避難勧告 避難指示 気象庁。 避難勧告と避難指示の違い・強制力・基準|避難命令/警戒区域

避難情報(広島県)

避難勧告 避難指示 気象庁

避難経験者を対象に、事前にこれを準備しておけばよかったと思うものについてアンケートをとりました。 その結果、上位3つは、1位が飲料水、2位が懐中電灯、3位が非常食になりました。 避難所へとたどり着いても、非常事態に陥ったときにはインフラが機能していないことも考えられます。 必要最低限の命をつなぐための飲み水、食料、そして何より精神的に安心できる灯りがあると心強いと経験者は語っています。 さらに、貴重品は必要最低限で良いと思われますが、避難生活が長引いたり、長期間自宅へ戻ることが制限される可能性もあります。 そのため、多少の現金、通帳、印鑑、保険証などはすぐに持ち出せるように日ごろから意識しておいてください。 「避難勧告」ってなに?発令されたらどうするべき? 警戒レベルって何? 段階ごとにわかりやすく解説 警戒レベルという言葉はご存知でしょうか。 警戒レベルとは、災害発生の危険度と、とるべき避難行動を、住民が直感的に理解するための情報です。 ここからは、5段階に区分された警戒レベルごとに、危険度ととるべき行動を解説していきます。 警戒レベルを用いて避難情報を伝えるとどうなる? 警戒レベルを用いて避難情報を伝えることで、直感的に災害状況を理解し、とるべき避難行動を判断することができます。 これまで、住民を災害から守るよう各市町村で避難情報を発信してきました。 にもかかわらず、避難が遅れたことにより命を落としたり、行方不明になるなどの人的被害が発生しています。 情報を発信しても、住民がその危険度を感じて、実際に避難行動をとらなければ被害は防げません。 そこで、避難情報を5段階にレベル分けして、直感的に状況を判断してもらえるようにしたのです。 警戒レベル1:災害への心構えを高める 災害が発生する可能性がありうるので、心構えをしておきましょう。 警戒レベル1では気象庁が「早期注意情報」を発表します。 災害発生の可能性はまだ低いですが、最新の気象情報などに注意しておきましょう。 警戒レベル2:避難行動の確認 避難する場合に備えて、避難行動を確認しましょう。 警戒レベル2では気象庁が「大雨注意報」や「洪水注意報」を発表します。 災害発生に注意しておかなければいけない段階です。 避難することになるかもしれないという意識をもって、避難場所や避難経路、避難のタイミングなどを再確認しておきましょう。 警戒レベル3:高齢者等は避難 市町村から警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令された段階です。 高齢者や障がいをもった方など、避難をするのに時間を要する人はこの段階で避難をしましょう。 また、土砂災害や河川氾濫の恐れがある区域に住んでいる人も、この段階で避難することを勧めています。 警戒レベル4:全員安全な場所へ避難 避難対象地域の人は全員、安全な場所へ避難しましょう。 警戒レベル4は、「避難指示」「避難勧告」が発令された段階です。 地域の避難情報を確認し、避難場所、あるいは、避難することが危険な状態であれば自宅や近くの建物など、より安全だと考えられる場所に待機してください。 警戒レベル5:命を守るための最善の行動を! 命を守るためにできる最善の行動をとってください。 警戒レベル5はすでに災害が発生している状況です。 避難場所へ向かうことは難しい段階にあると考えられるので、おかれている状況を確認し、できる限りの行動で身を守ってください。 家族を守るために、「避難」についてを理解しよう.

次の

「避難勧告」「避難指示」「避難命令」のレベルの違い!強制力が一番上なのはどれ?

