競馬予想会社 的中率。 競馬予想会社で的中率の高いところをご存知の方いたら教えてくだ...

競馬予想サイト【AXkeiba(AX競馬)】の口コミと評判を検証してみた!

競馬予想会社 的中率

どうも、「電ファミ」では 競馬担当になりつつある、長谷川リョーです。 前回は北海道まで出張取材をした をお届けしました。 「将来の夢は馬主になることだ」と競馬への愛についても触れさせていただきましたが、 馬券の方も嗜みます。 週末は重賞を中心に、平場のレースまで手広く買うことが多いです。 (僕だけではなく、おそらく多くの人が同じ現状だと思います……) 普段はAI(人工知能)、IoT、VRのようなテクノロジー周りの取材記事を書くことも多く、 「ディープラーニングのような技術を元に、競馬予想をするプログラムを作ることができるのでは?」と夢想したことも一度や二度ではありません。 IT企業に勤めていた前職では、 本気でデータサイエンティストを探したりもしました……。 実際、近年の 人工知能技術の発展は目覚しいものがあります。 広く知られるところでは、チェス王者を倒した「ディープ・ブルー」、囲碁では「AlphaGo(アルファ碁)」、そして将棋では「Ponanza(ポナンザ)」と人間の知力を凌駕したコンピュータ・ソフトが続々と登場しています。 こうした技術を競馬予想にも生かせないものだろうか? その問いに真正面から挑んでくれるのが、ドワンゴが主催する競馬予想プログラミング競技会 です。 (by 長谷川) (画像はより) はじめに、「電脳賞」の対戦方式の基本的なルールを確認しておきましょう。 「電脳賞」の基本ルール ・独自のロジックを用いて競馬の予想を支援するソフトを開発し、該当レースにおける指定条件(競技部門)の達成に挑戦するプログラム競技会です。 ・当大会のソフトとはブラウザ上で動作するシミュレーターやアプリケーションなど形式は問わず、予想ロジックに基づき結果を出力できるものを指します。 ・作成したソフトのみを使用し、対象レースの結果を予想してください。 ・競馬専門紙や日刊紙、他メディア等の他者の予想や指数に乗ること、利用することは禁止します。 ・中央競馬のすべてのレースを予想できるようにしてください。 ・大会の様子は、一部ニコニコ生放送にて生放送されます。 (その他、詳しいルールについては を御覧ください) この大会、合計8チームが参加したのですが、2日目に早くも 決定的となる大的中がありました。 3月5日の中山7R「4歳以上500万以下[指定]」で、 「ニコちゃんAI競馬」が配当1162. 2倍の三連複を500pt分的中させ、2日目の回収率はなんと 1217. 6%に。 結果的に最終日まで「ニコちゃんAI競馬」が首位の座を譲らず、他チームに 圧倒的な差をつけて優勝しました。 「電脳賞 春 」の各チームの予想結果。 最終日、「W. 」が桜花賞を会心の3連単9万馬券的中(当日回収率4744. (画像はより) 上記の図をご覧ください。 まず目につくのは、「ニコちゃんAI競馬」の 181. そして、 「CHANCE」の結果にも目をみはります。 通算回収率こそ60. 今回はこの「ニコちゃんAI競馬」「CHANCE」の2チームを座談会に招き、 人工知能とデータ分析を交えて作成したそれぞれの競馬ソフトについて、苦労した点、今後の展望について語っていただきました。 別の競馬ハッカソンでは準優勝で苦汁を舐め、その悔しさを第2回電脳賞へぶつける。 (by 長谷川) 「ニコちゃんAI競馬」チーム・テリー氏(以下、テリー氏): 一言でいうと、 「1番人気が1位になりにくいレースを探す」という発想をしたんです。 すると、それ自体は偶然に近かったのですが、2日目に結果が出たんです。 「1位の的中を狙う」のならわかりやすいと思うのですが、「1番人気が1位になりにくいレースを探す」とは……。 テリー氏: これは、 回収率を高める買い方なんです。 つまり、今回のレースで評価されるのは、1位を的中させた回数ではなくて、 「最終的に儲けた額」ですよね。 であれば、 「的中率」は犠牲にしてでも、高い倍率になるレースをチョイスしていく前提でロジックを組んだ方がいいという判断をしたんです。 テリー氏: そうですね。 具体的には、 3歳馬のデータを中心に選んでいます。 (Photo by Getty Images) 競走馬は普通2歳でデビューするので、3歳というのは戦績が浅く、せいぜい3〜4レースしか走っていません。 5歳馬のように10〜20レース走っていれば、平均速度のようなデータもきれいに出すことができるんですが、3〜4回しか走っていないと、天気や周りの馬との関係性により不正確なデータになります。 つまり、 5歳馬に比べると データの正確性がかなり低い。 そうなると当てづらいんですね。 でも、「当てづらい」ということは、つまり 「オッズ(払い戻し率)と人気という情報が信用ならない」ということでもあります。 だから当然、「当てたときの儲けは大きくなるであろう」と。 とはいえ、テリーさんにとっても不正確な情報で判断することになりますよね。 複数の馬番を選択して、その馬番号を馬券の種類に合わせて全通り購入する方法のこと。 (by 長谷川) 特定のレースを当てるのは難しいですけど、1番人気の馬が3着以内にくるレースであれば、もう少し簡単ですから。 リーダーは、日本最大級のSNS影響力をもつ女性向けメディアの企画開発や某有名カメラの商品開発の他、不動産関連のサービスに携わるなど様々な経歴をもつ。 そして今回、競馬の知識は全くないが、過去実績から独自の指標をもとに1週間でソフトを作成したプログラマーと競馬歴15年の負けず嫌いな予想家をチームに迎え、電脳賞へ参戦!(by 長谷川) 「CHANCE」チーム・C氏(以下、C氏): もともとAI系の勉強会を色々やっていたのですが、そのうちに、競馬は結果もすぐに出ますし統計的な効果も見えやすいということで、 「分析の対象として優れているのではないか」と思ったんです。 それで試しにやってみたらすごくハマってしまって(笑)。 そこに「電脳賞」というイベントがタイミングよくあったので、参加してみたという経緯になります。 私たちの場合は、はじめはオッズ、馬体重、タイムなど あらゆるパラメーターを入れていたんですが、そこから競馬を徐々に理解していくにつれて 不必要なものを引いていったんですね。 その結果、的中率が上がっていきました。 こうした調整は合計で30回ほど行いましたね。 今回の電脳賞は、そんな正攻法に対して、「的中率」なんて大して上がらないことを「見切って」挑んだ「ニコちゃんAI競馬」チームが優勝してしまった、と総括できそうですね。 テリー氏: そもそも人工知能が発展していくことで、1番人気の馬が来る確率を割り出す精度は今後も上がっていくと思いますが、 回収率という観点でみると、「オッズが1. 0倍に近づいていく」ということにすぎません。 でも、私の「回収率の高いレースをチョイスする」というやり方であれば、そういう 未来の競馬においてもある程度高い倍率が維持できるとは思います。

