夜分に失礼します メール。 「失礼いたしました」の意味と使い方・敬語・メールでの伝え方

夜分遅くに失礼しますのビジネスメールでの使い方!夜分は何時から?

夜分に失礼します メール

皆さんは「夜分遅くに」という言葉を意識したことはありますか。 現代では、昼夜問わずさまざまなサービスを受けることができます。 24時間営業のサービスを提供しているお店も珍しくありません。 しかしながら、今も昔も夜遅くの行動はマナー違反となることが多いです。 ただ、緊急時や止むを得ない場合もあるでしょう。 そんな時はどうしたらいいのでしょうか。 今回は、便利なクッション言葉「夜分遅くに」をご紹介します。 読み方 まず「夜分遅くに」という読み方についてご説明します。 こちらは「やぶんおそくに」という読み方をします。 聞いたことがない方にとっては「夜分 やぶん 」と「遅くに おそくに 」は同じような意味が含まれているのではないかと違和感を感じる方もいるでしょう。 以下をご覧ください。 やぶんおそくに 「やぶんおそくに」というのは一見、言葉の意味が重複しているように思えますが、正しい表現です。 「やぶん」「おそく」という部分が同じではないかと気になる方もいるようですが、安心して使うことができます。 意味 「夜分遅くに」という言葉はどのような意味があるのでしょうか。 「夜分遅くに」とは「夜遅くに」という意味があります。 具体的にどのような状況で使えばよいのでしょうか。 夜遅く 「夜分遅くに」の使い方を3つご紹介します。 こちらは、夜遅くに連絡をすることに対する配慮の言葉です。 仕事が終わった後の遅い時間に連絡をすることは避けるべきです。 夜遅くに連絡をとらなければならない場合でも、配慮の言葉がないと非常識と捉えられてしまうでしょう。 ここでは「夜分遅くに失礼します」「夜分遅くに申し訳ありません」「夜分遅くにすみません」の3つについてご紹介します。 使い方1:夜分遅くに失礼します 「夜分遅くに失礼します」とは、夜遅くに連絡をするという失礼な行動をお詫びするクッション言葉といえます。 必要な連絡は、終業時までに連絡をするべきです。 ただ、どうしても終業後の時間帯に連絡をしなければならないこともあるでしょう。 そんな時に「夜分遅くに失礼します」を使いましょう。 ただ、深夜に連絡をすることはビジネスにおいて原則禁止ということを忘れないようにしましょう。 使い方2:夜分遅くに申し訳ありません 「夜分遅くに申し訳ありません」も、夜遅くに連絡することをお詫びする文章です。 「夜分遅くに失礼します」よりも申し訳ないという気持ちが伝わりやすい言葉といえますが、基本的にはお詫びをしたからといって深夜に連絡をすることは非常識ということを忘れないようにしましょう。 しかし、緊急時や止むを得ない場合においては、深夜にビジネスメールを送ることも仕方ないといえるでしょう。 使い方3:夜分遅くにすみません 「夜分遅くにすみません」は、敬意や丁寧さに欠けるイメージがあります。 気心が知れた関係以外では使わない方がいいでしょう。 気軽に使いやすいフレーズというイメージがあります。 基本的には目上の方にビジネスメールをおくる際は、「夜分遅くに失礼します」や「夜分遅くに申し訳ありません」を使った方が無難といえるでしょう。 「夜分遅くに」メールを送るときの注意点3つ 夜分遅くにメールを送るときに注意点を3つご紹介します。 非常識な時間帯に連絡することは、相手のプライベートの時間を邪魔することになります。 少しでも失礼のないように「丁寧さを心がける」「必要な情報をわかりやすく書く」「文章は簡潔に」を心がけると良いでしょう。 具体例をご紹介します。 注意点1:丁寧さを心がける 一つ目の注意点は、丁寧さを心がけるということです。 相手のプライベートの時間を邪魔することになるので敬意をはらい、いつも以上に丁寧なメールを心がけましょう。 誤字脱字や、まぎらわしい表現がないかなど細かいところまで気を配りましょう。 分かりづらいメールを送り、相手がプライベートの時間を割いて返信しなければならないような状況は大変迷惑です。 気をつけましょう。 注意点2:必要な情報を分かりやすく書く 二つ目の注意点は、必要な情報を分かりやすく書くということです。 特に、深夜の時間帯に連絡をする際は日付に注意しましょう。 時間帯によっては「今日」や「明日」という表現が混乱を招くことがあります。 注意点3:文章は簡潔に 三つ目の注意点は、文章を簡潔にするということです。 相手のプライベートの時間を邪魔しないように文章は簡潔にしましょう。 要点をまとめて少ない文章で送るように心がけましょう。 文章を削っても意味がわかるところは省くなど、受け取り手がわかりやすい文章にしましょう。 「夜分遅くに」という表現は、英語でもあるのでしょうか。 直訳すると「Night is late」という言葉になります。 日本語の「夜遅く」「夜間」「深夜」「夜更け」などのように英語の「夜分遅く」にもさまざまな言い方があります。 Night is late 「夜分遅くに」を直訳すると「Night is late」という言葉になります。 さまざまな表現がありますがその他にもメジャーな表現に「late at night=夜遅く」があります。 また「midnight」や「dead of the night」で「真夜中」や「深夜」を表すことができます。 「Late night」だけでも「夜遅く」の意味があります。 英語はシンプルな表現が便利です。 夜分遅くの時間帯 夜分遅くの時間帯とは、具体的に何時頃のことなのでしょうか。 現代社会では、人によって働く時間がさまざまです。 昼間に働く方もいれば、夜勤の方もいるでしょう。 定時で上がることができる方もいれば、残業が必要な方もいることでしょう。 配慮が必要になる時間についてご説明します。 個人差はあるものの、20時から22時以降をイメージされる方が多いのではないでしょうか。 実際はどうなのかご紹介します。 22時以降 夜分遅くの時間帯は、22時以降を目安にするといいでしょう。 もちろん人によって解釈は異なるのですが、多くの人が「22時=夜遅く」という認識があります。 一方で、マナー関連の本には「個人差があるので、20時以降の連絡には一言添えましょう」と表記しているものがあります。 気になるようであれば20時以降から、少なくとも22時を過ぎてしまうようであれば一言お詫びをするようにしましょう。 夜連絡する時は「夜分遅くに」を使おう 夜遅くに連絡する時は「夜分遅くに」を使う必要があることがよくわかりました。 同じビジネスメールの内容でも「夜分遅くに」という言葉がないと非常識と捉えられるでしょう。 仕事や人間関係を円滑にするためにとても大切な言葉です。 どうしても連絡をとらなければならない状況はあるでしょう。 ただ、相手の時間を頂戴しているという意識を忘れないようにしましょう。 そうすれば、おのずと配慮の言葉が出てくるでしょう。 夜使う敬語をチェックしよう 他にも、夜の時間帯に使う言葉があります。 日本は敬語という文化が非常に発達している国といわれています。 丁寧語に尊敬語や謙譲語などさまざまな種類があります。 例えば「こんばんは」や「おやすみなさい」を敬語で表現したい場合はどうしたらいいのでしょうか。 また、敬語で表現することはできるのでしょうか。 以下の記事も、ご覧ください。 至急で連絡欲しい時のメールの送り方.

