ミスド コロナ。 ミスタードーナツの引換カードの有効期限がさらに延長に!

現役ミスド店員が教える!ミスタードーナツの人気ドーナツTOP10

ミスド コロナ

2009年に就任した山村社長が昨年5月から始めた「ミスドファンミーティング」には、「われこそはミスドファン」を自認する長年のヘビーユーザーばかりが集う。 しかし「来られているミスタードーナツが大好きなお客さんの半分ぐらいが、ドーナツは店舗で作ってない、手作りじゃないと思っておられた」(山村社長)という衝撃の事実が判明。 ミスドは国内に1316店(2015年3月末現在)あり、内装デザインは基本的に統一されている。 しかし今後は、半分程度を場所ごとにあった作りに変えるという。 単価は高いがゆったりとくつろげるカフェタイプのほか、駅ナカでは持ち帰り専門店なども構想しており、こうした店舗改装と「手作りドーナツ」の訴求で、早期に外食部門の黒字化を目指す。 清掃用具もジリ貧、だが対応は後手に 昨年は、モップについたホコリを吸い取る掃除機がヒット。 当初は製造コストがかさむが、将来的にはレンタル事業の収益安定に貢献 一方、主力の清掃用具のレンタルはどうテコ入れするのか。 1軒1軒訪問して、4週間お試し料金で商品を使ってもらい、良ければ契約するというのがダスキンのスタイル。 法人向け、個人向け双方とも高度成長期を謳歌した。 いまも熊本県の天草市では全世帯の5割が利用者であるなど、地方ではまだまだ盤石だ。 だがこの訪問販売モデルは、核家族化や女性の社会進出などの社会構造の変化を受け、壁にぶつかるようになった。 たとえばだがタワーマンションなど、都心部ではセキュリティが年々強くなり、訪問しても商品の交換がしづらくなっている。 専業主婦と子ども、祖父母まで同じ家にいるような家族も減った。 社員に危機感はあるものの、過去の成功体験からなかなか脱却できない。 ダスキンは原則、フランチャイズチェーン(FC)モデルで事業を拡大しているため、現場の最前線が加盟店であることも、改革を先送りする方向に作用していた。

次の

新型コロナウイルス、パン屋やスーパーの食品“裸売り”で感染の危険…食前に加熱必須

ミスド コロナ

2009年に就任した山村社長が昨年5月から始めた「ミスドファンミーティング」には、「われこそはミスドファン」を自認する長年のヘビーユーザーばかりが集う。 しかし「来られているミスタードーナツが大好きなお客さんの半分ぐらいが、ドーナツは店舗で作ってない、手作りじゃないと思っておられた」(山村社長)という衝撃の事実が判明。 ミスドは国内に1316店(2015年3月末現在)あり、内装デザインは基本的に統一されている。 しかし今後は、半分程度を場所ごとにあった作りに変えるという。 単価は高いがゆったりとくつろげるカフェタイプのほか、駅ナカでは持ち帰り専門店なども構想しており、こうした店舗改装と「手作りドーナツ」の訴求で、早期に外食部門の黒字化を目指す。 清掃用具もジリ貧、だが対応は後手に 昨年は、モップについたホコリを吸い取る掃除機がヒット。 当初は製造コストがかさむが、将来的にはレンタル事業の収益安定に貢献 一方、主力の清掃用具のレンタルはどうテコ入れするのか。 1軒1軒訪問して、4週間お試し料金で商品を使ってもらい、良ければ契約するというのがダスキンのスタイル。 法人向け、個人向け双方とも高度成長期を謳歌した。 いまも熊本県の天草市では全世帯の5割が利用者であるなど、地方ではまだまだ盤石だ。 だがこの訪問販売モデルは、核家族化や女性の社会進出などの社会構造の変化を受け、壁にぶつかるようになった。 たとえばだがタワーマンションなど、都心部ではセキュリティが年々強くなり、訪問しても商品の交換がしづらくなっている。 専業主婦と子ども、祖父母まで同じ家にいるような家族も減った。 社員に危機感はあるものの、過去の成功体験からなかなか脱却できない。 ダスキンは原則、フランチャイズチェーン(FC)モデルで事業を拡大しているため、現場の最前線が加盟店であることも、改革を先送りする方向に作用していた。

次の

新型コロナウイルス、パン屋やスーパーの食品“裸売り”で感染の危険…食前に加熱必須

ミスド コロナ

丸大ハムがプリンのスイーツを、逆にスイーツのミスタードーナツがピザで食品を手掛けることになった。 丸大ハムは「神戸プリン」などを手掛けるトークラ(神戸市)を買収、プリン事業に乗り出す。 もちろん丸大ハムはハムやソーセージのメーカー。 「1990年前後にピザやデザート、ヨーグルト製品も扱ってメニューの多角化を図ってはいたが、今回のプリン買収では本格的な事業の柱の1つに据える考えのようです。 トークラは油脂大手の不二製油グループ企業ですが、本業以外を育てたい丸大ハムと、基幹事業に特化したい不二製油との間で思惑が一致した形です」(経済ジャーナリスト) 丸大ハムとしては、販売競争の激化や物流や原料価格といった様々な価格の上昇、ハム・ソーセージでは今後の成長性も見込めないため、人気で成長性のあるスイーツに生き残りをかけたいようだ。 ミスタードーナツの場合は正確に言えば、ダスキンがピザ事業を取り込む形だ。 ミスタードーナツはダスキングループ企業で、グループ全体の売り上げの20%を占める。 そのダスキンが「ナポリの窯」などを展開するいちごHD(仙台市)の宅配ピザ部門を買収した。 「2016年にダスキンはいちごHDと業務提携して、もともとドーナツ店舗でのピザの販売を手掛けていました。 ダスキンは2021年3月期決算ではコロナの影響などで赤字に落ち込む見通しで、ポスト・コロナの新しい生活様式に見合ったピザの宅配を本格的に取り込んだ形になります」(同前) もともと内需が細る中でコロナの影響をモロに受けた外食・フード業界では、今後、各社生き残りをかけてこういった動きが多発することだろう。 (猫間滋).

次の