豚ひき肉 玉ねぎ。 おすすめ節約食材No.1!「豚ひき肉」徹底活用レシピ|わたしの節約

玉ねぎとひき肉のスパニッシュオムレツ 作り方・レシピ

豚ひき肉 玉ねぎ

豚ひき肉の定番人気レシピ みんな大好きなハンバーグや餃子など、豚ひき肉を使った定番おかずの人気レシピを厳選! 「特売で豚ひき肉を買ってきたんだけど、何に使おう…?」と迷ったときに、ぜひお試しください。 おろしポン酢でさっぱり!3つの食材で作るハンバーグ 豚ひき肉、レンコン、卵で作るヘルシーなハンバーグ。 レンコンの半分はすりおろし、半分はみじん切りにすることで、ふんわり&サクサクの歯ごたえに。 おろしポン酢でさっぱりいただきます。 こんがりキレイな焼き色の絶品餃子 ボリュームたっぷり、昔ながらの味付けで、飽きのこない美味しさの餃子です。 焦げ目はしっかり付けるのがコツ。 辛さは豆板醤の量で調節できます。 お財布にやさしい食材で!節約おかずレシピ お給料日前、家計にやさしいお助け食材として大活躍してくれる豚ひき肉。 卵をとろりと仕上げるために、材料は調理を始める前に全て用意しておきましょう。 ニラはサッと火を通せばOK。 カレー粉にニンニク、ショウガとの風味がプラスされ、ごはんにバッチリ合いますよ。 トッピングのカイワレ大根がアクセントに。 食べごたえがあるので、男性やお子さんにもおすすめです! おつまみにする場合は鶏がらスープの素を足すとしっかり味に。 野菜をたっぷり食べられる豚ひき肉レシピ うま味たっぷりの豚肉と野菜の相性は最高! 野菜をたくさん食べたいときのレシピを集めました。 お肉の量が少なめでも満足度が高い、ボリュームたっぷりのおかずです! 白菜と春雨がベストマッチ!アジアンテイストの簡単ピリ辛スープ 沸騰したお湯に材料を入れ、3分煮るだけで出来上がるアジア風のスープです。 決め手は豚肉とナンプラーのうま味! ショウガスライス、ラー油でピリ辛に仕上げるので、体が温まりますよ。 合いびき肉で作るよりさっぱりした仕上がりになります。

