ストーンオーシャン アニメ化。 海外の反応 【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 5部】(最終回) 第38・39話 いい最終回だった! 6部はアニメ化されるのか…?

ストーンオーシャン

ストーンオーシャン アニメ化

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンあらすじ紹介 2011年。 10月28日の午後5時35分ごろ、 雨が降りしきる日だった…… 彼女、空条徐倫は、恋人である ロメオ・ジッソと共にドライブをしていた。 互いに甘い時間を過ごしていた最中に、 ロメオは誤って人を跳ねてしまう。 すぐに救急車を呼ぶべきと 動こうとする徐倫を制止するロメオ。 雨の中で誰も見ていないのなら、 この轢き逃げが明るみに出ない。 その場で何事も起きなかったと、 目の前で起きた事件を流してしまった。 それは彼女の奇妙な運命と、 ジョースター家のもたらす 宿命の始まりを意味していた…… 数日後。 ロメオの轢き逃げの罪を被せられ、 州立グリーン・ドルフィン・ストリート 重警備刑務所へと収監されてしまう。 弁護士に言われるがまま、 罪を認めれば懲役が軽くなると、 司法取引を受け入れる事を進められた彼女。 外に残す母親の事を気にかけ、その取引に応じ、 身に覚えのない恋人の罪を認めてしまう。 そしてくだされた判決は……懲役15年。 それは、あまりにも重い判決だった。 弁護士に騙され、恋人に裏切られた徐倫。 しかしそれは仕組まれた罠でもあり、 彼女と、父親である承太郎を狙う、 かつての宿敵が遺したジョースター家の因縁。 この世界で生きる人々が、覚悟を知る。 運命を受け入れる事の出来る 「天国へ行く」秘密を知る為の、 一人の男の作意である。 それを彼女は知らない。 かつての宿敵……DIOが見言い出した、 全ての人が幸福へと到達できるだろう 「天国」へと行く方法とは? 時の加速の果てにある、結末とは一体? ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンネタバレ・今後の展開 今作の「ジョジョの奇妙な冒険 第6部ストーンオーシャン」 DIOとジョースター家の一世紀に 渡った因縁と宿命が、 ようやくにして決着します。 それは最大の題材となっており、 この物語は全体を通して、 「運命」をテーマに物語が展開されています。 さて、今作の主人公である空条徐倫は、 ジョジョの奇妙な冒険のシリーズの中で、 実に「ゴージャスアイリン」以来 初めての試みです。 しかもあの空条承太郎の娘は 父親に似て男勝り。 また精神的なタフさや、 誰もが魅了されるほどの 明るさもあります。 実にヒロインとして魅力的な部分もあり、 また少年漫画の主人公らしく、 熱血な逞しさも備えています。 まさにイケメンな ヒロインとしても有名な彼女。 その彼女が、DIOの遺した 「天国へ行く方法」を知った為に エンリコ・プッチに狙われてしまいます。 プッチ神父は、かつてDIOの友人。 またDIOの事を尊敬し、 シリーズ最大の強敵の張り巡らした罠へと はまってしまいます。 刑務所へと投獄されてしまった徐倫。 プッチ神父の刺客に狙われ、また刑務所内の スタンド使いに狙われてしまう等、 気を休む間もなくに襲われていきます。 ですが、彼女にも囚人仲間である エルメェス・コステロや、 風変わりなスタンドであるフー・ファイターズ。 天候を操る、プッチ神父に 因縁と宿命を持つウェザー・リポートに、 徐倫に一目ぼれしてしまう、 一途な男ナルシソ・アナスイ。 複雑な出生とジョースター家の 運命の行く末を見守る事となる、 11歳の子どもエンポリオ・アルニーニョ。 心強い仲間を得ますが、 プッチ神父は一筋縄ではいきません。 プッチ神父が求める、 DIOの遺した遺産である 「天国へ行く方法」とは、一体何なのか? それを唯一知る空条承太郎は果たして、 見れば必ずこの物語の結末に 目が離せなくなります! サイト内で【 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン】を検索! ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン読んでみた感想・評価 「ジョジョの奇妙な冒険 第6部ストーンオーシャン」 1部から続いていた、ジョースター家の関わり、 新しく切り替わる転換への作品でもあります。 今作の中で最大のテーマとなっているのは 「運命」と「宿命」の「結末」とは、 一体何であるのかが、物語を通して描かれています。 今までジョースター家に因縁として存在し続け、 また後世へと続く、一つの系譜として存在していた 「DIO」の「悪」。 時を越えて最大の悪を 呼び起こしてしまった事が、 この物語の最大に見せ場となっています。 この最大の悪である「プッチ神父」は、 荒木飛呂彦先生は「悪党の正論」 と位置づけます。 彼が求める、人間個人と 個人の運命の結末を知る為に、 彼は行動を起こしていきます。 母の愛が起因となり、 それにより自分と人の運命が、 予期もせずに狂う。 そして最悪の結果を出してしまう。 運命に決められてしまう自分達の存在や、 宿命に動かされ、 運命へと導かれ、結末を迎える。 そんな世界を変えるが為に、 プッチ神父は自分の行為を正義と信じます。 もし途中で何らかの悲劇があろうとも、 それは自身の信じた正義の結末と受け止め、 悪として正義であると言う。 偏るべき両方を持つ、 DIOに勝るとも劣ら無い、 最大敵となっています。 やがて世界を持巻き込むほどに、 強大な悪となる。 ジョースター家を負い込んでいく事になり、 プッチ神父が、歴代ジョジョの中で 最大の敵とも言われるほどに成長してしまう。 ジョジョの奇妙な冒険の中でも、 最も危険な敵として立ちはだかり、 圧倒的な存在感を魅せます。 荒木飛呂彦先生の作品の中で、 常にテーマとして上がっている「運命」と「宿命」。 その答えが描かれ、その答えの先の問いが、 後の作品として繋がりを魅せる、 そんな作品です。

