レイド 色 違い 固定。 【ポケモン剣盾】~ソレダメ!色粘り~ 剣盾の色違い粘り注意点まとめ(2020/06/20追記):CLUB Shiny’s BLOG

【日記】シナリオクリア後のデータでレイド色乱数をやってみた

レイド 色 違い 固定

ついにソードシールド でマックスレイドバトルの星3から星5の色違い乱数調整に成功いたしました。 正直結構苦労しましたので、やり方を詳しく書いていこうと思います。 この方法で マックスレイドバトルに出現するポケモンなら夢特性も含め色違いを入手することが可能です。 正直難易度は結構高いなと感じていて、星1、星2に比べるとかなり時間がかかります。 なので個人的には出来れば星1、星2の色乱数調整を先やってみた方がいいと思います。 そのやり方は下記記事をご覧ください。 ただ、 星3から星5の色乱数をやるメリットとしてはバッジ8個持っているセーブデータでも出来るということです。 つまり、ほとんどのプレイヤーは特に何の準備もなくいきなり始めることが出来るというのが今回の色乱数調整の方法です。 準備するもの• をダウンロード Windowsでしか使えません 「OneStar. exe」を起動• バッジ8個 殿堂入り後? のセーブデータ 経験アメXLが33個くらいあると便利• サブロムともう一台のスイッチ 必須ではないが色違いを量産するためには必須、個体を確認する上でもあるとかなり便利こちらも星5レイドに参加できる必要があるので進めておく 手順 1. 狙いの巣を決める 基本的にはどんな巣でも大丈夫なのですが、特性が1つのポケモンが多い巣などでは難しい可能性があります。 またメタモンの巣は現状無理みたいです。 僕の場合はハシノマ原っぱFにしました。 などを使って狙いの巣を決めて、ねがいのかたまりを投げ入れてください。 レア光 紫の光 出ないと出現しないポケモンを狙う際は頑張ってレア光をまず出しましょう。 この時点で一応セーブしときましょう。 ちなみに色違いのマックスレイドバトルはポケモンを固定せずに作れるので その巣から出現する星3から星5全ての色違いを入手可能なので総合的に判断するのがオススメです。 僕の場合はギモー、トゲチック、フレフワン、マホミル、オーロンゲ、サーナイト、トゲキッス、ブリムオンの色違いが入手可能です。 セーブ時点から3回日付変更した先の2Vポケモンを捕まえて個体値を測定 今回の乱数調整で現在のSeedを求めるために使うのは3回日付変更したポケモンの個体値です。 その理由として、前も説明したように2回日付変更したところまでのポケモンは星の数、ポケモンの種類、個体値、性格、特性、色など全てがすでに固定されてしまっています。 3回日付変更した先に関してはV固定数などに応じて個体値、性格、特性、色は固定されているもののポケモンの種類は決まっていません。 そこで3回日付変更したポケモンの個体値や性格や特性は星の数によって色々変わるためそれを計測して現在Seedを求めていきます。 なので まずはセーブした段階から3回日付変更したレイドから2Vのポケモンを捕まえます。 星3からも3V以上のポケモンが出る可能性もあるのですが、2Vのポケモンを捕まえましょう。 星2でも出るポケモンが星3でも2Vになるようです。 僕の巣で言うとギモーとトゲチックの星3レイドということです。 そのポケモンの個体値をツールに入れて個体値チェックを押すとOKかNGが出るので、NGが出た際は日付を変えてOKが出るまでこの作業をやってください。 このOKかNGの判断は個体値のみで行なっているので、 OKが出るまでは性格、特性などは弄らなくて問題ないです。 OKになった後はそういう項目も埋める必要がありますが 性別固定かどうか注意しましょう。 僕の場合はトゲチックは普通ですがギモーはオス固定なので違ってきます。 最新版では下画像に加え個性も入力します。 