ブック マーケット 利府。 宮城県のブックマーケット一覧

駿河屋 ネット通販(駿河屋.jp)のご優待

ブック マーケット 利府

宮城県から絞り込み• 仙台市青葉区 0• 仙台市宮城野区 0• 仙台市若林区 0• 仙台市太白区 0• 仙台市泉区 0• 石巻市 0• 塩竈市 0• 気仙沼市 0• 白石市 0• 名取市 0• 角田市 0• 多賀城市 0• 岩沼市 0• 登米市 0• 栗原市 0• 東松島市 0• 大崎市 0• 富谷市 0• 刈田郡蔵王町 0• 刈田郡七ヶ宿町 0• 柴田郡大河原町 0• 柴田郡村田町 0• 柴田郡柴田町 0• 柴田郡川崎町 0• 伊具郡丸森町 0• 亘理郡亘理町 0• 亘理郡山元町 0• 宮城郡松島町 0• 宮城郡七ヶ浜町 0• 黒川郡大和町 0• 黒川郡大郷町 0• 黒川郡大衡村 0• 加美郡色麻町 0• 加美郡加美町 0• 遠田郡涌谷町 0• 遠田郡美里町 0• 牡鹿郡女川町 0• 本吉郡南三陸町 0.

次の

駿河屋 ネット通販(駿河屋.jp)のご優待

ブック マーケット 利府

宮城県から絞り込み• 仙台市青葉区 0• 仙台市宮城野区 0• 仙台市若林区 0• 仙台市太白区 0• 仙台市泉区 0• 石巻市 0• 塩竈市 0• 気仙沼市 0• 白石市 0• 名取市 0• 角田市 0• 多賀城市 0• 岩沼市 0• 登米市 0• 栗原市 0• 東松島市 0• 大崎市 0• 富谷市 0• 刈田郡蔵王町 0• 刈田郡七ヶ宿町 0• 柴田郡大河原町 0• 柴田郡村田町 0• 柴田郡柴田町 0• 柴田郡川崎町 0• 伊具郡丸森町 0• 亘理郡亘理町 0• 亘理郡山元町 0• 宮城郡松島町 0• 宮城郡七ヶ浜町 0• 黒川郡大和町 0• 黒川郡大郷町 0• 黒川郡大衡村 0• 加美郡色麻町 0• 加美郡加美町 0• 遠田郡涌谷町 0• 遠田郡美里町 0• 牡鹿郡女川町 0• 本吉郡南三陸町 0.

