クローム ブック オフィス。 クロームブックはオフラインでも使えるゾ!入れておきたい4つのアプリ・拡張機能を紹介。

Chromebook

クローム ブック オフィス

まずは聞いてほしい。 11月に、複数のユーザーが「Office 365」が自分の「Chromebook」で稼働することに気づいた。 Microsoftから正式な発表は出されていないが、Samsungの「Chromebook Pro」、Googleの「Pixelbook」、Acerの「Chromebook 15」と「Chromebook 11 C771」で、Office 365をダウンロードして動かせることが分かっている。 これまでも、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)の軽量なウェブ版ならChromebookで使えた。 だが、ウェブ版はあまり出来が良くない。 MicrosoftはまずAndroid向け「Office Mobile」アプリをリリースし、これをChrome OSでも稼働するようにした。 そしてついに、Office 365が利用可能になった。 つまり、本物のMicrosoft Officeが使えるのだ。 現在、Office 365ユーザーの数は1億2000万人以上だ。 全Officeユーザーの約10%がOffice 365ユーザーだ。 家計の苦しい一般ユーザーばかりではない。 の2016年の調査によると、100人以上のユーザーがいる企業の91. 4%はOffice 365を使っているという。 少なくとも1つのOffice 365アプリを使う従業員の割合が6. 8%から22. 3%へと3倍以上増加したことにより、企業での利用は320%以上増加した。 かつて、Windowsから他のOSへの移行を検討する企業では必ずといっていいほど「でも、Microsoft Officeが使えないだろう」という条件反射的な反対があった。 だが今や、Chromebookで使える。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

Chromebook(クロームブック)とは? 今年から学校指定パソコンに昇格? メリット・デメリットのまとめ

クローム ブック オフィス

Chromebookを操作する学生 Chromeブラウザのみが動作するノートPCとして登場した。 電源を投入してから起動するまでの時間は6-15秒ほどとされる。 は Google が用意する上の()に保存されるため、盗難に遭ったり破壊されたりしても、新しい Chromebook に自動的にデータを復元できる。 (Google ドライブフォルダがファイルエクスプローラーに表示されているだけなので、例えばやを他OSにインストールした場合と基本的には同等。 ) 一般的なラップトップやデスクトップPCのに比べればストレージ容量は極めて小さく、市販されているものでは16GBや32GBのものが多いが、最近は64GBなどが増えている。 ローカルストレージは「マイファイル」で、その下に初期には「ダウンロード」フォルダだけが存在していて、このフォルダと同じ階層に新しいフォルダを自由に作成できる。 またを利用するとPlayファイル・フォルダーができて、その下にMovies、Music、Picturesフォルダーが自動的にできる。 ストレージの容量の小ささから、インターネットからダウンロードしたりUSBフラッシュメモリなどから移したファイルは基本的にはGoogleドライブに移動させるか、画像ならばなどでバックアップすることが求められる。 そのためかChromebookを購入すると、100GB, 2年間などのGoogle ドライブの無償利用権が付属する事が多い。 日本語入力にはが使われている。 日本語フォントはデフォルトでは、標準フォントとサンセリフフォントに Sans CJK JP、セリフフォントにMotoyaG04Mincho、固定幅フォントにNoto Sans Mono CJK JPが設定されている。 ユーザー自ら新しいフォントのインストールはできないが、他のOSのChrome同様あらかじめインストールされているフォントの中から別のものに変更することはできる。 更新速度の違いによってStable版、Beta版、Dev版が存在し、ユーザーの目的や嗜好によって設定の概要からバージョンの変更が可能である。 2017年8月には企業向けの「Chrome Enterprise」も選択できるようになっている。 一括管理のための管理コンソールが提供されており 、端末を集中管理しやすいため、学校 や会社 での導入を Google は紹介している。 特徴 [ ] Chromium OSのデスクトップ• HTML5 や などで構成されたWebアプリが動作する。 一方で、アプリケーションを実行することも可能。 ChromeウェブストアではChromeアプリ・拡張機能が配布されているが、これらの中身は単に既存のWebアプリサイトへのショートカットである場合と、Chrome固有のAPIを用いたローカル動作するWebアプリの場合がある。 同じアカウントでログインしたデスクトップChromeやChromeOS機との間で、アプリ・拡張機能・テーマ・自動入力・パスワードなどが同期される。 OSアップデートは完全にバックグラウンドで実行される。 またOSシステムはユーザーストレージ空間から切り離されている(スマートフォンに近い) 上記特徴により、新品のChromebookを購入したりPowerWash 端末初期化 直後でも、数分で元の環境に戻る。 同スペックのWindows機と比較して動作が軽い。 ユーザー側でウイルス対策する必要がない。 端末とBluetoothペアリングしていればログイン時パスワード入力を省略できる(Smartlock)。 準拠のマウス・ヘッドセット等、準拠のUSBメモリ・外付けHDD等はそのまま使える。 プリンタを直接接続することはできない。 Windows用ドライバのインストールが必要になる周辺機器は使えない。 Blu-rayやDVDのビデオも再生できない。 ファイルシステムは、ダウンロードフォルダを除いてGoogleドライブそのものである。 実際に使われるファイルのみ、自動的にクラウド上からローカルストレージに一時されるため、扱うファイルの大きさによっては開くまで時間がかかる。 一時キャッシュされたファイルはオフラインで扱える。 手動でファイルをキャッシュさせることもできる。 へのキャスト機能がOSにビルトインされている。 のクライアントは動くが、ホストにはなれない。 2017年8月にはChrome OSの企業版「Chrome Enterprise」が発表され、プリンター管理、OSアップデートの制御、盗難防止などの機能が追加されたほか、24時間365日のサポートも提供されるようになった。 又、Microsoft Active Directoryにも対応しており、既存のActive DirectoryのIDなどを使用して、Windows PCと併せて一元管理可能になっている。 販売 [ ] Chromebookを導入した教室• に、Google がとの共同開発で1号機を発表。 同より市販されている。 Chromebook は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、オランダ、マレーシア、シンガポール、スウェーデンで販売されている。 日本では、法人ユーザーと教育関係機関向けに先行販売され、個人向けはより発売されている。 日本国内でも、の サポート切れを機に、低価格のChromebookを採用する企業が増えている。 都市型ホームセンター大手の東急ハンズやエスカレーター大手のフジテックが採用するなど、企業の注目を集めている。 2020年2月現在、日本の一般向けの市場では、、、、が販売している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• インターネットコム 2011年9月2日. 2011年12月6日時点のよりアーカイブ。 2020年1月6日閲覧。 Google. 2012年5月30日閲覧。 日経 xTECH 日経BP. 2020年1月6日閲覧。 清嶋直樹 2017年8月10日. 日経 xTECH 日経BP. 2020年1月6日閲覧。 清嶋直樹 2017年8月2日. 日経 xTECH 日経BP. 2020年1月6日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

