西日本シティ銀行。 西日本シティ銀行(銀行コード一覧・金融機関コード一覧)

西日本シティ銀行(銀行コード一覧・金融機関コード一覧)

西日本シティ銀行

サービスの特徴 NCBビジネスダイレクトは、インターネットを通じて、預金残高や入出金明細等の照会・振込・振替・総合振込・給与振込・地方税納付・口座振替がご利用いただける便利なサービスです。 メリット1 専用ソフト・専用端末不要! 貴社のパソコンがインターネットに接続できる環境であれば、新たに機器やソフトや端末機を購入することなく、ご利用いただけます。 メリット2 経理事務の省力化! オフィスにいながら、貴社口座の預金残高や入出金等の状況を確認することができます。 また、振込・振替・総合振込・給与振込・地方税納付・口座振替が、いながらにして行えますので、経理事務の省力化が可能になります。 メリット3 振込手数料がお得! 契約料は無料です。 月間基本手数料は、すべてのサービスをご利用いただけるフルサービスは3,630円(消費税等込)、各種照会、振込・振替のみの簡易サービスは1,430円(消費税等込)、取引明細メール通知サービスは1,100円(消費税等込・1口座当たり)と低価格です。 総合振込や振込の手数料が窓口をご利用いただくより、1件あたり220円~550円(消費税等込)おトクです。 メリット4 セキュリティも充実! 最新の暗号化技術(128ビットSSL/TLS暗号化通信方式)の採用により、インターネット通信におけるお客さまの情報盗聴や書き換えを防いでいます。 お客さまのパソコンにインストールした電子証明書を用いた認証を利用することにより、ログイン可能なパソコンを特定することができます。 電子証明書をインストールしたパソコン以外では利用できない仕組みになっており、セキュリティを強化できます。 電子証明書をご利用できないパソコンの環境の場合は、ご登録のメールアドレス宛に通知されるパスワードを、暗証番号およびパスワードに加えてご入力いただくことでセキュリティを強化することもできます。 また、併せて、お取引や「パスワード」等の登録情報の変更にあたっては、確認のため、登録されている管理者さまへ、その内容等を電子メールでご連絡させていただきます。 2015年4月1日現在.

次の

2020年5月1日号 西日本シティ銀行(4月1日付) の人事異動情報|現場直視の紙面づくりを目指す金融総合情報機関 ニッキン Web site 日本金融通信社

西日本シティ銀行

string 15 "エネルギー" string 0 ""string 12 "サービス" string 0 ""string 9 "不動産" string 0 ""string 15 "医療・福祉" string 0 ""string 6 "卸売" string 0 ""string 6 "小売" string 0 ""string 6 "建設" string 0 ""string 12 "情報通信" string 0 ""string 6 "教育" string 0 ""string 6 "林業" string 0 ""string 6 "物流" string 0 ""string 6 "製造" string 0 ""string 6 "運輸" string 0 ""string 6 "金融" string 0 ""string 18 "金融・不動産" string 0 ""string 15 "金融・保険" string 0 "" 創立15周年、中計推進で グループ総合金融力の進化を目指す 2014年10月に旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の合併で誕生し、今年で創立15周年を迎える㈱西日本シティ銀行。 17年度に始動した西日本FHグループ初の中期経営計画「飛翔2020 〜知恵をしぼろう〜」で『グループ総合金融力の進化』を目指す中、グループの中核会社としてさまざまな取り組みを進めている。 グループ一丸となった展開で「まるごとサポート」を進化 2016年10月に設立した持株会社、西日本フィナンシャルホールディングス(以下西日本FH)のもと取り組む中期経営計画では、来年3月までを「さらなる飛躍に向けた基盤拡大に取り組み、お客さまに選ばれる地域金融グループを目指す『グループ総合金融力の進化』ステージ」と位置付けている。 中でも特に力を入れるのが、「お客さま起点の総合金融サービスの向上」だ。 これまで企業や個人それぞれのステージから生じるさまざまなニーズに応じて最適なサービスを提供してきた「まるごとサポート」をさらに進化させ、全国地銀上位行の同行を中心に地銀系カード会社トップの九州カード㈱や九州初の地銀系証券子会社の西日本シティTT証券㈱など各社の強みを生かし、グループ一丸となった展開を図っている。 4月22日に「まるごとサポート店」としてオープンする大橋駅前支店・大橋支店の新店舗イメージ 創業支援機能を相次ぎ拡充 企業向けでは、地場産業の育成、成長分野への支援など地域経済の発展に資する最適なサービスを拡充する中、特に力を入れるのが旧2行で培われた「中小企業育成のDNA」を承継した創業支援だ。 17年11月には、福岡地区に続いて北九州地区にも「NCB創業応援サロン」を新設。 両サロンに創業カウンセラー29人を配置し、きめ細かな相談受付態勢を整えた。 さらに昨年は会計ソフトのfreee㈱や弥生㈱、広報活動支援の㈱PR TIMESと提携し、創業支援ツールの提供を拡充。 創業後5年以内の企業に対する融資金額は17年度に初めて1,000億円を突破したが、18年度はさらに上回る見込みだ。 また、国際ビジネス支援では16年9月に横浜銀行、17年5月に東南アジア最大のDBS銀行と業務提携するなど提携金融機関の充実した海外ネットワークを活用し広域かつ深度ある支援を展開している。 個人向けでは昨年夏に東京証券取引所との「資本市場に関する連携基本協定」に基づき、投資初心者やこれから資産運用を検討する顧客を対象に、NISA、積立NISA、iDeCo等の概要や金融商品の基礎について説明・解説するセミナーを、東証と共同で開催するなど、最適なサービスの提供に努めている。 Fin Techなど新たな領域へ挑戦 同行では高度なコンサルティングサービスの提供とともに、ベストミックスチャネルの構築にも取り組んでいる。 店舗チャネルとしては、4月以降、店舗のリニューアルオープンを行い、顧客満足度の高い店舗づくりと質の高い金融サービスの提供に努めていく。 デジタルチャネルにおいても「西日本シティ銀行アプリ」のサービスメニューを拡充している。 昨年4月、税公金お支払いサービス「NCBアプリペイ」の取扱対象に宇美町、志免町、須恵町、新宮町を追加し、福岡県内の6つの地方公共団体で利用可能とした。 同8月には、車購入、旅行、教育資金といった目的毎に、目標金額・期限などを顧客自身で設定してお金を管理できる「目的貯蓄」機能を追加した。 また、同9月には、北九州市との連携の下、㈱prIngが提供する個人間送金、店頭決済を行うアプリ「pring」を利用したQRコード決済の実証実験に取り組んだ。 今後も先進的な金融サービスの提供に向け、新たな領域へ挑戦していく方針だ。 ncbank. 092-731-3654 担 当/人事部人財開発室 (ふくおか経済EX2019年).

