楽天link iphone。 【楽天モバイル】Rakuten Linkで無料通話する方法

楽天Linkの認証はSIMが挿さってなくても可。SMSが可能な別スマホでアクティベートしてみた

楽天link iphone

楽天モバイルは、8日午前からiOS向けにコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」の提供を開始した。 iOS 13以上で利用できる。 Rakuten Linkは、通話やSMS、ニュースフィード、ウォレットなどの機能を備えたアプリ。 Rakuten Linkから発信した通話は、他社の電話でも国内ではかけ放題。 Rakuten Linkユーザー同士なら海外でもかけ放題となる。 iOS版では、Android版と異なり、SMSでは認証せず、楽天モバイル回線かどうかで認証する。 楽天モバイルによれば、日本国内ではiPhoneユーザーが多く、同社のユーザーでもiPhoneを使う人が多いという。 そこでより快適に利用できるようにするためiOS版を提供することになった。 正しくは8日午前からの配信でした。 お詫びして訂正いたします。 正しくはiOS 13以上です。 記事本文は修正済みです。

次の

Rakuten Link(楽天リンク)の基本的な使い方や注意点を解説|SIMっちゃお

楽天link iphone

楽天モバイルがMNO携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT」をスタートしましたが先着300万人限定で基本料金の2,980円が1年間無料になるので、とりあえず契約してもいいじゃないの?って思いますよね。 そこで、気になるのがiPhoneが使えるのかどうかってところ。 iPhoneでの利用は楽天公式では動作保証外となっています。 しかし、実際に試してみたところ使えるiPhoneもあるようですね。 この記事では 「Rakuten UN-LIMIT」をiPhoneで使う方法、対応している機種、テザリングの設定について紹介しています。 「」をiPhoneで使おうかなぁって悩んでいる方は参考にしてください。 mobileの料金 S M R 基本料金 2,680円 3,680円 4,680円 新規割(6ヶ月間)で 1,980円 2,980円 3,980円 データ通信 3GB 10GB 14GB データ増量OP 4GB 13GB 17GB 超過後の速度 128kbps 1Mbps 1Mbps 家族割(2回線目以降) or 光セット割 1,480円 2,480円 3,480円 楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は、したシリーズ、、、シリーズであれば動作します。 ただし、公式では物理SIMカードをiPhoneに入れての動作保証外としています。 なので、Rakuten UN-LIMITのSIMカードをiPhoneに入れて使うのは自己責任となるので注意しましょう。 楽天モバイルが動作したiPhone一覧 実際に動作するのかどうかを手持ちのiPhoneで確かめてみました。 最新のiPhone 11・11 Proを使っているなら問題なく「」を使うことができます。 もちろん、iPhone SE(第2世代)も楽天モバイルを使うことができました。 端末価格が安いのでRakuten UN-LIMITと組み合わせることで通信費用をかなり抑えることができるのではないでしょうか。 SMSは楽天回線網であれば問題ないようですが、au回線網だと使えないので注意。 Rakuten UN-LIMITはの契約ができるのですが、eSIMは公式でこれらのiPhoneをサポートしているので、eSIMで動作するモデルは基本的に大丈夫といった感じでしょうか。 ちなみに、iPad Proのセルラーモデルも通信しました。 確認したのは、ですがSIMカードを入れるだけでデータ通信ができました。 Rakuten UN-LIMITの特徴• 月額料金:2,980円• 契約者300万人まで2,980円が無料に• 楽天回線網:データ使い放題• au回線網:5GBまで• 超過後は1Mbpsに通信速度に制限• Rakuten Linkアプリで国内通話無料 楽天回線網ならデータ使い放題、au回線網でも5GBのデータ通信が1年間無料で使うことができるのだから契約しない理由はないですよね?