女性 一人暮らし 部屋。 【20代女子一人暮らし】生活費は実際いくらかかってる? 実践者に聞きました 【www.styleawards.comI】

女性の一人暮らし部屋の選び方は?家賃の目安と防犯対策

女性 一人暮らし 部屋

この疑問の目次• 女性の一人暮らしは防犯意識が大切。 怖い被害 女性の一人暮らしはなにかと不安がつきものです。 一人暮らしを検討しているお客様の中にも「女性の一人暮らしは、なんだか怖い……」というご意見を多く聞きます。 最近では一人暮らしの女性を狙った性犯罪や強盗などの事件が、ニュースでも大きく取り沙汰される傾向にあります。 ですが、日頃の行動に気を付け、お部屋の防犯性を自身で高めていけば、女性の一人暮らしでも怯えて暮らすことはないですよ。 女性の一人暮らしで気をつけないといけない行動 女性に限らず、一人暮らしでは自分で自分を守らなくてはいけません。 ここでは、気を付けなくてはいけない行動をしっかりと確認していただき、更に防犯意識を高めていくためのヒントをご紹介します。 窓を開けたまま過ごす 春時期や夏場に多いのが、この窓を開けて過ごす行為です。 空気の入れ替えで数十分開ける程度なら、良いのですが、一日中窓を開けたまま過ごすのは高層マンションの上階に住んでいない限り控えましょう。 洋服・下着を外に干す 女性が下着を外に干しておくと、女性が住んでいると知らせる行為になってしまうため危険です。 また、下着だけでなく、洋服を外に干すのもあまりおすすめできません。 干してある衣服がすべて女性ものだと分かれば、この部屋には女性しか居ないんだな…と目をつけられてしまう危険性も出てくるからです。 洋服や下着は、できるだけ室内干しにすることをおすすめします。 ドアののぞき穴を放置する ドアののぞき穴(ドアスコープ)は、扉を開けなくても外が確認出来る便利なものですが、実は外からも中が見えてしまうことがあるって知っていましたか? ハッキリと部屋の中が見えなくても、のぞき穴から部屋の明かりが点いているのを確認されてしまい、留守かどうかが分かってしまうことも。 普段はあまり気にするようなところではない分、しっかりと対策を取っておくのが良いでしょう。 玄関の鍵を閉め忘れる これは一番怖いですね。 女性の一人暮らしでなくとも、気を付けなくてはいけません。 普段は鍵の閉め忘れなんてほとんどないと思いますが、酔って帰って来た時はどうでしょうか。 酔っている時は判断力が鈍っていますので、鍵を閉め忘れて寝てしまう…なんてこともあるかもしれません。 泥酔してしまえば、その確率はグッと上がります。 他にも「ちょっと近くのコンビニまで」と、気を抜いて鍵を閉め忘れることもありますので注意しましょう。 どんなに近くても、鍵は絶対に閉めて外出!が基本です。 女性の一人暮らしであることを悟られる 女性の一人暮らしと悟られる行為は沢山ありますが、その中でも気を付けたいのは習慣になっている行動です。 それは、公共料金などの支払いを特定のコンビニで払うといったようなことも含まれます。 必ず支払わなくてはならない公共料金ですが、これを毎回同じコンビニで支払っていると、知らないうちに相手に住所を知られてしまっている…なんてことが。 女性の一人暮らしであることを悟られないように気を付けましょう。 オートロックやエレベーターの人にも注意する オートロックは防犯面では優秀ですが、それを過信してはいけません。 住人がオートロックを開けてマンション内に入る際、後ろからついて行って一緒に入ってしまうこともできます。 表玄関はオートロックなのに、非常階段は外に付いていて、柵も無く簡単に侵入できてしまう…なんて物件もあります。 この場合は、物件を探す際にしっかりと内見をし、非常階段や外階段の状況も確認しておきましょう。 またエレベーターに乗る時も注意が必要です。 自分の部屋の階が知られないようにするのも重要ですが、何より狭い空間で襲われることがないよう気を付けましょう。 毎日同じ店・買い物にも気をつける 公共料金の支払いだけでなく、普段の買い物にも気を付けた方が良いでしょう。 毎日同じ店で一人分の買い物をしていると、必然的に一人暮らしであることが推測されてしまいますし、また毎日同じ店に買い物に行っていると「あの女性はいつもここで買い物をしている……」と、不審者の待ち伏せの標的にもなりかねません。 いくつかのお店をローテーションで回るのも良いでしょう。 インターフォンにも不用意に出ない たとえ配達業者の訪問であっても、インターフォンには不用意に出てはいけません。 また同じマンションやアパートの住人に成りすまして「お宅から水漏れしてる」などと言って訪ねてきたり、「引越しのあいさつに来た」などと言って訪ねてきたりすることもありますので、どんな訪問にもまずはドアを開けずに対処しましょう。 