検索 キーワード ランキング。 【正社員】Indeedキーワードランキング【2019年8月】

【正社員】Indeedキーワードランキング【2019年8月】

検索 キーワード ランキング

無料 トライアル利用含む で使える検索キーワードの調査ツールを16ツール 12種類の調査方法 を紹介します。 サイト/コンテンツの制作やリニューアルでSEOに取り組む場合、キーワード調査は必須です。 ウェブサイトやコンテンツを通じて、ユーザーに何かアクションを起こしてもらうことが目的の場合、ユーザーの求めていることを知らなければ、良いサイト/コンテンツを作ることはできないからです()。 顧客やユーザーの顕在的/潜在的なニーズを調査する上で、検索キーワード調査は、非常に有効です。 アンケート等の方法もありますが、検索キーワード調査ほど、大規模に手軽に顧客/ユーザーのニーズを集められる方法はなかなかないでしょう。 そんな背景もあり、今やSEOやコンテンツマーケティングを行う場合だけでなく、マーケティング活動全般において検索キーワード調査が行われるようになってきました。 検索キーワード調査を行う際、ツールとしては、Googleのキーワードプランナーを中心に、GoogleAnalytics、SearchConsoleを活用されている方が多いと思います。 Googleキーワードプランナーは、関連ワードや検索ボリュームを手軽に洗い出すには非常に便利です。 SEOを行う前に、ざっくりと検索ボリュームを知りたい場合は十分だと思います。 一方、顧客の検索意図やニーズを探っていく場合、Googleキーワードプランナーなどだけでは、不十分なこともあります。 そこで、今回は、更に幅広く、深くキーワードを調査をする時に便利な無料の検索キーワード調査ツールを紹介します。 海外には検索キーワードを調べるためのツールが多いのですが、日本や日本語に対応していないことが多いため、今回は、日本語に対応しているものを中心に紹介します。 サジェストワード 1,keyword. io Googleのキーワードプランナーで関連ワードを洗いだしたら、そのキーワードを含む掛け合わせワード(サジェストワード)が知りたくなります。 関連ワードやサジェストワードを調査する海外のツールは多いですが、日本語に対応しているものは少ないのが現状です。 このkeyword. ioは数少ない日本語対応したサジェストワード出力ツールです。 自動でキーワードが分類され、グループごとにフィルタが掛けられるようになっているのですが、この分類が、ニーズの分類としても使えて便利です。 サジェストワードを自動で分類してくれる。 ニーズ分類としても使える 分類されたグループでフィルタを掛けて見ることができる keyword. io 2,関連キーワード取得ツール&グーグルサジェストキーワード一括DLツール & Ubersuggest 大事なキーワードの周辺ワードをもれなく調べつくしたいという用途もあるでしょう。 そんな時は、関連キーワード取得ツール、サジェストキーワード一括DLツール、Ubersuggestが便利です。 これらは、ベースになるキーワードに対して、多様な掛け合わせのサジェストワードの一覧を網羅的に提示してくれるツールです。 分類などは気にせず、とにかく重要ワードの周辺のワードの洗い出しを、やりきりたいときに重宝します。 YouTubeやAppStore上でのSEOにも使えますが、ウェブサイトのSEOを行う上での検索キーワード調査としても十分使えます。 YouTubeの場合は特に、「ゴルフスイング」など、ユーザーが動画にこそ求めるコンテンツニーズの背景を考えることは、顧客理解をする上で参考になります。 「番組」、「CM」や「ゴルフスイング」など動画(YouTube)ならではの、サジェストワードが確認できます KeywordTool Keyword Explorer Keyword Explorerは、SEOの老舗Mozが提供するサジェストキーワードを教えてくれるツールです。 特徴はキーワードの難易度まで示してくれる点です。 キーワードの難易度はページオーソリティ/ドメインオーソリティから判断した上位サイトの強さで示しているようです。 Oppotunity(機会)という指標もあり、SERP上にリスティングなどの自然検索以外の表示要素が多いとCTRが高まりづらいという観点で集計しています。 日本語のサジェストワードがまだ少し変な時がありますが、外部リンクやSERP上の要素を集計しているMozならではの面白いツールです。 無料版は回数制限がありますので、ご注意ください。 GoogleCorrelationは隠れた検索キーワードを探すための名ツールです。 指定したワードと検索回数で相関の強いワードの一覧を提示してくれます。 