こき つかう。 こころ旅ブログ:NHK

こころ旅ブログ:NHK

こき つかう

ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック 「ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック」は、 2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」をご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック・ベーシックパック・ウルトラデータパック・ケータイパック間の変更およびお申込みが可能です。 ご家族でご利用の方、パケットを多くご利用になる方向けの、パケット通信が定額でご利用いただけるサービスです。 基本プランのカケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプランまたはデータプランと組み合わせてご利用になれます。 お申込み: 必要• 「」プラチナステージの場合の割引金額です。 お客さまのdポイントクラブステージに応じて料金が割引されます。 dポイントクラブ非会員のお客さま(法人のお客さまも含む)は、ご契約されているパケットパックと継続利用期間に応じて、料金割引を適用します。 シェアオプションについて シェアパックのパケットを家族とわけあう場合は、子回線の方がシェアオプションにご加入いただくことでパケットをわけあえます。 シェアオプションの詳細については「」をご確認ください。 (税抜) シェアオプション月額定額料 (子回線の方、1回線あたり) 500円 関連オプションサービス• 使えるデータ量を1GB1,000円ずつ追加• 1GB単位で翌月末までくりこせる• シェアグループ内の回線で均等にご負担してお支払い• ご利用のデータ量がドコモが指定したデータ量に近づくと、メールで知らせてくれる• ステップとはデータ量に応じて変動するベーシックシェアパック定額料の各段階の総称です。 ステップ1(〜5GB):6,500円、ステップ2(〜10GB):9,000円、ステップ3(〜15GB):12,000円、ステップ4(〜30GB):15,000円) おトクにご利用いただける割引・サービス ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント dポイントクラブのステージに応じて、「料金割引」、もしくは「dポイント」を進呈します。 さらに、2年ごとに定期契約を更新いただくことで、「更新ありがとうポイント」も獲得できます! 料金シミュレーション 機種変更やプラン変更の際の月々のお支払い額をシミュレーションできます。 ご注意事項• シェアグループは同一ファミリー割引グループ内の回線で設定可能であり、シェアグループの上限回線数はファミリー割引の上限である20回線となります。 参加できるシェアグループは1回線につき1グループとなります。 同一ファミリー割引グループ内で複数のシェアグループの設定も可能です。 パケットパック定額料はシェアグループ代表回線へ課金されます。 シェアグループ子回線には課金されません。 シェアグループを作成またはシェアグループに参加する場合は、シェアグループの廃止などによる通信料の高額請求抑止のため、シェアグループの代表回線・子回線問わず、各回線にベーシックパックが自動契約されます(シェアグループを作成またはシェアグループに参加前にデータS/M/Lパック、ウルトラデータL/LLパック、らくらくパックのいずれかを契約中の場合は、そのまま引き継がれます)。 ただし、シェアグループ参加中は、回線ごとのパケットパック(シェアパック除く)の料金は課金されません。 シェアグループの全廃止や個別廃止などの場合は、回線ごとに契約中のパケットパック(シェアパック除く)が自動適用および自動課金されます。 そのとき、1GB未満の端数については、くりこしの対象外となります。 (各種キャンペーンなどで適用されるボーナスパケットは「パケットくりこし」の対象外です。 ご契約されているパケットパックとdポイントクラブのステージに応じて、料金割引かdポイント進呈のどちらかを適用します。 dポイント進呈は、「ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)選択オプション」のお申込みが必要です。 dポイントクラブ非会員のお客さまは、ご契約されているパケットパックと継続利用期間に応じて、料金割引を適用します。 シェアパックの場合、シェアグループ代表回線のdポイントクラブのステージもしくは継続利用期間に応じて自動適用されます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 国際ローミング中のデータ通信、「SMS」、デジタル通信(テレビ電話・64Kデータ通信)などはベーシックシェアパック料金の対象外です。 パケットパック契約者およびシェアグループ加入者が「海外1dayパケ」および「海外パケ・ホーダイ」適用対象国・地域の通信事業者を利用した場合はそれぞれの料金が利用した回線に課金されます。 新規契約と同時にパケットパックを申込んだ場合、定額料は日割りされます。 新規契約と同時の申込み以外は日割りされません。 新規契約と同月内に月途中でパケットパックを変更した場合は、日割りされず、二重課金となります。 現状のFOMA/Xiパケット定額サービス契約回線が基本プランへの変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、またはFOMAパケット定額サービス契約回線がXiへの契約変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、「お申込み後からの適用」となります。 この場合、初回変更時に限りパケットパックでの利用データ量のみ当月の利用データ量として計算され、当月のFOMA/Xiパケット定額サービスの定額料はかかりません。 初回変更時以外は二重課金となります。 パケットパック間の変更は、原則「翌月からの適用」となります。 その場合利用可能データ量および利用データ量は引き継がれます。 当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さま(FOMA:約300万パケット以上)は、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。 (Xi契約でFOMA端末をご利用された通信も対象となります。 )なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。 一部のFOMA機種は128kbps通信に対応していないため、利用可能データ量を超過後、当月末までパケット通信ができなくなります。 (送受信最大128kbps通信となりません。 対象機種は提供条件書をご確認ください。 ) 詳細情報• ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

「こき使う」の「こき」って?