出なくてはいけないものには、ドアチェーンを掛けてから扉を開けるようにし、一瞬の隙をついて室内に侵入されないよう気を付けることが大切です。 どうにも不審に感じた場合は、身分証を提示してもらうなどして、しっかりと対処するようにしましょう。 表札や郵便受けで一人暮らしを悟られる 女性の一人暮らしにおいて、表札や郵便受けに名前を表示することは防犯面ではかなりマイナスになります。 特にフルネームで記載するのは止めておきましょう。 表札や郵便受けの名前欄には、いっそ何も記入しないというのが安全です。 音楽を聴いて帰る スマホのながら歩きや、音楽をイヤホンで聞きながら夜道を歩くのは大変危険です。 注意力が散漫になり、背後から人が近付いて来ても気付かないことがあります。 不審者は、そういった注意力の欠けた状態の女性を狙ってくるケースも多いので、注意しましょう。 後ろの気配に気づかないで帰る イヤホンで音楽を聞きながら歩いているのも背後の気配に気づかない要因となりますが、そもそもあまり周りを気にせず歩いている人も多いと思います。 帰宅時間や帰宅ルートがいつも同じならば、その行動には注意しないといけません。 何も感じなくても、こまめに背後を気にしながら歩く習慣を付けておくと良いでしょう。 女性の一人暮らしで怖い被害に遭わないための対策 せっかくの新生活、怖い思いなんて誰もしたくないですよね。 女性の一人暮らしにおける不安要素には、様々な対処をとることで防犯性を向上させることができますので、防犯グッズや生活面での防犯の知恵をしっかりと取り入れていきましょう。 防犯グッズで窓のロックを強化 窓に取り付けられる、窓用の補助錠は比較的安価で販売されています。 ホームセンターやネットでも購入できますが、今では100均でも防犯グッズとして補助錠が売られているとこもありますので、お手軽に窓の防犯機能を向上させることが可能です。 スマートロックで玄関の鍵をオートロックに スマートロックとは、玄関用の補助錠のことです。 設置が簡単なものもあり、賃貸でも取り付けが可能です。 基本的にスマホやパソコンから操作可能で、アプリを利用して解錠、施錠、ロック状況の確認などが出来るため、鍵の閉め忘れなどの心配もいりませんし、便利なうえに防犯面でも優秀です。 また、スマホを必要としない南京錠タイプのものもありますので、用途や鍵の種類によって選ぶと良いでしょう。 スマートロックで玄関の施錠状況をリアルタイムに確認 前述した通り、スマートロックでは解錠・施錠の他に、ロック状況の確認をすることが可能です。 どこにいてもアプリから玄関の施錠状況をリアルタイムで確認できますので、鍵の閉め忘れの心配も減りますし、留守の間に誰かが鍵を開けたりしているのも確認できるので、もしもの時にはすぐに対処することができるでしょう。 防犯フィルムで窓を割りにくくする 防犯フィルムはホームセンターやネットで購入できますので、窓に貼っておくと良いでしょう。 貼るだけで窓が割れにくくなるため、不審者が窓を割って侵入するのを防いでくれるうえ、地震などの災害時でも窓が割れてガラスが散乱するのを防いでくれます。 玄関はサポート錠で開けにくくする 玄関の鍵はピッキングなどで開けられないよう、自分で取り付けるこのできるスマートロックなどの補助錠を利用すると安心です。 またスマートロック以外にも補助錠として販売されているものもありますので、鍵の形状と用途に合わせて選びましょう。 男性衣服の洗濯物を干しておく ベランダには女性ものの下着や衣服は干してはいけない……と説明しましたよね。 そこで、女性の一人暮らしをカモフラージュするためにも、男性用の衣服を定期的に干しておくことをおすすめします。 男性用の下着などは100均でも購入できますし、友達や家族から要らなくなった衣服を数枚貰っておくのも良いでしょう。 この部屋には男性が住んでいますよ~と周囲に把握させることで、不審者の目から自分の部屋を遠ざけることができます。 盗聴・盗撮センサーで対策 盗聴や盗撮に対する防犯グッズも、色々と売られています。 これらは盗聴器や盗撮器の近くに寄ると、電波を感知して知らせてくれる機能が備わっています。 引越し業者などに頼むと少し高くついてしまいますが、自分の安全のためを思えば、調査をしておくことをおすすめします。 のぞき穴の覗かれ防止グッズで対策 外からのぞき穴(ドアスコープ)で中を覗かれないよう、のぞき穴を中から塞げる防犯グッズを購入し、対策をしましょう。 100均などでもドアスコープカバーとして売られていますし、ホームセンターやネットでも購入できます。 また、のぞき穴対策は部屋の中からするものなので、購入せずとも自分のアイデアでお手製カバーを作るのも良いですね。 