スーパー バリュー 55。 ANA国内線の割引運賃「ANAスーパーバリュー」が355日前から予約OKに!

ANAの「スーパーバリュー(旧旅割)」攻略ガイド!メリット・デメリット

スーパー バリュー 55

ANAスーパーバリューとは? 簡単に言うと、最も割引率が高くなる早期割引運賃のこと。 昔の言い方だと「旅割75」とか「旅割55」「旅割45」みたいなヤツですね(JALにたとえると「ウルトラ先得、スーパー先得」みたいの)。 早い段階で予約することで割引率が高くなる代わりに、搭乗日に近くなってからキャンセルすると高い取消手数料(30%~60%)がかかります・・・みたいな感じ。 最も利用されていた割引運賃じゃないかと思います。 今までは・・・(2020年2月6日まで) 今までは、 年に2回だけ一斉に発売されるというスタイル(運航期間ごとの一斉発売(8月下旬、1月下旬))。 これはこれで慣れてしまえばなんてこと無かったですけど、一般的には分かり難い。 私も最初「何だこれ?良く分からん」と感じた記憶があります。 今後は?(2020年2月7日~) 今後は非常にシンプル 搭乗日の335日前の午前9:30~ 毎日毎日、355日後の航空券の発売が開始されるというもの。 上の赤枠部分。 「ANAスーパーバリュー」「ANAバリュー」以外の運賃は、従来通りで変わらず。 そのうち対抗してJALも360日前辺りまで期間拡大するんじゃないでしょうか! 今回のANAの予約可能期間変更について詳しくは 注意 なお、 2020年夏ダイヤ搭乗分(2020年3月29日(日)~2020年10月24日(土))に関しては、2020年1月29日(水)9:30より一斉発売となります。 最後に一度だけ「一斉販売」が残っているので、春から秋にかけてANA国内線で修行しようと考えている方などは、航空券忘れずに確保して下さい! マイレージの世界はとっても楽しい! マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

次の

三菱UFJ 日本株オープン「バリュー55」

スーパー バリュー 55

ANA VALUEとの違いは何か? ANA SUPER VALUEと似た名称のANA VALUEについて少しご紹介します。 ANA VALUEとは国内線運賃の改定前まで、「ANA特割」と呼ばれていました。 ANA VALUE割を使う場合は、飛行機に乗るまでにキャンセルする可能性が高い場合、ANA SUPER VALUE割は予約した日に絶対に飛行機に搭乗することがわかっている場合といったように、自分の状況に応じて使い分けて予約されることをおすすめします。 ANA SUPER VALUEを利用するとここまで安くなります! ここではANA SUPER VALUEを使うとどのくらい通常運賃と比べて安くなるのか比べてみたいと思います。 介護運賃や障害者割引等の特殊な割引運賃は除いています。 スーパーバリュー価格は本当に割引率がハンパじゃないです。 ANA SUPER VALUEデメリット デメリット1:予約変更することができない ANA SUPER VALUEを利用して航空券を予約した場合、予約変更を行うことはできません。 どうしても予約を変更したい場合は、予約をキャンセルし、料金の払い戻しを行なってから航空券の予約を取り直す必要があります。 予約のキャンセル料金は以下の仕組みになっています。 詳しく説明すると、払い戻し手数料は1区間当たり430円の手数料が発生するので、往復のチケットをキャンセルする場合は、860円発生するということになります。 また、取り消し手数料に関してですが、以下の表をご覧ください。 取り消し手数料は、航空券購入後から55日前までは発生しません。 ただし、払い戻し手数料は発生します。 それ以降になると、搭乗日に近くになるにつれて、手数料は増えていきます。 半分以上キャンセル料を持っていかれるのはかなりシンドイですね... ANA SUPER VALUEを予約する場合は、確実に搭乗することが決まっている場合に利用することをおすすめします。 すなわち、航空券代は1円も戻ってこないということです。 搭乗日当日飛行機に乗るかどうかわからないという方はANAフレックスで航空券を予約することをおすすめします。 ANASUPER VALUEを利用して格安で航空券をゲットしよう! 今回はANASUPER VALUEの割引率やデメリットを中心にご紹介してきました。 スーパーバリューは、45,810円の航空券がたったの9,010円で予約することが可能になる神チケットとも言えるでしょう。 一方で、予約変更することはできず、キャンセルするタイミングによっては航空券代が全く戻らないケースもあります。 スーパーバリューを使って航空券を予約する場合は、確実に飛行機に乗れる日を狙って予約するようにしましょう!! ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