Chromebookとは?WindowsやMacとの違いとメリット・デメリット

クローム ブック オフィス

Chromebookピックアップ! Chromebookは、価格が安い 本体価格は、30,000〜50,000円といったリーズナブルな価格で購入することが出来ます。 Chromebookによっては数十万するChromebookもありますが、だいたいが低価格で手にすることが出来るパソコン。 個人的には、50,000円以上を出すなら、高スペックなWindows PCを買った方がいいと思います。 MacBookシリーズでもいいですが。 理由は、後ほど詳しく後述するが、Chromebookは、SNSやネットサーフィン、ブログの記事作成、簡単な写真編集、動画編集といった軽作業をするサブパソコンだからです。 Chromebookは、MacBookやWindows PCのようにソフトをダウンロードして使うことも出来ないし、重い作業をしていると、メモリーの容量が少なくて、フリーズしてしまう可能性もあります。 とはいえ、ここ最近では、日本もChromebookが盛り上がってきており、機能が良いChromebookが増えてきています。 その中でも、日本で購入出来るChromebookでは、ASUSが出しているChromebookがオススメ。 「」は、メモリーも4GBもあるので、本体価格を考慮してもコスパは良いChromebook。 (3万円台で購入することが出来る。 ) こちらの記事でも日本で購入することが出来るを紹介しています。 起動が速い理由は、ブラウザのみで動くパソコンなので、Chrome OSの恩恵が強いからです! データはクラウド管理 データの管理は、 基本的にはクラウドで管理することになります。 (Googleアカウントでログインする) Chromebookには、セキュリティが厳重なGoogleドライブが組み込まれているので、Googleドライブが保存先になります。 Googleドライブは、iPhoneやAndroidスマホにもアプリとしてあるので、データ共有も簡単にできるし、どこにいても簡単にアクセスすることが出来るのが便利なポイント。 クラウドで管理の良いところは、Googleのアカウントにログインし同期すれば、パソコンが故障したり、引越しの作業もスムーズに出来ることです。 ネットに繋がっていない状態でも、Chromebook本体にも、保存出来るので、ネットに繋がっていない状態でも閲覧することは出来ます。 基本的にChromeブラウザのみでの使用• マルチウインドウができる• 動画や電子書籍も楽しめる• Google アプリが使える(Gmailなど)• Office Onlineで資料作成が出来る• 画像編集も出来る(CanvaやPixlr Editorなど) 出来ることと出来ないことがハッキリしているので、Chromebookは割り切って使う必要があります。 上記に挙げた項目をひとつずつ説明していきます。 基本的にChromeブラウザのみでの使用 基本的には、 Chromeブラウザをメインで使うことになります。 もちろん、Chromeウェブストアも使えるようになっているので、ウェブの拡張機能でカスタマイズすることで、さらに便利に使うことが出来ます。 しかし、他のソフトをインストールして使うことは出来ません。 ここがWindowsPCとMacBookシリーズとの違いです。 たとえば、 マイクロソフトが提供しているOfficeをインストールして使おうとしても使うことは出来ません。 Officeを使いたいなら、ブラウザ内で使えるOnline Officeを使うことになります。 Chromebookはブラウザ内だけで、作業を完結するように出来ているので、ブラウザ内で完結出来ないような作業をするには向いていません。 とはいえ、最近ではブラウザ内で完結出来るようなサービスも増えてきたので、以前よりは便利になってきています。 マルチウィンドウもできる Androidスマホのを使っているので、ChromebookでもAndroidアプリが使えるのはすごく嬉しい。 Androidスマホを使っている方は、Chromebookでも設定さえすれば同じような環境で使うこともできます。 (Chromebookに対応しているアプリのみ) もちろん、LINEアプリも動作します。 