一見、意味的には関連がなさそうな、でも相関の高いワードに注目すると、隠れたニーズや検索ワードを発見できることがあります。 例えば、「ハワイ」と相関の高いキーワードとして「足のツボ」や「筋肉」、「土踏まず」などが出てきましたが、調べてみるとハワイで足ツボ・マッサージが人気のようでした。 少なくとも私は、ハワイで足ツボ・マッサージが流行っていることを知りませんでしたし(ただの流行遅れでしたらすみません)、Googleキーワードプランナーやサジェストワードツールでも、それらしいキーワードは出てきませんでした。 こういった隠れたニーズの発見につながる可能性があるツールです。 「ハワイ」と相関の高いワードに「足ツボ」、「筋肉」、「土踏まず」があり、ハワイで足ツボマッサージが流行していることを知った GoogleCorrelation 5,連想類語辞典 & weblio類語辞典 似た意味でも違う言い回しのキーワードでは、検索者のニーズが異なることが往々にしてあります。 連想語や類語関連のサービスは、似た意味で違う言い回しのキーワードを一覧で示してくれます。 例えば、「旅行」の連想語として「トレッキング」、「ツアー」、「参観」、「ドライブ」、「観光」、「出張」、「一人旅」、「野遊び」、「遠足」などと検索ワードの言い回しが変われば、求める内容(コンテンツ)が異なります。 ニーズを漏らさないためにも、抑えておきたいところです。 旅行の色々な言い回しの違いを一覧で調べる事ができる 連想類語辞典 weblio類語辞典 6,共起語検索 共起語とは、同じ文書中に同時に頻繁に使われるキーワードのことです。 共起語検索は、そんな共起語を一覧化してくれるサービスですが、 サジェストワードや関連ワードとの違いは、基本的には、指定したワードとは意味の異なるキーワードがリスト化されてくる点にあります。 意味は違いますが、同じ文章中によく使われるということは、対象キーワードの内容を、説明する上での主要な要素だと考えられます。 例えば、「旅行」の共起語として「国名」、「プラン」、「旅行券」、「エリア」、「予約」、「情報」などが出てきました。 これらは旅行サイトではきちんと抑えておくべき、「旅行」を説明する上での重要な要素です。 こんなところからも、ニーズを推測する事ができます。 同じ文書中に使われやすいキーワードから気づきを得る事ができる 共起語検索 7,Yahoo! 知恵袋 & 教えて! goo & Quora QAサイトもキーワード調査で重要です。 QAサイトで質問をするユーザーは、悩みを抱えているため、顧客に近い層だと思います。 そんなユーザーは、 具体的にどんなことに悩んでいるのか、どんな解決策を求めているのか、悩みをどう表現するのかなどがQAサイトから分かってきます。 日本では、Yahoo! 知恵袋や教えて! goo、海外では実名制のQuoraなどが有名です。 「海外旅行」について保険やお土産に悩みがあることが分かった Yahoo! 知恵袋 教えて!goo Quora トレンドを把握 8,Googleトレンド 検索キーワードにはシーズナリティやトレンドがあります。 狙っているキーワードの流行を捉えるには、Googleトレンドがやはり便利です。 「忘年会」、「水着」、「バレンタイン」、「母の日」などシーズンものは定期的に盛り上がりますし、「ブルーボトル」のように話題になったものや、「竹鶴」などのようにTVで取り上げられたものは、急激に検索回数が増加します。 定期的に発生するニーズや突発的に発生するニーズをしっかり取り込んで行く上で、Googleトレンドは便利です。 ウェブマーケティングをしていると、ウェブを中心に物事を考えてしまいますが、「ブルーボトル」や「竹鶴」などの例からも、 検索のトレンドは、ウェブの外から発生していることも多くあります。 ウェブマーケティングにおいても、ウェブの外の世界にもアンテナを貼っていなければという気付きにもなるでしょう。 「忘年会」のように毎年定期的にニーズが発生するワードと、TV番組で取り上げられたことで急激にニーズが発生したワードなどを把握する事ができる Googleトレンド 9,cotoha. com cotoha. comは、指定したキーワードに関連するニュースなどがまとめてチェックできるサイトです。 ターゲットにしているキーワード周辺でどんな話題が発生しているかをまとめて一気に調査する事ができます。 Googleニュースと違い、ニュース以外に関連記事やYahoo! 知恵袋の結果なども提示してくれるので、幅広く情報を集めたい時には便利です。 キーワードに関するニュース、記事、QAサイトの結果など、各種の検索結果をまとめてみることができる cotoha. com 10,Yahoo! リアルタイム検索 更に即時性を求めるならYahoo! リアルタイム検索です。 