デュエルリンクス そく。 【遊戯王】PROPLICA 1/1「デュエルディスク」【プレバン受注開始】 | fig速

【遊戯王】PROPLICA 1/1「デュエルディスク」【プレバン受注開始】 | fig速

デュエルリンクス そく

はじめに 当サイトは遊戯王OCGの最新情報を取得して発信するアンテナサイトです。 RSSから最新情報を閲覧するまとめサイトとしての機能を提供します。 当サイトに登録しているブログは管理人が厳選して決めています。 最新情報を発信する遊戯王の専門ブログであることが登録基準です。 登録している遊戯王ブログが理由もなく一ヶ月以上更新を停止した場合、閉鎖したと判断し登録を削除することがあります。 当サイトはリンクフリーですので、リンクの際に承諾を必要としません。 ですが、リンクの際はトップページにしてくださいますようお願いいたします。 また、html以外のファイルには直接リンクしないようお願いいたします。 バナーを使用する際は直接リンクせずダウンロードしてお使いください。 sakura. sakura.

次の

アンテナ速報

デュエルリンクス そく

かたすみ速報• カンダタ速報• 読み速• ハロン棒ch• seiyu fan• やみ速• ファ板速報• YouTube速報• PS4速報• 登山ちゃんねる• 女性様• チャリ足• WorldFootballNews• ってなんじぇですかー• オーバージョイド!• HUNTERxHUNTERx• 鬼女速• なんじぇいスタジアム• メシニュース• 気団談• SKE48まとめはエメラルド• 阪神タイガースチャンネル• ワールドトリガー• 暇つぶしニュース• 鬼女の浮気速報• 最新ゲーム速報!ForzaXbox• キチガイママまとめ保管庫• エアライン本舗• BIPブログ• 投資ちゃんねる• 音まとめ• Zチャンネル• 竜速(りゅうそく)• Samurai GOAL• たろそく• まとめたニュース• ニュース30over• マネー速報• ぐら速• SAMURAI Footballers• 修羅場家の日常• オタクニュース• 汎用型自作PCまとめ• アニゲー速報VIP• 結婚・恋愛ニュースぷらす• ゆるりとひじきそくほう.