次の

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンを読みました

ストーンオーシャン アニメ化

名前の元ネタはの「Stone Free」 【名台詞】• マスタ~~…ベ~~ション…をよ…• 飛びたいよォーッ• あたしをジョジョって呼ぶな そう呼ぶのはママだけだ…• ロッチュ~お腹チュいたニャン!• うるせェェェェェー 弁護士を呼べェェェーッ• うおっ 人類の夜明けだわこりゃ• やれやれだわ…• ストリップしながら よつんばいでいいですか?仰向けになりますか?それともブリッジするとか…• コントロール室はこの先どっチュへ行けばい…いいんでチュか?• 「ストーン・フリー」あたしは…この「石の海」から自由になる 聞こえた?「ストーン・フリー」よ…これが名前• 「大きい方」と「小さい方」があって「シ」で始まる下半身関係の言葉!ズボンにもらしちゃうわ!「大きい方」でなくて本当良かったって思ってる生理現象の事よ!• 「中庭へ行ってDISCを取りに来るSPW財団の「誰か」にDISCを渡す」 それがあたしの今の人生の目的よ• 「精神力」の消耗だ…くだらないストレス!それに伴う「体力」へのダメージ…!!・・・あたしはこの「厳正懲罰隔離房」で!!「やるべき目的」があるッ!必ずやりとげてやる…そのためには…くだらない消耗があってはならないッ!いや…逆にもっと強くなってやるッ!• あたしは星を見るわ…父に会うまで…星の光を見ていたい• 「通じた」のよ…今…父さんを理解出来たと体で感じる…• 手錠はなんのためにある?逃がさないためにあるんじゃあない 屈服させるためにあるッ!• おまえがぜんぜん理解しない…という事を…理解したよ…• プゥ~ッチッ!• ウェザーもう一度…もう一度話がしたい あなたと そよ風の中で話がしたい• ひとりで行くのよエンポリオ あんたを逃がすのはアナスイであり…エルメェスであり あたしの父さん空条承太郎…生きのびるのよ あんたは「希望」!!• 来いッ!プッチ神父『ストーン・フリィィィーッ』 []• 必ずしも好みの女性と結ばれるとは限らない。 うん、何も問題ない -- 名無しさん 2013-09-05 22:57:53• 沢城みゆきの演技がまた絶妙に合ってるんだこれが -- 名無しさん 2013-09-06 01:08:19• アメリカンなダメージ受けながらびくともしない強すぎる精神力すき -- 名無しさん 2013-10-17 19:30:30• 本体は棒立ちがデフォルトだった親父より躍動的なファイトスタイルが全力で闘ってる感じがしてGood -- 名無しさん 2013-10-17 21:36:14• ヴォラヴォラヴォラヴォラ -- 名無しさん 2013-11-05 12:15:16• 無実の罪で(裏があるのだが)つかまり脱獄のために苦労して父親どころか自分まで・・・・・JOJO中一番の悲劇キャラだな(二番目はジョナサン)。 -- 名無しさん 2013-11-05 13:20:15• 主役補正が薄い中でよくがんばったと思う。 -- 名無しさん 2013-11-05 13:58:12• そもそも日本的が外面か内面かはわからんだろ。 -- 名無しさん 2013-11-05 14:29:41• 懲罰房入って以来のタフな女丈夫のイメージが定着してるけど、序盤はミステリアスで艶っぽい雰囲気だったんだよね。 普段は頭パープリンのシャバいねーちゃんなのに時々相手の意表を衝く受け答えをしたり鋭い観察力を見せたりドキッするほどクールになる感じ -- 名無しさん 2013-11-08 17:40:30• 最後の少年に言った言葉が・・・・・。 -- 名無しさん 2013-12-19 19:00:27• 髪おろすと印象変わるよなぁ。 エロスを感じる。 -- 名無しさん 2014-01-29 12:58:40• 母親が3部の家出少女だという説が… -- 名無しさん 2014-03-07 19:45:08• 5部以降で破壊力Aスタンドが増えたとよく言われるが、ストーンフリーなんか描写見ても破壊力Aとは思えないんだよなぁ。 