バック ナンバー ハッピー エンド。 バクナンことback number「ハッピーエンド」の歌詞の意味は?解釈と感想!

ハッピーエンド/バックナンバーのPVの女優は誰?|New Girl Cafe

バック ナンバー ハッピー エンド

「 ハッピーエンド」は、バンドとしては16枚目のシングル。 すれ違う2人の切なさに「 ハッピーエンド」は本当にピッタリでしたね。 予告編だけで泣けてしまいます。 「ハッピーエンド」は嘘?実は失恋ソング。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、実は切なくとても悲しい 失恋ソングとの事。 作詞したボーカルの清水さんはインタビューでこう答えています。 嘘八百の歌ですねえ。 歌詞を全部書き終えたとき「もう言うことねえな、誰かタイトル付けてくれないかな・・・」って感じだったんですけど 笑。 でも、せっかくこの女の子が強がって、相手にとってのハッピーエンドにしたいのかなんなのか、一生懸命に嘘を吐いているので、だったらタイトルまで嘘を吐かせてあげないと可哀想だなあと思って。 uta-net. html 相手にとっての「ハッピーエンド」という事だったんですね。 このエピソードを聞いた段階でとても苦しく切ない気持ちになりますね。 苦し紛れに言った「ありがとう」という言葉も、 気持ちが邪魔してうまく言えないという切ない場面が浮かびますね。 どうしたらいいか分からないのでしょう。 徐々に「大丈夫だよ」と彼に言いつつも、自分に言い聞かせる事で気持ちを保っていたのかもしれません。 しかし彼女の心はどんどん落ちていき、それらはついに「 嘘」になってしまいます。 その花と、胸の奥にある「彼が好き」だという気持ちを 「 握りつぶす」という表現はとても悲しいですね。 彼女にとっての「大丈夫」は嘘でしかない筈ですが、彼の前だともうそう言うしか仕方がないのでしょう。 別れを切り出されても そんな事を思ってしまうほど彼の事が好きなのですが、 そんな事を言ってしまうと 彼を困らせてしまう。 自分の本当の気持ちを 「嘘」だと、嘘を吐いているのです。 別れ際になって 本当は嬉しかったんだと伝えたかったんでしょうね。 きっと出来るならば、あの夜の自分に戻りたいと思っているのではないでしょうか。 恐らく別れを切り出された理由について「 もう会えなくなるから」と言われたのではないでしょうか。 しかし彼女にとってそんな事は関係なく、どれだけ彼との距離が離れようが、好きだという気持ちは変わらないのに・・・ というもどかしい気持ちが表現されています。 だから彼にも自分のことをずっと覚えていて欲しい。 好きな人には誰だってそう思う事は当然ですが、やはりその言葉も彼を困らせると思ったのでしょう。 その気持ちを押し殺し、ただ「 元気でいてね」とだけ言い放ったところにも 彼女の強がりを感じます。 それとも愕然として現実を受け入れられないでいるのでしょうか。 そんな彼女に彼は安心した表情を見せますが、そんな暢気なところも「 大好き」だと感じてしまうほどの 純粋な気持ちが読み取れます。 もう自分は彼なしでは生きていけないのに・・・ と、ここでも 彼女の本音が垣間見えますね。 結局最後までその想いを消す事は出来ませんが、彼の前では意地を張って「嘘」を吐きます。 決意とも読み取れるその言葉に、思わず涙がこぼれてしまいます。

次の

ハッピーエンド (back numberの曲)

