米国台風。 台風

台風の名前の付け方とは?番号や国際名称の付け方について!

米国台風

米軍の台風情報JTWC Joint Typhoon Warning Center は、ハワイにあるアメリカ海軍の気象センターが発表しているもので、一般でも見れるように公開されています。 国内の台風予報はすべて元ネタは気象庁なのでどれも同じ内容ですが、米軍の台風予報は、気象庁とは違った方法で予報されているので、気象庁発表予報の セカンドオピニオンとしてたいへん役立ちます。 ただ、米軍の台風情報を読み解くには、時差や風速の単位など、日米の違いに注意が必要です。 たとえば時差は、JTWCの時間表記は国際標準時なので 9時間を足せば日本時間となります。 また、風速と瞬間最大風速では単位の換算方法が違うなど、若干ややこしい部分もあります…この記事では、米軍台風情報を正確に読み取るためのポイントについて、詳細を説明していきます。 この記事の内容• トップページは、台風が発生している場合は、たとえば以下のように表示されています。 サイクロンやハリケーンが同時に表示されている場合もありますが、その場合は、タイフーンを探します。 台風は Typhoon 04W(Songda) Warning 34 などと出ています。 この場合は台風4号の34番目の情報ということになります。 注意したいのは、 台風の番号が、日米でズレる場合があることです。 台風の成りかけのものなどを、台風として認定するかしないか?の判断の違いがあるため、少しずつ番号がずれてくることが多いのです。 ですので、()内の「国際共通名」で、見たい台風の情報かどうか?を確認をしておきましょう。 これをクリックすると、下の台風進路図が出てきます。 この米軍発表の台風進路図を読み解いていく場合の注意点やポイントを、さらに詳しくみていきましょう。 スポンサーリンク 米軍の台風進路図では、台風の予想位置ごとに、 09/00Z などと時間が表現されています。 ZはZuluTimeの略で、国際標準時のことです。 国際標準時はUTCと書かれることも多いです。 UTCとZuluTimeは同じです。 国際標準時に対して、日本は+9ですので、 9時間を足せば日本時間となります。 日本では、熱帯低気圧と台風という2種類の分類ですが、アメリカでは、熱低と台風の間に、もうひとつの段階があります。 それが トロピカルストームです。 米国の台風の3段階 熱帯低気圧 Tropical Depression 米軍風速33ノット以下 トロピカルストーム Tropical Storm 米軍風速63ノット以下 台風 Typhoon 米軍風速64ノット以上 の3段階に分類しています。 さて、ここで、 米軍のノット表記による風速と 、気象庁の秒速の風速について、換算するための注意するべきポイントがあります。 ノットは船舶関係や航空関係で使われるスピードの単位で海里を基準とした単位ですが、日本の風速は秒速です。 1ノットは時速1. とりあえず単純計算すれば、風速63ノットは、秒速では32m/sとなります。 しかし、これだけでは誤差が生じるのです。 ここが注意するべきポイントなのですが、 アメリカの最大風速と日本の最大風速は、基準が違うため、ただ換算するだけでは、誤差が出るということです。 つまり、 「米軍風速」と「気象庁風速」を、区別して考えるべきなのです。 台風の強さを表す風速は、正確には 最大風速といいます。 最大風速は、風速の平均値をいくつかとって、そのなかで最大のものをピックアップして、最大風速とするわけです。 ところが、 風速の平均値をとる基準が日米で異なるため、最大風速にも誤差が出てくるのです。 日本の最大風速は10分間の平均風速をベースにしているのに対して、米軍の台風情報では1分間の平均風速をもとにしています。 日本の10分平均の測定の方が、国際基準に則した、グローバルスタンダードな方法なのですが、米軍の1分間平均値の方が、より細かく測定できるということで、米軍は1分平均を採用しています。 1分平均の方が、10分平均に比べて、高い数字が出ます。 この誤差を修正するには、米軍の1分平均風速に0. 88を掛け、日本の10分平均に換算する必要があります。 平均風速の誤差を修正した「 米軍風速」と「 気象庁風速」の換算表は以下となります。 この換算方法に基づいて計算すると、米軍の台風のランクは、気象庁の風速で言うと、下記のようになります。 時差の修正は簡単ですが、風速の単位が違うということは、少し注意が必要ですね。 なお、国内の台風情報をより正確に詳しく把握するためにはの記事も参照してください。