ただ、最終的な成長具合を加味すれば納得いかないわけでもない。 (スタンド評価は明らかに初期に書かれていたが・・・) -- 名無しさん 2014-05-22 23:21:10• 自動車大破させた黄金体験がCなのにAのストーン・フリーが鉄格子破壊できないのは萎えるよな。 話の都合でそうするしか無いなら破壊力Cでもいいじゃんって思うし。 -- 名無しさん 2014-05-24 21:24:57• きっと -- 名無しさん 2014-06-25 06:47:38• 徐倫のあのしっかりしながらどこか繊細でヒステリックな声が好き。 沢城みゆきさんの演技の賜物だわ。 -- 名無しさん 2014-07-23 17:39:02• 彼女はジョセフに会ったことあるんだろうか? -- 名無しさん 2014-08-30 21:07:47• 一番主人公補正の恩恵に恵まれたのがジョセフなら、最も見放されたのが徐倫だな。 -- 名無しさん 2014-09-10 18:07:29• 「理解しないという事を…理解したよ」が名台詞に入ってないのは何故!? -- 名無しさん 2014-09-30 18:05:06• -- 名無しさん 2014-09-30 18:35:21• スタンド的には曾祖父(ジョセフ)の血統を強く受け継いだのかな? -- 名無しさん 2014-11-25 01:18:56• ストーン・フリーはせっけんの香りがするそうな。 多分世界一フローラルなスタンド -- 名無しさん 2014-12-01 21:48:56• 漫画の糸を使うキャラって近距離戦弱いイメージだけど、近距離戦が強い珍しいキャラ -- 名無しさん 2015-01-24 18:28:22• 徐倫ってジョジョシリーズが新たなステージに進むための犠牲にされたキャラ感ハンパないよねー。 なまじ女主人公だからって作者から割を喰らいまくりだよ。 -- 名無しさん 2015-12-01 03:08:35• タグ編集できないんですか? -- 名無しさん 2016-01-27 17:13:19• …まあダービーのこと知らなかったから引っかかるのも無理はないか。 -- 名無しさん 2016-03-11 21:14:36• アイスオブヘヴンの掛け合いを見ているとジョナサンみたいな【無罪だと信じてくれる人間】がいても良かったと感じ始めた -- 名無しさん 2016-06-21 12:42:48• 死体遺棄の手伝い自体は自分の意思でがっつりやっちゃったから。 ただ刑期は嵌められなきゃもうちょい短くて済んでたかもというのはある。 -- 名無しさん 2016-06-21 17:11:28• シリーズ初の女ジョジョということもあってめっちゃ好きだったわ -- 名無しさん 2016-07-02 07:08:14• EohでのジョルノDIO -- 名無しさん 2016-07-10 14:58:07• 淫蕩はちがうだろ… -- 名無しさん 2016-07-22 01:16:36• EoHでの掛け合いはけっこー可愛いところを見せてくれてディ・モールトにいい。 ジョナサン・2部ジョセフの前で女らしさに気を付けてみたり、ジョルノの窃盗を戒めたり。 -- 名無しさん 2016-11-15 10:45:45• 沢城さんが一番合うからいつか6部がアニメ化しても沢城さんがしてほしいな -- 名無しさん 2017-01-17 20:35:56• 蝶に例える場合、徐倫がアゲハなら承太郎は蝶に例えると何になると思う? -- 名無しさん 2017-02-03 17:25:20• 我らが承太郎の娘なんだからスタンド位発現させるのは、朝飯前だろ -- 名無しさん 2017-04-07 06:29:53• 沢城さんの「ストーン・フリィィィ!」って叫ぶのカッコよすぎるwww -- 名無しさん 2019-08-03 22:19:22• 6部アニメ出そうだけど、徐倫はゲームと同じく沢城みゆきがいいな -- 名無しさん 2019-08-03 22:27:42• 声優さん変わるなら、あいさんにやって欲しいなあ。 ダンベル何キロ持てる?のひびきの人 -- 名無しさん 2019-10-01 12:17:58.