ブログ記事を書きながら、マルチウィンドウで返信出来るのはすごく便利です。 Androidアプリに対応しているChromebookは、Kindleアプリも使えるので、購入した本やマンガを読むことも出来ます。 中には対応していない機種も存在するので注意必要です。 読者様からのコメントでは、「ASUS C223NA-GJ0018」は対応していないと報告がありました。 Microsoft Office Onlineで資料作成が出来る• Word• Excel• PowerPoint 基本的にChromebookでは、 Officeのソフトは使えません。 Chromebookは、ブラウザで完結するパソコンなので、ブラウザで使うことの出来るMicrosoft Office Onlineで資料作成が出来ます。 Microsoft Office Onlineの注意点は、簡単な資料作成ぐらいしかできないので、マクロなど細かく設定をしたいならきちんとしたOfficeで資料作成をすることをおすすめします。 ぼくは、下書きとして、Microsoft Office Onlineで資料作成し、MacBookのOfficeで細かい設定をしてから資料を完成させています。 印刷が不便• 本格的なゲームはできない(Streamなど)• Windowsアプリは使えない• ソフトのインストールは出来ない• CD・DVDドライブがないからインストールはできない Chromebookは、ブラウザで完結することを目的としているので、ブラウザで使うことが出来ないことは出来ません。 印刷は不便だけど、年賀状作成アプリなら使える 印刷に関しては不便です。 「Cloud Print」というオンラインサービスを介してじゃないと、印刷ができません。 しかし、年賀状作成アプリを使えば、年賀状も作れるみたいです。 ただ、ちょっとめんどくさいので、年賀状ソフトのようにはいかないみたいのが難点。 一太郎などでの文章作成• iTunesやSpotifyなどのインストール• Adobe系のソフトも使えない 基本的には、ソフトをインストールし起動するソフトは使うことが出来ません。 一太郎といった文章作成ソフトもインストールして使うことが出来ません。 iTunesといったインストールして音楽を聴くサービスも使うことが出来ないので、音楽を楽しみたい方は、ブラウザで使うことが出来る「」がおすすめです。 Adobe系のソフトは、LightroomはWebアプリかAndroidアプリであれば使うことが出来ます。 Photoshopは、Androidアプリであれば使うことが出来るので、手持ちのパソコンがあるなら、使い勝手を試してみることをおすすめします。 上記でも書いた、Pixlr Editor、Canvaでも画像編集や作成が出来るので、Chromebookは意外と便利に付けますよ。 オフラインでも使えるアプリを上記に挙げてみました。 Chromebookは、ネットに繋がっていない状態(オフライン)でも作業をすることが出来ます。 Google keepはオフラインでも、アプリ自体の起動や読み込みと書き込みは出来ますが、同期をすることは出来ません。 ブログの記事やテキストベースの作業をするら、Googleの「ドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」がおすすめ。 このアプリならオフラインでも、保存もできました。 このように、オフラインでも使うアプリはあるので、安心してChromebookを使うことが出来ます。 とはいっても、オフラインではネットに繋がっているときのように快適には使うことは出来ません。 なので、外出先では、をしてChromebookを快適に使っています。 下記の記事は、MacBookでネットを快適にするには?ということを書いてありますが、Chromebookでも当てはまるので参考になると思います。 「」ならSoftbank回線で、繋がりやすさや通信速度も安定しています。 通信料金もSIMプランなら 200〜20GBでも3,480〜1,980円から使うことが出来るので、Chromebookを快適に使うことが出来ます。 もちろんルータープランもあるので自分の生活に合わせて、プランを選べるのはすごく良いですね。 今なら2020年4月30日まで事務手数料、通信料金500円OFFキャンペーン中なので、気になる方はぜひ。

次の