次の

企業へのメール返信を23時頃に送ってしまいました。夜分は避けるべきだ

夜分に失礼します メール

スポンサードリンク でも、調べた結果、実は「夜分に遅く失礼します」は間違った使い方ではないことが分かりました。 今からその理由を説明していきます。 「夜分」の意味 『夜分』に「夜遅い時間」という意味が含まれていると思っている人は多いのではないでしょうか? 若しくは、もはや 慣用句として日常的に使われているから、『夜分にもかかわらずしかも遅い時間に失礼します』が省略されて『夜分遅く失礼します』になったんだよって思っていませんか? 実は 『夜分』とは「夜、夜間」という意味しかありません。 つまり「 夜分に遅く失礼します」とは「夜遅くに失礼します」という意味なので、 遅いという言葉を重ねて使ってはいないということになります。 「夜分に失礼します」でも「夜中に失礼します」の意味がありますから使っても問題ないんですね。 私は恥ずかしい話ですが飲みの席で「同じ言葉使うのは変」だって自信満々で話した記憶があります。 夜分の時間は? 夜分の意味は夜中ですから、 23時以降から3時くらいに使うのがいいでしょう。 これは個人の感覚で使ってもらっていいと思います。 美容師の友達と話していて、22時は学校で勉強してるかなっていうと、『そんなド深夜までしてるの?』って言われてびっくりしたことがあります。 美容師は朝早いからそういう感覚なんでしょうね。 結局は個人の感覚ですが大体の人が 23時~3時4時を夜中遅く(深夜)だと考えているようなのでそのくらいの時間に使うのがいいでしょう。 (ビジネス)メールで使うのは間違い? メールは相手にいつ届いても電話のようにすぐに出る必要がないので、(いつメールを見るかは受け取り手しだいです。 )基本的には「夜分に遅くに失礼します」という文章は書く必要がありません。 だから「夜分に遅くに失礼します」をメールで使うのは間違いです。 そう思いませんか? でも、待ってください。 メールには受信時間が通知されていますよね。 これをいちいち確認するのはちょっと面倒。 しかも、何らかの事情で、相手の受信時間が遅くなることもあります。 そこで、ビジネスではもっと深く考えてみるべきです。 例えば、取引先や上司の方に重要な書類を届けるため、 『明日の午後には届きますので受け取りお願いします。 』というメールを1日の午後11時に送ったとします。 それが何らかの事情で、受信時間が2日の午前8時50分に相手に届いたとします。 この場合には相手にとっては受信時間が2日の午前8時50分なので、3日に書類が届くと思って、相手は2日は早く帰ってしまうかもしれません。 書類が早く届くならトラブルは大きくないですが、 期限制限のあるものを『明日までに提出お願いします。 』なんてのが相手に受信時間が2日の午前8時50分に届いた場合を考えてみてください。 ビジネスではとんでもないトラブルの元になるのが分かると思います。 このような間違いを起こさないためにも、 『夜分遅くに失礼します。 書類は明日までに提出お願いします。 』 としていれば、もしも、 相手の受信時間が遅くなっても、『これは、昨日の夜中に送ってきたんだな。 なら、明日は今日のことだな』と気づいてもらえるはずです。 結論 「夜分に遅く失礼します」という日本語は正しい。 しかも、メールで使えば、ビジネスのトラブル回避になるので、使った方が絶対いい。 迷わず使うほうがお得な感じがしていいですね。