次の

ジョジョ6部(ストーンオーシャン)のアニメはいつ放送?前作との期間を比較すると予想できた

ストーンオーシャン アニメ化

『ジョジョ』シリーズで第3部から登場している空条承太郎の娘、徐倫(ジョリーン)が、シリーズ初の女性主人公として登場。 6部ではそれまでなかったスタンドの発動条件、ディスクが現れる。 血の繋がりや引き合う人々の繋がりなど、運命に重きを置いた作りになっており、ラストでは世界そのものが終着と新たな出発を起こしている。 つまり、第1部から続くジョースター家とDIOの因縁と世界観は第6部で完結しており、第7部以降はパラレルワールドのような世界になっている。 ある意味で第6部は『ジョジョ』シリーズの一つの終着点にして、区切りとも言える。 コミックスは全17巻。 『ジョジョ』シリーズの通しで言えば64巻から80巻に当たる。 『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』の世界観 スタンド 出典: 傍らの側に立つことからこの名で呼ばれる。 第3部から登場するもので、分かりやすく言えば超能力が形をとったもの。 スタンド能力とも呼ばれており、スタンドを持つ者はスタンド使い、もしくは本体という。 スタンドにも能力の特性によってタイプがあり、通常スタンドが傷を負った時に本体も同じ場所にダメージを受けるが、自動操縦型は本体への影響がない。 しかし、スタンドに何が起きているのか本体に把握できない上、大ざっぱな動きしかできないといった弱点がある。 他にも近距離パワー型、遠隔操作型のように得意とする距離が違う。 近くに本体がいないのに精密な動きをすれば遠隔操作型と言うことになり、少し離れた所に本体がいるとして作戦の立て直しができる上、スタンドを攻撃すれば本体にもダメージを与えられる。 能力は一人につき一つ、もしくは一組だがスタンドの特性によっては成長、進化を遂げ、異なる能力を使い分けることもできる。 一般人にはスタンドは見ることも触れることも出来ない。 能力の発動には生まれつき、もしくはスタンド能力を引き出す矢尻により傷を負う(第4部登場。 適正がないと死ぬ)、血縁、特殊技能をスタンド能力にまで開花させるなど複数の条件が挙げられる。 天国へ行く方法 DIOが生前研究していた、幸福の理論。 プッチ神父に「天国へ行く方法があるかもしれない」と前置きをした上で、それがオカルティックかつ宗教的な意味ではなく、すべての人類に幸福をもたらすための理論であるとした。 この理論について書かれたメモがあったが、承太郎により焼却されていた。 承太郎の記憶のディスクを奪ったのはこのためである。 天国へ行く為の方法とは、「幸福とは、起こりうる運命をあらかじめ覚悟すること」との考えを示す。 承太郎の記憶のディスクからこれを読み取ったプッチ神父は時間を加速させて、一巡りした世界で一旦未来を経験させることで、何が起こるのかと言う覚悟を植え付けさせようとした。 どのような経験をし、どのような結果を進むのかを前もって覚悟させることこそが人々を幸福へ導くと信じ、プッチ神父は行動する。 徐倫や承太郎の殺害を図ったのは、ジョースター家の因縁を新たに生まれる世界へ持ち込ませない為。 この天国が発動する為の条件は「無欲な人間」、「罪人の魂36人分」、「14の言葉」、「ザ・ワールドとそれを捨てる為の勇気」、「最も重力の弱い場所」、「新月」であった。 プッチ神父は「新月を待て」という指定に従おうとしたが、ここで言う新月とは、新月の現れる時や日にちのことではなく、新月のもたらす重力のことである。 【14の言葉】 DIOが「私を忘れないように」とスタンドに刻んだもの。 らせん階段、カブトムシ、廃墟の町、イチジクのタルト、カブトムシ、ドロローサへの道、カブトムシ、特異点、ジョット、天使、紫陽花、カブトムシ、特異点、秘密の皇帝。 