ビットコイン 海外fx。 BigBossの仮想通貨FXってどう?メリットとデメリットを検証

海外の仮想通貨FX(ビットコイン)取引所を辛口採点・おすすめランキング公開

ビットコイン 海外fx

icon-hand-o-right確定申告しなければならないビットコインの所得額• 自分が当てはまる方のボーダーを越えている場合、「必ず」税金を支払う義務が発生します。 ビットコインの税金は総合課税の累進課税!稼ぐほど税金が高くなる? ビットコインには「 総合課税の累進課税」という税制度が適用されます。 これは海外FXと同じ税制度です。 関連記事: 総合課税はすべての所得を「ひとまとめ」にして計算する税制度 総合課税は一言で言うと 「すべての所得をひっくるめた金額で支払う税金が決まる」税制のこと。 会社の給与所得:年間400万円• ビットコイン取引の所得:年間200万円 あなたに上記2つの収入源があった場合、 2つを合算した600万円の所得で、税金が計算されます。 なのでビットコインの収益だけでなく、その他の所得のこともすべて考える必要があります。 累進課税は「所得額で税率が変わる」課税方式 累進課税では 「自分がいくら稼いでいるか」で税率が変わってきます。 今まで申告分離課税の20. まったく税率が違います。 累進課税の税率については以下の表をご覧ください。 ビットコインの利益にかかる税金の計算方法 ビットコインにかかる税金は3ステップの計算式で導き出すことができます。 ビットコインの税金計算ケーススタディ 上述した3ステップの計算方法を用いて、実際のビットコイン取引でどれくらい税金がかかるのか計算してみました。 【ケース2】 <前提条件>• 勤め先:なし• ビットコインの収益:950万円• 必要経費:100万円 <ステップ1> 収入源がビットコインのみなので 950万円 個人所得。 ビットコインで使える3つの節税対策 上述したようにビットコインの税金は累進課税が適用されるので、稼ぐほど税金が重くのしかかってきます。 もちろん税金は払わなければならないものですが、「 できるだけ納税額は少なくしたい…」というのが本音ですよね。 そこでビットコインの節税に使える3つの対策をお伝えします。 必要経費で課税所得額を減らす• 損益通算で課税所得額を減らす• ビットコインの含み益を決済せずに放置する 1. ビットコインの税金は必要経費次第で大きく減額できる! ビットコインのみならず海外FXでもそうですが、必要経費をうまく申告することで納税額を減額できます。 必要経費とは「 ビットコインで収益を生み出すために必要だったお金」のこと。 例えば0からビットコイン取引を始める場合、• ビットコイン取引するためのPCやスマホ• インターネット回線• プロバイダー• ビットコイン関連の書籍 などを揃えますよね。 実はこれらを揃えるのにかかったお金は、すべて「必要経費」として認められる可能性があります。 必要経費として認められれば、 ビットコインの収益から必要経費を差っ引いてOK。 うまくいけば、 税率を下げることすらできます。 ただし何でもかんでも必要経費として認められるわけではありません。 あくまでも 「ビットコインで収益を上げるために必要だった」と説明できることが前提です。 