ターゲットにしている検索キーワードに関して、Twitterで今、話題になっている情報が確認できます。 これをSEOやコンテンツマーケティングに活用する場合、話題に合わせて即時にコンテンツ化できる体制も必要となりますが、使いこなせれば強力なツールです。 ターゲットとするキーワードに対して今、話題のトピックを知ることができる Yahoo! リアルタイム検索 検索インテント(意図)調査 11,コンペティターディスカバリー(DemandMetrics) キーワード調査は、ユーザーのニーズ調査だと言いましたが、 検索結果にはユーザーの検索意図が反映されています。 自然検索結果の上位にランクインするサイト/ページには、ユーザーの検索意図にあったコンテンツがあるはずです。 検索上位のの競合サイトのカテゴリ名やタグ名、記事タイトルなどからキーワードを洗い出すことは有効な方法です。 検索上位サイトを調べる際、有名なウェブサイトはすぐにわかると思いますが、ニッチな分野でひっそりと上位を抑えているサイトまで網羅的に探すのは大変です。 そこで、手前味噌ですが、 DemandMetricsのコンペティターディスカバリーは、検索エンジン上の上位サイト/ページの一覧を洗い出してくれます。 Googleのキーワードプランナーなどで、抽出した関連ワードをDemandMetricsに突っ込めば、それらのキーワードで上位表示されているサイトとページを網羅的に調べる事ができます。 ので、ぜひ試してみてください。 検索上位サイト/ページの一覧を簡単に調べられる コンペティターディスカバリーは、コンテンツを作成する際のベンチマーク調査やアライアンス探しにも使える便利な機能です。 活用法をこちらにまとめています()。 12,SERPs Feature Trend・ユニバーサル検索分析(DemandMetrics) 検索インテントを把握する方法として、自然検索の上位サイトを調べる方法も良いですが、リスティング広告やユニバーサル検索の表示状況を調べる方法も有効です。 リスティング広告が出ているキーワードは、購入・予約したいユーザーが多く、画像や動画が出ていれば動きや見た目を調べているユーザーが多く、アンサーボックスが出ていれば言葉の定義を調べている人が多いなどの検索意図を読み取ることができます。 ユニバーサル検索やリスティング広告の表示状況からユーザーのニーズを把握したら、そこから更にキーワードを広げていきましょう。 また、手前味噌で恐縮ですが、 DemandMetricsのSERPs Feature Trendでは、キーワード別に自然検索以外の何(リスティング広告やユニバーサル検索)が表示されていたかが分かる便利なツールです。 リスティング広告やユニバーサル検索の表示のトレンドも把握することができます。 SERPs Feature Trendもので、試してみてください。 リスティング広告やユニバーサル検索の表示のトレンドも把握することができる リスティング広告やユニバーサル検索の表示状況を調べることは、キーワード調査だけでなく、SEOのサイト改善フェーズでも活用することもできます。 DemandMetricsのSERPs Feature TrendをSEOで活用する方法は、こちらの記事でも紹介しています()。 まとめ 以上、16ツール(12種類の調査方法)を紹介しました。 検索キーワード調査は、SEOやコンテンツマーケティングの成否を決める、非常に重要なタスクであり、丁寧にやる価値のあるものです。 とはいえ、工数のかかる作業でもありますので、今回、紹介したツールも活用して、効率的に検索キーワードの調査を行ってみて頂けたらと思います。 参考にして頂けると幸いです。 SEOツールDemandMetricsの無料トライアル DemandMetricsはSEOの改善を支援するです。 を提供しております。 ぜひトライアルページよりお申込/ご利用ください。 (タグ設置不要。 画面から申込だけで、トライアル導入に5分もかかりません)。 他社に差をつけるSEO実践ガイド これから本気でインハウスSEOを行う方向けのSEO実践ガイドです。 キーワード選定、サイト構造、コンテンツ作成に関して、これだけは抑えておきたい重要な点、特に他社と差をつける上で重要事項にフォーカスしたSEO担当者のための実践ガイドです。 Google検索エンジン最適化スターターガイドの後にご活用いただくと参考になります。 DemandMetrics Facebookページ コンテンツマーケティング&SEOの役立つ情報を随時発信しています。 Facebookページのフォローをすれば簡単に情報が受け取れます。 フォローをするには、「いいね」をクリック。

次の

検索順位を上げるために必要な5つのこと!