『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』のあらすじ・ストーリー 2011年。 多忙な父の事情を知らず、愛情を受けていないと感じて育った少女、空条徐倫は恋人とドライブ中にわき見運転事故を起こしてしまう。 これにより州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所に収監される。 父からの差し入れは奇妙なペンダントのみであり、徐倫はそのペンダントをたまたま同じ護送車に乗っていたエルメェスに渡す。 実は徐倫がこの刑務所に入れられたこと、事故自体が仕組まれた罠だった。 差し入れのペンダントはスタンド能力を目覚めさせる矢を加工した物で、徐倫の身を守るために送られたものである。 徐倫は、かつて父、空条承太郎が吸血鬼にしてスタンド使い、邪悪なカリスマを持ったDIOという強敵と戦ったことも、家族を巻き込まない為に何も語らなかったことも知らなかった。 面会に訪れた父からすべての事情を聞き、一旦は脱獄を試みるが謎のスタンドにより承太郎のスタンド、そして記憶がディスクとして盗まれてしまう。 徐倫は父だけをジョースター家と縁深いスピードワゴン財団に送り、自分は刑務所に戻る。 父のスタンドと記憶を取り戻し、本当の敵を探る為だった。 徐倫と同じくペンダントで傷を負いスタンド使いとなったエルメェス、初めは刺客として送り込まれたフー・ファイターズ、徐倫を妻にすると心に決めたナルシソ・アナスイ、記憶を失ったウェザー・リポート、刑務所内でひっそりと暮らす少年エンポリオ・アルニーニョらと共に、刑務所内で敵スタンド使いと戦う。 敵の正体は、DIOの親友だという刑務所の神父、エンリコ・プッチだった。 生前のDIOから「天国へ行く方法があるかもしれない」と聞いていた彼は、承太郎の記憶から天国へ行く為の方法(生前DIOがメモとして残していたもの。 承太郎が燃やした。 この時内容を見ている)を知り、条件の一つである「重力の影響を受けにくい場所」ケープ・カナベラルの宇宙船発射場へと向かう。 徐倫たちは刑務所を出たプッチ神父を止める為に脱獄する。 脱獄後の刺客は、DIOが自分の協力者にする為に作り出した息子たちだった。 彼らは皆人生に絶望しており、そこをプッチ神父に救われたこともあってプッチ神父に協力していた。 この戦闘でウェザー・リポートの記憶と能力が完全に戻りプッチ神父を追い詰めるが、ウェザー・リポートだけが死に神父はケープ・カナベラルへと行ってしまう。 天国へ行くには、新月(天国の時)に、「北緯28度24分、西径80度36分」の場所で、スタンドが天国へと導く為のスタンドを生み出すとDIOの遺したメモにあった為である。 ここで神父は、DIOの骨から生まれた緑色の赤ん坊と融合、自分のスタンドを進化させる。 また、ケープ・カナベラルの宇宙船発射場にあった展示用のシャトルに乗り込むことで天国の時が訪れた。 これにより、最終進化形態のメイド・イン・ヘブンが発動し、時間が加速する。 最後の戦いでエンポリオを除く全員が死亡。 エンポリオは、徐倫により最後の希望として逃がされる。 プッチ神父の言う「天国」とは、時の加速によって世界を一旦終わらせ、新たに誕生した「一巡りした世界」を実現させることに関係していた。 避けられない運命を事前に予知することで覚悟が生まれる、それこそが絶望を吹き飛ばす真の幸福であり天国だとした。 一巡り後の世界では全人類が自分の身に起こる運命をいくらか予知できるようになっていた。 加速した時の中で未来を一度体験し、経験したことを精神が覚えているためだとプッチ神父は言う。 