ビットコイン取引のためにお金を使ったら、きっちり領収書などをまとめておき、「どういう意図で投資したのか」をメモしておきましょう。 必要経費を利用してビットコインの納税額を下げたケーススタディ 以下で実際に必要経費を申告した場合としなかった場合で、どれだけ納税額が変わるのか計算してみました。 <前提条件>• ビットコインの収益:350万円• 損益通算すればビットコインの課税所得額を減らせる! 節税テクニックの1つとして「損益通算」があります。 損益通算とは「 なにかで得た利益と、別のなにかで出した損失を合体させて課税所得額を決める」ことをいいます。 例えば、あなたがビットコイン取引とアフィリエイトの両方で収入を得ようとしているとしましょう。 ビットコイン取引:年間300万円の利益• アフィリエイト:年間200万円の損失 この場合、この2つの損益を合体させた「100万円」が課税の対象になるんですね。 ただしビットコインと損益通算できるのは「 総合課税の雑所得のみ」です。 それ以外とは損益通算できないので注意しましょう。 【総合課税の雑所得に分類されるもの一例】• 海外FX• アフィリエイト収入• 講演料• 作家として活動している人以外が受け取る印税• ネットオークション• 年金や恩給などの公的年金 3. ビットコインの「含み益」は課税対象にならない! 実はビットコインを保有しているだけでは課税対象になりません。 課税対象になるのは、あくまでも「 ビットコインを日本円に換金したとき」です。 ビットコインを保有している状態で、いくら含み益が増えようが、税金はビタ一文払う必要はありません。 サラリーマンで給与所得があり、ビットコインは副業• ビットコインで利確した利益が10万円• 現在保有しているビットコインの含み益が30万円 上記の状態だと、30万の含み益になっているビットコインを利確しない限り、確定申告する必要すらありません。 「今たくさん税金を支払うだけの余裕がないなぁ…」というときにオススメの方法です。 ただしどのタイミングであろうと、 利確した時点で課税対象になります。 この手法は「納税額を減らす」ものではなく、あくまでも「 納税のタイミングをずらす 遅らせる 」方法だと覚えておきましょう。 ビットコインの税金に関するQ&A Q. ビットコインは損失繰越 損失控除 できる? A. できません。 必ず単年ごとの収益で確定申告する必要があります。 海外FX業者でビットコイン取引を行い、海外口座にビットコインの収益を入れている場合、脱税できる可能性はあります。 海外の銀行口座は、日本の国税庁の管理下にありませんからね。 しかし、 あくまでも「バレない可能性がある」だけです。 例えば海外の口座から日本の口座へ資金移動させればバレますし、他にも国税庁が海外口座を調べる方法を持っている可能性もあります。 脱税がバレてしまうと、• 納税義務分の支払い• 延滞税• 重加算税 といった元々の支払う予定だった税金よりも、はるかに重い支払いを命じられます。 当然ですが、 利益はほとんど手元に残りません。 最悪だと逮捕される可能性すらあるので、絶対にやめておきましょう。 ビットコインの税金知識おさらい 最後にビットコインの税金についておさらいしましょう。