検索 キーワード ランキング

検索キーワードとは、によるとGoogle 広告の広告主が設定する語句やフレーズを意味し、検索クエリは検索ユーザーが使用する語句やフレーズを指します。 検索クエリの事を検索キーワードと呼んでいるケースの方が一般的に多いと思います。 検索キーワードボリュームとは、GoogleやYahoo! Japanなどの検索エンジンで検索されるクエリ(キーワード)の検索数を意味します。 SEOやリスティング広告(キーワード連動型広告)ではキーワード選定は施策を行う前の準備段階です。 このブログではSEOに関するテーマを扱っていますので、SEOを行う際のキーワードボリュームの調査方法、検索順位チェックツールを活用した施策後の順位チェックやGoogle AnalyticsやSearch Consoleを使ったトラフィックの確認方法を解説します。 おすすめのキーワードサジェストツール 「」は、サジェストワードの調査はもちろん、検索ボリューム情報も同時に取得できる便利な調査ツールです。 検索ボリュームのみを調査する「検索ボリュームチェッカー」も費用は若干かかります( 1キーワードごとおよそ0. 1円)が調査の時間を大幅に短縮できます。 Google広告を利用していない場合には、検索ボリュームデータの正確なデータが取得できませんので、そのような場合にはおすすめです。 検索キーワードボリューム(検索数)の調べ方 ここではGoogle 広告のキーワードプランナーや、Google トレンドを利用します。 ツール活用の注意点 どちらのツールもGoogleが提供しているものですので、調査するデータもGoogle検索をもとにした内容となります。 その為、Yahoo! Japan等の他のサーチエンジンの調査には利用できません。 Yahoo! Japanは「」が別途提供されているようですのでそちらを活用しましょう。 月間検索ボリュームと順位を調べる意味 SEOを行う場合は、 検索ボリューム、 順位どちらも見ていく必要があります。 作成したコンテンツの直帰率や、滞在時間、ソーシャルブックマーク、被リンクなどを確認する事も重要です。 検索ボリュームは、SEOを考慮したコンテンツ作成を行う場合の参考にして、取り組みの優先度を決めていきます。 検索順位は現在のページの順位を確認したり、コンテンツ作成後の順位上昇や、その後の変動推移を確認していきます。 検索キーワードの考え方:「検索クエリはユーザーが調べたいトピック」として認識 検索キーワードごとにSEOを行う場合、以前はキーワード含有率などを気にして、ページにバランス良くキーワードを含めていた方も多かったとは思います。 現在のGoogleはコンテンツや検索クエリの理解度が増している為、このような手法は通用しません。 検索ユーザーの使用するキーワードを 検索ユーザーが調べたいトピックと認識し、その意図を考え、 検索ユーザーに役立つ回答となるコンテンツを作成していくと良いでしょう。 「」は、ビッグワードを基本にサジェストで使用されるテールワードも含めて様々な種類のキーワードを一覧で取得する事ができます。 上位表示への難易度の高すぎるキーワード(ビッグワード) 検索キーワードのボリュームが多く、競合となる質の高いコンテンツが多い。 検索ボリュームが多いキーワードは大抵あなたの競合サイトも目をつけているキーワードです。 競合サイトも同じように上位表示を狙っているキーワードの為、上位表示の難易度は高く、コンテンツの質や評価がより重要となっていきます。 その為、コンテンツ作成までの調査に時間がかかります。 SEOの知識と、そのキーワードに関連する分野の専門知識が必要となる為、簡単に上位表示できるようなものではありません。 難易度が低いキーワード(超ニッチワード) キーワードの検索ボリュームが小さく、競合となるコンテンツは少ない。 その為、上位表示の難易度は低いが、大きな成果に直結しない。 検索ボリュームがゼロのキーワードをターゲットに時間をかけてコンテンツを作成しても特殊なケースを除き非効率です。 これからSEOを行う場合、はじめのうちは感覚を掴む意味でも検索ボリュームが多過ぎず、かといって少な過ぎない複合キーワードを狙ってコンテンツを作成する事をおすすめします。 検索順位を確認する意味 SEOを意識してコンテンツを作成した後は、その コンテンツの質が検索エンジンにどのように評価されているかを確認する意味で、検索順位推移をしばらく見守ります。 検索順位は現在のコンテンツの質や評価をもとにGoogleのアルゴリズムで判定されます。 