加速は一度止まり、グリーン・ドルフィン刑務所内でエンポリオと神父の最後の戦いが始まる。 それは、プッチ神父の敵であり、プッチ神父の支配を逃れられる運命を持つことになったエンポリオを始末する為だった。 エンポリオはプッチ神父に追い詰められるが、「運命が決まっているならお前に変えてもらうことにした」と言い、敢えてラッシュを受け、持っていたウェザー・リポートのスタンドディスクをプッチ神父の手で押し込ませた。 スタンドは暴走し、猛毒の純酸素が密室空間に集められ酸素中毒に陥ったプッチ神父は身動きが取れない状態の中ウェザー・リポートのラッシュを受けることになった。 時が加速せず一巡りすることもなくなった世界は、今までの物とは少しだけ違うパラレルワールドとして存続。 道をさまようエンポリオは、徐倫たちに似た人物と出会う。 徐倫に似た女性から名を聞かれたエンポリオは涙ながらに名を名乗り、降り出した雨の中車に乗せられる。 ウェザー・リポートと思われる人物の後ろ姿が一瞬映り、物語は終結する。 出典: 【破壊力】A 【スピード】B 【射程距離】1~2m 【持続力】A 【精密動作性】C 【成長性】A アクセサリーとして加工された矢により発動したスタンド。 能力は本体及びスタンドの体を糸状にして操ること。 単に物を引っ張ったり絡め取る以外にも、網のようにして防御にも使える上、傷口を縫い合わせたり、糸電話の要領で遠くの会話を聞きとることもできる。 使用法は多岐に渡るが、本体の体をほどいているのであり、あまりに多くほつれさせると命の危険すらある。 当初は本体及びスタンドのみを糸にしていたが、他者や触れた者を糸状にできるように成長を遂げた。 人型のビジョンでラッシュを食らわせることもできる。 その威力は隕石を超高速でたたき込むかのようなものだという。 人型の時は高い破壊力を持ち、糸状の時は遠距離での戦闘が可能な、バランスの取れたスタンド能力と言える。 出典: 19歳。 空条承太郎の娘で、『ジョジョ』シリーズで初となる女性主人公である。 多忙な父、承太郎の愛に飢えており、ティーン時代のほとんどを不良少女として過ごしてきた。 車を盗んだことさえあったが、迎えに現れたのは母のみだった。 恋人とのドライブ中、恋人との会話で脇見運転を招いて人をはねさせてしまう。 恋人に裏切られ罪を着せられた形になるが、実は事故自体がプッチ神父の仕掛けた罠だった。 初期は母を恋しがる描写もあったが、グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所(G. st刑務所)内での生活やスタンド戦でたくましく成長していく。 基本的には明るいが、少々下品な所もある。 しかし戦闘に際しては冷静沈着な面も見せる。 初めは父を嫌ってあんた呼ばわりしていたが、次第に父さんと呼ぶようになる。 承太郎のスタンドと記憶が盗まれる前に、父の愛情と真意を知るのだった。 首筋にはジョースター家の血統を表す星型の痣がある。 エンポリオを最後の希望としてすべてを託し、プッチ神父に挑むが倒されてしまう。 死にぎわにかつて車を盗んでしまったと誰にともなくつぶやき、「何であんなことしちゃったんだろう」と独り言をいった。 口癖は「やれやれだわ」。 ラッシュ時は父の承太郎と同じく「オラオラオラオラ!」と掛け声を発する。 また初登場時に刑務所内にいたなど、父との共通点が多い。 プッチ神父を倒した後の世界ではアイリンと言う名前になっており、不良少女でもなく恋人のアナキス、並びに父との関係もうまくいっているらしい。 一巡りする前の世界の因縁はほぼ消えているが、星型の痣は残ったままだった。 仲間だったエンポリオのことは覚えていない(と言うか知らない)が、雨が降る中子供一人を放っておけず、自分が来ていた上着を着せ、車に乗るよう促した。

次の