ジェット スター キャンセル 方法。 コールセンターへお問い合わせ

LCC ジェットスター「バウチャー」の使い道 新型コロナで還元も

ジェット スター キャンセル 方法

数ある国内の格安航空券予約サイトを徹底比較。 格安航空券は、多様な条件があります。 航空会社や申込み期限、変更可能かどうかなど、基本的に、条件が厳しければ値段が安いとされてます。 国内の格安航空券の予約サイトも、いろいろ選択肢があります。 旅行会社をはじめ、ポータルサイトや金券ショップなど。 自分の条件にあった航空券を上手に選びましょう。 今や、宿泊予約サイトはたくさん存在します。 ホテル直営のサイトから、宿泊のポータルサイト、もちろん旅行会社の運営する宿泊サイトなど。 宿泊のカテゴリー(シティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館)によって、それぞれメリット・デメリットもあります。 ビジネスホテル・温泉旅館・高級ホテル・ファミリー向けなど、季節に応じたお得なプランを見つけましょう。 ひと昔前、国内のパックツアーといえば、旅行会社の専売特許でしたが、今や宿泊サイトが航空会社と提携して組み合わせが自由なダイナミックパッケージも主流になりつつあります。 もちろん旅行会社が企画するお得で、楽しいツアーもまだまだ健在です。 今話題のツアーや、旬のお得な旅行情報、おすすめのお得な旅行プランなどを紹介します! ジェットスターのキャンセルができない! ジェットスターのキャンセル方法は、「しっかりMax」のタイプで予約している場合のみ払い戻しがあるため、コールセンターに電話をして手続きを行います。 「Starter」「ちゃっかりPlus」で予約している方は、払い戻しができないので、変更して再利用しないなら 特別な手続きをする必要はありません。 (ジェットスターのウェブサイト上で予約をキャンセルすることはできないので、そのまま放置する形となります) 「Starter」「ちゃっかりPlus」は払い戻しができない ジェットスターの運賃タイプ「Starter」「ちゃっかりPlus」の場合は 払い戻しができない運賃タイプのため、一度予約をすると 支払い済みの航空券代金は一切戻ってきません。 そのためジェットスターで航空券を購入する場合は、安いからといって即決せずに、同行者の予定の確認なども含め 『覚悟を決めてから予約』することになります。 ジェットスターの変更はホームページ「予約の確認変更」より 変更手数料について ジェットスターの航空券(基本運賃「Starter」)は、変更する場合に 手数料がかかります。 前述の通り、ホームページで予約した記録をコールセンターで変更することも可能ですが、変更手数料が ウェブサイトで変更するよりも高くなるので注意。 「ちゃっかりPlus」なら無料で変更ができる 基本運賃「Starter」の 1,650円~割り増しとなる運賃タイプ 「ちゃっかりPlus」なら、日程や便の変更が無料でできます。 また搭乗者名の変更もできるので、日程が先の予約や、変更の可能性が高い場合は 「ちゃっかりPlus」で予約する方が無難です。 (いずれも変更による運賃の差額は必要で、変更先の運賃が安い場合の差額の返金はなし。 ) ただし、出発地・到着地を変更する場合は「しっかりMax」のみ可能で、「Starter」「ちゃっかりPlus」はできません。

