次 世代 モザイク 破壊。 Livinguard社の次世代アンチウイルス技術による新型コロナウイルス破壊の有効性を証明|Livinguardのプレスリリース

Livinguard社の次世代アンチウイルス技術による新型コロナウイルス破壊の有効性を証明(2020年6月19日)|BIGLOBEニュース

次 世代 モザイク 破壊

jpg ] ウイルス学分野とテキスタイル研究の権威であるベルリン自由大学とアーヘン工科大学繊維技術研究所(ITA)の研究チームは、2020年6月17日、繊維や表面に加工することで、新型コロナウイルスを恒久的に破壊する新しいアンチウイルス技術の有効性を確認しました。 スイスの衛生技術企業、Livinguard社によるこの革新的な技術は、マスクに使用する生地にLivinguard社の技術を採用することでウイルスから人々を守る効果があることが、すでに実証されています。 Livinguard社の技術は、新型コロナウイルス感染症の原因となるSARS-CoV-2ウイルス等飛沫に含まれるウイルスを99. 9%不活性化し、これまで最も効果のあるコロナウイルス殺菌技術となっています。 この研究結果は、アリゾナ大学(アメリカ、ツーソン)が実施した同様の研究結果に続くもので、各国がロックダウン緩和に向かい「新しいライフスタイル」を模索する中で非常に重要となっています。 Livinguard社の技術を使用したマスクは、これまでシンガポール、ドイツ、アメリカの各国で、コロナウイルス感染症の最前線にいる法的機関や医療従事者たちの生命を守るために利用されています。 Livinguard社の創設者兼CEOであるSanjev Swamy氏は、「各国政府が経済活動の再開を模索する中で人々の健康や生活を守るためには、テクノロジーが重要な役割を担うでしょう。 弊社のマスクは現代社会に合った衛生予防策を提供します。 この技術が日常的な使用において効果的かつ安全であることが証明されたことで、航空機の座席や公共交通機関など、日常生活のあらゆる場面で人々を守ることができることを心からうれしく思います。 この技術を用いることで、人々の安全を確保しながら、政府や公衆衛生当局がより迅速に経済の再開に向けて動き出せることを願っています。 」と述べています。 更に、加工した繊維はCOVID-19以外の一般・医療分野でも、衛生面での問題を軽減できるかもしれません。 」と述べています。 Livinguard社の恒久的な衛生技術は、マスク以外にもさまざまな繊維や素材に適用できます。 ヘルスケア、個人の衛生、空気のろ過など様々な分野で取り入れることでアフターコロナの経済回復を安全に進めることができるようになります。 Swamy氏は次のように述べています。 「例えば、航空機の座席や折り畳みテーブルを弊社の技術で処理すれば、ウイルスや細菌を絶え間なく殺菌し拡散を防ぐことができます。 公衆衛生上のメリットだけではなく、清掃や消毒サービスなどの人的作業において、人の出入りの多い企業にとって大きな効率改善となります。 」 Livinguard社のアンチウイルス技術について Livinguard社の技術の原理は、繊維の表面に分子レベルで正電荷を帯電させることです。 細菌がこの正電荷と接触すると、負電荷を帯びた細菌細胞が破壊され、細菌は恒久的に破壊されます。 銀、亜鉛、銅など金属をベースにした殺菌技術は環境に有害で、マスクに使用すると健康に影響を及ぼす可能性もありますが、Livinguard社の技術は肌や肺にも安全です。 さらに、Livinguard社の技術では恒久的にウイルスを破壊するため、安全性や効果を損なわず最大210回マスクを繰り返し利用することが可能です(1週間に1回洗濯した場合)。 fu-berlin. ita. rwth-aachen. 世界で初めて繊維など様々な素材に自己殺菌技術を加工した企業として、消費者のより良い健康と生活のためにさまざまな分野の企業へ特許技術を認可しています。 Livinguard社は、スイス、ドイツ、アメリカ、シンガポール、日本、インド、南アフリカで事業を展開しています。 【日本での製品の販売に関するお問い合わせ先】 Livinguardマスク販売者 株式会社GSIクレオス 東京都千代田区九段南2丁目3-1 TEL:0120-506-036 「ウイルス」をもっと詳しく.

