ブロリー 東方。 #3 東方血祭伝〜異変解決のプロと悪魔

ナイトメアブロリー

ブロリー 東方

同人サークル・上海アリス幻樂団のZUN氏が創り出す独特の世界観や個性豊かなキャラクター,BGMが多くのファンを魅了している 「東方Project」。 第1弾タイトルの 「東方靈異伝」が登場したのが1996年のことだが,2019年8月には第17弾タイトル 「東方鬼形獣」がコミックマーケット96で登場しており,その広がりは留まることを知らない。 第17弾「東方鬼形獣 〜 Wily Beast and Weakest Creature. 基本的に1年ごとに新作が登場していた「東方Project」が,2012年に新作が出なかったためにほかのゲームにのめり込み,結果,離れてしまうことになったのだ。 第13弾「東方神霊廟 〜 Ten Desires. 」より めちゃくちゃ遊んでいたゲームも,一度離れるとなかなか復帰は難しいもの。 実に7年ほど離れていたのだが,つい先日最新作がSteamで発売されたと聞き,久しぶりにとくに好きだった「東方妖々夢」「東方永夜抄」を遊んだのだが,これが今プレイし直してみても非常に面白い。 結局,最新作となる「東方鬼形獣」まで一気に買い揃え,ストーリーを追うべく,一通りオールクリアした次第だ。 第7弾「東方妖々夢 〜 Perfect Cherry Blossom. 」より 本記事では,筆者が再確認した「東方Project」の魅力を伝えるべく,今でも入手が容易で, Windowsで遊べる「東方紅魔郷」から「東方鬼形獣」までの弾幕シューティングゲームに絞った17タイトルを一挙に紹介してみたい。 なお,一部設定やキャラの性格などに対しては,筆者の主観が多いに入っていると思うが,解釈違いについてはご容赦いただきたい。 東方Projectと全体的な世界観について 各作品の紹介前に簡単であるが「東方Project」の概要と,共通する世界観について解説しておこう。 今回紹介する「東方Project」作品は,すべて ZUN氏が上海アリス幻樂団の名義で製作する弾幕シューティングゲームだが,「東方Project」自体には上海アリス幻樂団が製作する音楽CDや,ZUN氏が製作・監修する書籍なども含まれる。 今回紹介する17タイトルは,プログラム,グラフィックス,音楽のほとんどをZUN氏1人で手掛けている 「東方Project」は,人間と人外(妖怪や神様など)が暮らす 「幻想郷」でストーリーが展開される。 基本的には人外がなんらかの意思を持って 「異変」を起こし,それを人間である 「博麗霊夢」や 「霧雨魔理沙」を中心とした登場人物が解決する,といった流れで進行する。 ほとんどの作品において,霊夢や魔理沙が主人公(自機)として活躍するが,幻想郷で起こる異変を解決するために,過去作に登場した妖怪たちが協力してくれることも多い。 博麗神社の巫女・博麗霊夢。 「空を飛ぶ程度の能力」を持つ。 裏表のない性格で,人間・人外どちらにも好まれる。 しかし妖怪退治を生業とするため,一部の妖怪からはたいそう恐れられている 魔法使いの少女・霧雨魔理沙。 「魔法を使う程度の能力」を持つ。 性格は負けず嫌いでひねくれているが,意外にも努力家で勤勉な面もある。 蒐集癖があり,物がなかなか捨てられない 人外が起こす異変には,それぞれの思惑が絡み,起こさなければならない深い理由があったりもするが,異変が解決する頃には問題自体が解消されていることが多い。 ストーリーのエンディングでは後腐れなく,登場人物が仲良くしている(ような)描写が映し出され,一件落着「めでたしめでたし」となるのだ。 全作品に言えることだがストーリーはフレーバー程度になっており,本編をプレイしただけでは全容が分かりにくい。 ゲームをインストールしたフォルダには,ZUN氏による「キャラ設定テキスト」や「おまけテキスト」が同梱されているので,設定をより深く知りたいという人は,しっかりこちらにも目を通すといいだろう なかなかに重い設定もあったりするが,幻想郷の住人のノリは軽く,事態を重く受け取ることは少ない。 全体的に明るい雰囲気でストーリーが展開していく 次項から紹介する「東方紅魔郷」から「東方鬼形獣」のうち,一部タイトルを除くほとんどのタイトルで,ステージ3まで遊べる体験版が公開されている。 それぞれの項目にダウンロードページを記載しておくので,まだ遊んだことがないという人は,ひとまずお試しで遊んでみてほしい。 弾幕シューティングゲームとは 本記事で紹介するタイトルのゲームジャンルである 「弾幕シューティングゲーム」についても解説しておこう。 同ジャンルの最大の特徴は,画面を覆いつくすほどに射出される敵の攻撃。 プレイヤーは敵弾の間隙を縫うように回避し,ステージを攻略していく。 画面を見ると避ける場所がほとんどなく,被弾は免れないようにも見えるが,実は自機の食らい判定が非常に小さいのも同ジャンルの特徴。 シューティングゲームは大きく,「撃つ」と「避ける」の2つの要素で構成されるが,そのうちの「避ける」要素の面白さを追求したゲームジャンルとなっている。 「東方Project」では,多くの作品において自機の食らい判定が低速移動時に白い点で表示される 敵弾の当たり判定も見た目とは大きくことなるものが多い。 基本的には大きい弾ほど見かけ倒しで,小さい弾は見た目通りの判定となっている 高難度のステージでは弾幕も苛烈となり,ほどんど視認できないようなスピードで敵弾が迫ってくることもあるが,敵の攻撃はほとんどの場合パターン化されており,回避しやすい動きが決まっていることが多い。 繰り返し何度もプレイし,少しずつステージを攻略していくのも弾幕シューティングの醍醐味の1つ。 オールクリアを目指して練習を重ねよう。 最も簡単なパターン化は敵に撃たれる前に撃つこと。 敵の出現位置の把握はステージ攻略に必須となっている 敵弾は大きく分けて,自機狙いとランダムと固定射出の3つ。 このうちランダムは画面を見て避けるしかないが,自機狙いは少しだけ避ける「チョン避け」が有効なので覚えておこう とにかくクリアを目指したい! という人は自機が無敵になるボムを状況ごとに決め打ちするのも1つの手。 ただし,ボスの中にはボム発動時に無敵になる厄介な敵もいるので注意が必要だ とにかく難しそうというイメージの強い弾幕シューティング。 実際難しかったりするのだが,その分オールクリアできたときの感動はひとしおだ.