工夫 セーブした時点から3回日付変更したレイドが星3ギモーorトゲチックの確率は結構低くてこれ自体が結構面倒です。 そこで僕がしたのはセーブした時点からとりあえず星3ギモーorトゲチックが出るまで3回より多く日付変更していく方法です。 この際何回日付変更したかわかるように日付を調整しておくと便利 例えば1月1日、2日、3日・・ としていくなど これで15日くらいまですれば流石に星2でも出るポケモンの星3のレイドが出ると思うので捕まえて個体値を計測します。 で個体値は計測しました。 レベル100まで上げるとほぼ確実に1つに決まりますが、下降補正がかかっているところでごくたまに決まらない可能性がありますがほぼ決まります。 ツールにその個体値を入れてもしOKと出たならリセットしてそのレイドが出るより3回引いた回数日付変更進めればいいのです。 もしNGならリセットしてもう一度同じことをします。 こうすることで3回から15回くらいの範囲の中に星3ギモーorトゲチックのレイドがあればいいことになるので、確率がだいぶ高くなります。 また同じところから始めても日付変更した回数で12回はNGだったが9回はOKということもあるので、同じところから何度か始めて、被るようになったら大きく日付変更してセーブしてまたそこで同じことをするとしたら効率的かなと思います。 リセットして3回日付変更して星4以上のレイドから3Vor4Vのポケモンを捕まえる 基本的に全てリセットしてください。 ねがいのかたまりを投げ直すことはありません。 OKと一緒に3Vか4Vと指定されるので、まずは自分がそのどちらかを確認しましょう。 セーブした時点から3回日付変更した星4or星5のレイドからそのポケモンを捕まえて、個体値を計測しツールに入力します。 僕の場合でいうと星4のフレフワンを狙うことになります。 4Vの場合 4Vの場合は星5から捕まえるようにしましょう。 星4の場合は元は3Vなのに自然に後一つVが発生している場合との区別がつかないみたいです。 星5から4Vを捕まえるのが一番安定するようです。 なのでそもそもOKと一緒に4Vと出た方がいいです。 リセットして4回日付変更してできる限りV数が少ないポケモンを捕まえる つまり今回もトゲチックやギモーがいいということです。 Vが多いと絞り切れない可能性が出てきます。 そのポケモンを捕まえて個体値を計測し5匹目というところに入力しましょう。 入力ミスがないか確認して検索開始を押す 10分近く時間がかかるので気長に待ちましょう。 うまくいけば星1or2の時と同じようにリストが出てきます。 星の数などによって個体は変わるのでそれに応じてリストを出せばいいですが、色違いは条件を変えても一緒です。 リストの消費乱数-3回日付変更を行う ランクバトルの後に日付をずらすOKを押すだけで乱数消費が可能なので1時間3000くらい消費が可能です。 目安として何日後の日付が何月何日か知っておくと便利です。 日付計算ツールは。 近づけばリストから実際にポケモンを捕まえて自分が今どれだけ消費した確認してみるのがいいと思います。 色違いから三日前でレポートを書くことが出来れば完成です。 ここでも うまくいっていればポケモンキャンプをしておきましょう。 こうすることでポケモンを固定してしまってもバックアップから始めることでまた固定されていない状態に戻せます。 ポケモンを捕まえるとバックアップが更新されるみたいなので捕まえる前に切りましょう。 まとめ 結構大変だと思うので覚悟を持って始めてください。 僕の場合は10時間くらいはかかりました。 1度成功すれば色々な色違いを入手可能なので頑張りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】「レイド式乱数調整」の研究が進み、無改造で色違いのポケモンを出せるようになった模様…!

