紙 ウイルス 残存。 本からのコロナウイルス感染リスクは?図書館再開で気を付けること

新型コロナウイルスのエアロゾルや各物体の表面での生存・残留時間と消毒法

紙 ウイルス 残存

米国立アレルギー感染症研究所の研究者らが3月17日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに出した論文()で、新型コロナウイルスが感染力を保ち続ける「寿命」を報告した。 最も長かったのはプラスチックの上で、最大で3日間、感染力を持っていた。 銅の上では4時間、ボール紙の上では24時間で、感染力を持ったウイルスは見つからなくなった。 どの環境でも、ウイルスは時間がたつほど減っていた。 プラスチック上で、ウイルスの量が半分になる時間は、6・8時間程度だという。 患者のせきやくしゃみなどによって飛び、密閉された空間で、空気中をしばらく漂う細かい微粒子「エアロゾル(エーロゾル)」中では、3時間感染力を保つことも確かめられた。 さらに長い可能性も報告されている。 ドイツの研究者が2月6日、医学誌ジャーナル・オブ・ホスピタル・インフェクションに、別のコロナウイルスが原因の重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))や中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))などについての論文22本を調べた結果()を報告した。 報告によると、コロナウイルスが環境中で感染力を保つ期間は「最大9日」だった。 SARSウイルスは木材上では4日、プラスチック上では最大で9日間。 MERSウイルスは鉄、プラスチックの上で最大2日だった。 コロナウイルスの中には、いわゆる「風邪」の原因のひとつになるウイルスがあり、こうしたタイプのウイルスは、鉄の上で5日、手術手袋の上で8時間だった。 感染制御に詳しい大阪府立大学の山崎伸二教授(獣医国際防疫学)は、ウイルスについて「唾液(だえき)や排泄(はいせつ)物などの液体が残った状態の方が長期間感染力が維持されると考えられる」。 ぬれていない場所でも数時間から数日間感染力を保つことが報告されていると指摘する。

次の

新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか~残存率低下の条件とは(石田雅彦)

