ツイ 消し 見る。 人にはあんまり聞かれたくない!?ツイ消しする心理とツイ消しする人への接し方

🌻キリコ🌻(@saji_aru)のプロフィール

ツイ 消し 見る

アカウント統合しました! 配給があれば割と見る専、一度呟くと満足してよくツイ消しします。 自分の中のキャラクター解釈と合致していれば他CPも逆CPも好きです。 ほのぼのとギャグ、たまにシリアス。 CPのつもりで描いてるものはCP名書いてます。 春組と碓氷真澄くんが好きです、千景さんと誉さんと椋くんも大好き。 真澄関係が大好きです。 月下、監督も好き。 舞台も観るし収集もしてます。 GXの藤原を永遠に拗らせてます。 三天才多め。 藤原関係とかジャッカリ。 原型も擬人化も好きです、ゴースト・あく・エスパーのポケモンだいすき。 ポストマンくん。 初代、QTF、プライム、サイバーバースをゆっくり視聴中。 好きな子探し中(今はフレンジー、ジェットロン、パーセプター、サウントウェーブ、マイスター、スカイファイアー、ホットロッドが気になりつつ両軍みんな好きです)ビーチコンバーは妖精さん。 創作はずっと嗜んでます。 仲良くして頂けたらうれしいです!.

次の

Twitter検索:過去のツイートを見る4つの方法まとめ

ツイ 消し 見る

どうも、ほっしー です。 ツイ消しって知ってますか? Twitterのツイートを消すことです。 私も自分の過去のツイートが嫌で消そうと思ったことがあったのですが…やめました。 消したって意味ないですよ。 誰も見てないし、下手なこと書いてたらスクショされてますから(笑) ちなみに、 炎上するような失言してしまった場合は謝ってから削除するか、削除しないほうがいいでしょう。 消すことによって、責任を追及してくる輩もいるので…。 どこまでもイタチごっこになってしまうので、消さないほうがいい。 今回はツイ消しをしても意味が無いということ+「それでも消したい人にオススメのツール」について書いていきます。 理由なんていいから、さっさとツイ消しの方法教えろや って方は、してくださいw 知らずにツイ消しして満足してると、裏で笑われてるかもしれませんぜ…w もくじ• Twitterの黒歴史を消すのってどうなの? ツイ消しは無意味 そのツイートを消すことで、自分の視覚からは消すことができますが、発言したものについての責任がなくなるわけではありません。 私も無責任になってしまった恥ずかしい言葉たちがたくさんありますが、それも 私のその時の意見であることに間違いないでしょう。 — ゆず総統 allmangoldenban 残念ながらツイ消ししても追いかけられている模様。 人によっては、嫌いな人のツイートをスクショしておいて、いつでも晒せるようにしている人もいるぐらいです。 ネットの世界は粘着されるとやっかいですよ〜!w ネットの世界は怖いですね…。 とかとかで、ガンガン晒されてるかもしれませんよww 親だって、子どものTwitterアカウント見つけて監視してる時代ですからねぇ…油断できねぇ。 例えば私であれば、 誰かに対して攻撃的なツイートをしてしまったものや、批判が多く集まったツイートなどはどうしても目を逸らしてしまいたくなります。 ただ、そのツイートを消しても、 心の中にあるもやもやとした感情が一緒に消えるわけじゃない。 ツイ消しした人のコメントを見ると、 ツイ消ししちゃった… なんてわざわざコメントに残すぐらいですからね。 めっちゃ後悔しとるやんっていう(笑) 黙っておけばいいものの、自らモヤモヤが解消されていないことを周囲にアピールしているわけです。 恥かしいので、やめましょう。 ツイ消しするよりも大切なこと 自分で消化することです。 私はこういった姿勢で人と接してしまった。 間違っていた。 次からは気をつけよう。 と、戒めとしてそのツイートは価値を発揮します。 過去の恥ずかしい自分を受け入れてこそ次に進めると考えるからです。 ええ、これは私自身に言っている部分もあります(笑) ブログも同じですけど、Twitterも昔呟いたのとか結構恥かしいですよね。 私の場合、5年以上はTwitterやってると思うので、振り返ってみるとツイ消ししたいエピソードはたくさんあると思います……。 まぁでも、それも自分なんですよ。 受け入れて進むしかありませんよね。 黒歴史ツイートは振り返りの材料になる 過去の自分の黒い言動を見直す Twitterは、 自分の心をリアルタイムで反映できる良いツールですが、時に配慮にかけた発言であったり、理性的でないツイートをしてしまうことがあるものです。 その良し悪しについてここでは置いておきますが、個人的には感情的になっている自分は好きになれません。 ですから、過去の言動を見直すために全てのツイート残しています。 それに、結構面白いですよ~昔のツイートって、自分こんなこと考えてたのか…って思えてたら成長している証ですよ! ツイログで遡ってみると今思えば恥かしいツイートがたくさんある……。 でもあの時はあの時で必死だったんだな~となんだかお父さん目線です。 また、ツイートを消すという行為は、 それまでに関わってきた人とのリプライまで消してしまうことになります。 私はその行為に対してフォロワーさんに失礼だなぁと感じてしまう部分もあるので、ツイ消しはできませんね。 あ、そうそう、ツイ消しをするとリプライなんかも消えちゃうので、 勝手に人のツイートを消すっていう行為にもあたると思いますよ。 それでも黒歴史ツイートは消したい方へ Twitterのツイートの消し方(通常) それでも自分の恥かしいツイートは消してしまいたい!という方もいると思います。 「はい」を選択すると消えます。 簡単ですね! ただ、これだと1件1件消していかないといけないんですよ。 めんどくさいですよねぇ…ということで、日付を指定してまとめて消したいという方向けにおもしろいものがありますよ。 黒歴史クリーナー(同時にたくさん消したい方へ) とは、その名のとおり、あなたの黒歴史を消してくれます! 使い方を分かりやすく解説しておきますね。 まずはログイン まず、 TwitterのIDでログインして連携します。 普通にTwitterのIDとpasswordを入力するだけです! 注意事項を確認してから、削除設定ページへと飛びます。 アカウントに注意 私の場合、今回はサブアカウントを使用します。 消したいアカウントになっているかちゃんと確認してくださいね! 削除オプションをよく見よう リプライ保護とふぁぼられ保護に注目してください。 最初の状態ではOFFになっています。 相手に送ったリプライまで消えてしまうので、相手を気にする方はここをONにしておきましょう。 お気に入りでした。 その名残がそのまま残っていて、いまでもふぁぼる、ふぁぼられるなんて言い方をします。 日付指定のやり方 どの期間のツイートを一括で消すか指定することができます。 日付をタップするだけなので、簡単ですね。 メッセージの指定 最後にツイ消しを始めるときのメッセージと終わるときのメッセージです。 ここは 最初から文字が埋められています。 ツイ消しを知られたくなければここを空欄にしましょう。 空欄でもちゃんと実行できました。 バレずに黒歴史をどっさり消せます。 これで黒歴史ツイ消し完了!となります。 こんな感じでツイートされちゃうので、 これが嫌な方はちゃんとメッセージを空白にしておきましょう! 一度に消せるツイートには制限があります 一度に消せるツイート数の 最大は3200件です。 また、 1時間に300件づつ消えるという話もあるようで、時間はかかってしまうようですね。 黒歴史クリーナーを使っている人が多い時間帯であれば、もっと時間がかかるかと思います。 でもこれはある意味、一気に消えるよりは、周りにバレずに消せることができるかもしれませんね 笑.