必要なくなったらいつでも解約できるのでとりあえず試してみるのもいいと思います。 申し込みは以下の公式サイトからできますが事務手数料3300円相当ポイント還元中なので実質無料で楽天モバイルのSIMカードを手に入れることができます。 SIMカードをiPhoneに入れる 「」に申し込みしたら数日で楽天モバイルからSIMカードが届きます。 楽天モバイルのSIMカード一式 SIMカードはサイズ(標準SIM・microSIM・nanoSIM)を選べるようになっています。 iPhoneはnanoSIMに対応しているので一番小さい切り込みからSIMカードを剥がしていきましょう。 iPhoneはnanoSIMに対応 iPhoneのSIMカードスロットをiPhoneに付属しているピンを使って開けてSIMカードを入れます。 (僕はいつもそのままSIMカードの入れ替えをしてますが電源は切っておいた方が安心ですよ。 ) SIMカードをiPhoneに入れる SIMカードを入れたら電源を入れて設定をしましょう。 楽天モバイルの「」はAPNのインストールは必要ないですが、4G VoLTEのオンにしないと通信ができないので設定が必要となります。 「LTE,VoLTEオン」にチェックを入れる これで設定が完了です。 音声通話、データ通信ができるようになります。 もし、アンテナピクトが入らない場合は機内モードにしたり、モバイルデータ通信のON・OFFをしてみてください。 電波が来ますので。 なお、アンテナピクトからでは楽天回線に繋がっているのか、au回線に繋がっているのかは分かりません。 au回線網のエリアですが「Rakuten」と表示されています。 Rakutenのアンテナピクトが立つ 音声通話も問題なく使うことができました。 楽天モバイルの呼び出し音が海外みたいでカッコいい。 — かずやシンスペース Logkazu 僕が住んでいるところはau回線網なので2GBまでデータ通信ができますが、楽天回線網のエリアならデータ使い放題(うらやましい…)となります。 au回線網でのデータ通信速度を計測してみました。 計測場所は金沢市郊外にある自宅です。 Rakuten UN-LIMIT au回線網 Rakuten UN-LIMIT au 通信速度 下り 上り レイテンシ 7:00 15. 1Mbps 24. 4Mbps 46ms 11:00 16. 3Mbps 14. 0Mbps 44ms 12:10 14. 9Mbps 19. 9Mbps 44ms 12:40 9. 14Mbps 16. 8Mbps 42ms 16:00 10. 6Mbps 8. 9Mbps 40ms 21:00 15. 4Mbps 11. 5Mbps 37ms au回線は楽天モバイルがauから借りたパートナー回線ですが、MVNOのように通信速度が極端に遅くなることはないのかな? まだユーザー数が少ないことも影響してそうですがMVNO時代の楽天モバイルよりも快適なデータ通信することができそう。 SMSは使えない場合がある SMS(ショートメール)は全てのiPhoneで使うことはできなかったので注意です。 iPhoneのSMSが使えない 楽天回線網であればショートメールを使うことができますがau回線網だと使うことができないようです。 これは楽天モバイルの公式サイトにも記載されていました。 iPhone 11 ProでSMS使えてます。 楽天回線です。 — manabu Ymanabu46 こちらで確認したところならSMSが使えたのでiPhoneの問題なんだと思います テザリングはAPNの設定で使える 「」ではテザリングもできます。 Rakuten UN-LIMITの特徴• 月額料金:2,980円• 契約者300万人まで2,980円が無料に• 楽天回線網:データ使い放題• au回線網:5GBまで• 超過後は1Mbps通信速度に制限• Rakuten Linkアプリで国内通話無料 iPhoneだとRakuten Linkアプリがインストールできなかったですが、2020年7月にiOS版のRakuten Linkアプリが登場したのでiPhoneでも国内通話無料で使うことができます。 ちなみに、eSIMなら楽天が使えることを明らかにしているので心配ならeSIMからの申し込みがいいかも。 ただし、サポートはしていないみたいですね。 あと端末の入れ替えが自由にできないなどのデメリットもあるので注意してください。