次の

上司へのメール。夜遅い時間になったときに入れたい言葉

夜分に失礼します メール

この記事の目次はこちら• 就業後にビジネスメールを送っていいの? ビジネスシーンにおいて、メールを送信するのは相手の就業中が原則です。 なので、「マナー違反かどうか?」だと『 マナー違反』となってしまいます。 就業後にメールを送るのは、相手のプライベートの時間を割いてしまうことになりますからね。 しかし、どんな人でもミスをしてしまうことはあります。 『仕事を終えて悠々と帰宅の準備。 が、肝心なメールを得意先に送るのを忘れてた!しかもそれは今日中に送らなくてはいけないメールだった!』 こんなこともあると思います。 どうしても送らないといけない状況の場合、相手のプライベートを邪魔してしまう可能性があることを意識してください。 私もプライベートの時間に仕事のメールが来たら少し面倒だなって思ってしまいます... ただし、そこは仕事ですからプライベート中であっても返信は必ずします。 仕事ですから... このように、就業後のメールというのは送る相手にも負担がかかることなんです。 ましてや深夜に送るとなれば、相手が就寝中ということさえあり得ます。 どうしても深夜にメールを送る場合は、 いつも以上の丁寧さを心がけることを忘れないでください。 「夜分遅くに失礼します」の正しい使い方 「夜分」ってどういう意味? では、具体的に「 夜分とはいつのこと」を言うのでしょうか? 「夜分」という言葉には「夜中」という意味があります。 ですから「夜分」を使う場合は、 おおよそ午後11時〜午前2時ごろが目安となります。 ただし、ビジネスシーンの場合ですと、相手の仕事の兼ね合いもあります。 相手の就業時間が終了しているなら、 時間にこだわらず一言「夜分遅く失礼します」とお詫びの挨拶を入れるのが良いでしょう。 「夜分遅くに」は重複言葉? 遅い時間にメールを送る場合に一言謝罪を添えるのは、ビジネスマンにとって当然のマナーだと説明しました。 では「夜分遅く」というのは正しい言葉なのでしょうか? 「夜分」という意味を「夜遅い時間」と認識している方も結構いますよね。 そうなると、「夜分遅く」は「遅い」という意味が重なっていて、重複言葉となってしまいます。 しかし、実際のところ「夜分」という言葉には 「夜」「夜間」という意味しか含まれていません。 なので、「夜分遅く」という言葉は正しい使い方なんですね。 ただ、もし気になるようでしたら「夜分に失礼いたします」と書いても問題ありませんよ。 ある日あなたが、家に帰ってベッドでゆっくり本を読んでいたとします。 すると、得意先の方からメールが届きました。 時刻は午前0時。 内容を確認すると... 」 ありがちなメールですが、この文章を見てあなたはどう思いますか? 午前0時に来たメールで「明日には届く」って... それは日付が変わって今日なのか、明日なのかどっちなの?という疑問が沸いてしまいますよね。 深夜にメールを送ることは原則として、してはいけないことです。 だからこそ、あえてそれでも送らないといけない状況になったときは、いつも以上に慎重に言葉を選ぶことが必要ですよ。 先ほどの例文を正しく書き直すと、以下のようになります。 この機能を使えば、勝手に朝一でメールを送信してくれるので、深夜に送る必要はなくなりますよ。 どうしても!という緊急でない場合は、活用してみるのも良いですね。 まとめ:「夜分遅く失礼します」は誤用ではないが...

次の