あいちトリエンナーレ 炎上。 【大炎上】あいちトリエンナーレが慰安婦像を展示し日本中が激怒 / 議員「事実ならとんでもない」「強く抗議する!」 | バズプラスニュース

あいトリ炎上は津田大介氏の「個人的な野心」か 芸術監督だけに責任を求める不可解 (2ページ目)

あいちトリエンナーレ 炎上

1日に名古屋市などで開幕した国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、昭和天皇の写真を燃やしたかのような映像や、慰安婦像が展示されているとの指摘がネット上などに流れ、国会議員や地方首長らが事実確認を行うと反応している。 出典: ただし、芸術祭の広報担当者はこの事実を否定しています。 同芸術祭の広報担当者は取材に、2点の展示物とも、指摘されているようなテーマの作品ではないと説明した。 「昭和天皇の写真」と疑われている作品については「ご覧になった方がそのように感じられたのかもしれません」としたうえで、昭和天皇をモチーフやテーマにした作品ではなく、制作過程においても昭和天皇の写真を燃やすなどした事実はないと説明した。 出典: 広報担当者がわの説明に、ネット上では『無理のある説明』『さすがに幼稚過ぎる』と非難が殺到しています。 日本と韓国を巡っては、ホワイト国の除外合戦が繰り広げられるなど、関係悪化の一途をたどっています。 そんななかでの今回の問題に、関係修復はより難しい状態となりそうです。 大村知事にも非難が殺到 愛知県の大村知事は、今回の一連の問題について、河村市長の展示中止請求を非難しました。 愛知県の大村知事は、5日の会見で、企画展の中止を求めていた名古屋市の河村市長の姿勢について「表現の自由を定めた憲法21条に違反した検閲ではないか」と批判しました。 大村愛知県知事: 「中止しろと書いてあるわけです、公文書で。 公権力を持った方が『この内容はいい、この内容は悪い』というのは、これは憲法21条による検閲ととられても仕方がないんじゃないでしょうか」 大村知事は「公権力だからこそ、表現の自由を保障すべき」としています。 東海テレビなどではこのように報じられており、日本人としておかしいと批判が殺到しています。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 昭和天皇が焼かれるという展示を許したことは、日本人としてさらに国会議員を経験した人間として感性がおかしいと思う。 民間でやれば良いと思うんだけど、公的な資金(税金)を使ってやってるんだからこの企画自体ちょっとどうなんだろうと思うのが正直なところかな 河村市長の平和の像では無く、反日の像っていうのも納得だし それを税金でやってるっていうそこが重要だと思う、民間でやるなら個人的には文句は一切無い。 大村知事の辞任を求めます。 国民感情を考えず、運営継続が困難であろうイベントを多額の税金を使い開催させ、最終的には展示中止を河村市長のせいにする。 知事の器ではありません。

次の

炎上すべくして大炎上「あいちトリエンナーレ」 京アニ「誤解」につながる少女像展示はポストトゥルース政治(1/6)