次の

ビットコイン送金・送信をする際の優先度とは何ですか?

ビットコイン 海外fx

仮想通貨FXの追証がない海外取引所一覧 2020年1月現在、 追証なしで仮想通貨FXが利用できる海外取引所は以下の 6社になります。 追証なしで仮想通貨FXが利用できる海外取引所 No. 1 No. 2 No. 3 No. 4 No. 5 No. 6 No. 1 BitMEX(ビットメックス) BitMEXは 仮想通貨FXに特化した海外取引所です。 ビットコインをはじめ、さまざまな アルトコインで取引ができるため、日本人にも人気があります。 また、ゼロカットシステムを採用しており、 借金のリスクがないというのも大きな魅力といえるでしょう。 2 BINANCE(バイナンス) BINANCEでは、2019年から先物取引の利用が開始されました。 最大レバレッジが 125倍と高めになっているほか、 世界トップクラスの人気を誇る取引所なだけに信頼性が高いといえるでしょう。 また、BINANCEは今最も勢いに乗っている取引所ですから、 今後のサービス向上に大きく期待ができます! 対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム 4種類 125倍 注文数による 保険基金 ADLシステム No. 3 CryptoGT(クリプトGT) 2018年6月に誕生したまだ新しい取引所ですが、 豊富な通貨ペアと 世界一のハイレバレッジが大きな特徴となっています。 仮想通貨FXを専門としており、 MT5(メタトレーダー5)を使って取引できるのも魅力といえるでしょう。 また、日本円ペアもあるので、初心者にも使いやすい取引所として人気です。 対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム 50ペア 500倍 100% 自社資産での補填 No. 4 Bybit(バイビット) Bybitも仮想通貨FXに特化した海外取引所で、トレードバトルなどのさまざまな無料イベントでも知られています。 日本語に対応しているほか、取引画面も非常に見やすくなっているため、国内取引所と同じ感覚で取引を楽しむことができるでしょう。 ただし、ロスカットの計算がやや複雑なので、仕組みを理解してから利用するのが安心です。 対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム 4種類 100倍 レバレッジによる 保険基金 ADLシステム No. 5 OKEx(オーケーイーエックス) OKExは、 仮想通貨FXを含む5種類の取引が利用できる海外取引所です。 先物取引に関しては bitbankと提携しているため、国内取引所のbitbank Tradeを利用することも可能。 ただ、OKExは日本語に対応しておらず、ロスカット率もやや高めになるので、 初心者にはややハードルが高いかもしれません。 対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム 9種類 100倍 110% 保険基金 社会的損失システム No. 6 Deribit(デリビット) 取扱通貨は ビットコイン・イーサリアムの2種類のみですが、 日本語対応でシンプルに利用できる取引所です。 誕生は2016年とそこそこの歴史があり、海外では BitMEXに並ぶ高い人気を誇っています。 ゼロカットシステムはありませんが、ロスカット率も 一律100%と決まっているので、初心者にも使いやすいといえるでしょう。 対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム 2種類 100倍 100% 保険基金 社会的損失システム そもそも現物取引と先物取引(FX)の違いは? 現物取引では仮想通貨を現在の価格で購入・売却しますが、先物取引では 未来の価格を予想して取引を行います。 たとえば、取引する者同士が 「1ヶ月後に1BTCを100万円で取引する」と約束したとしましょう。 そして1ヶ月後、もしBTCの価格が約束当時と変わっていたとしても、約束通り 100万円で取引を行います。 