レイド 色 違い 固定

捕まえたいポケモンや入手したい「技レコード」がある場合は、任意のレイドボスが出現しやすいエリアマップで「マックスレイド」をしましょう。 特に「キョダイマックスポケモン」は出現する巣穴が限られている上に、出現確率が非常に低いので、出るまで粘り強く挑戦しましょう。 ウオノラゴンが最効率 比較動画付き! レイドバトルにおいて、「ウオノラゴン」による「エラがみ」連打が最も効率良く周回することができます。 ウオノラゴン以外だと「ザシアン」や「ムゲンダイナ」がおすすめですので、これら3体を育成しておけばレイドバトルで困ることはありません。 ニャイキングの夢特性「はがねのせいしん」は味方の鋼技の威力を上げるため、参加者全員でニャイキングに揃えるだけで高火力を発揮することも可能です。 勝てない時はレイド募集がおすすめ レイドボスが強くて勝てない時は、レイド募集で仲間を集めて戦うのがおすすです。 マルチ掲示板で募集すれば、フレンド以外の方も参加してくれるため、どうしても勝てない時は掲示板を利用して挑戦してください。 通常の攻撃力ではほとんど「まもる状態」なので、攻撃が全く通らなくなります。 破壊するまで効果がないので、出来るだけ早く攻撃して破壊しましょう。 複数回攻撃・急所でも減るゲージ数は1で固定です。 しかし、ダイマックスできるターンは3なので、貴重なダメージソースを失うリスクもあります。 ゲージを少しでも早く削るには攻撃技を選出しましょう。 相手の耐久が下がれば一気に攻めるチャンスが訪れるので、ガンガン攻撃していきましょう。 レイドバトルの対策 壁貼りが有効 「リフレクター」「ひかりのかべ」といった相手の攻撃によるダメージを軽減できる壁貼り技は、効果が全体に及ぶためマックスレイドにおいて有効です。 友達とやる時は、話合って壁役を決めておくと安定して攻略が行えます。 「おうえん」で自軍をサポート 「おうえん」すると起こること 味方全員の HPを全回復 味方全員のこうげき・とくこう・ぼうぎょ・とくぼう・すばやさのいずれかが 2段階アップ 味方 全員の状態異常を回復 味方全員の 回避率が1段階アップ 味方全員の攻撃が 急所にあたりやすくなる 味方全員に「リフレクター」か「ひかりのかべ」の効果を与える ふしぎなバリアを破壊する 何も起こらない ポケモンが倒されてしまったプレイヤーは「おうえん」で自軍のサポートができるようです。 倒されてしまったプレイヤーでもバトルに貢献できるため最後まで「マックスレイド」を楽しめます。 タイプ相性的に有利なポケモンを使おう 「マックスレイド」が始まる前に出現する「ダイマックスポケモン」を知ることができます。 ですので、タイプ相性的に有利なポケモンを優先して選択するようにしましょう。 レイドバトルの報酬 確定報酬 ランダム報酬 ボーナス報酬 マックスレイドバトルの報酬は 「技レコード」が確定で入手できます。 きのみやカレーの食材やランダム報酬となり、運がよければ「ダイマックスアメ」もしくは「けいけんアメ」をボーナス報酬として入手可能です。 光の柱は全部で3種類存在し、太さや色によって効果や意味合いが異なります。 アイテム「ねがいのかたまり」を使用することで、「光の柱」を出現させることもできます。 レア度はノーマルなので、自分の進行度によって敵の強さが変化します。 場所は完全にランダムで設定されているので、確定で場所が指定されている訳ではありません。 しかし、太い光の柱からはレアなポケモンが出現するので見つけたらかならずチャレンジしましょう。 日付の変更時点で巣穴の数が増加する訳ではないので、注意が必要です。 柱はリセットされると新たにレイドバトルへと参加できるようになるため、連続周回が可能です。 レイドバトルの参加方法 レイドバトルに参加する手順• Yボタンを押す• Xボタンで更新する• 募集している所にカーソルを合わせる 1. Yボタンを押す まずはYボタンをおして、YY通信を開きます。 YY通信を開くと、現在通信できる相手を見つけられます。 Xボタンで更新する Xボタンを押すことで、マックスレイドの募集が行われてるか確認することが出来ます。 募集している所にカーソルを合わせる マックスレイドの募集をしているステッカーには、左下に「募集」の文字が書いてあります。 募集がある所にカーソルを合わせて参加しましょう。 パスワードが設定されたレイドバトルは、 「参加する」を選んぶとパスワード入力が求められるようになっています。 参加する側がゲーム内で確認する方法はないため、パスワードは事前に確認しておきましょう。 レイドバトルのやり方 募集方法 レイドバトルを遊ぶ手順• ワイルドエリアでポケモンの巣を探す• 対戦形式を選択• マックスレイドバトルで使うポケモンを選ぶ• ポケモンを捕獲する&報酬をゲット 4. ポケモンを捕獲する&報酬をゲット 「マックスレイド」でダイマックスポケモンを倒すとゲットチャンスが訪れます。 チャンスは1人1回なので、「ハイパーボール」を使って出来る限り捕獲率を上げましょう。 報酬はレイドボスの星の数が多いほど豪華になるため、「けいけんアメ」や「技レコード」を欲しい方は積極的に星の数が多いレイドバトルに挑戦してください。 レイドバトルとは? 最大4人で行うレイドバトル 「マックスレイド」とは、最大4人で協力して「ダイマックスポケモン」に挑むレイド形式のバトルです。 野生の「ダイマックスポケモン」は常に巨大化したままなので非常に手強く、仲間との連携が勝負の鍵になります。 最高難易度5では、キョダイマックスポケモンや 「隠れ特性」を持った特別なポケモンが手に入ることもあります。