次の

アンテナ速報

デュエルリンクス そく

召喚時に手札を墓地に送り、その数だけ場のカードを手札に戻せる上級モンスター。 このモンスターの召喚に特化したデッキを駆使しております。 サポートカード• 死皇帝の陵墓(リリースコストの踏み倒し)• サンダードラゴン(デッキ圧縮)• ハネ(耐える!)• を呼ぶ笛(サーチ) ぬ~べ~世代なら組んでみたい! 松坂さんも楽しんでおられる様ですw とについて 18年10月6日に「」さんのにてカードゲームアプリ 「デュエルリンクス」で使用するデッキ構築を公開してくれました! 以前からさんとのラジオでデュエルリンクスプレイヤーという事を公言しており、同ゲーム内のランク戦において高い成績を残しているということがファンやプレイヤーの中で認知されています。 関連記事 さんがに関して発信することで今までに興味の無かった人もカードへの興味を持ってもらう良いきっかけになり非常にうれしく思っています。 そしてさんがより一層好きになりました! 今回は公開されたツイート並びに松坂さんのブラックマジシャンデッキに収録されているカードを紹介していきたいと思います。 松坂 桃李(まつざか とおり、1988年10月17日 — )は、日本の俳優、モデル。 左利き。 同時にテレビドラマ初主演を飾る。 また、同作の劇場版にて映画初出演・初主演となる。 今年30歳になる松坂さんが世代どんぴしゃなので学生時代からに慣れ親しんでいたことが推測できます。 2018年4月にはさん原作の「」が公開され、大胆な濡れ場で新たな俳優としての顔を見せてくれております。 プロモーションムービー また最近ラジオさんとのラジオの中で話題になったデュエルリンクスプレイヤー! だそうなのですが、高いランクである「キング」まで勝ち上がっているとのこと。 ラジオ内ではデュエルリンクスへのハマり具合を熱弁するさんとそれに突っ込みを入れつつ、自身もにはまってしまったさんの掛け合いが面白いです。 さらにはゲーム内でのプレイヤー達とオフ会を開き、自身を自営業と名乗っているそうです。 このラジオをキッカケに多くのから好意的な意見を呼んでいます。 さらには公式のにてかねてよりどんなデッキを使ってるの?というファンに向けて次のツイートがされています。 さんの公式より 何デッキを使ってるんだ?という声が聞こえたので、ランク戦で使ってるデッキの一つです。 今月はこやつで突破しました。 — MToriofficial デュエルリンクスでのプレイ画面の画像が添付されています。 上部の「デュエルキング」の称号がこのゲーム最高峰のランクとなっています。 ブロンズランク• シルバーランク• ゴールドランク• プラチナランク• デュエルキングランク という順番で上がっていきます。 各ランクで対人戦を行い、各プレイヤーは自分の作った最高のデッキを持ち寄り対戦します。 私もこのゲームをしておりますが、各ランクに勝ち上がるには課金をおこなったガチプレイヤーに挑まなければなりません! ちょっとやそっとでなれるようなものではありません。 (自分も出来たことがありません💦) さらに課金を行わずにデュエルキングになっており、巷では グ ムカキング と称されています。 このの投稿により、デュエルリンクスプレイヤーはもとよりファンからも好意的な意見が寄せられています。 使用デッキ一覧 スキル「マスター・オブ・マジシャン」 その名の通り魔法使い族を中心とし、ドである「ブラックマジシャン」を他のサポートカードで展開し 勝利を目指す原作の主人公である「」を彷彿とさせるデッキです。 使用するキャラはパンドラでライフを2000消耗する度に千本ナイフなどのブラックマジシャンサポートカードをサーチするスキルを使用し、ブラックマジシャンを使い倒すまさにマスターオブマジシャンです。 松坂がデッキを公開した後、と同じデッキのプレイヤーに遭遇しました」という肥えもあり、同じデッキで戦うのがトレンドとなっているそうだです。 デュエルリンクスプレイヤーはデッキを考察するにあたり「実に難易度の高いデッキ」などという意見が寄せられています。 ここからは各カードの名称や効果などをご紹介します。 カード経験者でなくても名前だけなら聞いたことのある方も多いと思います。 「」とならぶのカードとなります。 採用されるブラックマジシャンカードはイラスト違いの3枚が入れられており、「」・「ブラックマジシャン」への愛が感じられます。 おもに魔導化リジョンの権付与や黒魔術のカーテン、古のルールなどで簡単にが可能な構築になっております。 長年愛される代表的なカードです。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分は通常召喚に加えて1度だけ、 自分メインフェイズに魔法使い族モンスター1体を表側攻撃表示でできる。 2 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から魔法使い族の通常モンスター1体を選んで手札に加える。 通常召喚に加え魔法使い族のの回数を増やす。 場から墓地へ行った場合、デッキ・墓地から魔法使い族のバニラカードをサーチ。 優秀な魔法使い族サポート。 コストの重い「ブラックマジシャン」をするための良サポート。 ステータスは低いものの潤沢な効果を持ち、墓地へ送られた場合に「ブラックマジシャン」をサーチできる点もこのデッキの意図と噛み合っております。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 召喚成功時に「ブラックマジシャン」魔法罠を手札に加える。 相手ターンに自分が魔法罠を発動する際、場の魔法使いをリリースし墓地からこのカードを手札に加える ブラックマジシャンサポート魔法罠をサーチできる専用サポートカード。 こちらのデッキでは• 黒魔術のカーテン• 千本ナイフ• 黒魔導 をデッキから手札に加えることが出来る。 また、相手ターンに魔法罠を使う際にこのカードを手札に加えるチャンスがある為、「ブラックマジシャン」サポートカードをさらに手札に引き込むことが出来る。 デュエルリンクスではないカードプールの多いOCG(ゲームではなく生のカードでの対戦)でのブラックマジシャンデッキでも採用されるキーカードとなっており、初手に引き込みたい一枚となります。 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分または相手が魔法カードを発動する度に、 このカードに魔力カウンターを1つ置く。 このカードに乗っている魔力カウンター1つにつき、 このカードの攻撃力は300ポイントアップする。 1ターンに1度、このカードに乗っている魔力カウンターを 2つ取り除く事で、相手の手札をランダムに1枚捨てる。 召喚時にカウンターを2つ置き、さらにカウンターを取り除き相手の手札を捨てることが出来る。 「魔導化リジョン」の効果により権が増えた状態であればこちらのカードも簡単に並べることが出来そう。 さらにカウンターの乗ったこのカードの攻撃力は2300まであがり大抵の下級モンスターを対処できる。 相手の手札をランダムにすてる効果も非常に強力。 さまざまな魔法使い族が入り乱れており非常に面白い構築ですね。 その攻撃モンスターを守備表示にする。 2 :を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、 墓地のこのカードを除外できる。 相手の攻撃宣言時に手札から捨て、そのモンスターを守備表示に。 墓地から自身を儀式素材にできる効果。 ステータスの低い下級魔法使い族を場に残せば相手に反撃の余地を与えてしまうのでこのカードで相手の攻撃を妨害するのが狙いでしょう。 デュエルリンクス内でも初期に実装されたカードですが、気軽に使える妨害札として現在でも非常に便利。 このカードの発動後、相手ターンで数えて4ターン目の相手スタンバイフェイズに、 そのカードを相手の手札に戻す。 相手の手札をランダムに選び4ターンの間、使用にできるカード。 こちらも原作でが使用したカードであり、の高いカード。 時間制限はあるものの、その間にフィニッシュに持ち込めれば相手のキーカードが無効化されるのはとても強力。 キング松坂のセンスが垣間見えます。 広告 【】デュエルリンクスでの使用デッキのカード解説 さんがより身近に感じれました! まえから好きな俳優さんでしたが、さらに応援したく思っております。 これをきっかけにもっと沢山の人にを知ってもらえると思ってます! 最後まで見ていただいて有難うございました。 ! 合わせて読みたい ほかにも沢山の芸能人が! 「ブラマジ」はの歴史といっても過言ではないです。 かっこいい「レッドアイズ」も! 君は「青眼」を知っているか? デュエルリンクスとは 初の対戦可能な用アプリ。 基本料金無料の形式ゲーム。 ルール デッキ枚数は20枚~30枚 は5枚 モンスターゾーン、魔法・罠ゾーンが3枠しか存在しない ペンデュラムゾーンが存在しない メインフェイズ2が存在しない 「」との主な違いは、「マスタールール3」対応である(=先攻ドロー廃止)ところと、「フィールド魔法ゾーンが存在する」ところ、そしてデッキ枚数である。 本作はコンピュータ相手にデュエルするモード「デュエルワールド」に加え、「オンライン対戦」により他のプレイヤーとデュエルすることが可能。 様々な制約こそあれど、で見知らぬ相手とデュエルすることができる。 また、過去にデュエルした相手のデータと練習することや、他者のデュエルを観戦することも可能。 本作ではキャターを使用することになる。 歴代キャターが参戦する予定であり、レベルアップによりカードを入手することが可能な他、詳細は不明だが「スキル」を修得することができる。 最近の投稿• 最近のコメント• に hukuzawa wakuhei より• に BM より• に 三沢 より• に paulracerx6488 より• に paulracerx6488 より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の