材から見えた銃と鎮痛剤乱用社会に苦しむアメリカの実像。 山川編集委員が1週間にわたり取材。 トランプ大統領就任から1年経って見えた病巣とそこに刺す希望の光とは? — nikkeiplus10 nikkeiplus10 世界各地でテロがあったり、日本では衆議院が解散と政治不安に! 安倍晋三首相の会見 -28日の衆院解散を表明すると見られている — ブルームバーグニュース日本語版 BloombergJapan こういった意味では不安な年ではありましたね。 特に衆議院解散とかは政治不安になりますからね。 また、2018年は爆発の年と予言した江原啓之さん。 北朝鮮とアメリカが戦争になりかけ本当に第三次世界大戦が勃発するかと世の中が緊張状態に。 それ以外にも、江原裕之さんは火山の噴火を予言とおり的中させました。 1月10日の5時に夢中の江原啓之さん。 キーワードなので予言の取り方によるところもありますが。 ただ、過去に江原啓之さんは原発を予言していました。 早い段階で原発に頼らないエネルギーに移行しないと「カルマの法則」に反することになると予言。 そして、その1年後にまさかの東日本大震災が発生! 久しぶりに江原啓之さんの本読んでます。 新書の予言という本ですが。。 震災や原発事故は物質至上主義の人間への警告と書いてあって納得する部分があった。 人間が変わらないとまた大変なことが起こるかもしれない。。 それ以外にも芸能人の離婚を予言したりと予言があたりやすい江原啓之さん。 2020年の崩壊と破綻の予言が当たらないように気をつけないといけませんね。 まとめ 江原啓之さんの2020年予言についてまとめてみました。 いかがでしたでしょうか。 コロナウイルスが本当に世界の経済を破綻させ崩壊に導くのか。 日本も対応次第では崩壊してしまうかもしれません。 また、オリンピックも気になりますね。 延期となったら今後どうなるのか課題はたくさん。 それこそ破綻してしまうかもしれないですねオリンピック自体が。 ぜひ、そうならないように日ごろから備えておく必要がありますね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナウイルスの未来人2062の予言!東京オリンピックは開催?

コロナウイルス 日本 予言

ジュセリーノ・ダ・ルースは、予知夢によって未来を予言するブラジルの予言者である。 これまでに「チェルノブイリ原発事故」、「9. 11テロ」、「地下鉄サリン事件」、「東日本大震災」など数々の歴史的大事件・大災害を予言、的中させてきたとされる。 また、数日のずれはあったものの、2007年7月16日に起きた中越沖地震(M6. 8)、2018年6月18日の大阪北部地震(M6. 1)といった巨大地震を予言し的中させている。 予言研究家である筆者・白神じゅりこはこれまで彼の予言に着目し、たびたび言及してきた。 ジュセリーノは、月ごとに世界で起きる大事件や自然災害などの予言を自身のウェブサイトで公表している。 そしてこの3月、ジュセリーノは 「日本で人口が激減するほどの強い地震が起きる」と予言している。 確かに、今年は巨大地震に注意すべき年である。 学術的にも、京都大学大学院 人間・環境学研究科 の鎌田浩毅教授が「2020年東京直下地震説」を唱えており、それによれば、2011年に起きた東日本大震災の影響で、日本列島の地下プレートに歪みが生じたため、その歪みを解消しようとして地震が頻発している状況なのだという。 過去を振り返ってみても、東日本大震災と同じ震源域で発生した貞観地震(869年・M8. 5以上)の9年後に相模・武蔵地震(878年・M7. 5)が起き、関東南部で強い被害をもたらしている。 平安時代のサイクルをそのまま現在に当てはめてみると、2011年から9年後の今年2020年に巨大地震が起きるというわけだ。 オリンピックで東京に人口が集中した時期に、もし東京直下地震が起きたら……。 それこそ未曾有の大災害になるかもしれない。

次の