あいちトリエンナーレ 炎上

Contents• あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品で炎上 あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品が展示されていてSNS上からは怒りの声が殺到し、炎上しています。 そもそもあいちトリエンナーレとは、愛知県一体で行われている日本最大級の芸術イベントです。 2010年から3年毎に行われています。 このあいちトリエンナーレの財源は税金です。 wikiによると「愛知トリエンナーレ」は愛知県が8億5000万円、名古屋市が2億8000万円、残りを事業収入で賄うという税金を使った完全なる官制芸術祭です。 そこに慰安婦像や昭和天皇のお写真を半分焼いたオブジェが並ぶというトンデモイベントです💢 国民の血税が使われている日本最大規模の芸術祭で昭和天皇の顔写真を焼くような作品が展示されるとは、多くの方が悲しく情けない気持ちになるでしょう。 さらに、あいちトリエンナーレでは昭和天皇の顔写真を焼く作品のみならず、慰安婦像や安倍総理を侮辱した作品など、下品な作品が満載で批判の声が殺到しています。 実際にどのような作品があいちトリエンナーレで展示されているかというと、次の通りです。 あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品その他 本当に情けなくなるくらい下品な作品の数々です。 あいちトリエンナーレは日本最大級の芸術祭で、海外からの訪問者も多い事でしょう。 海外から見に来られた方はこの様な作品の数々を見て日本人にどんなイメージを沸かせるでしょうか?恥ずかしい真似は本当にやめて頂きたいものです。 ネットでは案の定批判の声が殺到しています。 あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品でネットの声 この芸術とも呼べない悪質な作品を並べる芸術祭を税金で開催するのは論外。 愛知トリエンナーレは中止せよ あいちトリエンナーレ実行委員会 住所:〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター内 TEL:052-971-6111 FAX:052-971-6115 E-mail:triennale pref. aichi. jp こんなガラクタが「あいちトリエンナーレ」に日本国民と愛知県民の税金を使って展示されるそうです。 金髪評論家が芸術監督をつとめる芸術祭に、朝鮮半島のプロパガンダの象徴となる像がいよいよ日本国内に。 朝日新聞も謝罪した慰安婦強制連行デマのツケを未だに日本国民に押し付ける人達ですね。 11億円という税金を注ぎこむ価値のある芸術祭なのでしょうか? 型ができている安っい慰安婦像なら数万円でできるバッタもんの筈。 11億円ものおお金がどこに流れているのか、そのカラクリこそが今回の本命ですね。 昭和天皇を焼く映像も展示されている、あいちトリエンナーレ。 日本国内でこんな愚行は断じて許す事はできない。 知事は説明責任がある。 主催者も許可した側も異常である。 これ税金で開催してるし、慰安婦像の展示に金払ってるだけでも問題だし、昭和天皇の写真の悪意ある展示は完全にアウト。 津田大介はアート関係のイベントに関わってたがいつか何かやらかすと思ってたわ。 企画アドバイザーに東浩紀の名前も出ているな。 そして、この問題の 昭和天皇の顔写真を焼く作品を作った作者が嶋田美子という人物です。 「昭和天皇の肖像を焼く」展示。 全くもって言語道断。 この展示のページもあるので、是非確認を。 ・基本情報 内の「表現の自由展・その後」での、嶋田美子氏の展示。 作ったのは嶋田美子って人か。 私ら一般の日本人を踏み台にして自分は特別な日本人だと自負するタイプか。 — こまい狛犬(低浮上) akikotkot 嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は? では、 嶋田美子の顔画像に経歴に国籍などに迫ってまいりたいと思います。 まず、作品のプロフィール欄に書いてありました紹介分がこちら。 まず版画作品《焼かれるべき絵》は、「無傷」のものと燃やされ半分ほどなくなったものが対になっている。 さらに富山県立近代美術館へ抗議の意を示すアクションも付随し、そのトータルで作品を構成する。 本展では、焼いた過程の写真、館へ送った灰や文章、封筒、返事なども併せて展示する。 冷戦以降の現代美術においては、多文化主義 民族問題など やジェンダー論 性差別など を主題とする政治性を持つアートが台頭した。 嶋田美子は日本ではいち早く呼応した作家。 そのなかでも、自国の負の歴史をもっとも厳しく批判し、作品とするひとりだ。 本作のモチーフは顔がないためわかりにくいが、その大元帥服から戦前・戦中・戦後と長く帝位に就いていた昭和天皇と推定できる。 彼には戦犯追及の声もあったが、結局は逃れた。 顔の剥落により、この像は誰でもないという匿名性も帯びる。 戦争責任を天皇という特定の人物だけではなく、日本人一般に広げる意味合いが生まれるのだ。 版画だけに「天皇像」は複数に増殖するが、これは日本人一般への責任の広がりの強調としても作用するだろう。 顔画像がこちらになります。 嶋田美子は1959年東京都生まれとの事なので、国籍は日本人でしょう。 2019年現在ちょうど60歳で、千葉県を拠点に活動をしている美術家との事です。 嶋田美子は日本有数のフェミニスト反戦芸術家として海外でも知られています。 1982年にスクリップス大学で人文科学の学士号を取得し、2015年にロンドンのキングストン大学で博士号を取得されています。 その後は、学習院大学や慶應義塾大学でも講師を務められています。 嶋田美子の作品テーマは、戦争の中の女性の役割としています。 まとめ 今回は、「 嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は?あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品の作者!!」という事で書いていきました。 個人的には嶋田美子本人をどうこう言うつもりはありません。 思想や表現は人それぞれですからね。 しかしながら、日本最大規模のイベントであるあいちトリエンナーレで多くの方に不快感を抱かせるような作品を展示するのはいかがなものでしょう。 ネットの批判の声が物語っていると思われます。

次の

大村知事、あいちトリエンナーレで炎上!津田大介とチョッパリピースはヤバイ!河村市長、視察へ!

あいちトリエンナーレ 炎上

信念をもってキュレートしているのなら、いささかなりとも変更を強いられた時点で、芸術監督は潔く辞任するのが筋と思います。 8月1日からスタートしたばかりのトリエンナーレですが、開催期間はずっと前から決まっていたこと。 それとこの国際的な政治状況とは偶然の一致という側面もあったにせよ、あまりにタイミングが悪いというより、大変な「下手」を打っているとしか職業芸術人の観点からは言いようがありません。 これは「ダメ」です。 関連の事柄に、様々な論考が出されると思いますが、芸術屋の一人の見方として、この事態の何がダメなのか、平易にまた明解に記してみたいと思います。 アマチュアのガバナンス 「あいちトリエンナーレ2019」 本稿は、騒ぎが起き始めた直後にベルリンで執筆しているものです。 8月2日、「あいちトリエンナーレ」の 芸術監督を務めているジャーナリストの津田大介氏が記者会見し、「展示の変更も検討している」と述べていると報じられ、あっけにとられました。 開幕2日目、本来なら10月までのロングラン展示であるべきところ、「テロ予告」とも取れる脅迫や抗議が来ているとのことですが、「展示の変更も検討」とは、よくまあ 芸術監督を称する者が言ったものだと呆れました。 どこかの芸能事務所の「芸人ファースト」ではないわけです。 少なくとも職業芸術人のアーティストなのですから・・・。 芸術監督として本当にプロフェッショナルの責任感をもって仕事をする立場のものであれば自分が責任をもって展示した、しかも海外アーティストの作品について、いきなり「変更も検討」なんて腰抜けなことは、絶対に言えませんし言いません。 素人が、間違った椅子に座っていると思いました。 私は、緊迫する日韓関係のさなかにあって、この展示を今のまま継続するのが得策だとは考えません。 しかし、芸術監督として責任をもってくみ上げたラインナップであるのなら、「撤回は認められない。 きちんと作品を見てほしい」といった腰だめが、少なくとも1回はあってしかるべきと思います。

次の