次の

玉ねぎとひき肉のスパニッシュオムレツ 作り方・レシピ

豚ひき肉 玉ねぎ

豚ひき肉は牛肉や合いびき肉と比べて割安なことが多い食材。 とはいえ、我が家でも元々は料理によって使い分けていました。 ところが今は、ひき肉を使う料理はほぼ全て豚ひき肉を使用するように。 そのきっかけはコストコの豚ひき肉との出会いでした。 コストコの豚ひき肉のメリット• 常時100g69円(2019年現在)• 脂身が少なく美味しい コストコでは常時、豚ひき肉が100g69円(2019年現在)で、私がコストコに通いだしてから価格に変動はなかったように思います。 しかもただ安いだけではなく、脂身が少なくて美味しかったので、リピート。 大容量のこのお肉を使い切るために、色々な料理で使ってみたところ家族にも好評だったこともあり、それ以来ひき肉料理は豚ひき肉へと変わりました。 やっぱり安いだけで脂ばっかりだったり、美味しくなければ使い続けません。 ちなみにコストコで合いびき肉や牛ひき肉は100g100円前後~もう少し上?豚ひき肉と違って多少変動しているようです。 豚ひき肉は100g100円と考えても、合いびき肉や牛ひき肉と比べて3割引き!これは大きいですね! スーパーでもこの価格がないわけではありませんが、スーパーのお肉は脂身が多くて炒めるとすご~~~くお肉が少なくなります。 コストコの豚にひき肉は価格だけでなく、コスパが良かった点が決め手でした。 今回は、そんな豚のひき肉を活用したレシピを3つご紹介します。 肉だねを作る。 玉ねぎをみじん切りにしてきつね色になるまで炒めて冷ましておく。 その間にパン粉、卵、塩コショウを混ぜて馴染ませておく。 玉ねぎが冷めたら、豚ひき肉とみじん切りにしたにんにくも加えて粘りが出るまでよく捏ねる。 4等分に分けて、それぞれリング状に形成し、フライパンで両面を焼く。 焼き色が付いたらお皿に移動する。 (後で煮込むので、完全に火が通っていなくても大丈夫です)• 同じフライパンで薄切りにした玉ねぎと、食べやすいように小分けにしたしめじをハンバーグの肉汁で炒める。 水、ソース、ケチャップを加えて、とろみが出るまで煮込んだら、ハンバーグを戻して一緒に煮込む。 ハンバーグの穴に卵を落とし、蓋をして蒸し焼きに。 卵がお好みの固さになれば完成。 目玉焼きを作る要領で半熟卵のハンバーグにします。 とろっとした卵とデミグラスソースのハンバーグは相性抜群! 玉ねぎをたっぷり使用したデミグラスソースは、簡単ですが肉汁の旨みとの相乗効果で満足度が高いソースになります。 我が家では付け合わせのポテトやご飯に乗せる子多数。 次の日用ならそのまま冷蔵庫で保管、 すぐに使わない場合は冷凍保存しておきます。 うずらの卵を包んで衣をつけて揚げればスコッチエッグに変身。 彩りの良いおかずになります。 コーンを周りに付けてコーンシュウマイにしたり応用が効くのも魅力。 豚肉と野菜を卵で包むものですが、簡単でお得食材の豚ひき肉で作ってみました。 野菜がモリモリ食べられます。 卵に、水と片栗粉を加えて、白身を軽く切る程度に混ぜる。 豚ひき肉を炒める。 ざく切りにしたキャベツを加えて炒める。 もやしも加えて炒め、塩コショウしてお皿に移す。 形を整えてお皿にひっくり返すように移す。 火を切ってから乗せても大丈夫なので、早めに乗せてください。 お好みソース、マヨネーズ、かつお節や青のり、細ネギなどをかけてください。 野菜たっぷりなので、ソースなどもたっぷり目に掛けるのがおおススメです。 かなり野菜の量は多めですが、この量を2人でペロッと食べられてしまいました。 野菜のシャキシャキ感が残っているので食べごたえがあります。 我が家では、肉なしの野菜のみでも好評でしたが、そこはお好みで。 お肉が多めの方が旨みやコクが出ます。 チーズやベーコンなど入れたり、アレンジが効くのでぜひ試してみてください。 栄養たっぷり!【ひじきと野菜のつくね】 豚肉とひじきの相性が良いとご存知ですか? 一緒に捏ねて焼くと旨みUP! 冷蔵庫にある野菜も加えて栄養満点の和風つくねにするのが我が家では定番です。 ひじきを水に浸け戻す。 人参、細ネギは粗みじん切りにする。 ひじき、人参、細ネギ、枝豆に片栗粉を加えて混ぜておく。 豚ひき肉と胡麻、調味料を加える。 粘りが出るまでよく捏ねる。 8~10等分にして丸めてから平らにし、フライパンで焼く。 火が通ったら仕上げの調味長を加えて絡めて完成。 また、 蓮根で挟んで焼くのもおススメ。 豚ひき肉は和洋中華となんにでも使える食材です。 今回は、節約食材である豚ひき肉だけでなく、お手頃価格でボリュームの出る野菜や卵をプラスして、より節約できるレシピになっています。 形や加える食材を変えることで、更にメニューも増えて飽きずに使いこなせますよ。