自分で作成した コンテンツの質の良し悪しや評価を確認する意味で順位を見ていきましょう。 検索順位が思うように上がらない場合は、再度コンテンツの質を考えて、より詳しくわかりやすいコンテンツに仕上げていく事も検討しましょう。 作成したコンテンツを通して訪問者の信頼を獲得し、最終的にサービスに興味を持ってもらえるよう改善を行っていきます。 はじめてSEOを行う場合には、検索キーワードボリュームが多いキーワードでは、すぐには成果に結びつける事が難しく、一方で全く検索されないようなキーワードでSEOを行っても成果はでません。 その為、マーケティング施策の1つとしてSEOを行う場合には、 キーワードの検索ボリュームと 検索順位を把握した上でキーワード選定を行わなければなりません。 ツールを活用した検索キーワード順位とランキング推移の調査 ウェブサイトの検索順位を調べるには、実際にそのキーワードで検索エンジンで検索してみるという事がまず考えられます。 5キーワード以上になってくると手間がかかりますのでその他の方法をご紹介します。 Google、Yahoo! Japanの違い 現在のYahoo! JapanはGoogleのエンジンを採用していますので、時間差はありますが検索キーワードランキングの差はほぼありません。 順位チェックはGoogleのみでカバーできます。 クラウドベースの自動順位チェックツール 当社も関わっているクラウドタイプのSEOツール「」なら、自社の順位と競合の順位を自動で取得して比較することができます。 インフォメーショナルクエリに対しては訪問者が興味を持ちそうなコンテンツに誘導 集客を増やす事ができてもすぐに収益にならないキーワードはリスティング広告(キーワード連動型広告)には不向きなキーワードです。 このようなキーワードは情報を調べる際に使用するインフォメーショナルクエリである事がほとんどです。 インフォメーショナルクエリに対しては情報収集や問題解決の役に立つコンテンツを作成して、検索エンジンからの集客を行います。 満足度の高いコンテンツとして検索ユーザーの信頼を獲得できれば、商品やサービスに興味を持ってもらえるかもしれません。 例えば、このページを訪問されている方は、「 キーワードのボリュームを確認する方法」を知りたい方がほとんどだと思います。 キーワードで言うならば「 検索 ボリューム」や「 検索キーワード」で検索されてからこのページへ到達していると思います。 このようなキーワードは、情報を調べる為のキーワードになり、リスティング広告などで費用をかけていくべきではありませんが、SEOによる集客が成功すれば費用も発生せずに多くの人に見つけてもらえます。 実際にはこのような即収益化されないキーワードをきっかけに、何回も様々なキーワードでサイトを訪れ、どこかのタイミングで製品やサービス名を知ってコンバージョンへと結び付くケースも多くあります。 また 「キーワード検索母数の調べ方がわかった」訪問者を、次に興味を持ちそうなコンテンツへ誘導していくというのも効果的です。 実際に検索されたキーワードを確認する方法 実際に自分のウェブサイトが検索されているかを確認するには、Googleが無料で提供しているGoogle AnalyticsとSearch Consoleを活用します。 Google Analyticsで検索キーワードを確認 ウェブサイトのアクセス解析を行えるGoogle Analyticsを導入していれば、ページ単位でどのようなキーワードで検索されて訪問されているかの傾向を確認する事ができます。 詳しくは、「」で解説しています。 ただし上記の方法では、Yahoo! やGoogleからの検索は「not provided」と表示され、オーガニック検索からの訪問キーワードは確認できません。 更に詳しく確認するにはSearch Consoleの検索アナリティクスを使用します。 Search Consoleで検索母数とクリック数を確認 Search Consoleの場合は、ページ別でもGoogleの検索結果画面に表示された回数(インプレッション)と、訪問した数(クリック数)の確認が可能です。 Search Consoleにログインし、「左メニュー」の「検索トラフィック」内の「検索アナリティクス」をクリックします。 「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「掲載順位」にチェックをつけると、各項目がチャートに反映されます。 ページごとのパフォーマンスを確認するには、「ページ」の箇所を選択します。

次の