次の

ブックマーケット

ブック マーケット 利府

2019年「第34回新幹線車両基地まつり」の日程は? 2019年(令和元年)に実施される「 第34回新幹線車両基地まつり」の開催日時は、 10月26日(土)9:30~15:00(入場は14:00まで)。 詳細はJR東日本発表の資料「 」から確認できます。 資料によるとイベントの内容は、以下の通り。 (1)新幹線車両メンテナンス作業実演コーナー、ミニ新幹線(E5系)の運行 (2) 新幹線車両展示(展示車両は調整中)、引退車両パネル展示 (3) 非常ハシゴ体験、紙アプリ体験(自分の描いた絵が動き出します) 当日は駐車場が確保されていないためご注意ください(自転車やオートバイも不可)。 利府・新幹線総合車両センターの場所は?駐車場は?入所方法は? 「新幹線総合車両センター」の場所や駐車場、受付から入所までの流れについてご紹介します。 アクセス 新幹線総合車両センターは宮城県利府町のイオンモール利府の近くにあります。 地図はこちら。 公共交通機関利用の場合、 JR利府駅下車で徒歩約15分(1㎞程度)。 最寄りは新利府駅なのですが、入口の守衛室までは敷地をぐるっと回ることになり、20分ほどかかるため利府駅の利用がおすすめです! 自家用車の場合、県道8号仙台松島線(利府街道)沿いにあるブックマーケット利府とホーマック利府店の交差点を七十七銀行側(イオンモール利府と反対側)に曲がります。 正面の壁に黄色いラインのある建物に向かって直進します。 突き当りを左に曲がり、黒い柵沿いに進むと入口があります。 カーナビに入力する住所は「 宮城県宮城郡利府町利府新谷地脇93」。 電話番号は「 022-356-5263」です。 まずは守衛室で受付を。 駐車場は無料! 新幹線総合車両センターの入口に着いたら、門の手前左側にある「 守衛室」で受付をします。 「見学に来ました!」と伝え、代表者の氏名、住所、電話番号及び人数を記入。 身分証明書は不要です。 「PRコーナー入所許可証」を受け取りましょう。 車の場合、駐車場所を教えてくれます。 「PRコーナー入所許可証」は、車のダッシュボードの上など外から確認しやすい場所に提示します。 なお、 駐車料金も入場料も無料です! 右の3階建ての建物の1階がPRセンター。 左の緑色ラインの新幹線の車内を見学することができます。 東北・上越初代新幹線200系電車に乗ろう! 中に入って見学可能な新幹線はこちら。 芝生に置いてあるカラフルな物体は新幹線の先頭車両のお鼻カバー! 緑色ラインの 東北・上越新幹線の初代新幹線「200系」です。 (1982~2013年まで運転) 新幹線は2両展示されています。 各車両のドアに合わせてタラップのような階段が3ヶ所設置されていて、好きなところから出入りができます。 運転席に座ろう!計器に触れよう! まずは新幹線総合車両センター一番のおすすめポイント! 乗務員室に入っての運転席着席で、気分は運転士さん! いつ来ても人がいる大人気の場所。 とはいえ、長時間待つことはなく比較的すぐに入れます。 運転席は階段を数段上ったところにあります。 高いところから線路を見下ろして、広い視界で運転するのですね。 運転席にはレバーや操作ボタンがたくさん。 レバーを上下したりボタンをぽちぽちしたり、連絡用の受話器を外して耳に当ててみたり。 子どもはもちろん大人もわくわくしちゃいますね。 車内を探検! 展示されている2両の車両のうち、向かって左側の車両はまんま新幹線!2列シートがずらりと並びます。 グリーン席仕様ですね。 前方4列はヘッドレスト付きのシートで、1・2列目はグレーの「はやぶさシート」、3・4列目はイエローの「こまちシート」、5列目以降は旧シートでした。 くるっと回転もできて、旅行気分! はやぶさモデルのグレーシート 真ん中の通路を奥へ進むと、途中の連結部付近には元車掌室?多目的室?と思しきお部屋がありました。 そして、展示されている2両の車両のうち、向かって右側の車両は会議室のような机といすがずらり。 これだけかーといった感じなのですが、ここは休憩ポイント。 飲み物を飲むだけでなく、お弁当やおかしなどの飲食もOKです。 いつもと違った雰囲気の中での食事、子どもにはうれしいですよね。 写真の左上に写り込んでいますが、各車両にエアコンが2台ずつ取り付けられているため、寒さや暑さの心配はありません。 最も奥(右側)にも「 乗務員室」がありますが、施錠されていて入れませんでした。 建物内へ:新幹線PRコーナー! 新幹線内や展示されている車両を楽しんだら、「新幹線PRコーナー」のある建物へ。 3階建ての建物の1階です。 入口が改札になっていてなんだかわくわく。 プラレールがたくさん!組み立てて遊ぶ!模型を見る!• 新幹線の 整備作業を見られるかも!?• 模型、映像、絵本。 新幹線尽くし!• 記念スタンプが6種類も!• シンカリオンをさがせ!• トランヴェールの無料配布! プラレールで遊ぼう! プラレールを組み立てて遊ぶ 新幹線PRセンター内で一番人気なのが プラレールで遊べるコーナー。 コルクマットの上でレールをつなげて遊ぶことができます。 マットの上は土足禁止です。 レールや車両はもちろん鉄橋、橋脚、駅などのオプショングッズも多く、たくさんの子どもたちが夢中になっています。 恐るべしプラレール。 平日は上の写真のように人がいないこともありますが、土日などはいつも混雑しています。 なお、プラレールコーナーの周りにはベンチが設置されています。 子どもが夢中になっている様子を見つつ、大人は一緒に楽しむもよし、ここぞとばかりに休憩するのもよし! プラレールを眺めて遊ぶ 新幹線PRコーナー内には、組み立てられたプラレールが展示されています。 来場記念スタンプコーナー 来場記念スタンプはなんと6種類もあるので押しごたえがあります! スタンプの台紙が備え付けてあるのもうれしい配慮です。 シンカリオンをさがせ! 新幹線PRコーナー内にはさりげなくシンカリオンやトーマスの模型が展示されているので、探してみてください。 パネルの前には足跡マークがあります。 おむつ替えシートは、新幹線PRコーナーの建物内に2ヶ所あります。 明るく衛生的です。 授乳室は見当たりませんでした。 新幹線総合車両センターに「ALFA-X(アルファエックス)」が! 最後に「新幹線総合車両センター」の概要をから引用させていただきます。 主に東北新幹線で運用される車両が所属し、仕業・交番検査といった日常的な整備から、当センター以外に在籍する車両も含む全般検査などの重整備、改造工事や新製車両の搬入・廃車解体に至るまで、JR東日本が保有する新幹線車両に関する総合的な業務が行われている。 なるほどです。 2019年5月に公開された高速運転試験車両であるあの 「ALFA-X(アルファエックス)」も配置されているのだとか!なんということでしょう!見たい!! 近くの「森郷児童遊園」でも機関車が見られる! 利府町内にある「 森郷児童遊園」には蒸気機関車と電気機関車が保存展示されています。 車両センターよりも近くで見ることができるため、時間があれば立ち寄るのもおすすめです。

次の