次の

【台風の名前】2020年に発生した台風一覧|名称と台風番号

米国台風

呼名 読み 命名国 地域 1 Damrey ダムレイ カンボジア 2 Haikui ハイクイ 中国 3 Kirogi キロギー 北朝鮮 4 Kai-tak カイタク 香港 5 Tembin テンビン 日本 6 Bolaven ボラヴェン ラオス 7 Sanba サンバ マカオ 8 Jelawat ジェラワット マレーシア 9 Ewiniar イーウィニャ ミクロネシア 10 Maliksi マリクシ フィリピン 11 Gaemi ケーミー 韓国 12 Prapiroon プラピルーン タイ 13 Maria マリア 米国 14 Son-Tinh ソンティン ベトナム と、この様に、 日本を含む 14カ国が付けた 固有の名前は、 10セットあって、台風発生順にその名前が付けられているんです。 全部で 140の名前が付けられています。 アメリカの台風の名前の付け方 アメリカの台風の 名前の付け方は、いったいどうなっているのか? アメリカの場合、 米海洋大気局(NOAA)のハリケーンセンターが、 世界気象機関(WMO)という組織内の委員会で、 あらかじめ決定しておいたリストから、発生順に付けていきます。 アメリカの台風の名前 セットリスト一覧 【台風の名前 セットリスト一覧】 2009 2010 2011 2012 2013 2014 Ana Alex Arlene Alberto Andrea Arthur Bill Bonnie Bret Beryl Barry Bertha Claudette Colin Cindy Chris Chantal Cristobal Danny Danielle Don Debby Dorian Dolly Erika Earl Emily Ernesto Erin Edouard Fred Fiona Franklin Florence Fernand Fay Grace Gaston Gert Gordon Gabrielle Gonzalo Henri Hermine Harvey Helene Humberto Hanna Ida Igor Irene Isaac Ingrid Isaias Joaquin Julia Jose Joyce Jerry Josephine Kate Karl Katia Kirk Karen Kyle Larry Lisa Lee Leslie Lorenzo Laura Mindy Matthew Maria Michael Melissa Marco Nicholas Nicole Nate Nadine Nestor Nana Odette Otto Ophelia Oscar Olga Omar Peter Paula Philippe Patty Pablo Paulette Rose Richard Rina Rafael Rebekah Rene Sam Shary Sean Sandy Sebastien Sally Teresa Tomas Tammy Tony Tanya Teddy Victor Virginie Vince Valerie Van Vicky Wanda Walter Whitney William Wendy Wilfred まとめ 上記では、説明上わかりやすくするために、 「日本の台風」「アメリカの台風」と表現しています。 が、 そもそも、 台風はひとつだけです! んっ!? 余計にわかりにくくなりました? どういう事かと言うと …• 北西太平洋 または 南シナ海で発生した台風は、 「Western North Pacific Names(アジア名)」が付けられる!• 大西洋で発生した台風は、 「Atlantic Names(アメリカ名)」が付けられる! というワケです。 つまり、 アジア名を付けた台風委員会には、アメリカも含まれているので、 アメリカでも、アジア名で呼ばれているんです! 日本の場合も、 気象庁では台風を 番号で呼んでいるので、あまり耳にしませんが、 同様に、 「Western North Pacific Names」と呼ばれる、 アジア名がついているんです。 ちなみに、 「Atlantic Names」と呼ばれる アメリカ名は、 6年間かけてリストを一巡すると、 再び 1セット目のリストの名前に戻ることになります。 そのため、 こちらも 「同じ名前が付いた台風」が存在することになるので、 名前だけでは、 いつ発生した台風なのか、区別できないという問題が起こります。

次の

最新の台風進路予報をアメリカ海軍サイトと気象庁で確認する方法

米国台風

米軍台風進路予想の最新情報をお届けしています。 主にアメリカ、ハワイにあるJTWC(米軍合同台風警報センター)が発表する台風情報の進路予想図を中心に台風情報全般お伝えします。 (なるべく最新情報をお伝えしようと思いますが、米軍の更新情報を全てお伝えできないこともありますのであらかじめご了承下さい。 ) この米軍発表の台風情報は、本来は米国政府機関がり利用するための情報だということですが、われわれ一般人でもアクセスして閲覧することが可能となっています。 台風が発生した場合には、通常6時間おきに台風情報を発表しています。 なお、JTWCの台風情報に記載されている日時は、時刻表記が協定世界時となっている点に注意してください。 進路予想図中の日時を日本時間に直すに場合は、時差9時間を加算する必要があります。 なぜ気象庁だけでなく米軍の情報まで報じるのかというと、この、米軍発表の台風進路予想は、気象庁などの日本の進路予想に比べ長期的な予想で知られていおり、気象庁発表の進路予想よりも、米軍の進路予想は数日先まで予想を行っています。 そのため、気象庁の進路予想と見比べることで、よりいっそう詳しく進路が把握できるのです。 当サイトでは適宜気象庁やヤフー天気などの進路予想図をはじめ、天気図、レーダーなども掲載してお伝えしています。 地図上の表記はすべて英語ですが、そのうち 赤い文字で現在の台風の位置が記載されています。 その赤文字の台風名を参考に、地図の右側のテキストのなかから予想進路をお知りになりたい台風を見つけてください。 台風ごとに詳しい情報へのリンクが表示されています。 予想進路を知りたい台風を見つけたら、その下の項目のなかから 「 TC Warning Graphic」という項目をクリックします。 これが「米軍発表の予想進路」で、クリックすると最新のものの画像が表示されます。 ちなみに米軍の進路予想図の見方はこちらに詳しく書かれていますので参照してください。

次の