その際、BTCの価格が100万円以上になっていれば買い手が、100万円以下であれば売り手が利益を得られる仕組みです。 差金決済ができる• 約束の日に自動で決済される• レバレッジが利用できる 仮想通貨FXの追証とは 追証とは 「追加保証金」の略称で、主に先物取引で適用されるシステムです。 先物取引では、最初に証拠金を預けることで初めて取引することができます。 万が一損失が増えてしまい、各取引所に設けられている 証拠金維持率が一定水準を下回った場合は、証拠金を追加で支払わなければなりません。 追証を支払わなくても取引を続けることは可能ですが、さらに損失が増えた場合は ロスカットとなり、マイナスポジションのまま強制的に決済されてしまいます。 つまり追証は、 ロスカットを回避するためのセーフティネットといえるのです。 ゼロカットシステム ゼロカットシステムとは、万が一大きな損失が発生した場合でも、 証拠金を超えた分の損失は取引所が負担してくれるというシステムです。 どんなに損失が大きくなろうと、ユーザーは最初に預けた証拠金を失うだけなので、 借金を負うリスクがないんですね! よく「追証がないから借金のリスクがない」なんていいますが、正確には 追証ではなく、 ゼ ロカットシステムのおかげになります。 注意ゼロカットシステムを採用していない取引所の場合、いくら追証がなくても借金になる可能性があるので注意しましょう。 仮想通貨FXの追証がないメリットとデメリット 追証がないだけでは借金のリスクをゼロにすることができませんが、 別のメリットを得ることができます。 ここでは、追証なしのメリットとデメリットについてチェックしていきましょう。 メリット:余計なコストがかからない 追証なしの最大のメリットは、なんといっても 余計なコストがかからないことです! 追証がある場合、損失が一定水準を下回ると追証を請求されますが、追証を支払った後に再度一定水準を下回れば、また追証を請求されます。 つまり、 一定水準を下回るたびに証拠金を支払わなければならず、トータルで考えるとかなりコストがかかっているのです。 しかし、追証がなければ、 ロスカットにさえならなければ証拠金を支払う必要がないため、余計なコストはかかりません。 MEMO取引所の中には、いきなりロスカットになってしまわないようアラーム通知があるところもあります。 また、各取引所ではロスカット率が設定されているので、事前に確認しておくことが大切です。 追証が必要ない理由 追証なしで余計なコストがかからないのは嬉しいですが、 膨大な損失を抱えたままロスカットになるのは困りますよね。 実際、 「ロスカットになったタイミング」と 「精算されるタイミング」にはタイムラグがあるため、ロスカットになった時よりも精算時の損失が大きくなってしまうケースも多々あります。 ですが、先に紹介した取引所では 独自の基金や ADL(自動デレバレッジ )システムなどを採用しているため、 追証がなくても安心して取引することができるんです。 保険基金 保険基金とは、ロスカットになったポジションを精算するために、 取引所があらかじめ積立てしている基金のことです。 たとえばBitMEXの場合、以下の手順でロスカット処理が行われます。 MEMO 2019年は、BitMEXの保険基金が62%も増加したことが話題となりました。 保険基金の積立てが多いほど利益の受け取りが保証されるので、ユーザーは安心して取引することが可能です。 ADLシステム ADLシステムでは、各ユーザーに対し利益とレバレッジに基づいた優先順位を付け、 反対売買側のユーザーのポジションを自動的に解消します。 つまり、万が一精算処理のタイムラグで膨大な損失が出てしまった場合は、 ハイレバレッジ且つポジションが有利なユーザーに補填してもらうということです。 社会的損失システム 社会的損失システムはクローバックシステムとも呼ばれており、精算が間に合わなかったユーザーの損失を、 同じ契約で収益がある全てのトレーダーが負担する仕組みです。 そのため、ロスカットになったユーザーにとってはありがたいシステムですが、 利益を上げているユーザーにとってはデメリットになるケースがあります。