ANA株主優待割引の大改悪が判明!【2019SFC修行も大打撃】

スーパー バリュー 55

ANAの料金プランは数種類ありますが、あらかじめおおまかな計画を立てておける旅行では「スーパーバリュー」がお得です。 スーパーバリューは予約期限や空席数に応じて運賃が安くなるので、早めに予約をするほどお得になる可能性が高くなります。 とはいえ、うまく使いこなすためには、メリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。 そこで、今回はスーパーバリューの詳しい仕組みと、メリットや注意点を徹底解説していきます。 ANAのスーパーバリューとは? ANAの「スーパーバリュー」とは、2018年10月28日の予約分から適用された新しい料金プランのひとつで、以前の「旅割」に相当します。 搭乗75~21日前まで設定されており、基本的には早めに予約をするほど運賃が安くなるプランです。 さらに、予約時の空席数によっても料金クラスが異なるので注意しましょう。 ちなみに、空席数に応じた料金クラスの構成は、スーパーバリュー55~スーパーバリュー21までが3段階で、スーパーバリュー75のみ2段階です。 たとえば、スーパーバリュー55の場合、空席数が多い順に「55M」「55L」「55K」というクラスがあり、55Mが満席になった時点で55Lの運賃が適用されることになります。 チケットは、1月と8月の年2回の運賃ダイヤ期間ごとに一斉発売されるので、旅行の日程や行き先が決まっている場合は、早めに予約をしましょう。 なお、搭乗の55日前までであれば取消手数料はかかりませんが、搭乗54日前からは解約日時に応じて運賃の30~100%の取消手数料が必要です。 ANAスーパーバリュー航空券のメリット スーパーバリューには、主に2つのメリットがあります。 1つ目は「旅行の予定が立てやすい」ことです。 チケットは2カ月以上前から発売されるので、余裕をもって旅行の準備ができるのです。 たとえば、開催されるイベントに合わせて旅行をしたいけれどチケットが取れるかギリギリまで分からないとなると、宿泊先などの予約もできません。 また、普段仕事などが忙しい人でも早めに旅行先を決めておけば、時間にゆとりをもって具体的に行ってみたい場所やルートの計画ができるでしょう。 2つ目のメリットは「早めの予約ほどチケットをお得に買える可能性がある」ことです。 チケットの金額が予約する時期によって変動するのはもちろんですが、予約する時点での空席数によっても異なります。 そのため、チケットが発売されたばかりなど空席が多いうちに予約をすれば、よりお得に買える可能性があるのです。 スーパーバリュー航空券の注意点 スーパーバリューを購入する前に、注意点もチェックしておきましょう。 まず、ANAの料金プランのなかには、355日前から発売される航空券が何種類があることを意識しておきます。 355日前からという早い段階で発売されるチケットの場合、スーパーバリューのような運賃の割引がありません。 しかし、お盆や年末年始といった混雑が予想される時期など、確実にチケットを手に入れておきたい人が多いときは残席数が少なくなっている可能性があるのです。 家族旅行や友人数人での旅行など複数のチケットが必要な場合は注意が必要です。 また、残席数が少ないということは、空席数に応じた割引率がそれほど高くならない可能性もあります。 そのため、オンシーズンのチケットは確実に必要枚数買えるとは限らないことと、それほどお得とは感じられない可能性があることを意識しておきましょう。 早めの予約がおすすめ 早く予約するほど安くチケットが買える料金プラン「スーパーバリュー」のなかでも、もっとも安くなる可能性があるのはスーパーバリュー75です。 そのため、旅行の日程や行き先が決まったら、なるべく早い段階でチケットの予約をするのがお得です。 エアトリならスーパーバリューを取り扱っているだけでなく、ご予約・ご利用時に知っておきたいポイントも紹介しています。 予定が決まった人は、早速エアトリでお得なフライトを探してみましょう。 部屋数 1部屋目 大人 名 子供 名 宿泊時の 年齢を入力してください 子供1 歳 子供2 歳 子供3 歳 子供4 歳•

次の