次の

ポケモン剣盾 イベントレイド乱数

レイド 色 違い 固定

こんにちは、昨日の夜にソードシールド に乱数調整が存在することを知り今朝から1日かけて作業したところ色違いを大量に入手することが出来ましたのでその方法を今回は解説していきます。 この記事では星1、2のマックスレイドバトルの乱数調整で初級者編です。 星3から星5の上級者編は下記記事をご覧ください。 まず始めに乱数調整という言葉を聞くとソフトを弄る危険な行為かのような勘違いをする方がいるかもしれませんが、 乱数調整とは普通のプレーで必然的に狙いの個体を入手する方法であるため、 ソードシールドのソフトやスイッチに悪影響はありません。 それでも乱数調整という言葉に嫌悪感を抱く方がもしかしたらいるかもしれないのでそういう方は見ないようにお願いいたします。 乱数調整とは 乱数調整と一言で言ってもゲームソフトによって全く中身は異なります。 僕が昔やっていたハートゴールドの乱数調整はストップウォッチで0. 03秒という細かい時間を計ってボタンを押すというようなものでした。 それに対してソードシールドの乱数調整はサンムーンの孵化乱数と似ていて、 時間を計測するというようなことは必要ありません。 どういう個体が出るかということを事前に知ることにより色違いを効率よく出せるようになるというイメージです。 ソードシールドの乱数調整の始め方 ソードシールドではそもそもマックスレイドバトルでしか乱数調整をすることが出来ません。 しかも乱数調整が可能な状況は現時点で限られています。 条件を簡単にいうとマックスレイドバトルの星1か星2 か星3? の出現ポケモンのみです。 すなわち 現状では夢特性は出来ないと思います。 ただし一度色違いのマックスレイドバトルを出すことができればサブロムがあれば無限に色違いポケモンを増やすことが可能です。 なので現状、ドラメシヤなど 夢特性が必要ない星1or2で出現するポケモンがターゲットになります。 その理由も含め原理をまず簡単に説明していきます。 乱数調整の原理 マックスレイドバトルに関して日付変更でどんどんポケモンが変わっていくことは周知の事実となっていると思うのですが、 その個体値、性格、特性、色違いなどは実は毎回全く同じなのです。 例えば、巣穴に願いのかたまりを投げ入れるとあるポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 ここでセーブしておいて、そこから日付変更するとまた別のポケモンのマックスレイドバトルが出現します。 リセットして同じように日付変更すると先ほどと全く同じ個体値、性格、特性のポケモンのマックスレイドバトルが出現するのです。 細かいことを言うとポケモンの種類自体は決まっているわけではありません。 現時点のポケモン、日付変更した次の次のポケモンまでは種類が確定しています。 しかし その先はポケモンの種類自体は確定していません。 ただ、 個体値、性格、特性、色違いはこの時点でどこまでも決まっているのです。 つまり例えばこの時点であと1万回日にちをずらしても色違いが出ないということも決定してしまっているのです。 そこで現状のマックスレイドバトルのポケモンの個体値、性格、特性と日付を1度変更した次のポケモンの個体値、性格、特性からその先の個体値、性格、特性、色違いを知ることが出来るツールを利用して あと何日日付変更することで色違いに出会えるのかを知るというのが今回の乱数調整になります。 個体値で現在の状況を知るので確定Vの多い星2以上ではそれが出来ないので、現状星1のポケモンでその確認が必要になります。 ちなみに日付変更は1日進めるのもそれ以上進めるのも一緒です。 何回行ったかというのが問題になります。 必要なもの• ソードシールドのアカウント 星1のマックスレイドバトルが出るバッジの少ない状態のもの ちなみにバッジ0個の状態では星1のマックスレイドバトルしか出ませんが、バッジを1個手にいれると星2のマックスレイドバトルも出現するようになります。 星1しか出ない方がやりやすい一方で出来るポケモンの種類がかなり少なくなります。 リンクから最新版をダウンロードしてください。 ちなみにmacでは動かないのでWindowsのパソコンが必要です。 