【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選

検索 キーワード ランキング

検索キーワードとは、によるとGoogle 広告の広告主が設定する語句やフレーズを意味し、検索クエリは検索ユーザーが使用する語句やフレーズを指します。 検索クエリの事を検索キーワードと呼んでいるケースの方が一般的に多いと思います。 検索キーワードボリュームとは、GoogleやYahoo! Japanなどの検索エンジンで検索されるクエリ(キーワード)の検索数を意味します。 SEOやリスティング広告(キーワード連動型広告)ではキーワード選定は施策を行う前の準備段階です。 このブログではSEOに関するテーマを扱っていますので、SEOを行う際のキーワードボリュームの調査方法、検索順位チェックツールを活用した施策後の順位チェックやGoogle AnalyticsやSearch Consoleを使ったトラフィックの確認方法を解説します。 おすすめのキーワードサジェストツール 「」は、サジェストワードの調査はもちろん、検索ボリューム情報も同時に取得できる便利な調査ツールです。 検索ボリュームのみを調査する「検索ボリュームチェッカー」も費用は若干かかります( 1キーワードごとおよそ0. 1円)が調査の時間を大幅に短縮できます。 Google広告を利用していない場合には、検索ボリュームデータの正確なデータが取得できませんので、そのような場合にはおすすめです。 検索キーワードボリューム(検索数)の調べ方 ここではGoogle 広告のキーワードプランナーや、Google トレンドを利用します。 ツール活用の注意点 どちらのツールもGoogleが提供しているものですので、調査するデータもGoogle検索をもとにした内容となります。 その為、Yahoo! Japan等の他のサーチエンジンの調査には利用できません。 Yahoo! Japanは「」が別途提供されているようですのでそちらを活用しましょう。 月間検索ボリュームと順位を調べる意味 SEOを行う場合は、 検索ボリューム、 順位どちらも見ていく必要があります。 作成したコンテンツの直帰率や、滞在時間、ソーシャルブックマーク、被リンクなどを確認する事も重要です。 検索ボリュームは、SEOを考慮したコンテンツ作成を行う場合の参考にして、取り組みの優先度を決めていきます。 検索順位は現在のページの順位を確認したり、コンテンツ作成後の順位上昇や、その後の変動推移を確認していきます。 検索キーワードの考え方:「検索クエリはユーザーが調べたいトピック」として認識 検索キーワードごとにSEOを行う場合、以前はキーワード含有率などを気にして、ページにバランス良くキーワードを含めていた方も多かったとは思います。 現在のGoogleはコンテンツや検索クエリの理解度が増している為、このような手法は通用しません。 検索ユーザーの使用するキーワードを 検索ユーザーが調べたいトピックと認識し、その意図を考え、 検索ユーザーに役立つ回答となるコンテンツを作成していくと良いでしょう。 「」は、ビッグワードを基本にサジェストで使用されるテールワードも含めて様々な種類のキーワードを一覧で取得する事ができます。 上位表示への難易度の高すぎるキーワード(ビッグワード) 検索キーワードのボリュームが多く、競合となる質の高いコンテンツが多い。 検索ボリュームが多いキーワードは大抵あなたの競合サイトも目をつけているキーワードです。 競合サイトも同じように上位表示を狙っているキーワードの為、上位表示の難易度は高く、コンテンツの質や評価がより重要となっていきます。 その為、コンテンツ作成までの調査に時間がかかります。 SEOの知識と、そのキーワードに関連する分野の専門知識が必要となる為、簡単に上位表示できるようなものではありません。 難易度が低いキーワード(超ニッチワード) キーワードの検索ボリュームが小さく、競合となるコンテンツは少ない。 その為、上位表示の難易度は低いが、大きな成果に直結しない。 検索ボリュームがゼロのキーワードをターゲットに時間をかけてコンテンツを作成しても特殊なケースを除き非効率です。 これからSEOを行う場合、はじめのうちは感覚を掴む意味でも検索ボリュームが多過ぎず、かといって少な過ぎない複合キーワードを狙ってコンテンツを作成する事をおすすめします。 検索順位を確認する意味 SEOを意識してコンテンツを作成した後は、その コンテンツの質が検索エンジンにどのように評価されているかを確認する意味で、検索順位推移をしばらく見守ります。 検索順位は現在のコンテンツの質や評価をもとにGoogleのアルゴリズムで判定されます。 