次の

働くママのお助け「豚ひき肉炒め」を作り置き!子どもを待たせない晩御飯アレンジレシピ5選

豚ひき肉 玉ねぎ

豚ひき肉は牛肉や合いびき肉と比べて割安なことが多い食材。 とはいえ、我が家でも元々は料理によって使い分けていました。 ところが今は、ひき肉を使う料理はほぼ全て豚ひき肉を使用するように。 そのきっかけはコストコの豚ひき肉との出会いでした。 コストコの豚ひき肉のメリット• 常時100g69円(2019年現在)• 脂身が少なく美味しい コストコでは常時、豚ひき肉が100g69円(2019年現在)で、私がコストコに通いだしてから価格に変動はなかったように思います。 しかもただ安いだけではなく、脂身が少なくて美味しかったので、リピート。 大容量のこのお肉を使い切るために、色々な料理で使ってみたところ家族にも好評だったこともあり、それ以来ひき肉料理は豚ひき肉へと変わりました。 やっぱり安いだけで脂ばっかりだったり、美味しくなければ使い続けません。 ちなみにコストコで合いびき肉や牛ひき肉は100g100円前後~もう少し上?豚ひき肉と違って多少変動しているようです。 豚ひき肉は100g100円と考えても、合いびき肉や牛ひき肉と比べて3割引き!これは大きいですね! スーパーでもこの価格がないわけではありませんが、スーパーのお肉は脂身が多くて炒めるとすご~~~くお肉が少なくなります。 コストコの豚にひき肉は価格だけでなく、コスパが良かった点が決め手でした。 今回は、そんな豚のひき肉を活用したレシピを3つご紹介します。 肉だねを作る。 玉ねぎをみじん切りにしてきつね色になるまで炒めて冷ましておく。 その間にパン粉、卵、塩コショウを混ぜて馴染ませておく。 玉ねぎが冷めたら、豚ひき肉とみじん切りにしたにんにくも加えて粘りが出るまでよく捏ねる。 4等分に分けて、それぞれリング状に形成し、フライパンで両面を焼く。 焼き色が付いたらお皿に移動する。 (後で煮込むので、完全に火が通っていなくても大丈夫です)• 同じフライパンで薄切りにした玉ねぎと、食べやすいように小分けにしたしめじをハンバーグの肉汁で炒める。 水、ソース、ケチャップを加えて、とろみが出るまで煮込んだら、ハンバーグを戻して一緒に煮込む。 ハンバーグの穴に卵を落とし、蓋をして蒸し焼きに。 卵がお好みの固さになれば完成。 目玉焼きを作る要領で半熟卵のハンバーグにします。 とろっとした卵とデミグラスソースのハンバーグは相性抜群! 玉ねぎをたっぷり使用したデミグラスソースは、簡単ですが肉汁の旨みとの相乗効果で満足度が高いソースになります。 我が家では付け合わせのポテトやご飯に乗せる子多数。 次の日用ならそのまま冷蔵庫で保管、 すぐに使わない場合は冷凍保存しておきます。 うずらの卵を包んで衣をつけて揚げればスコッチエッグに変身。 彩りの良いおかずになります。 コーンを周りに付けてコーンシュウマイにしたり応用が効くのも魅力。 豚肉と野菜を卵で包むものですが、簡単でお得食材の豚ひき肉で作ってみました。 野菜がモリモリ食べられます。 卵に、水と片栗粉を加えて、白身を軽く切る程度に混ぜる。 豚ひき肉を炒める。 ざく切りにしたキャベツを加えて炒める。 もやしも加えて炒め、塩コショウしてお皿に移す。 形を整えてお皿にひっくり返すように移す。 火を切ってから乗せても大丈夫なので、早めに乗せてください。 お好みソース、マヨネーズ、かつお節や青のり、細ネギなどをかけてください。 野菜たっぷりなので、ソースなどもたっぷり目に掛けるのがおおススメです。 かなり野菜の量は多めですが、この量を2人でペロッと食べられてしまいました。 野菜のシャキシャキ感が残っているので食べごたえがあります。 我が家では、肉なしの野菜のみでも好評でしたが、そこはお好みで。 お肉が多めの方が旨みやコクが出ます。 チーズやベーコンなど入れたり、アレンジが効くのでぜひ試してみてください。 栄養たっぷり!【ひじきと野菜のつくね】 豚肉とひじきの相性が良いとご存知ですか? 一緒に捏ねて焼くと旨みUP! 冷蔵庫にある野菜も加えて栄養満点の和風つくねにするのが我が家では定番です。 ひじきを水に浸け戻す。 人参、細ネギは粗みじん切りにする。 ひじき、人参、細ネギ、枝豆に片栗粉を加えて混ぜておく。 豚ひき肉と胡麻、調味料を加える。 粘りが出るまでよく捏ねる。 8~10等分にして丸めてから平らにし、フライパンで焼く。 火が通ったら仕上げの調味長を加えて絡めて完成。 また、 蓮根で挟んで焼くのもおススメ。 豚ひき肉は和洋中華となんにでも使える食材です。 今回は、節約食材である豚ひき肉だけでなく、お手頃価格でボリュームの出る野菜や卵をプラスして、より節約できるレシピになっています。 形や加える食材を変えることで、更にメニューも増えて飽きずに使いこなせますよ。

次の