次の

今日から始める「東方Project」。「東方紅魔郷」から「東方鬼形獣」まで,Windowsで遊べる17タイトルを一挙紹介

ブロリー 東方

このでは、しばしばしい論争が起きています。 を書くときはをよく、に努めてください。 ブロリーとは、『』などに登場した架の人物である。 に登場するブロリーは「 」の記事を参照。 概要 の生き残りであり、の。 をえる「」にすることができる。 やを扱いできる程の圧倒的なとを持つブロリーだが、「時代、隣で寝ていたの泣きに泣かされた」という理由で、には異様なまでの執着を見せる。 のみの登場人物ではあるが、3作にも渡ってを務めた為、知名度が高い。 「 ~!!」と叫んでいるが印的というのもある。 ただ、最終的には生命体と言うというかのような姿にされてしまった。 の・も最終的に化 した上に量産されたりしているが、こっちは本人が自分で自分を量産したものなので事情が異なる。 それまでのとは違い、を征しに来たり滅ぼしに来たりしたわけではなく、当初はの駒として利用されており、達との初戦はではなかった。 が、になりながらもへの恨みつらみだけでまで追いかけてくるハタ迷惑な執念深さも持つ。 しかし追いかけてきたは良いが、7年越しに復活してみたら当のは既に故人であり、彼のの・達に倒される事になった。 「 ~!!」言っている割に、生前では最初の1回しかと戦えていない辺りやっぱり可哀想な御仁である。 『2』に、画面で「」と入すると……という有名ながあるが、この時の「 …」というはブロリーのもの。 同作品ではとして登場し、さながらにを与えてくれる。 ニコニコ動画において には彼を題材にしたが多数されている。 要素の多いでの彼は、基本的にが高くおである。 しかし、「たちが戦う意志を見せなければ、はこのを破壊し尽くすだけだ!! 」などとのたまってしたら次の間には「ブロリー、です……」、「はい……」と一気にトーンする。 どうやら躁を患っているようである。 ブロリーでは彼やたち、そして彼ののやとなった、よくされるや用のだけでなく、や、や、はてはなどの や、、、、、などの小具や、 名前しか出ていないまでもにされている。 もっとも、であるがゆえにのにも遭いやすいのか(になど他作品のを名乗るなどによるがあった)、多くのやたちは一時期ごろから「 」なる悪質なによる深刻なに悩まされた。 なお、及びブロリー以外のが好きなを中心に、「ブロリーは」など必要以上にブロリーを持ち上げたり、ブロリーと関係なでブロリー関係のをするを「 ブロリー」と呼んで快く思わない利用者も多数存在するため、になる事がないよう注意が必要である。 だが、(や、などの存在があるとて)心配することはない。 ブロリー、はにならなくてもいい。 はもともと特別なというわけだからな。 たちにとってブロリーは不滅というわけだぁ! 割合としては系が多いが、彼自身の悲しい運命に着した面な、いわゆるも存在する。 \もあるよ!/ にも、のを外れた狂のものが存在。 やりたい放題している。 上ではの「」のが大きく、 何かにつけてはを狙いに行く 「の(でんせつのたーれん)」と認識されている。 ちなみに、数あるブロリーの中で最も多くの再生数を誇るのはdokがにした「(再生数約2,3,000回)」である(関連参照)。 また、最も数が多いのは氏がにした「(数約,000)」である。 公式での優遇 でのを受けてか、最近の「」っぷりはを見るものがある。 ブロリーは前述のとおりにすら出ていないだが、最近のでの優遇っぷりは、、などの他ののを差し置いて、、、といったに登場する強敵並みかそれ以上と言ってよいほどである。 ここまで持ち上げられているには、ごろからを呼び、も安定したを誇るブロリーの効果が多かれ少なかれしているのかもしれない。 最近ではこれまで作品への参戦が見られなかったや 、、といった関連がトレーグ『』への参戦を果たしている。 