自分で作成した コンテンツの質の良し悪しや評価を確認する意味で順位を見ていきましょう。 検索順位が思うように上がらない場合は、再度コンテンツの質を考えて、より詳しくわかりやすいコンテンツに仕上げていく事も検討しましょう。 作成したコンテンツを通して訪問者の信頼を獲得し、最終的にサービスに興味を持ってもらえるよう改善を行っていきます。 はじめてSEOを行う場合には、検索キーワードボリュームが多いキーワードでは、すぐには成果に結びつける事が難しく、一方で全く検索されないようなキーワードでSEOを行っても成果はでません。 その為、マーケティング施策の1つとしてSEOを行う場合には、 キーワードの検索ボリュームと 検索順位を把握した上でキーワード選定を行わなければなりません。 ツールを活用した検索キーワード順位とランキング推移の調査 ウェブサイトの検索順位を調べるには、実際にそのキーワードで検索エンジンで検索してみるという事がまず考えられます。 5キーワード以上になってくると手間がかかりますのでその他の方法をご紹介します。 Google、Yahoo! Japanの違い 現在のYahoo! JapanはGoogleのエンジンを採用していますので、時間差はありますが検索キーワードランキングの差はほぼありません。 順位チェックはGoogleのみでカバーできます。 クラウドベースの自動順位チェックツール 当社も関わっているクラウドタイプのSEOツール「」なら、自社の順位と競合の順位を自動で取得して比較することができます。 インフォメーショナルクエリに対しては訪問者が興味を持ちそうなコンテンツに誘導 集客を増やす事ができてもすぐに収益にならないキーワードはリスティング広告(キーワード連動型広告)には不向きなキーワードです。 このようなキーワードは情報を調べる際に使用するインフォメーショナルクエリである事がほとんどです。 インフォメーショナルクエリに対しては情報収集や問題解決の役に立つコンテンツを作成して、検索エンジンからの集客を行います。 満足度の高いコンテンツとして検索ユーザーの信頼を獲得できれば、商品やサービスに興味を持ってもらえるかもしれません。 例えば、このページを訪問されている方は、「 キーワードのボリュームを確認する方法」を知りたい方がほとんどだと思います。 キーワードで言うならば「 検索 ボリューム」や「 検索キーワード」で検索されてからこのページへ到達していると思います。 このようなキーワードは、情報を調べる為のキーワードになり、リスティング広告などで費用をかけていくべきではありませんが、SEOによる集客が成功すれば費用も発生せずに多くの人に見つけてもらえます。 実際にはこのような即収益化されないキーワードをきっかけに、何回も様々なキーワードでサイトを訪れ、どこかのタイミングで製品やサービス名を知ってコンバージョンへと結び付くケースも多くあります。 また 「キーワード検索母数の調べ方がわかった」訪問者を、次に興味を持ちそうなコンテンツへ誘導していくというのも効果的です。 実際に検索されたキーワードを確認する方法 実際に自分のウェブサイトが検索されているかを確認するには、Googleが無料で提供しているGoogle AnalyticsとSearch Consoleを活用します。 Google Analyticsで検索キーワードを確認 ウェブサイトのアクセス解析を行えるGoogle Analyticsを導入していれば、ページ単位でどのようなキーワードで検索されて訪問されているかの傾向を確認する事ができます。 詳しくは、「」で解説しています。 ただし上記の方法では、Yahoo! やGoogleからの検索は「not provided」と表示され、オーガニック検索からの訪問キーワードは確認できません。 更に詳しく確認するにはSearch Consoleの検索アナリティクスを使用します。 Search Consoleで検索母数とクリック数を確認 Search Consoleの場合は、ページ別でもGoogleの検索結果画面に表示された回数(インプレッション)と、訪問した数(クリック数)の確認が可能です。 Search Consoleにログインし、「左メニュー」の「検索トラフィック」内の「検索アナリティクス」をクリックします。 「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「掲載順位」にチェックをつけると、各項目がチャートに反映されます。 ページごとのパフォーマンスを確認するには、「ページ」の箇所を選択します。

次の