次の

Livinguard社の次世代アンチウイルス技術による新型コロナウイルス破壊の有効性を証明(2020年6月19日)|BIGLOBEニュース

次 世代 モザイク 破壊

jpg ] ウイルス学分野とテキスタイル研究の権威であるベルリン自由大学とアーヘン工科大学繊維技術研究所(ITA)の研究チームは、2020年6月17日、繊維や表面に加工することで、新型コロナウイルスを恒久的に破壊する新しいアンチウイルス技術の有効性を確認しました。 スイスの衛生技術企業、Livinguard社によるこの革新的な技術は、マスクに使用する生地にLivinguard社の技術を採用することでウイルスから人々を守る効果があることが、すでに実証されています。 Livinguard社の技術は、新型コロナウイルス感染症の原因となるSARS-CoV-2ウイルス等飛沫に含まれるウイルスを99. 9%不活性化し、これまで最も効果のあるコロナウイルス殺菌技術となっています。 この研究結果は、アリゾナ大学(アメリカ、ツーソン)が実施した同様の研究結果に続くもので、各国がロックダウン緩和に向かい「新しいライフスタイル」を模索する中で非常に重要となっています。 Livinguard社の技術を使用したマスクは、これまでシンガポール、ドイツ、アメリカの各国で、コロナウイルス感染症の最前線にいる法的機関や医療従事者たちの生命を守るために利用されています。 Livinguard社の創設者兼CEOであるSanjev Swamy氏は、「各国政府が経済活動の再開を模索する中で人々の健康や生活を守るためには、テクノロジーが重要な役割を担うでしょう。 弊社のマスクは現代社会に合った衛生予防策を提供します。 この技術が日常的な使用において効果的かつ安全であることが証明されたことで、航空機の座席や公共交通機関など、日常生活のあらゆる場面で人々を守ることができることを心からうれしく思います。 この技術を用いることで、人々の安全を確保しながら、政府や公衆衛生当局がより迅速に経済の再開に向けて動き出せることを願っています。 」と述べています。 更に、加工した繊維はCOVID-19以外の一般・医療分野でも、衛生面での問題を軽減できるかもしれません。 」と述べています。 Livinguard社の恒久的な衛生技術は、マスク以外にもさまざまな繊維や素材に適用できます。 ヘルスケア、個人の衛生、空気のろ過など様々な分野で取り入れることでアフターコロナの経済回復を安全に進めることができるようになります。 Swamy氏は次のように述べています。 「例えば、航空機の座席や折り畳みテーブルを弊社の技術で処理すれば、ウイルスや細菌を絶え間なく殺菌し拡散を防ぐことができます。 公衆衛生上のメリットだけではなく、清掃や消毒サービスなどの人的作業において、人の出入りの多い企業にとって大きな効率改善となります。 」 Livinguard社のアンチウイルス技術について Livinguard社の技術の原理は、繊維の表面に分子レベルで正電荷を帯電させることです。 細菌がこの正電荷と接触すると、負電荷を帯びた細菌細胞が破壊され、細菌は恒久的に破壊されます。 銀、亜鉛、銅など金属をベースにした殺菌技術は環境に有害で、マスクに使用すると健康に影響を及ぼす可能性もありますが、Livinguard社の技術は肌や肺にも安全です。 さらに、Livinguard社の技術では恒久的にウイルスを破壊するため、安全性や効果を損なわず最大210回マスクを繰り返し利用することが可能です(1週間に1回洗濯した場合)。 fu-berlin. ita. rwth-aachen. 世界で初めて繊維など様々な素材に自己殺菌技術を加工した企業として、消費者のより良い健康と生活のためにさまざまな分野の企業へ特許技術を認可しています。 Livinguard社は、スイス、ドイツ、アメリカ、シンガポール、日本、インド、南アフリカで事業を展開しています。 【日本での製品の販売に関するお問い合わせ先】 Livinguardマスク販売者 株式会社GSIクレオス 東京都千代田区九段南2丁目3-1 TEL:0120-506-036 「ウイルス」をもっと詳しく.

