轢き逃げ 死亡 事故 ニュース。 死亡事故がニュースにならないことはありえますか?

おっさんが無保険、無車検、轢き逃げ、死亡事故!法律無視で懲役刑

轢き逃げ 死亡 事故 ニュース

ひき逃げ死亡事故があった現場=10日、徳島県石井町 10日未明、徳島県石井町の国道で、男性がはねられ死亡した飲酒ひき逃げ事件で、逮捕された東みよし町の会社員松本良容疑者(21)の車の助手席には、みよし広域連合消防本部の消防士(22)=東みよし町=が乗っていた。 同本部は消防士が飲酒運転をほう助したと判断し、懲戒免職にすることを決めた。 広域連合長の黒川征一三好市長らが11日記者会見し、陳謝。 消防士に行った聴取で明らかになった事件までの状況を説明した。 広域連合によると、松本良容疑者と消防士は幼なじみ。 2人は9日午後5時半から東みよし町内の居酒屋で飲酒し、同8時半に店を出て松本容疑者の運転でつるぎ町内のスナックへ行った。 10日午前1時ごろまで酒を飲み、徳島市内の松本容疑者の知人が経営するバーに向かった。 消防士は「かなり飲んだが覚えていない」と話しているという。 つるぎ町を出た後の記憶があいまいで、事故発生まで助手席でうつむいて座っていたと説明している。 2人は過去にも酒を飲んだ後、一緒に乗車していた。 松本容疑者が運転し、消防士は飲酒運転を止めることなく同乗していたという。 広域連合は「どのくらいの頻度か明確に聞いていないが、常習的と言える範囲」とした。 消防士は2016年4月、広域連合消防本部に採用された。 消防士として隔日で勤務し、救急、消防、通信の各業務を担当。 9日午前8時半に24時間勤務を終え、午後は三好市内の防災訓練で自動体外式除細動器(AED)講習の講師を務めた。 広域連合は11日、出勤した消防士から事情を聴いた上で懲罰委員会を開いた。 消防士の処分のほか、上司の消防次長と総務課長の戒告を決めた。 12日付で処分する。

次の

おっさんが無保険、無車検、轢き逃げ、死亡事故!法律無視で懲役刑

轢き逃げ 死亡 事故 ニュース

職務質問中に車で逃走し、女性をはねて死亡させた女。 逮捕直前の様子を、カメラがとらえていた。 警察官に囲まれ、うなだれた様子を見せる女。 東京・品川区で20日、警察官の職務質問中に車で逃走し、女性をはねて死亡させた中川真理紗容疑者 31。 職務質問を受ける直前に、中川容疑者とみられる人物を目撃した人は… 目撃者「少し不思議でした。 急にしゃがみ込んでみたり、あまり一貫性がないので、不思議な人だったねって」 さらに、ドライブレコーダーには、猛スピードで逃走する白い高級外車が映っていた。 目撃者「ハザードつけて猛スピードで、僕の車を追い越して行った。 気がついたら白煙が出ていた」 高級外車は、逃走中に近くを歩いていた会社員の高橋悠さん 34 をはね、高橋さんはまもなく死亡。 その後、追突事故を起こし、植え込みに衝突した。 ドライブレコーダーの映像をよく見ると、車から降り、小走りに現場を離れる中川容疑者とみられる姿が。 目撃者「僕が 車から 降りていったら、女が逃げていった。 左側のマンションに走って逃げた」 車から降りた中川容疑者は、近くのマンションに逃げ込んだ。 様子を見ていたマンションの管理人は… マンション管理人「こっち側から女性が走ってきた。 その人が運転している女性だとわからなかった。 女性の様子は? かなり動揺していた」 中川容疑者をとらえた、マンションの防犯カメラ映像。 肩でマンションの入り口を押し開け、足早にエレベーターの前に。 あわてた様子でボタンを押して待つが、エレベーターが来ず、しびれを切らしたのか、中川容疑者は階段へ。 マンション管理人「一気に…、うち10階まであるから、10回まで階段で上がっていった。 そしたら10階の居住者の方から、うちの前に女の子がいると」 管理人が中川容疑者を追ってきた警察官にそのことを伝えると、警官たちは10階へ。 そして、逃げ込んでおよそ15分後、うなだれた様子で連行される中川容疑者の姿が映し出された。 中川容疑者は、高橋さんをはねて死亡させるなどした疑いで、21日、再逮捕された。 調べに対し、「薬を飲みすぎたことが原因なのかわかりませんが、何かに衝突するまでの記憶がありません」と話していて、警視庁は尿鑑定を行い、供述の裏づけを進めている。

次の

三重・津146キロ死亡事故 検察側も控訴「不適切な法律判断を是正する」

轢き逃げ 死亡 事故 ニュース

ヘッドライトやフロントガラスが損傷した容疑者の乗用車=10日、徳島名西署 10日午前2時20分ごろ、石井町石井の国道で、大阪市天王寺区、飲食店店員河野匠さん(24)が乗用車にはねられ、徳島市内の病院で死亡が確認された。 車は逃走したが、運転していた男が現場近くにいるのを徳島名西署員が発見。 呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで男を逮捕した。 逮捕されたのは、東みよし町西庄、会社員松本良容疑者(21)。 車の助手席には、みよし広域連合消防本部の消防士(22)=東みよし町=が乗っていた。 同本部は消防士が飲酒運転をほう助したと判断し、懲戒免職にすることを決めた。 逮捕容疑は、国道で酒気を帯びて乗用車を運転し、歩いていた河野さんをはねて死亡させ、そのまま逃走したとしている。 署などによると、松本容疑者は事故後、現場から約900メートル東で車を降り、フロントガラスやドアミラーが破損しているのを確認。 引き返したが現場を通過し、約500メートル西の駐車場に車を止めて立ち去った。 事故から約20分後、署員が破損した車と近くのスーパー駐車場で座っていた松本容疑者を発見した。 調べに対し、松本容疑者は酒気帯び運転は認めているが「よそ見をしていた。 何かに当たったが、人とは思わなかった」と供述し、容疑を一部否認しているという。 署が事故原因などを詳しく調べている。 県警は11日、松本容疑者を送検した。 署などによると、松本容疑者と消防士は東みよし町内の飲食店などで酒を飲んだ後、2人で徳島市内に向かう途中だった。 現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、信号機や横断歩道はない。 河野さんは石井町内の実家に帰省中で、近くの飲食店で父親(62)と食事をして帰る途中だった。 約200メートル後方を歩いていた父親がスピードを出して走る車を目撃、衝突音を聞いて駆け付け、110番した。

次の