紙 ウイルス 残存

気になる新型コロナウイルスの生存時間 よく尋ねられる質問として「新型コロナウイルスはどれくらいエアロゾル状態で、あるいは各物体上で存在し続けるのか」というものがあります。 今回、それに回答する論文と、その著者の英語インタビューを見つけました。 医師の立場からわかりやすく解説します。 エアロゾルや各物体上での生存時間 この問いに答えた論文は下記です。 プレプリント(論文下書き)が公表されて10日も経たないうちに有名医学雑誌のニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)に掲載され、真に力がある論文はこうなのだと感じさせました。 下記がそのデータです。 エアロゾル…3時間 プラスチック…72時間 ステンレス…72時間 銅…4時間 ダンボール…24時間 上記の数字が各メディアで紹介されました。 ただし上記はあくまで存在が確認されたという時間で、ウイルス量自体はもっと早く減じており、半減期は下記のようになります。 【各状態での半減期】 エアロゾル…約1. 1〜1. 2時間 プラスチック…6. 8時間 ステンレス…5. 6時間 銅…0. 8時間 ダンボール…3. 46時間 時間に比例して低下するというよりは、最初の数時間で大きく減じることがわかります。 そのため、時間が経っても高い感染性があるかどうかは不明確ということになりますね。 ちょっとでも吸ったり触ったりすると伝染るのか 先ほどの論文が日本語の記事で紹介されると、不安の声があがりました。 すなわち、エアロゾルを吸ったり、物体に付着したウイルスを触ったりすると容易に感染すると考えてご心配される方が出たのですね。 こういう時に英語メディアはさすがだと思うのは、しっかりと論文著者へインタビューしているのですね。 livescience. comというサイトが論文の共著者であるしています。 そこに掲載されている次の内容が参考になりますね。 人に感染させうるウイルス量は不明確 まずウイルスが生存していれば、触るだけですぐうつるのか、という点。 これに関して、モリスさんは次のように答えています。 「人間に高い確率で感染させるために実際に必要なウイルスの量も、荷物に触れたときにどれほど容易にウイルスが手に移行するかもわかりません」 例えば、プラスチックやステンレスで最長72時間ウイルスが残存したとしても、それを触ったとして、そこから手に移行するのか、そしてどれだけのウイルス量が実際にあれば人に感染させうるのか、それははっきりしないということなのですね。 このようなニュースが出ると、私たちは容易に数字をひとり歩きさせて考えてしまいます。 72時間なり、3時間なりという時間にとらわれて、それだけの間は危険だと感じてしまうのですね。 ただモリスさんが言っているように、ウイルスが存在する=感染する、ではありません。 手に移行するのか、そして移行したとしても実際どれだけのウイルス量が存在すれば罹患するのか、それはわからない、ということですね。 もちろん用心するのに越したことはありませんが、数字を額面通り信じておびえる必要もなく、あくまでそれは一つの目安だということになります。 エアロゾルに関しての注意点 エアロゾルに関しても一時話題となりました。 空気感染と同じだと表現される一般の方もおられましたね。 これに関してもモリスさんは興味深いことを話されています。 「他の呼吸器系のウイルスについて私たちが知っていることに基づくと、SARS-CoV-2が日常的な環境でエアロゾル化されるとは考えていません」 「エアロゾル化がSARS-CoV-2で発生したとしても、それは医療現場で発生する可能性が高い」 ということなのですね。 つまり、この論文の研究者が、エアロゾル化に関しては限定的な環境、特に医療現場で起こるだろうと言っているのですね。 街中で普通に咳をしたりして、それがエアロゾル化されるわけではない、ということです。 これは心配されている方にとっては朗報だと考えますね。 新型コロナウイルスと消毒 新型コロナウイルスと消毒に関しては論文化されています。 この論文によると、効果が期待しがたいものは下記です。 05〜0. 02%クロルヘキシジン 一方で、1分で効果を期待しうるものは下記です。 1%の濃度が1分で効果的であると書かれています) なお、2020年現在、消毒用のエタノールは品薄状態が続いており、無水エタノール4と精製水1の割合で作成することが一つの解決策です。 帰宅後• 公衆トイレ使用後• 用便後• 嘔吐物を処理したり接触した後 なお、石けんなどによる手洗いとアルコール手指消毒は一緒に行わないで良いので、いずれかを行うので問題ありません。 文中で説明したような無水エタノールを使うのが妥当でしょうね。 下記リンク先にも複数出てくるので、一つが売り切れでも他が販売されていることもあり、チェックしてみると良いと思います。 大津秀一 当院早期緩和ケアクリニック院長。 がん等の患者さんの苦痛緩和が不十分な現実を目の当たりにする中、名著『最新緩和医療学』に出会い、2003年から独学で緩和ケアを開始、見違えるように患者さんが元気で穏やかに生活される様子に驚く。 当時発展途上の緩和ケアの専門家となり同医療を普及させるべく、2005年当時日本最年少20代の緩和ケア医となる。 2006年初の緩和医療一般書で今は常識の緩和ケア医併診の必要性を先駆けて訴える。 2010年緩和ケア専門書出版。 2013年より自施設外の患者さんも早期から来られる緩和ケア外来を開設。 「早期からの緩和ケア」を知ってもらうためには、それを専門で行うクリニックが必要なのではないか。 早期緩和ケアの知名度を上げるには、それを冠するクリニックがあれば良いのではないか。 その思いから2018年8月早期緩和ケア大津秀一クリニック(遠隔診療で全国対応可)開設。 著作『死ぬときに後悔すること25』『死ぬときに人はどうなる10の質問』は合わせて30万部。 診療した終末期の患者さんは2000名以上、医療用麻薬を用いて症状緩和したケースも2000例以上。 一般病院、大学病院、在宅療養支援診療所(在宅及びホームへの往診)、ホスピスで常勤勤務歴があり、現在も在宅医療に従事する等、多様な診療形態における緩和ケア経験がある。 臨床医及び患者としての経験をブログ、講演、執筆を通してわかりやすく伝えることをライフワークにしている。

次の

独研究チーム「新型コロナウイルスは物体の表面で最長9日間生存」

紙 ウイルス 残存

(CNN) 世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスについて、プラスチックやステンレス鋼の表面で最長で3日間生きられることを示す分析結果が出た。 研究者らが米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)の編集者にあてた書簡の中で明らかにした。 さらにこのウイルスは、霧のように空気中を漂う「エアロゾル」という状態でも3時間生存できるという。 米国立衛生研究所が出資したこの研究は先週ネット上に投稿されていたが、より詳細な内容が上記の書簡を通じて17日に公表された。 検査の結果から、研究者らは新型コロナウイルスが物体の表面や空気中でどのくらいの間生存できるのかについて新たな知見を得た。 一方でさらなる研究が必要だとも指摘している。 17日の書簡が示した検査結果の要点は以下の通り。 これらの研究結果は、新型コロナウイルスが物体の表面とエアロゾルを通じて感染する可能性を示唆する。 その場合、1人の感染者から数万人に感染が広がる恐れもある。 一方、先月発表された別の研究によれば、新型コロナウイルスと極めて近い関係にあるとされる種類のヒトコロナウイルスについて、金属やガラス、プラスチックといった物体に付着した場合、表面を殺菌消毒しない限り最長で9日間生存したとの結果が得られたという。

次の