次の

【2020年】最強の競馬予想ソフト5選で回収率100%越えを目指せ!

競馬予想会社 的中率

回収率きぼんぬっ!! 時は5月29日。 近所のウインズに向かうべくチャリにまたがったところ何か違和感を感じた。 後輪がパンクしてるっ!! おいマジ勘弁してくれと心の中で叫びながら足で走りだしました。 だってお目当ての 安土城ステークスが投票締め切りギリギリなんですもの。 匠の万馬券曰く、低予算でがっぽりの期待がかなり高いレースだったので是が非でも馬券を手に入れたかったのです。 なんとか投票時間には間に合いましたが財布を忘れて超ショック。 ボケットの小銭200円分しか馬券を買えませんでした。 結果は見事に的中。 3連単で462,460円つきました。 でも匠の万馬券の推奨購入金額は1000円。 私の購入金額200円。 配当金額の差は歴然ですよね。 パンクと財布忘れでついてなかったのですが、92万手に入れたのでよしとします。 ちなみに即パットはアイパス紛失で利用不可となりました。 再発行しないとな。 データで勝つ!! それを掌握する者はこの地球を牛耳る事さえ可能となる物、情報。 他国の機密を様々なハイテク機器により収集しているこの世界の現状を鑑みれば至極当然の事だと言えるでしょう。 規模は違えど競馬業界も同じです。 情報がなければ競馬は成り立たたないし勝てもしません。 馬のプロフィール一つとっても大量の情報が提供されているくらいですから。 父、母、性別、年齢、馬主、調教師、生産牧場、毛色等々全て上げていたら切りがありません。 素人の一個人がデータ勝負に挑むのがどれだけ無謀な事であるのか想像に難くないことでしょう。 よって、それらは全てプロの手を借りましょう。 競馬情報会社「シンジケート」はその為に存在しています。 人脈による情報で勝負!! ここ最近気になっている事があります。 それは競馬の八百長についてです。 この世の中には様々なスポーツやギャンブルがあり、もれなく賭け事の対象として扱われています。 金が全ての地球において大金が動く所に悪事が存在するのは紛れもない事実であります。 競馬業界もその慣例に従い八百長は存在するようですね。 ネット上にはその証拠となる動画やら記事やらが見つかるので興味がありましたらお調べください。 そのような悪事が行われている競馬ではありますが我々一般ユーザーには特にこれといった損害もなくどちらかと言えば有益な結果を伴う事の方が多いのかもしれません。 言わずもがなではありますが大穴の発生で万馬券獲得と言った結果をもたらしてくれるのですから。 しかしまっとうな予想で馬券を買っていてはその恩恵は見向きもしてくれないでしょう。 そこでおすすめなのがこの「ホースキング」です。 バラエティに富んだ予想師達の人脈こそが大穴的中への最大の近道であります。