次の

LCC ジェットスター「バウチャー」の使い道 新型コロナで還元も

ジェット スター キャンセル 方法

新型コロナウィルスによる肺炎の感染拡大における、 LCC「」の特別対応について。 国際線と国内線を分けて、ご紹介します。 特別対応の内容は変更される場合がありますので、 必ず、(外部リンク)で、 しっかり、その都度、ご確認ください。 ジェットスターが随時更新する専用ページ まず、ジェットスターの公式サイト(日本語)に、 今回の件についてのページがあります。 随時更新されています。 ジェットスター国際線の場合 まず、国際線の場合、運航便の運休が発表されています。 もし、該当する場合は以下の対応となっています。 対象期間にご注意ください。 手数料無料の期間が延長されるケースも考えられます。 対象期間外のキャンセルは既定の手数料がかかります。 すぐにキャンセルする必要がなければ公式発表まで待って、 発表があってからの対応がおすすめです。 ジェットスター国内線の場合 次に、ジェットスターの国内線について。 今のところ( 2020 年 3 月 3 日現在) 国内線についての払い戻しは、 一切アナウンスはありません。 つまり、キャンセルした場合、手数料がかかります。 最安運賃だと一切返金なし、です。 国内線の全路線、特別対応が発表されました(2020年4月8日) 対象期間にご注意ください。 くれぐれもご注意ください ジェットスターが販売する最安の「Starter」運賃の場合、 キャンセルすると、バウチャーを含め、一切返金がありません。 ただ、この運賃は「予約内容の変更」が可能です。 変更するための手数料がネット上だと3,300円かかります。 空港での変更だと4,400円。 気を付けてほしい点は、もともとの予約が「Starter」の場合、 例えば、バウチャーでの払い戻しが受けられる「Starter MAX」に、 変更した場合だと、払い戻しは受けられません(以下) ===== もともとの予約がエコノミークラス「Starter Max」ではない場合、 または変更手続きの締め切り時刻を過ぎてから申告された場合、 フライトバウチャーでの払い戻しは不可となります。 ===== 【まとめ】 LCCは、今回の件の対応を見ていても、大手航空会社と比べ、 返金などにはとてもシビアだなという印象を受けます。 ただ、すぐにキャンセルせず、まずはジェットスターへ、 問い合わせてみることをおすすめします。 どうしてもダメだと言われれば、仕方ないですが・・・ 万が一、肺炎にかかっていた場合なども、ジェットスターへ、 必ず相談してください。 とても悔しい思いをした方は、次、航空券を買う時、 この航空会社でよいのか、この運賃でよいのか、もしも、 キャンセルする事態が起きた場合、なども、今一度、 想定してから、ご購入ください。 LCCには、キャンセル時の手数料などの差額をカバーできる、 「」もあります。 115•

次の

LCCのジェットスター航空 新型肺炎コロナウイルス騒ぎでキャンセルしたい 変更方法や保証について紹介

ジェット スター キャンセル 方法

この記事の目次• フライトバウチャーとは ジェットスターのフライトバウチャーは、航空運賃や、手荷物、座席指定などの料金に利用することができます。 オンラインで航空券を購入する際は、バウチャー番号を入力することで簡単に利用することができます。 ジェットスターは、クレジットカードやコンビニ払いなどで支払う場合、手数料が発生しますが、フライトバウチャーですと手数料は発生しません。 ジェットスターの予約方法 まず、のページを開きます。 ジェットスタートップページ(クリックで移動します) フライトを選ぶ 予約したいフライトを選びます。 フライト選択画面 オプションを選ぶ 次に、オプションを選びます。 『ちゃっかりPlus』『しっかりMax』などを選択しなければ、荷物が預けられません。 ご注意ください。 特に、旅行の帰りの便などは、お土産などで荷物が増える可能性がありますので、選択していた方がいいかもしれません。 荷物を預けず、身軽に旅行される方は、オプションは必要ないと思います。 オプション選択画面 手荷物について 手荷物の重量の選択する画面です。 超過すると、空港で追加料金が発生しますので、旅行の際は余裕を持って荷造りしてください。 座席を指定する 座席を指定する画面に移ります。 オプションによって指定できる座席が異なります。 『Starter運賃』(オプションを選択なし)の場合、全てのシートが有料。 『ちゃっかりPlus』を選択した場合、スタンダードシートが無料、 『しっかりMax』を選択した場合、すべてのシートが無料です。 一人旅で、コストを極力抑えたい方は、座席指定をしなくていいと思います。 私も、一人旅の時は座席指定しません。 座席の選択画面 機内食・駐車場などのオプション 次の画面では、機内食、駐車場のサービスを追加することができます。 これらのサービスもフライトバウチャーで支払うことができます。 普段は利用しませんが、今回はフライトバウチャーの支払いなので、利用してみたいと思います。 従来は1回のフライトで使い切らなければなりませんでしたが、利用規約の変更により、複数のフライトに分けて利用することができるようになりました。 【6月15日更新】 機内食の種類・選択画面 駐車場も予約 フライトバウチャー の利用方法 お支払い方法画面 搭乗者情報の次の画面で、お支払い方法を入力します。 ここで、お手元の、バウチャー番号を入力し、「バウチャーを使う」をクリックしてください。 バウチャー番号入力 金額の最終確認 予約完了 以上が、ジェットスターの予約方法とフライトバウチャー の使い方でした。 従来は1回のフライトで使い切らなければなりませんでしたが、利用規約の変更により、複数のフライトに分けて利用することができるようになりました。 【6月15日更新】 届いたメールです。 温かい目で見ていただければと思います。

次の