次の

Livinguard社の次世代アンチウイルス技術による新型コロナウイルス破壊の有効性を証明|Livinguardのプレスリリース

次 世代 モザイク 破壊

ウイルス学分野とテキスタイル研究の権威であるベルリン自由大学とアーヘン工科大学繊維技術研究所(ITA)の研究チームは、2020年6月17日、繊維や表面に加工することで、新型コロナウイルスを恒久的に破壊する新しいアンチウイルス技術の有効性を確認しました。 スイスの衛生技術企業、Livinguard社によるこの革新的な技術は、マスクに使用する生地にLivinguard社の技術を採用することでウイルスから人々を守る効果があることが、すでに実証されています。 Livinguard社の技術は、新型コロナウイルス感染症の原因となるSARS-CoV-2ウイルス等飛沫に含まれるウイルスを99. 9%不活性化し、これまで最も効果のあるコロナウイルス殺菌技術となっています。 この研究結果は、アリゾナ大学(アメリカ、ツーソン)が実施した同様の研究結果に続くもので、各国がロックダウン緩和に向かい「新しいライフスタイル」を模索する中で非常に重要となっています。 Livinguard社の技術を使用したマスクは、これまでシンガポール、ドイツ、アメリカの各国で、コロナウイルス感染症の最前線にいる法的機関や医療従事者たちの生命を守るために利用されています。 Livinguard社の創設者兼CEOであるSanjev Swamy氏は、「各国政府が経済活動の再開を模索する中で人々の健康や生活を守るためには、テクノロジーが重要な役割を担うでしょう。 弊社のマスクは現代社会に合った衛生予防策を提供します。 この技術が日常的な使用において効果的かつ安全であることが証明されたことで、航空機の座席や公共交通機関など、日常生活のあらゆる場面で人々を守ることができることを心からうれしく思います。 この技術を用いることで、人々の安全を確保しながら、政府や公衆衛生当局がより迅速に経済の再開に向けて動き出せることを願っています。 」と述べています。 更に、加工した繊維はCOVID-19以外の一般・医療分野でも、衛生面での問題を軽減できるかもしれません。 」と述べています。 Livinguard社の恒久的な衛生技術は、マスク以外にもさまざまな繊維や素材に適用できます。 ヘルスケア、個人の衛生、空気のろ過など様々な分野で取り入れることでアフターコロナの経済回復を安全に進めることができるようになります。 Swamy氏は次のように述べています。 「例えば、航空機の座席や折り畳みテーブルを弊社の技術で処理すれば、ウイルスや細菌を絶え間なく殺菌し拡散を防ぐことができます。 公衆衛生上のメリットだけではなく、清掃や消毒サービスなどの人的作業において、人の出入りの多い企業にとって大きな効率改善となります。 」 Livinguard社のアンチウイルス技術について Livinguard社の技術の原理は、繊維の表面に分子レベルで正電荷を帯電させることです。 細菌がこの正電荷と接触すると、負電荷を帯びた細菌細胞が破壊され、細菌は恒久的に破壊されます。 銀、亜鉛、銅など金属をベースにした殺菌技術は環境に有害で、マスクに使用すると健康に影響を及ぼす可能性もありますが、Livinguard社の技術は肌や肺にも安全です。 さらに、Livinguard社の技術では恒久的にウイルスを破壊するため、安全性や効果を損なわず最大210回マスクを繰り返し利用することが可能です(1週間に1回洗濯した場合)。 技術に関する詳細はこちら をご覧ください。 Livinguard社について Livinguard社は、スイスのツークを拠点とした、環境にやさしく革新的な衛生技術企業です。 世界で初めて繊維など様々な素材に自己殺菌技術を加工した企業として、消費者のより良い健康と生活のためにさまざまな分野の企業へ特許技術を認可しています。 Livinguard社は、スイス、ドイツ、アメリカ、シンガポール、日本、インド、南アフリカで事業を展開しています。 【日本での製品の販売に関するお問い合わせ先】 Livinguardマスク販売者 株式会社GSIクレオス 東京都千代田区九段南2丁目3-1 TEL:0120-506-036.

次の