次の

競馬@予想 / 無料で競馬の重賞レース予想 【GI】【GII】【GIII】

競馬予想会社 的中率

競馬情報会社が言う的中率とは? 競馬には収支をつける時の手段として「的中率」と「回収率」の2種類があります。 的中率とはその名の通り、どれだけの確率で馬券が当たっているのかを指します。 例えば10レース分の馬券を買って3つ的中すれば、的中率は30%となります。 次に回収率ですが、これは的中率に関係なく、お金の増減を表しています。 1万円からスタートして、10レース分の馬券を買って1回しか当たっていなかったとしても、2万円になっていればそれは回収率が200%になっているということになります。 的中率だけを考慮しても、マイナス収支になることもあるため、ただ当たればいいという訳ではありません。 競馬にはトリガミという言葉もあるくらいで、的中してもプラスにならないことは珍しいことではありません。 しっかりと回収率をプラス域にすることが、勝っているということになりますが、回収率だけを意識すると、今度は多くの軍資金を用意する必要があります。 そのため、競馬では的中率の高さと回収率の高さの両方を狙う必要があるのです。 これは毎回ちゃんと収支をつけないと分からないので、馬券を買った時には結果がどうだったのかをメモしておくようにしましょう。 競馬情報会社の的中率が信用できない3つの理由 競馬情報会社では、多くのサイトが的中率の高さを売りにしています。 利用者としては当然馬券が良く当たっているサイトを使いたいと思うのが当たり前だと思います。 そこで、悪徳サイトの多くは的中率を捏造し、いつも馬券が当たっているように偽装するのです。 サイトを見て「的中率15%超え!」と言われても誰も利用しようとは思わないですよね?「的中率80%超え!」と言われたほうが試したくなるのが心理だと思います。 しかし、そこが悪徳サイトが狙っていることなのです。 ほとんどのサイトで掲げられている的中率は嘘の数字なので、信用することは絶対にやめましょう。 その理由について以下で詳しく解説していきたいと思います。 的中率が信用できない理由その1:証拠が何もない 的中実績についても同じなのですが、的中率80%超え!と言われていも、その証拠は何もないのです。 さらに厄介なのが、それを確かめる方法もまた存在しないのです。 高額で売られている有料情報を全て購入して、本当に的中率がその通りなのか調べることはできますが、現実的ではないですよね?それを悪徳サイトも理解している為、偽装をしても問題ないと思っています。 普通に考えて的中率が80%を超えるというのはもはやエスパーの領域だと思います。 どれだけ凄い予想家でもそんなに簡単に馬券を当てることはできません。 話が逸れてしまいましたが、的中率は確かめることはできないですが、逆に言えば証明することもできないということです。 高いお金を出して予想を購入するのなら、しっかりと証拠を見せても良いですよね?しかし、悪徳サイトで証拠を見せれるサイトは一つもありません。 それは本当は的中していないからです。 また、口コミサイトなどで、実際に利用している人たちの意見を見て、ある程度の的中率を調べる方法もありますが、これも現実的なことではないのです。 その理由は、口コミサイトで書き込まれているコメントもすでに嘘のものが多いからです。 競馬予想サイトにおいて、口コミは会員を集められるかどうかの重要な要素になるため、サクラを雇ったり、自作自演で良いことだけを書き込んでいるケースが多くあります。 時には悪徳サイト自ら口コミサイトを運営し、自分のサイトだけ良く言って、他のサイトを酷評していることもあります。 もはや、ネット上の情報は何も信用することはできません。 最終的に信じられるのは自分の予想だけなのです。 的中率が信用できない理由その2:無料情報ですら当たらない 2つ目の理由は無料情報すら当たっていないことです。 有料情報を販売している競馬予想サイトの多くは、お試しで無料情報を入手できる場合があります。 なるべくなら登録すらしたくないですが、登録が必要なことが多いですね。 しかし、実際にこの無料予想を利用してみても、全くと言っていいほど当たらないというのが現実です。 中には有料情報を買ってくれれば当たりますよ!と言ってくるサイトもありますが、本当にそうでしょうか? 