ほり ちえみ ブログ。 闘病中の堀ちえみさんのブログに「死ね、消えろ」「馬鹿みたい」と書き込んだ主婦。番組が直撃すると...: J

闘病中の堀ちえみさんのブログに「死ね、消えろ」「馬鹿みたい」と書き込んだ主婦。番組が直撃すると...: J

ほり ちえみ ブログ

食道がんの症状• 食道がしみる• 食べ物がつかえる• 体重減少• 胸部や背部の痛み• 咳・痰• 声のかすれ 堀ちえみの食道がんの完治の可能性は? 堀ちえみさんの食道がんは、ステージ1ということです。 ステージ1ですので、完治する可能性が非常に高いと考えられます。 osaka-med. jrc. html) 完治の可能性が高いとはいえ・・・なぜ堀ちえみさんがこのように立て続けに新しい病気が発見されるのか・・・そんな風に思わずにはいられません。

次の

堀ちえみ、「すべて嘘くさい!」ブログの内容に非難轟々のワケとは(1ページ目)

ほり ちえみ ブログ

ステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)の手術をし、現在リハビリ中のタレント・(52)が15日、自身のブログを更新。 食道がんであることを公表した。 診断はステージ1で、舌がんと同じ扁平上皮がんとし、舌がんの転移・再発ではないとしている。 「本日また入院しました。 今度は食道癌です」と公表した堀。 「前回の入院中に胃カメラの検査を受け、食道に腫瘍が見つかり、一部を病理検査に出した結果が、4月2日に出ました」と説明。 続けて「4月4日、組織を拡大して見るカメラで、精密検査を受けたところ、ステージ1の食道癌と診断結果が出ました」と報告した。 診断はステージ1。 「これは舌癌の転移でも再発でもないとの事です。 でも同じ扁平上皮癌だそうです」と伝え「消化器外科の先生が見つけて下さいましたが、初見の段階で悪性の可能性を、指摘されていました。 幸いにして早期発見。 普通なら見過ごしてしまう位置に、あったそうです」と明かした。 「自覚症状も全くありませんでしたので、自分でも驚きました」といい「早いうちに取り除いた方が良いとの事で、病院の先生方の対応も早く、手術の日程も4月16日に決まっていました。 前回の人間ドックでは、異常ありませんでしたので、恐らく最近出来たものだそうです」とつづった。 また、落ち込む堀に夫は「『今このタイミングで検査を受けてラッキーだったんだ』『少しでもタイミングがずれていたら見つかっていなかった』『運が良かったと思って』」と言ってくれたといい「この言葉にとても救われました。 子供たちにも、又ショックを与えてしまう事になるので、とても心配でしたが、『早く見つかって良かったね!』と言ってくれたので、ホッとしました」と胸中を吐露した。 あす16日に内視鏡で腫瘍を取り除く手術を受けるが「取ってみない事には、腫瘍の深さなどは分かりません場合によっては追加の治療もあるとの説明を、受けました。 今回の手術は舌癌の時と違って、30分から1時間で終わるそうです。 入院も一週間ほどです」と記した。 公表については「大変悩みましたが、間違った情報が一人歩きして、いろいろな方々に、ご迷惑をお掛けする事になりかねないと思い、公表しました」とし、「また癌が見つかったけど、それでも自分の身体が愛おしいです。 いろいろな病気を経験してきましたが、全て無意味ではないと思っています。 頑張ります!」と、前向きにブログを結んだ。 堀は2月19日にステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)を公表。 同22日に行われた手術では頸部リンパ節を取り、舌の6割を切除して再建手術も行うなど、オペは11時間にも及んだ。 3月9日にはブログで手術により、がんが全て取りきれたと伝え、その後、一時帰宅などを経て、3月26日に退院していた。

次の

【ブログ全文】堀ちえみの食道がんの原因はなぜ?症状や完治の可能性は?

ほり ちえみ ブログ

堀が最初にガンを公表したのは、今年2月19日。 ステージ4の舌ガンにかかっていること、ガンが左首のリンパ節にも転移していることを自身のブログで公表し、入院に伴い芸能活動を休止すると宣言してファンに大きな衝撃を与えた。 同月22日に11時間にも及ぶ大手術を受け、26日には自身の手でブログを更新。 1カ月後の3月26日には無事に退院を報告するなど、順調な回復ぶりをうかがわせていたが、何と4月に、今度は初期の食道ガンが見つかり、再び手術を受け、病と闘う日々が続いていた。 しかし、その後は以前のような活発さを取り戻すことができたようで、ブログには日々の食事やレジャーを満喫する様子がズラリ。 ゴールデンウイークには温泉旅行やヘリコプターでの遊覧を楽しんだようで、旅館では《まだ食道の病理検査の結果が心配ですが、大丈夫だと信じています》と体を気にしながらも会席料理に舌鼓を打ったようだ。 「よく食べますね」と冷ややかな視線が? 他のブログ記事でも、カフェや甘味処といった軽食から寿司の出前まで、食事を楽しみに日々を送っている様子を公開している堀。 中には、ニンニクやキムチをふんだんに使ったサムギョプサルなど、術後の体には刺激が強いのではと心配になるメニューも含まれている。 こうしたブログ記事が多いためか、ネット上には、 《日々、外食三昧。 暴飲暴食。 ヘリ旅行。 ステージ4からこんなに回復させた奇跡を起こす名医を紹介してほしい!》 《もはや舌がんは過去のことだね!》 《舌がんの人はステージ2でも1年たっても話すのに苦労したり食べられなくて大変な思いをしていると聞くけど…》 《外食し過ぎ。 家のご飯は誰か誕生日?ってくらい数多いし》 《退院直後から連日の外出に外食、舌がんステージ4とは到底思えない生活ぶり。 健康体も顔負けする体力の持ち主》 などの感想が。 舌・食道と〝食〟にまつわるガンと闘っていただけに、現在の食欲に読者も少し驚いているようだ。 病院食が味気なかった反動なのだろうか…。

次の