次の

楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れて別の端末でRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?いろんなパターンを試してみました!

楽天link iphone

iPhoneから機種変更するのにかんたんな楽天の機種は、OPPOのスマホですかね。 理由は、OPPOに標準で入っている「データ移行アプリ」を使うと、 iPhoneから電話帳と写真をPCや外部メモリ不要で移行できるから。 iPhoneが10万円前後なのに対して、OPPO製品は3〜4万円弱のものが多いです。 安いとはいえ、 スマホを使う上では必要すぎる性能を持っていてコスパが最強なので、機種選びの参考にどうぞ。 \契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/ RakutenLinkアプリでできること 主に、 無料通話とメッセージのやりとりができます。 RakutenLinkと聞くと、なんとなくLINEを連想しますよね、、、。 「RakutenLinkアプリ同士は無料」など公式ページに書かれていて、混乱している方も多いようです。 なので、少しでも疑問が解消できるよう、RakutenLinkアプリについて解説していきますね! 国内通話がかけ放題 相手がRakutenLinkアプリを使っていなくても、国内通話かけ放題です。 かかる通話料金はからご確認下さい。 上記表のとおり、 国内通話は相手がRakutenLinkアプリを使っていなくてもかけ放題ですね。 携帯電話、固定電話問いませんので、特殊な番号にかけない限り、無料です。 非通知発信(184)ができる RakutenLinkアプリから発信する際、通常どおり相手の電話番号の先頭に「184」を付ければ、 非通知で電話することもできます! 登録した電話帳は自動でバックアップ・復元される バックアップされるデータは下記のとおり。 電話帳• チャット履歴• チャットで送受信したメッセージ• チャットで送受信した写真• 動画を含むファイル 故障や機種変更時も、 同じ楽天IDでログインすれば自動的にデータは戻ってくるので、電話帳を移行する手間がなく便利ですね。 発着信履歴がきちんと残る 格安SIMで提供されている通話料金を安くするアプリには、 着信履歴が残らないものも存在します。 RakutenLinkアプリは、しっかり発着信履歴が残るので、わざわざ標準のでんわアプリを開いて確認というこはなし。 地味ですが、格安SIMを何社も使ってきた身としてはありがたい機能です。 緊急電話などもRakutenLinkアプリでかけられる RakutenLinkアプリは、 自動的に切り替えて電話してくれるので、アプリの使い分けは不要です。 他社の通話アプリは、緊急電話の際は標準のでんわアプリに使い分けが必要なので、便利ですね。 RakutenLinkアプリとLINEの違い かんたんに表にしてみました。 LINEだとアプリ同士でないと無料通話もメッセージのやりとりもできませんが、RakutenLinkは違います。 RakutenLinkアプリは、スマホの「 でんわとSMSの機能の1つになったアプリ」と考えてもらえると分かりやすいかなと思います。 単純に今までのでんわ機能の置き換わるものとなっていますね。 楽天モバイル契約者しか使えない• Wi-Fiに繋がっている時など非通知発信になることがある• 海外で利用する際、my楽天モバイルから「海外ローミング」をONにする• 通常の電話アプリでアプリでプレフィックス番号を付けて発信などの概念はない それぞれ解説していきますね。 楽天モバイル契約者しか使えない 残念ですが、 アプリがインストールできても楽天モバイルを契約していないと使えません。 楽天モバイルの公式ページの利用条件に「楽天回線を契約していること」という条件がある以上、仕方ないですね、、、。 Wi-Fiに繋がっている時など非通知発信になることがある 現状のRakutenLinkアプリの仕様で、 下記の2つに該当すると、相手に非通知で電話がかかります。 Wi-Fiに繋がっている時• 相手の電話帳に電話番号が登録されていない時 ちょっと不便ですよね、、、。 自宅にいて電話をする際は、Wi-Fiを切る必要があります。 特殊な仕組みなのか…今後のアップデートで仕様が変更されることを希望します! 海外で利用する際、my楽天モバイルから「海外ローミング」をONにする RakutenLinkアプリは、 海外で電話をするのにネット回線を利用します。 なので、海外でネットができるよう「海外ローミング」をONする必要があります。 設定を忘れると電話ができないので注意です。 通常の電話アプリでプレフィックス番号を付けて発信などの概念はない RakutenLinkはアプリからの発信のみかけ放題となります。 格安SIMの通話定額だと、通常アプリから電話しても専用のプレフィックス番号を付けてさえすれば、10分かけ放題などが適用されます。 しかし、RakutenLinkアプリはそういった使い方はないので、 とにかくアプリを使うと思っておけばOKですよ。 RakutenLinkアプリのiPhoneの対応状況や対応機種から注意点までのまとめ• RakutenLinkアプリは、残念ですが現状でiPhone非対応• 代替機的にG-Callサービスを活用できる• RakutenLinkアプリは、過去含め楽天モバイルで購入できる22機種に対応• RakutenLinkアプリから発信すると、相手の環境とはず国内通話がかけ放題• 海外では一部通話料金がかかる点に注意• ただし指定の66か国ならRakutenLinkアプリ同士の通話でかけ放題に• RakutenLinkアプリも、非通知など通常のでんわと同じことができる• 自動のバックアップ・復元機能は故障時や機種変更時に便利• LINEとの最大の違いは、相手側はRakutenLinkアプリが要らないということ• 楽天モバイル契約者しか使えない• 楽天回線エリア外だと、通話品質がネット環境に依存する• Wi-Fi利用時や、相手の電話帳に登録されていない時は、非通知になるので注意 RakutenLinkアプリは少し注意点もありますが、活用すれば通話料金を大幅に削減できる便利なアプリですね! MNOになった楽天モバイルは、 値段が安くて通信速度も速いので、ヘタに格安SIMにするぐらいなら、楽天モバイルで決めちゃっていいと思いますよ! \契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/.

次の