次の

海外FX業者のビットコインFX。取引方法・メリットデメリット・日本の取引所との違いとは?

ビットコイン 海外fx

レバレッジ取引とは レバレッジ取引とは口座に入れた資金に対して「レバレッジ」というものをかけて行う取引のことです。 レバレッジというのは日本語では「てこ」、「てこの原理」という意味の言葉です。 文字通り 資金にてこをかけることで、実際の額面以上の取引ができます。 例えば資金が10万円あったとき、現物取引では額面通りの10万円分しか取引はできません。 しかしレバレッジ取引で2倍のレバレッジをかけると最大で20万円分の取引をすることが可能になります。 同じ資金でも現物取引より大きな取引ができるのがレバレッジ取引です。 ビットコインレバレッジ取引のメリット・デメリット ビットコイン BTC のレバレッジ取引には、レバレッジ取引とFX取引の2種類があります。 アルトコインでのレバレッジ取引のことを総称して暗号資産 仮想通貨 FXやアルトコインFXと呼ぶこともあります。 通常の信用取引と同じように、ハイリスク・ハイリターンの投資をビットコイン BTC でも行うことができるので、 大きく損失を出すこともあれば、大きく利益を出すこともある、というのが取引上の性質です。 レバレッジ投資のメリット もっとも価格変動が激しかったときには、ビットコイン BTC は1日で20%以上も価格が上下することもあり、短期での大勝をしたいヤマっ気の強いトレーダーが大量に参入しました。 価格も右肩あがりだったので、ある程度のリスクの中で大きな利益をあげることができました。 また、ご存知の通り、ビットコイン BTC 価格は200万円超を境に下落をしています。 ただ、 価格の下落時でも利益を出せるのがレバレッジ取引の特徴です。 売りポジション(ショート)を保有することで、同じ倍率でマイナス相場でも利益を出せるため継続して取引を行う投資家がいます。 レバレッジ取引は下落時にも利益を出すことができる 現物取引では実際にビットコイン BTC を売り買いするために、まずはビットコイン BTC を買うところから取引を開始しないといけません。 そのためビットコイン BTC の相場が下落しているときは、利益を出すことが難しくなってしまいます。 一方レバレッジ取引ではビットコイン BTC を取引するわけではありません。 レバレッジ取引で取引するのは「 売りと買いの差額」です。 こういった形式を 差金決済と言います。 差金決済では差額を扱うため、買いと売りがワンセットになります。 買いから始めることもできれば売りから始めることができます。 するとその差額である20万円が残り、利益となります。 レバレッジ取引は普通の買うことで利益を出すこともできますし、売りから始めることで相場が下落していても利益を出すことができるのです。 レバレッジ投資のデメリット 一方でそのリターンの裏側には常にリスクがあります。 レバレッジ取引ではレバレッジをかけることで利益を大きくすることができる反面、 損益も大きくなってしまいます。 10万円で20万円分の取引をして、価格が半分になると一気に証拠金はゼロになります。 なので損切りをきちんとしないと損益が大きくなってしまいます。 そして 損益が資金の一定の割合を超えると「追証」という、追加の入金を求められます。 更に損益が膨らむと自動で決済されてしまいます。 ビットコイン BTC のレバレッジが始まった当時はまだ取引所や取引のシステムが未熟だったこともあり、追証や強制ロスカットによって借金を抱える人が多く表れました。 そのため当時はレバレッジをかけずに、買いポジション(ロング)で長期保有(ガチホ)しましょう、という呼びかけも多かったように思います。 今は制度も改善され、以前よりリスクは下がりましたがそれでも大きな含み損を抱える可能性は残っています。 レバレッジ取引のデメリットを抑える方法 レバレッジ取引のデメリットを抑えるには、 レバレッジ取引についてよく勉強して投資計画を入念に立てることが大切です。 特に利益や損益をどこまで我慢するか、どこで損切りをするかというのは重要です。 人間、儲かり過ぎると欲が出て利益を確定させるタイミングが遅れますし、反対に損益が出るといつか反転するだろうと思うものです。 そこで利益が出たとき、損益が出たとき、どのラインで決済をしておくかを決めておき、機械的にそれを守ることでレバレッジ取引のデメリットである高い損失を抱えるリスクを抑えることにつながります。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)の取引所の比較、選び方 ビットコイン BTC は暗号資産 仮想通貨 で最も有名な通貨ですから、大手の取引所であればたいていレバレッジ取引が可能となっています。 しかし海外となると、大手といえどもレバレッジ取引に対応していない取引所も。 そもそも日本在住という条件では、口座開設もできない取引所もあるくらいです。 今回お伝えする海外の取引所は、日本在住でもレバレッジ取引ができる取引所ばかりです。 海外取引所ならではの特徴も、あわせてお伝えしていきましょう。 レバレッジ取引所を選ぶ基準は以下の通りです。 1:暗号資産 仮想通貨 レバレッジの対応通貨ペア数 暗号資産 仮想通貨 取引所では、現物取引とレバレッジ取引で利用できる通貨数が異なります。 例えば、の場合、現物取引であれば5種類の通貨が取引できますが、レバレッジ取引の場合はビットコイン BTC しか取引できません。 