バック ナンバー ハッピー エンド

back numberの新曲「ハッピーエンド」。 スポンサーリンク この歌は映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌でもある。 マイヘアやクリープのような男の本音むき出しアーティストがどんどんと芽を出している中、イオリはどんな楽曲で個性を出すのか。 そんな視点から歌詞をみていきたい。 作詞:清水依与吏 歌詞については載せたいところですけど、載せたら色々とややこしいので、別のサイトやお手元に歌詞カードをもちながら当記事を読んで頂けたら幸いです。 当然、この歌詞を書いた清水は男性であるが、あえて女性目線の歌詞を書いてある。 これはタイアップゆえの指示なのか、清水の個人的な趣味でやったのかまだわかんないけれど、とりあえずそういうスタイルを取ってある。 この歌詞が女性の感情を汲み取ったものなのか、それとも男性のエゴを反映した女性のふりをした歌詞なのかは、聴いている人たちの判断に委ねるとして(まあ、もともと彼の歌詞は女々しい)、この歌詞の構造についてもう少し考えてみたい。 主人公はあなたのことを大好きマンでいることがわかる。 けれども、あなたである彼氏から別れを切り出され、本当は別れたくないからほんの少しの抵抗をしてみせるけれど、「なんてね、嘘だよ」と言葉を濁して、別れることを決心するのである。 清水の歌詞に出てくる主人公は大体、相手のことが大好きマンである。 そして、想いが強すぎるがゆえに勝手に相手との間の線を引いて、相手に何も伝えず、心の中で苦しむ葛藤とか嫉妬とか言葉にして、人物の動きをしっかりと描写しながら歌詞にするのがパターンのひとつである。 例えば、サカナクションの一郎氏は具体的な風景や心理はあえて描かないことで、なんとなく文学的香りを感じさせる「はぐらかし系」の歌詞であるが、バクナンの歌詞はそれとは対極のもの、つまりしっかりと描写もして想いもできるだけ白状させて、感情移入させるスタイルをとっているわけだ。 女目線だろうが、男目線だろうが、その本質はいつも通り一緒というわけである。 ひとつだけ気になるのは、ぱっとみてバッドエンドに見えそうこの歌詞のことを「ハッピーエンド」と題したタイトルのことである。 スポンサーリンク なぜこの歌詞でありながらにして、「ハッピーエンド」というタイトルにしたのだろうか。 こういう疑問を提起すると、原作読めば一発です~と言いたくなる人もいるとは思うけれど、一旦それは考慮せずに考えてみたい。 もし、この主人公が「ハッピー」なのだとしたら、その理由について考えてみたい。 青いまま枯れることができた(あなたのことを好きなまま別れることができた) 2. ずるずるといくのではなく、別れるという決心ができた 3.奥にあった想いと一緒に握りつぶした(あなたのこと吹っ切ることができた<本当にできたのかはともかくとして>) もしかすると、この歌詞を書いた清水も本音の部分ではこの歌詞の主人公は(少なくとも今は)バッドエンドだと思っているのかもしれない。 けれど、それをバッドエンドではなく、将来的にはハッピーエンドだと繋がるはずの想像力を信じたくて、目の前にある絶望を少しでも優しいものにしたくて、せめてもの償いとしてタイトルは「ハッピーエンド」にしたのかもしれない。 それまでは泣き虫だったはずの主人公が、別れの場面では泣かなかった強さが、そのひとつの証明なのではないか。 でも、やっぱりこのシーズンにこんな切ない歌は少し酷だと思う俺なのでした。 関連記事: 関連記事: スポンサーリンク.

次の

ハッピーエンド (back numberの曲)

バック ナンバー ハッピー エンド

「 ハッピーエンド」は、バンドとしては16枚目のシングル。 すれ違う2人の切なさに「 ハッピーエンド」は本当にピッタリでしたね。 予告編だけで泣けてしまいます。 「ハッピーエンド」は嘘?実は失恋ソング。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、実は切なくとても悲しい 失恋ソングとの事。 作詞したボーカルの清水さんはインタビューでこう答えています。 嘘八百の歌ですねえ。 歌詞を全部書き終えたとき「もう言うことねえな、誰かタイトル付けてくれないかな・・・」って感じだったんですけど 笑。 でも、せっかくこの女の子が強がって、相手にとってのハッピーエンドにしたいのかなんなのか、一生懸命に嘘を吐いているので、だったらタイトルまで嘘を吐かせてあげないと可哀想だなあと思って。 uta-net. html 相手にとっての「ハッピーエンド」という事だったんですね。 このエピソードを聞いた段階でとても苦しく切ない気持ちになりますね。 苦し紛れに言った「ありがとう」という言葉も、 気持ちが邪魔してうまく言えないという切ない場面が浮かびますね。 どうしたらいいか分からないのでしょう。 徐々に「大丈夫だよ」と彼に言いつつも、自分に言い聞かせる事で気持ちを保っていたのかもしれません。 しかし彼女の心はどんどん落ちていき、それらはついに「 嘘」になってしまいます。 その花と、胸の奥にある「彼が好き」だという気持ちを 「 握りつぶす」という表現はとても悲しいですね。 彼女にとっての「大丈夫」は嘘でしかない筈ですが、彼の前だともうそう言うしか仕方がないのでしょう。 別れを切り出されても そんな事を思ってしまうほど彼の事が好きなのですが、 そんな事を言ってしまうと 彼を困らせてしまう。 自分の本当の気持ちを 「嘘」だと、嘘を吐いているのです。 別れ際になって 本当は嬉しかったんだと伝えたかったんでしょうね。 きっと出来るならば、あの夜の自分に戻りたいと思っているのではないでしょうか。 恐らく別れを切り出された理由について「 もう会えなくなるから」と言われたのではないでしょうか。 しかし彼女にとってそんな事は関係なく、どれだけ彼との距離が離れようが、好きだという気持ちは変わらないのに・・・ というもどかしい気持ちが表現されています。 だから彼にも自分のことをずっと覚えていて欲しい。 好きな人には誰だってそう思う事は当然ですが、やはりその言葉も彼を困らせると思ったのでしょう。 その気持ちを押し殺し、ただ「 元気でいてね」とだけ言い放ったところにも 彼女の強がりを感じます。 それとも愕然として現実を受け入れられないでいるのでしょうか。 そんな彼女に彼は安心した表情を見せますが、そんな暢気なところも「 大好き」だと感じてしまうほどの 純粋な気持ちが読み取れます。 もう自分は彼なしでは生きていけないのに・・・ と、ここでも 彼女の本音が垣間見えますね。 結局最後までその想いを消す事は出来ませんが、彼の前では意地を張って「嘘」を吐きます。 決意とも読み取れるその言葉に、思わず涙がこぼれてしまいます。

次の