こき つかう

買い換えで古くなったとはいえ、WZR-900DHPは壊れているわけでありません。 捨てるのもしのびないので、中継器として有効利用できないか調べてみました。 中継器機能と設定方法の調べ方 Buffaloのサイトをみると、WZR-900DHPは中継器として利用できることが分かりました。 具体的な設定方法は、以下のサイトが参考になります。 古いWi-Fiルーターを中継器にする良い点・いまいちだった点 設定は無事に終わり、Wi-Fiルーターから離れた部屋でもしっかりとオウギのWi-Fiマークがたつようになりました。 ここで、メリットとデメリットを総括してみたいと思います。 良かった点• 飛ばせる電波エリアを拡げられるので、 受信状況の改善が期待できます。 新しいWi-Fiルーター(WSR-1166DHP2)にUSB端子がなくても、古いWi-Fiルーター(WZR-900DHP)側にあれば、 ネットワークHDD(NAS)も利用できるようにもなります。 いまいちだった点• 新しいルーター(WSR-1166DHP2)は5GHz帯の電波を最大866Mbpsで飛ばせますが、古いルーターー(WZR-900DHP)は最大450Mbpsでしか中継できません。 対応していないWi-Fi規格は中継できません(今回の場合は「11ac」)。 実際に使ってみた印象 良い点といまいちな点をてんびんにかけて、最適な結果が得られそうなら、設定してみる価値はあります。 私が使っているiMac 2012年モデルは11acに対応していません。 次世代高速Wi-Fi規格 の恩恵は、そもそもない。 そのかわり、最大450Mbpsの電波が途切れず、安定させることができました。 結果的に、作業効率が上がったので 満足です。 2020年6月25日• 2020年6月24日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月23日• 2020年6月21日• 2020年6月14日• 2020年6月14日• 2020年6月13日• 2020年5月29日 直近の人気記事• 90件のビュー カテゴリ:• 60件のビュー カテゴリ:• 40件のビュー カテゴリ:• 30件のビュー カテゴリ:• 10件のビュー カテゴリ: オールタイムランキング• 167,680件のビュー カテゴリ:• 122,816件のビュー カテゴリ:• 122,560件のビュー カテゴリ:• 78,720件のビュー カテゴリ:• 72,362件のビュー カテゴリ: コラム• 2020年6月23日• 2020年5月12日• 2020年5月6日 カテゴリー• 313• 602• 337•

次の

デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係

こき つかう

書類の添え状などを作成していて、「宛先に相手の会社名や名前をいちいちコピペするのが面倒」と思ったことはありませんか? Wordの「差し込み印刷」機能を使えば、あらかじめ作成しておいたExcelデータを元に複数の宛先を効率的に入力できます。 つまり、「差し込み印刷」とは、文書の中に別のファイルのデータを「差し込み」、その形で印刷できる機能。 宛名のデータをExcelに入力しておき、Wordの添え状の文書に「差し込み印刷」することができるのです。 ではその方法をご紹介します。 0」を使用しています 1・Excelで元となる宛先データを作る Wordで差し込み印刷を行うには、まず元となるExcelデータを作りましょう。 会社の書類には、「会社名」「部署名」「担当者名」といった分類項目があると便利です。 この項目に分けてExcelで表を作成すると、後でWordへの反映作業がしやすくなります。 この表のデータが、そのままWordに反映されます。 自分にとってわかりやすい名称でデータを分類しましょう。 2・Wordの宛先にExcelデータを反映させる 続いてWord文書にExcelデータを反映させていきます。 「差し込み文書」タブを開きます まず、Wordの「差し込み文書」タブを開きます。 そして、画面上部にある「宛先の選択」をクリックし、「既存のリストを使用」を選択しましょう。 データファイルの選択画面が表示されるので、先程作ったExcelデータを開きます。 続いてデータが記載されているシートを選択し、OKをクリック。 ここではシートは1枚しかありませんが、複数枚シートを作成している場合は、自分が使いたいデータが何枚目のシートにあるか確認しておきましょう。 「差し込みフィールドの挿入」をクリック シートの選択が済んだら、Word画面上部にある「差し込みフィールドの挿入」をクリックしましょう。 ここで「会社名」「部署名」「担当者名」という項目が出てきましたね。 これが、最初に作ったExcelデータの分類項目です。 この項目を上から順にクリックしていくと……。 このように表示されました! いま「会社名」「部署名」「担当者名」と書かれている箇所にExcelの宛先データが反映されていくことが、なんとなくわかってきたと思います。 「結果のプレビュー」をクリック 次に、画面右上の「結果のプレビュー」を選択し、三角のアイコンをクリックしていくと、Excelデータの宛先が上から順に反映されていきます。 このように、Excelのデータを複数のWord文書に、いちいち入力することなく「差し込み」が完了しました。 「Excelで宛先データを作るだけで本当にWordに反映できるの?」と疑心暗鬼だった人もいるでしょう。 きちんと手順を踏めば、Excelデータを簡単にWordに差し込めるんです! 今回は添え状を例に説明しましたが、差し込み印刷はラベル作りや年賀状の宛名書きにも活用できます! 「そろそろ年賀状を作らないとな~」と思っている人は、ぜひ活用してください! 関連記事 ・ ・ ・.

次の