避難勧告 避難指示 気象庁

避難経験者を対象に、事前にこれを準備しておけばよかったと思うものについてアンケートをとりました。 その結果、上位3つは、1位が飲料水、2位が懐中電灯、3位が非常食になりました。 避難所へとたどり着いても、非常事態に陥ったときにはインフラが機能していないことも考えられます。 必要最低限の命をつなぐための飲み水、食料、そして何より精神的に安心できる灯りがあると心強いと経験者は語っています。 さらに、貴重品は必要最低限で良いと思われますが、避難生活が長引いたり、長期間自宅へ戻ることが制限される可能性もあります。 そのため、多少の現金、通帳、印鑑、保険証などはすぐに持ち出せるように日ごろから意識しておいてください。 「避難勧告」ってなに?発令されたらどうするべき? 警戒レベルって何? 段階ごとにわかりやすく解説 警戒レベルという言葉はご存知でしょうか。 警戒レベルとは、災害発生の危険度と、とるべき避難行動を、住民が直感的に理解するための情報です。 ここからは、5段階に区分された警戒レベルごとに、危険度ととるべき行動を解説していきます。 警戒レベルを用いて避難情報を伝えるとどうなる? 警戒レベルを用いて避難情報を伝えることで、直感的に災害状況を理解し、とるべき避難行動を判断することができます。 これまで、住民を災害から守るよう各市町村で避難情報を発信してきました。 にもかかわらず、避難が遅れたことにより命を落としたり、行方不明になるなどの人的被害が発生しています。 情報を発信しても、住民がその危険度を感じて、実際に避難行動をとらなければ被害は防げません。 そこで、避難情報を5段階にレベル分けして、直感的に状況を判断してもらえるようにしたのです。 警戒レベル1:災害への心構えを高める 災害が発生する可能性がありうるので、心構えをしておきましょう。 警戒レベル1では気象庁が「早期注意情報」を発表します。 災害発生の可能性はまだ低いですが、最新の気象情報などに注意しておきましょう。 警戒レベル2:避難行動の確認 避難する場合に備えて、避難行動を確認しましょう。 警戒レベル2では気象庁が「大雨注意報」や「洪水注意報」を発表します。 災害発生に注意しておかなければいけない段階です。 避難することになるかもしれないという意識をもって、避難場所や避難経路、避難のタイミングなどを再確認しておきましょう。 警戒レベル3:高齢者等は避難 市町村から警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令された段階です。 高齢者や障がいをもった方など、避難をするのに時間を要する人はこの段階で避難をしましょう。 また、土砂災害や河川氾濫の恐れがある区域に住んでいる人も、この段階で避難することを勧めています。 警戒レベル4:全員安全な場所へ避難 避難対象地域の人は全員、安全な場所へ避難しましょう。 警戒レベル4は、「避難指示」「避難勧告」が発令された段階です。 地域の避難情報を確認し、避難場所、あるいは、避難することが危険な状態であれば自宅や近くの建物など、より安全だと考えられる場所に待機してください。 警戒レベル5:命を守るための最善の行動を! 命を守るためにできる最善の行動をとってください。 警戒レベル5はすでに災害が発生している状況です。 避難場所へ向かうことは難しい段階にあると考えられるので、おかれている状況を確認し、できる限りの行動で身を守ってください。 家族を守るために、「避難」についてを理解しよう.

次の

「避難指示」と「避難勧告」の違い|避難準備のレベルや段階とは

避難勧告 避難指示 気象庁

「避難勧告等に関するガイドライン」(内閣府(防災担当))が平成31年3月に改定され、住民は「 自らの命は自らが守る」意識を持ち、 自らの判断で避難行動をとるとの方針が示され、この方針に沿って自治体や気象庁等から発表される防災情報を用いて住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されることとなりました。 自治体から避難勧告(警戒レベル4)や避難準備・高齢者等避難開始(警戒レベル3)等が発令された際には速やかに避難行動をとってください。 一方で、多くの場合、防災気象情報は自治体が発令する避難勧告等よりも先に発表されます。 このため、避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難勧告等が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて 自ら避難の判断をしてください。 避難にあたっては、あらかじめ指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた、近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど、 自らの判断でその時点で最善の安全確保行動をとることが重要です。 防災気象情報をもとにとるべき行動と、相当する警戒レベルについて 情報 とるべき行動 警戒レベル• 災害がすでに発生していることを示す警戒レベル5に相当します。 何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況となっています。 命を守るための最善の行動をとってください。 警戒レベル5相当• 「非常に危険」(うす紫)• 避難が必要とされる警戒レベル4に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難勧告の発令に留意するとともに、 避難勧告が発令されていなくても危険度分布や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル4相当• 「警戒」(赤)• (警報に切り替える可能性が高い旨に言及されているもの) 地元の自治体が避難準備・高齢者等避難開始を発令する目安となる情報です。 高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。 災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難準備・高齢者等避難開始の発令に留意するとともに、 危険度分布や河川の水位情報等を用いて高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。 警戒レベル3相当• 「注意」(黄)• 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2に相当します。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 警戒レベル2相当• (警報に切り替える可能性に言及されていないもの) 避難行動の確認が必要とされる警戒レベル2です。 ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。 警戒レベル2• 注:大雨に関して、明日までの期間に[高]又は[中]が予想されている場合 災害への心構えを高める必要があることを示す警戒レベル1です。 最新の防災気象情報等に留意するなど、災害への心構えを高めてください。

次の