ブロリー本人に至ってはその強敵っぷりを見せつけたですら最後まで見られなかった、3が登場している。 また、には の「」にて立体化された。 敵では全体、最終形態に続いて3人であり、当然ながらでは初となる。 登場も時間の問題ではないかと噂されていたが、に発売された「 号 」にて、のブロリーと思わしき姿が開され、ついに登場が味を帯びた(下のを参照)。 、「4周年記念 ブロリー祭(下を参照)」と銘打った上でのが開催され、通り 化が確定するとともに、ついにそのが初開された。 そしてついに、より稼働開始した「第7弾」の新『新生・ブロリー編』」にてついにがを脱ぎ、やに続いて3人ののがに出回ることとなった。 にはのが「」誌上にてとして付属している。 よりの「 ザ・・」の第2弾にて前作のに続き今作では短編ではあるもののブロリーがとして全新作の作品での登場。 開の以来 の をもへと追い込む程のを持つブロリーという独自形態へと化し、も開された。 今後も、と双方でのブロリーの活躍からが離せない。 は自身が手がけ、もズバリ『』とされたことが報じられている。 前3作品との繋がりはなく、がそれらを視聴した上で新規に設定やや構築していったリブート・作品となるため、ブロリーの経歴も変わっているらしく、との対面も今回が初めてということになる。 詳細は「 」の記事を参照のこと。 関連人物 パラガス 実。 彼によって取り付けられた制御装置のせいで、普段はブロリーになっている。 ブロリーのを利用してを支配しようと企んでいるが……。 何かといつもに乗っている。 (サイヤ人名:カカロット) 時代、ブロリーは隣で泣き喚いていた同い年のの泣きに怯えていた。 それが深い因縁となっているらしく、異様な執着を見せる。 ブロ的な意味だと他にも何かあるらしい。 「 ォ…」 ブロリーにおいては、的な流れでブロリーにを与えられるである。 最近のブロリーでは、本来の善良な性格とは裏のいわゆる「」として登場することが多く、ブロリー顔負けのぶりを見せている。 出てきた間右のの状態になることが多いので「」と引っ掛けて、「 」と呼ばれることがある。 自称、「の」。 ピッコロ の保護者。 ブロリーに呼ばわりされてはよくのように蹴り飛ばされる。 登場()がかかるとそれは彼の。 悲鳴が「!」と聞こえるらしいが、は。 「」は攻撃する時のがそう聞こえることから(ではなく、役の氏によるである)。 他人のを見破るのが得意であり、第3形態になると、ブロリーに間違われてもおかしくない顔立ちになる。 たびたびされることがあるので「」といわれる。 アハッ 最近では自ら積極的に出しゃばり、「」としてのもし始めている。 孫悟飯 ではブロリーに「の」と呼ばれ、に次いで狙われる。 が、一転してでは全にられ要員。 幸かか、ブロリーではされるために出してもらえるとは違い(そもそも出番自体が少ないため)すらしてもらえない。 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ お絵カキコ 枚数が増えたため、に分離しました。 関連項目• ブロリー•

次の

ナイトメアブロリー

ブロリー 東方

上海アリス幻樂団 ここでは自作ゲームの紹介(予告)をしています 体験版の準備が出来次第、DLできるようにしていきたいと思います 詳しいゲームの紹介はそれをクリックしてください 体験版 ver0. 01b公開中 体験版 ver0. 01b公開中 体験版 ver0. 01a公開中 体験版 ver0. 02a公開中 体験版 ver0. 02a公開中 体験版 ver0. 02a公開中 体験版 ver0. 02a公開中 ver 1. 00dにアップデート出来ます。 体験版 ver0. 03a公開中 黄昏フロンティアさんとの共同プロジェクト ver 0. 11 がDLできます ver 1. 00b にアップデート出来ます 体験版 ver 0. 13 が DL 出来ます! ver 1. 02h にアップデート出来ます.

次の