一方でDMM Bitcoinの場合は、レバレッジ取引では6通貨の通貨が取引できますが、現物ではそれほど多くありません。 レバレッジ取引で取扱のある通貨を調査しましょう。 2:レバレッジ倍率が何倍であるか レバレッジ倍率の選択肢を把握しておきましょう。 以前は国内であれば最大25倍までの取引が可能でしたが、現在ではレバレッジ規制がかかっており、最大4倍程度までの取引所が大半です。 暗号資産 仮想通貨 は価格のボラティリティが大きいので大損をしてしまうリスクを減らして、投資家を保護するというのが目的の一つだと予想されます。 しかし海外の取引所では日本のように規制がされていないところもあります。 3:取引所のレバレッジに関する取引ルール レバレッジ取引は取引所によってそのルールも、手数料も異なります。 特に、取引に関するルールとしては、証拠金維持率や追証あり・追証なし、強制ロスカットの有無などを確認しておきましょう。 「 証拠金」というのは取引をするために、 最低限必要な資金のことです。 例えば100万円分取引をするとき、レバレッジ2倍であれば50万円あれば取引ができます。 この50万円が証拠金となります。 そしてこの証拠金の現在している取引に対する割合を「 証拠金維持率」と言います。 そして取引の中で損益が大きくなり、証拠金維持率が下がると追加の証拠金である「 追証」を求められたり、強制的に現在の取引を決済させられる「 強制ロスカット」をされてしまうことがあります。 証拠金や証拠金維持率の計算方法がよくわからない人は口コミや評判を参考にすると良いでしょう。 また以下の記事でもレバレッジに関する用語を解説しているので、ぜひ見てみてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所3選! ビットコイン BTC のレバレッジ取引ができる取引所はたくさんありますが、その中でも特におすすめの取引所をお伝えしていきましょう。 国内取引所1:GMOコイン 東証一部上場企業のGMOインターネットが運営する取引所。 GMOクリック証券の運営も行っているので、 金融事業のノウハウも備えている国内最大手の取引所です。 特にGMOコインは専用のスマホアプリである「ビットレ君」をリリースしています。 スマホやタブレットからでもパソコンと変わらない操作性でレバレッジ取引ができるため、ずっとパソコン前にいる必要はありません。 ビットコイン BTC をレバレッジ取引するのであれば、 一番おすすめの取引所といえます。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所2選! 日本だと25倍までのレバレッジ取引しかできませんが、海外ではなんと100倍というレバレッジ取引もできます。 ここではレバレッジ取引ができる海外取引所をお伝えしましょう。 海外取引所1:BitMEX BitMEXは、 少額資金で取引したい方におすすめの取引所です。 ビットコイン BTC は最大100倍、イーサリアムも最大50倍のレバレッジ取引が可能。 またBitMEXは「追証なし」のサービスを導入しています。 証拠金維持率が0%になると強制決済する仕組みなので、急激な相場変動で追証による借金の心配もありません。 海外取引所2:CryptoGT(クリプトGT) CryptoGTは、 キプロスに拠点を構える暗号資産 仮想通貨 取引所です。 1倍・10倍・25倍・50倍・100倍、そして最大200倍ものレバレッジをかけることが可能。 日本語にも対応しているので、日本人でも利用しやすい取引所ともいえます。 ビットコイン BTC のレバレッジでの購入方法を画像つきで紹介 レバレッジ取引の購入の仕方を解説します。 基本的には現物とさほど違いはありません。 GMOコインでビットコイン BTC をレバレッジで購入 GMOコインではシンプルな手順でビットコイン BTC をレバレッジ取引形式で注文することができます。 ビットコイン BTC の現物取引が可能な取引所を紹介 どの暗号資産 仮想通貨 取引所でもビットコイン BTC の現物取引は可能です。 取引所を選ぶ基準の一つであるビットコイン BTC を取引する際の手数料を以下にまとめました。 取引所名 手数料 0. 01~0. そのほか様々な分野からビットコイン BTC の現物取引におすすめの取引所を以下の記事で紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引はGMOコインがおすすめ この記事のまとめ• 国内の暗号資産 仮想通貨 取引所でレバレッジ取引を行うことができる• 海外の暗号資産 仮想通貨 取引所では100倍ものレバレッジ取引が可能なところもある• 国内の取引所であれば「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「BITPoint」がおすすめ• 海外の取引所であれば「BitMEX」「CryptoGT」がおすすめ さて、日本や海外でレバレッジ取引ができる、おすすめの取引所をお伝えしてきました。 国内であれば信頼性が高く、スマホからでも快適に取引できるGMOコインが、それでも物足りないという人は海外の取引所であるBitMEXが、信頼性の面でおすすめです。 堅実に取引するのか、それとも高いレバレッジ倍率で攻めるのか、自分のトレードスタイルに合った取引所を選びましょう。

次の