無料情報は、当たれば利用者が増えるかもしれないとても重要なものです。 ここで外れれば、有料情報を買おうと思うことはないですよね?それくらい、競馬予想サイトの無料情報は大切なもののはずです。 その無料情報ですら当たらないのであれば、きっと有料情報を買っても当たることはないでしょう。 素人が適当に馬柱だけを見て選んでいるので当たり前といえば当たり前ですね。 そのような状態でどうやって高い的中率をキープすることが出来るのでしょうか? さらに、中には80%どころか90%を超えると記載されているサイトも多くありますが、そんなに当たるのなら情報など売らずに自分で馬券を買ったほうが儲かると思いませんか? わざわざ誰かに教えてオッズを下げるくらいなら、誰にも言わずに自分で馬券を買い続けた方がお金が増えると思うのは自分だけでしょうか…90%以上の的中率をキープできるのなら、今頃億万長者になっていますね。 的中率が信用できない理由その3:実は人気上位馬の複勝 中にはほんとうに馬券で80%を超える的中率になっているサイトもありました。 しかし、よく調べると1,2番人気の複勝を毎回のように2点買いしていたのです。 1番人気馬が複勝圏内に来る確率は全体でみると62%程度言われています。 ということは1番人気の複勝を買い続ければ的中率は必然的に62%になります。 さらに、2番人気の馬も抑えておけば確かに80%くらいの的中率になることは出来ますね。 言わなくてもわかると思いますが、これでは大損になってしまいます。 1番人気の複勝はよくても1. 5倍くらいでしょう。 さらに、ダントツの能力を持っている競走馬なら1. 1倍、最悪1. 0倍になることも珍しくはありません。 嘘は言っていないかもしれませんが、ほぼ詐欺ですよね?上記でも説明しましたが、競馬はどれだけ的中率が高くてもプラス収支になるとは限りません。 そのため、競馬情報会社の的中率は信じてはいけないのです。 悪徳競馬情報会社が使う他の詐欺手口 上記で競馬情報会社の的中率が信用できないことは分かっていただけたと思います。 しかし、中には的中率を売りにしていないサイトも多く、他の手口で騙されてしまうこともあると思うので、一部の手口を紹介したいと思います。 「情報を購入してもお金を返してくれるならやってみようかな」と思いがちですが、全額保証がお金だと思い込んでしまっていることが問題になります。 恐らくサイトを隅々まで調べればどこかに記載されていると思いますが、全額保証をポイントで還元するとなっているはずです。 同じサイト内で新たに情報を入手できるポイントで保証されるのです。 悪徳サイトが適当に予想したものをまた購入できても嬉しくないですよね?お金で返すとは絶対に記載されていないはずです。 また、但し書きで条件が付けられていることもあります。 なんだかんだ言い訳をして、お金の返済はしないので注意が必要です。 多くは登録が必須になっており、中にはちょっとした個人情報を入力させるサイトもありますが、これが狙いです。 住所や電話番号、名前にメールアドレスなど、個人情報を集めて他のサイトに売っている可能性もあります。 登録したメールアドレスに、見覚えがない競馬サイトから勧誘メールが届いた利することもありますが、これが原因だと考えられます。 無料情報でサイトの実力を試そうと思う人は多いと思いますが、9割以上が悪徳サイトと言われている競馬予想サイト界では、むやみに登録をすることは控えるべきです。 的中実績を見ると80万円的中!とか中には100万円を超える的中実績を記載しているサイトもありますが、どのサイトも実際の馬券を載せていることはなく、適当なテキストで書かれたものばかりです。 簡単に捏造することは可能で、こちらの証拠が全くない嘘なのです。 本当に当たっていればすごいことですが、確実に詐欺なので信用しないようにしましょう。 まとめ 今回は競馬情報会社がサイトに記載している的中率について詳しく解説していきました。 確実に嘘の数字になっているので信じ込まないようにしましょう! 冷静になって考えてみてください。 競馬はそんなに簡単なものではないですよね?意外な競走馬が上位に来たり、来ると信じていた競走馬が着外になったりと波乱の展開が多いこそ競馬は面白いと思います。 その波乱を全て見抜くことは不可能です。 逆に高すぎる的中率を全面に出しているサイトがあった時には絶対に利用しないことをおすすめします。

次の