ねがいのかたまり何個かと経験アメやふしぎなあめなど個体値を確定するためのアイテム• サブロムともう1台のスイッチ 必須ではないが新しいデータにアイテムを送ったり、色違いの量産をする上では必須 手順 まずは目当てのポケモンを決めます。 僕の場合はドラメシヤを狙ったのでそれで考えます。 で星1か星2で出る巣を探します。 ドラメシヤの場合、うららか草原gかキバ湖の瞳のいずれかだが序盤は水を進めないためうららか草原gのみとなります。 この場合星2でしか出現しないのでまずバッジは1つ入手しておく必要があります。 ねがいのかたまりを狙いの巣に投げ入れる レア光のみの場合はレア光を厳選• 上記を満たすマックスレイドバトルが出現したらレポートを書いてもう1日ずらして次のポケモンも星1かどうか確認。 もし違う場合はこの条件を満たすまで日付変更していく。 確認後リセット。 ちなみにそれぞれリセットするので1匹だけ個体値を確定出来れば十分なのでそのためのアメを事前に用意しておく。 レベル100まで上げれば確定させられるが、それも面倒なのでを使ってちまちま個体値を絞っていってもいいと思います• ツールに捕獲した2体の情報を入力する を参考にしました 例えば1匹目が「スボミー、1-31-25-10-5-18、いじっぱり、しぜんかいふく」、2匹目が「スボミー、11-27-10-21-31-9、うっかりや、どくのトゲ」だった場合以下のように入力する。 ちなみに特性1か2かはポケモン徹底攻略で上の特性が1で下の特性が2です。 「検索開始」を押してしばらく待つ。 僕の場合は3分くらい待たされました 7. Den Seedに値が入力され、リストが表示されたら成功。 その場合は2に戻る。 巣を変えたりねがいのかたまりを投げなおしたりする必要はありません 8. リストの星が色違いで一番左の数字がそれに必要な日付変更回数です。 その作業に耐えられるか自分で判断する。 ちなみに 1年 365日 日付変更するのに約2時間かかります。 そのため下記のように1050回だと3年弱なので6時間弱かかる計算です。 数字が大きすぎて無理と判断した場合はねがいのかたまりを投げ直すとこからやり直しです。 日付変更の革命 ランクバトル の後日付変更を自由に出来るというのを利用することにより大幅に時間短縮が可能なようです。 ランクバトルに一度挑戦したあと、 日付変更してOKを押すというのを繰り返すだけで乱数消費が可能なようです。 つまりゲーム画面に戻る必要がないのです。 この方法だと1時間で3600くらい消費が可能なようなので試してみてください。 前までの方法だとワット数で消費数が確認できるのがメリットなのですが大量消費はこの方法でやるべきですね。 消費数の数字-3回日付変更を行う 上記の場合だと1047回 この時点でポケモンキャンプをする。 (オートセーブタイミングでバックアップが取られる) あくまで1050回目で色違いのマックスレイドバトルは出現するのですが、1047回の時点でセーブしておくことにより 色を確定にしてポケモンの種類を固定しないことが出来るので同じ個体だが 別の種類のポケモンの色違いも入手することが可能になるのです。 今回の場合でいうとドラメシヤだけでなく以下のように様々なポケモンの色違いを入手することが出来ます。 3日ずらしてポケモン確認。 理想のポケモンが出るまでリセットして繰り返す。 狙いのポケモンが出たらレポート。 これで狙いの色違いのポケモンのレイドの完成です。 しかも ゲームのオープニング画面で十字キーとBボタンとXボタンを同時に押すことでバックアップから始められます。 つまり、ポケモンキャンプをしたタイミングに戻るため、 もう一度ポケモンを変更することが可能になるのです。 まとめ 現時点では結果が出てこなかったり星1しか無理だったりと制約は多いが、これからもう少し改善されることが期待されます。 また 日付変更に結構な時間がかかりますので結構大変です。 その代わり1度出せれば 同じ巣の色々なポケモンの色違いを入手することが可能です。 あとこの方法は自分というより人に色ポケモンを配る方が向いている方法です。 自分もこのレイドは消していないのでいつでも皆さんに色違いポケモンレイドにより色違いを配布することが出来ます。

次の