人権作文 テーマ。 【優秀賞】 障害者と人権について

小学生でも書ける人権作文の書き方~受賞例に見る書き方のコツ~

人権作文 テーマ

最近、いじめという言葉が新聞やテレビにたくさん出てくるようになりました。 昔は、あまり聞きませんでした。 しかし、最近、その言葉を聞く機会が、とても、増えたと思います。 どうして、いじめは起こってしまうのでしょうか。 よく、本を読んでいると、「昔、いじめを受けていた。 」という人物が登場したりします。 その理由が、「名前が変」、「障害を持っている」、「見た目が変」などです。 それに、見た目や名前だけでなく、「自分が好きな人が自分ではなく他の人が好き」、「まわりにちやほやされている」などです。 つまり、「自分には無いものを持っている」、「普通とは違う」、「自分の思うように動かない」などです。 自分とは違うからといって、いじめをしていいとう理由には、なりません。 人は違ってあたりまえですし、自分の思うようにはなりません。 「名前が変」という理由は、その人の親が「こんなふうに育ってほしい」という願いをこめて付けた名前です。 「自分の好きな人が自分ではなく他の人が好き」という理由は、自分勝手だと思います。 だれを好きになるかは、その人の自由だと思うからです。 いじめが起こってしまうのは、とても、小さなことが原因だと思います。 では、いじめはどうして、増え続けているのでしょうか。 まず、一番の理由が、パソコンや携帯電話のインターネットなどです。 インターネットでかきこまれた言葉は、たくさんの人の目にとまります。 たとえ、そのかきこまれた言葉を消したとしても、見た人の記おくに残ってしまいます。 最近、「ネットいじめ」というのが、増えているそうです。 ネットでは、顔も名前も分からないので、だれにいじめられたのかも、分かりません。 そのため、だれにも心を開くことができなくなってしまうそうです。 一方、いじめる側は、顔も名前も分からないため、いじめたという自覚が、無いそうです。 他にも、LINEを使ったいじめが増えています。 無理矢理、LINEのグループに入れて、その中で、いじめをするそうです。 ネットいじめの、一番おそろしいところは、やはり、顔や名前などが分からないことだと思います。 顔や名前が分からない分、「もしかして、この人かもしれない。 」と疑ってしまい、人を信用することができなくなり、一人になってしまうのは、とてもおそろしいと思います。 それでは、いじめを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。 一つ目は、相手の気持ちを、考えることです。 自分では、悪気はまったくない言葉でも、相手には、とても、ひどいと聞こえてしまう言葉もあります。 そのせいで、深く傷ついてしまうこともあります。 また、その言葉のせいで、自殺してしまうかもしれません。 だから、自分の気持ちだけを、伝えるのではなく相手の気持ちも、考えるべきだと思います。 二つ目は、加害者のかかえる問題を解決することです。 いじめの加害者は、多くの場合、心や家族に問題をかかえています。 家族では、「子供に無関心な家庭。 」や「ぎゃく待家庭。 」、「放任家庭。 」などがあるそうです。 また、特性では、「自分に自信がない。 」、「自分が好きになれずに、コンプレックスをかかえている。 」や「小学校時代の被害者が、中学校では加害者に変わる。 」などがあるそうです。 そのため、加害者のかかえる問題を、解決することが大切です。 三つ目は、いじめは絶対にしてはいけないという、意識を持つことです。 いじめは犯罪ですから、たとえ、自分の悪口を言う人がいたとしても、その人を、いじめていいということにはなりません。 被害者が加害者にいじめを仕返しても、それは、絶対にしてはいけないことです。 いじめは絶対に許せないことです。 人はそれぞれ違ってあたりまえですから、いじめの理由にはなりません。 それに、普段、身近にあるインターネットまで、いじめに使われています。 それほど、いじめは増え続けています。 いじめは今も増え続けています。 自分が、被害者や加害者にならないためにも、相手の気持ちを考え、意識を持っていきたいです。

