キッズ フォン。 ソフトバンクのキッズ携帯『キッズフォン2(2020年1月発売)』料金と機能&特長

【ソフトバンク】「キッズフォン2」を正直レビュー|「位置情報&カメラ」でシンプルで安心な一台

キッズ フォン

単純にですが、 キッズフォンのほうができる機能としては多いです。 とはいえ、みまもりケータイ4にも基本的な防犯機能は搭載されてるので問題はないと言えますね。 では、一つ一つ詳しくお話していきますね。 どちらも防犯機能としての差はない キッズ携帯を子供に持たせるのであれば、やはり防犯機能は重要になってくると思います。 その点は、 キッズフォンとみまもりケータイ4どちらを契約したとしても差はありません。 ・GPSを使った位置情報の確認 ・防犯ブザーの搭載 キッズ携帯での2大防犯機能はぞれぞれの端末で利用ができます。 もちろん、電話での通話をはじめ番号を使ったSMSのショートメールもキッズフォン、みまもりケータイ4の各機種で可能になっています。 なので、 親として子供に持たせることで安心できる機能はどちらの機種を選らんでも満足できると考えて大丈夫でしょう。 これは子どもの視点からするとかなり嬉しいポイントのようです。 反対に、 みまもりケータイ4はタッチパネルには非対応。 単純なボタン操作のみとなっていますが、それはそれで小さなお子さんにとっては使いやすいと感じるケースもあるでしょう。 どの年代のお子さんにキッズ携帯を持たせるのかで、このあたりを重要視するかは変わってくるでしょう。 うちのような小学生低学年だとタッチパネルは必ずしも必要じゃないです。 キッズフォンにはカメラ機能もあって子供としては、喜ばしいかもしれませんね。 しかし、性能が異なるため当然ですがキッズフォンとみまもりケータイ4では端末代が大きく差があります。 端末代は分割購入する人が多いでしょうから、月々の携帯代に影響を与えますのでしっかり違いを把握しておきましょう。 キッズフォンの端末代が18,720円と高額なのに対して、みまもりケータイ4は6,720円とおおよそ半額です。 親としてここの差は見過ごすわけにはいかないでしょうね。 分割購入すれば月々わずか280円でみまもりケータイ4は子供に持たせることができますので、毎月の維持費の負担もそれだけ減ります。 安いとはいえ、キッズ携帯としての役割は十分に果たしてくれますからね。 端末代以外に必要な料金は一緒 あくまでも 料金面での違いは、本体端末代の差だけです。 他の基本料金だったり、GPS機能を利用するための 「位置ナビ」の利用料金だったりに違いはありません。 キッズフォンとみまもりケータイ4の端末代が異なるため、月々の携帯代の差ができるだけととらえましょう。 もちろんキッズ向け携帯と言ってもいわゆる2年縛りというものがあり、中途の解約などをした場合は契約解除料9500円がかかります。 更新月に解約しなかった場合の、違約金発生などにも違いはありません。 【注意!】キッズフォンとみまもりケータイ4の契約面での違い 基本的には同じキャリアのキッズ携帯を契約するのがセオリーです。 今回でいえば、ソフトバンクを利用している親が子供にキッズフォンかみまもりケータイ4の契約を検討するはず。 しかし、ご家庭でもしソフトバンクを契約していない場合に子供だけでキッズ携帯を単独契約を検討する人もいるかと思います。 なんですが、 ソフトバンクのキッズ携帯の単独契約には注意が必要です。 しかし みまもりケータイ4は同じソフトバンク同士での契約が基本で、単独契約はできないことになっています。 少数派だとは思いますが、ソフトバンクのキッズ携帯を単独契約したいと考えている人はキッズフォンのみの選択肢しかないことを理解しておきましょう。 では、もしみまもりケータイ4を契約した途中で「親がソフトバンクから他社へ移動したらどうなるのか?」少し疑問に思いますよね。 親がソフトバンクから途中で他社へ乗り換える場合は? 親御さんのキャリアと同じキャリアでの契約が多いかと思いますが、例えば親御さんが携帯を乗り換えた場合、そのまま単独で契約を継続させることはできるのでしょうか。 結論を言いますと、 どちらも継続は可能となっています。

次の

キッズフォン

キッズ フォン

キッズフォン2 オンラインマニュアル 項目選択や画面移動など、基本的な操作について説明しています。 画面の見かたについて説明しています。 着信や通知を音を鳴らさずに振動でお知らせするマナーモードや、音を鳴らさず振動もしないサイレントモードについて説明しています。 基本的な文字入力方法や、絵文字/顔文字/記号の入力について説明しています。 電話帳発信やワンタッチ発信による電話のかけかたや、手動着信や自動着信による電話の受けかたなどについて説明しています。 メールの受信や送信について説明しています。 大音量のブザーで危険を知らせる、緊急ブザーについて説明しています。 指定した時間に、本機が設定した速度以上で移動した場合にメールで通知する、速度検知について説明しています。 指定した時間内に、登録したWi-Fiエリアに入ったとき/離れたときにメールで通知する、ただいま通知について説明しています。 本機のおおよその位置を検索する、位置ナビについて説明しています。 スマートフォンから本機の位置情報を確認できる、みまもりマップについて説明しています。 電話・メール設定など、管理者による設定について説明しています。 暗証番号の変更方法や、本機に保存したデータのバックアップ/復元について説明しています。 写真/動画を撮る方法について説明しています。

次の

キッズフォン:取扱説明書

キッズ フォン

子ども向けケータイ「キッズフォン」 キッズフォンは、約2. 8インチのタッチ操作対応ディスプレーを搭載。 文字入力や各種操作をタッチ操作にて行う。 メインカメラの画素数は約500万画素、サブカメラは約200万画素。 防水防塵はIPX5相当、電池容量は1200mAh、本体カラーはブルー、ピンク、イエロー。 連続通話および連続待受時間は測定中としている。 あらかじめ登録した家族の居場所を地図で確認できる「みまもりマップ」にも対応する。 保護者はスマートフォン、パソコン、携帯電話などから、すぐに子どもの居場所を確認できる。 みまもりマップの利用料金は無料だが、グループの管理者は月額500円の「スマートフォン基本パック」、「iPhone基本パック」、または月額200円の「位置ナビ」に加入が必要。 最新スマホを子ども向けに設定できる「ジュニアスマホ」 このほか、ソフトバンクでは最新のスマートフォンを簡単に子ども向けの設定にできる新サービス「ジュニアスマホ」を2月上旬以降に提供する。 月額料金は無料。 ジュニアスマホに申込すると、スマートフォンからキャリア決済の「ソフトバンクまとめて支払い」が利用できなくなるため、スマートフォンを使って有料コンテンツを簡単に購入できなくなる。 また、フィルタリングサービス「あんしんフィルター」により、子どもの年齢にあわせて設定した強度でフィルタリングをかけることができる。 ジュニアスマホの対応機種は、Xperia XZ1、AQUOS R compact、Xperia XZs、AQUOS R、AQUOS ea、DIGNO G、HTC U11。 対応機種は今後の拡大が予定されている。

次の