次の

株式会社西日本シティ銀行の年収や生涯賃金など収入の全てがわかるページ【年収ガイド】

西日本シティ銀行

年 従業員数 平均年齢 勤続年数 年収 2016年 3506人 40. 6歳 17. 2年 648万3000円 2015年 3574人 40. 5歳 16. 7年 647万8000円 2014年 3618人 40. 4歳 16. 3年 658万7000円 2013年 3480人 39. 7歳 16. 8年 665万8000円 2012年 3507人 39. 1歳 16. 5年 667万5000円 2011年 3628人 38. 8歳 16. 0年 654万4000円 2010年 3719人 38. 5歳 15. 8年 644万9000円 2009年 3731人 38. 3歳 15. 7年 647万7000円 西日本シティ銀行の年収偏差値 3000社以上の上場企業における西日本シティ銀行の年収偏差値を算出いたしました。 このデータによって、西日本シティ銀行の年収が上場企業内、業界内、都道府県内においてどれほどの位置にあるのか相対的な状況を知ることができます。 都道府県別での 年収偏差値 58. 3 81社中 西日本シティ銀行の年収偏差値は52. 9でした。 平均よりも少し良い収入状況です。 上場企業の中では若干良いくらいの水準ですが、世間一般の水準からみるとなかなかの優良企業といえます。 全国を対象とする上場企業全体の年収偏差値よりも、業種内や都道府県別の年収偏差値に注目した方が良いケースもあります。 全企業を含めてしまうとコンサル系や銀行業など高収入体質の業界も含めて対比することになり、その企業の実態を把握しにくくなるためです。 サービス業や小売り系は総じて低収入だったり、東京や大阪には年収2000万円に近い企業があったりと企業を取り巻く状況は様々であることを加味して判断すると適切な企業状況を知ることができます。 西日本シティ銀行の全上場企業中の年収ランキング 3000社以上ある上場企業の中での西日本シティ銀行のデータを上場企業別・業種別・都道府県別にランク付けしました。 西日本シティ銀行の平均年収 648万3000円、生涯年収 2億1763万9262円のランキングは以下の結果となりました。 年齢 月額給与 給与 年間 ボーナス 年間 年収 30歳 29万3567円 352万2809円 104万1559円 456万4368円 31歳 30万7980円 369万5769円 112万452円 481万6222円 32歳 32万2394円 386万8729円 119万9345円 506万8075円 33歳 33万3325円 399万9900円 125万4156円 525万4056円 34歳 34万3868円 412万6427円 130万6290円 543万2718円 35歳 35万4412円 425万2954円 135万8425円 561万1380円 36歳 36万4956円 437万9482円 141万560円 579万41円 37歳 37万5500円 450万6009円 146万2695円 596万8704円 38歳 38万4246円 461万958円 151万5643円 612万6601円 39歳 39万1194円 469万4329円 156万9404円 626万3733円 40歳 39万8141円 477万7700円 162万3165円 640万865円 41歳 40万5089円 486万1071円 167万6926円 653万7998円 42歳 41万2036円 494万4441円 173万688円 667万5130円 43歳 41万9660円 503万5925円 178万9140円 682万5066円 44歳 42万9988円 515万9863円 186万6353円 702万6216円 45歳 44万316円 528万3800円 194万3566円 722万7367円 46歳 45万644円 540万7737円 202万780円 742万8517円 47歳 46万972円 553万1675円 209万7992円 762万9667円 48歳 46万6370円 559万6448円 213万9985円 773万6433円 49歳 46万6838円 560万2059円 214万6756円 774万8815円 50歳 46万7305円 560万7670円 215万3526円 776万1197円 51歳 46万7773円 561万3280円 216万297円 777万3577円 52歳 46万8240円 561万8891円 216万7068円 778万5959円 53歳 44万9611円 539万5332円 204万489円 743万5822円 54歳 42万2796円 507万3558円 185万6761円 693万319円 55歳 39万5982円 475万1784円 167万3032円 642万4816円 56歳 36万9167円 443万10円 148万9304円 591万9314円 57歳 34万2352円 410万8235円 130万5575円 541万3811円 58歳 31万8551円 382万2617円 115万95円 497万2713円 59歳 29万6041円 355万2494円 100万6722円 455万9216円 生涯賃金・生涯年収:2億1763万9262円 30歳から55歳の年収推移を今一度確認してみましょう。 30歳の年収は456万4368円 35歳の年収は561万1380円 40歳の年収は640万865円 45歳の年収は722万7367円 50歳の年収は776万1197円 55歳の年収は642万4816円 30歳から順調に伸びて50代前半で最高年収に達した後は定年に向けてゆるやかに減少していきます。

次の