次の

【佳作】 いじめについて

人権作文 テーマ

人権とは? 小学生に人権作文を書かせる場合、まず「人権とは何か」を説明することから始めなくてはならないでしょう。 当然、宿題を出す前に学校で子供たちに教えているはずですが、実際に家で宿題をしようとすると、やはりきちんと理解できていないこともあります。 小学校3、4年生の子供にも分かるように説明するには、どうすればよいでしょうか。 全国中学生人権作文コンテストの定義 まず、人権の定義を確認しておきましょう。 法務省が毎年実施している全国中学生人権作文コンテストの応募リーフレットで、法務省は人権を以下のように定義しています。 「人権」とは,「人間が人間らしく生きる権利で,生まれながらに持つ権利」であり,誰にとっても身近で大切なもの,違いを認め合う心によって守られるものです。 (引用元:) 小学生にわかりやすく説明するには 「人間が人間らしく生きる権利」という表現は、小学生には今ひとつ分かりにくいかもしれません。 もう少しかみ砕いた表現で説明すると、「人間は一人ひとり違い、誰でも自分に一番合った生き方をすることが幸せで、その幸せは誰にも邪魔されてはいけないこと」と考えればいいでしょう。 身近な例を挙げて、さらに分かりやすく説明しましょう。 例えば、クラスメイトにいつも悪口を言われたり、嫌がらせをされたりする生活は、人権が守られているとは言いがたいものです。 また、女の子でもゲームが好きで、学校でゲームの話をしたい子もいるでしょう。 それなのに、「女のくせに」と言われ好きな話もできないのは、幸せを邪魔されていると言えます。 病気、障害、性別、肌の色、体系など、他人と違うことをからかわれたり、受け入れてもらえない例は、子供でも経験、目撃したことがあるはずです。 小学生に書きやすい人権作文のテーマ 人権作文は、自分自身が体験したこと、実際に目撃したことをテーマとするのが、最も書きやすく、説得力のあるものとなります。 普段の生活を振り返り、自分にとって衝撃的だったこと、大したことではなくても後味の悪かったことなどを探しましょう。 友達との関係 仲間外れにされて悲しい思いをしたこと、いじめを目撃したこと、また軽くからかうだけだったつもりなのに、友達を傷つけてしまったことなどありませんか? 毎日、濃密な人間関係の中で過ごす学校生活では、ときには嫌な思いをすることもあります。 その時どんな気持ちになったか、また同じことが起こらないようにするためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。 家族との関係 小学生のうちから家族のありがたみを意識している子供は多くないでしょう。 しかし、普段の生活を少し振り返れば、お父さんやお母さんが助けてくれた例はたくさん見つかるはずです。 家族は一番小さな社会です。 人権が守られている理想的な社会とは、一人ひとりが他の人の気持ちを受け入れ、思いやりを持って接することができる社会でしょう。 そういった社会を構築するためには、まず家族内で互いに思いやりを持つことが大切です。 祖父母と一緒に暮らしている場合、高齢者をいたわる気持ちを取り上げてもよいでしょう。 おじいちゃんやおばあちゃんが、耳が遠かったり歩くのが遅かったりして、イライラしてつい冷たく当たってしまうことはありませんか? その時、おじいちゃんやおばあちゃんはどんな気持ちになったでしょうか? 友達につらく当たられ悲しい気持ちになったことは、誰でも一度や二度はあるでしょう。 その時の自分の気持ちを考えれば、高齢者などに対してどのように接するべきかは分かります。 男女差別 「男はこんなことで泣くんじゃない」「女の子なんだから手伝いなさい」など、思わず大人の口から漏れる言葉に、違和感を抱く子供もいるはずです。 男の子でもピンク色が好きな子もいれば、女の子でも男の子に交じってサッカーをする子もいるのが普通です。 しかし、私たちの社会は、子供のうちから「男らしさ」「女らしさ」を求める傾向があります。 社会の旧態依然の考え方に異を唱え、誰でも自分らしく生きられる世の中にしたいという思いは、小学生でも持っているものです。 病気や障害者に対する差別 病気や障害のある人が身近にいる場合は、その人たちに対する差別や偏見を目撃することがあるかもしれません。 また、養護施設などとの交流会を通し、自分自身が今まで偏見を持っていたことに気づく場合もあるでしょう。

次の

人権作文、まだ間に合います!まずはテーマ選びから【人権作文に書けそうなテーマ】

人権作文 テーマ

人権作文とは?書きやすいテーマは「いじめ」 そもそも人権作文とは何でしょうか。 簡単に説明すると、 人間の権利に関するテーマについて、 自分の意見や考えを述べる作文の事です。 人間の権利に関わることなので、 どんなテーマがあるかというと、• いじめ• 女性問題• 男女差別• 高齢者問題 などがあります。 では、こういった中から、 どういうテーマを選べば良いかというと、 書きやすいのは 自分の経験談が入れられるものになります。 例えば、「いじめ」の場合、 クラスで1回でもいじめが起きていたり、 あなた自身が過去にいじめたり、 いじめられたりしたことがある場合、 経験談を書くことができます。 いじめ以外だと「高齢者問題」が書きやすいです。 祖父母と話をしたり出かけたりした時、 「困った出来事」などがあれば、 それを 経験談として書くことができるからです。 一方、男女差別などのテーマは、 中学生ではやや書きづらいです。 この経験を通して、 いじめを起こさないためには、 次の2つが大事だという事がわかりました。 一つ目は、 クラスでいじられている子がいたら、 すぐに先生に報告するという事。 二つ目は、 誰かをいじることはいじめにつながるからやめよう という雰囲気をクラスで作ること。 こういった感じで、 最後は自分の考えをまとめていくと、 人権作文としては 非常にすっきりとした文章になります。 こういった型にそって人権作文を書いていけば、 誰でも1時間程度で書くことができると思います。 もう少し、時間をかけて体験談などを入れていけば、 入賞することも可能です。 国語力の有無は関係ないので、 一度試していただければと思います。 夏休み明けの実力テストで好スタートを切る方法 ここまでに解説した方法で、 夏休みの宿題や人権作文に取り組めば、 最速で終わるのはもちろん、 良い点数を取ることも可能です。 ただ、夏休みの課題以上に大事なのが、 夏休み明けに行われる実力テストです。 ここで良い点数を取らないと、 内申点は上がりません。 内申点が上がらないと、 高校受験に合格することもできません。 ではどうしたら、夏休み明けの定期テストで、 高得点を取ることができるのでしょうか? 大事なのは、• 効率の良い勉強法を行うこと• 上手に勉強時間を作ること• 勉強に対してやる気を出して取り組むこと の3つです。 そこで現在私は、 この3つのやり方を無料で解説する、 7日間で成績UP無料講座を配信しています。 この講座を読んだ方の中には、 既に5教科合計140点以上上がっている子もいます。 今なら3980円で販売してた成績UPマニュアルも、 受講特典としてプレゼントしていますので、 こちらも参考にし2学期最初のテストから、 好スタートを切っていただけると嬉しく思います。 動画で解説!! 人権作文の書き方の詳細編 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の