次の

Twitter検索:過去のツイートを見る4つの方法まとめ

ツイ 消し 見る

RSSリーダーから確認する こちらの方法は対象のアカウントを事前にRSSリーダーに追加する必要があるため、追加前の削除ツイートは残念ながら確認することができません。 ですので、ツイ消し頻度が高いユーザーや退会されたら困るユーザーのアカウントをRSSリーダーに追加しておくようにしましょう。 ) 「from:」の次に対象アカウントのユーザー名を入力して「Search」を押して下さい。 ページが切り替わったらアドレスバーのURLをコピーします。 ここからはというRSSリーダーを利用するのでFacebookアカウントやTwitterアカウントなどでログインしてください。 ログインが済んだら検索欄に先ほどコピーしたURLを貼り付けます。 これでツイート直後にツイ消しされたとしてもFeedly上で削除されたツイートを見ることができます。 ツイート検索をする フォロワー数が少ないユーザーに対してはあまり期待できないのですが、フォロワー数が数千人以上いるユーザーのツイ消しであればフォロワーの誰かがツイートをスクショしていたり、ツイートを削除したことについて言及している場合があります。 以下のようなワードを入力してツイート検索をしてみましょう。 ツイログを確認する とはブログ形式でツイートを表示してくれるサービスです。 ツイ消しやアカウントの削除が行われても、そのユーザーがツイログに登録していてツイログ上のツイートを削除し忘れていた場合はユーザー名を入力してGOを押すと消えたツイートが見れます。 まとめ Twitterのツイ消しやアカウント削除されたツイートを見る方法は以上です。 最も確実な方法は事前準備が必要になりますが、RSSリーダーから確認する方法になります。

次の