その際は、部屋の中からはドアスコープが覗けるように工夫しましょう。 人通りが多い道を毎日ルートを変えて帰る 毎日同じ時間、同じルートで帰宅をすると、図らずも行動範囲や家の特定をされてしまうこともあります。 人通りの少ない道では、待ち伏せをされて襲われる危険もありますので、できる限り人通りの多い道を選び、毎日少しでもルートを変えて帰宅することをおすすめします。 いくつか帰宅ルートを自分の中で作っておき、ランダムでそのルートを使って帰るのも良いでしょう。 家に出入りするときはただいま等挨拶をする 外出時と帰宅時には、自分は一人じゃないというポーズを取るのも必要です。 部屋に向かって「行って来ます」「ただいま」と声かける行為を習慣化させることで、この人は誰かと住んでいるんだな……と周囲に思わせる作戦です。 馬鹿らしく思うかもしれませんが、意外と近隣住民はこういった行動や言葉を見聞きしています。 外から見える家具やカーテンは地味にする 外から見える家具やカーテンなどは、シンプルなものを選ぶことをおすすめします。 花柄のピンクのカーテンなんて、まさに女性が住んでいると思わせるデザインですよね。 風でカーテンがめくれたら、見えた家具が可愛らしいものだった……というのも、女性が一人で住んでいるのかな?と思わせてしまう要因となります。 女性の一人暮らしを安心に送る部屋のポイント 女性が一人暮らしを安心して送るためには、物件探しの段階でしっかりと条件を付けておかなければいけません。 防犯面をしっかり見据えた条件に合う、または条件に近い物件を選ぶことで、少しでも安心できる生活を送りましょう。 また、「」についてまとめた記事もありますので、あわせてご覧ください。 2階以上のお部屋に住む 一般的に空き巣や下着泥棒などの被害は、一階のお部屋が多い傾向にあります。 今では二階以上のお部屋でも安心はできませんが、それでも一階よりは二階以上のお部屋の方が防犯性は上がります。 また非常階段の真横の部屋や角部屋などは被害に合う確率が高くなるため、注意が必要です。 内見時にしっかりと部屋と階段の位置関係などを確認しておきましょう。 オートロックの物件に住む オートロックの物件でも油断は禁物ですが、選べるのならばオートロックの物件の方が防犯面でもおすすめです。 家賃は少し高くなってしまうかもしれませんが、簡単には敷地内へ侵入できませんので安心でしょう。 オートロックの物件を選ぶ際は、外階段や非常階段の位置を内見時にしっかりと確認し、居住者以外が簡単に入り込める場所がないか見ておくのが重要です。 ツーロックの物件に住む オートロックは予算的にちょっと無理…という人には、ツーロックの物件をおすすめします。 玄関の鍵はワンドア・ワンロックではなく、ワンドア・ツーロックにしておけば、それだけでも防犯性能が高くなりますので、物件探しの際にこういった条件を入れておくと良いでしょう。 ロックがふたつあるだけで、ピッキング対策にもなりますので、ぜひ検討してみてください。 防犯カメラ付きの物件に住む 最近ではアパートやマンションでも防犯カメラが設置されている物件もあります。 不審者はカメラが設置されているだけで犯行を躊躇する傾向にありますので、こういった物件を探してみるのも良いでしょう。 管理人付きの物件に住む 管理人が常駐している場合、管理人が居住者の顔を覚えており、見覚えのない人間が敷地内に入ってきた場合、注意や警告をしてくれるため大きな事件に繋がりにくいというメリットがあります。 また外出時や帰宅時に声を掛けてくれたりもしますので、人の目があり、しっかり見守られているという環境はかなり安心できるでしょう。 モニターフォン付きの物件に住む モニター付きのインターフォンが設置されている物件であれば、迷惑なセールスや不審者の訪問に対してドアを開けることなく部屋の中から対応できるため、防犯面から見てもとても安全です。 こちらも、女性の一人暮らしの条件として入れておくことをおすすめします。 保育園やファミリーが多い地域に住む 保育園や学校が多く、ファミリー層が多い地域は、子供を見守るための人の目があり、また子供が多いことで夕方や夜間の見回りを地域で行っていたりと、防犯意識が高いことが特徴です。 物件を探す際に、こういった地域(エリア)を希望するのもおすすめです。 「」について特化した記事もありますので、あわせてご覧ください。 女性の一人暮らしも、防犯に気をつけてのびのび暮らそう 怖い思いをするために一人暮らしをするわけじゃない!女性の一人暮らしには気を付けなくてはいけないことがたくさんありますが、それらはどれも適切に対処することで防犯性を高め、女性でも安心して一人暮らしが送れるようになります。 防犯意識が高くなると、色々な条件を物件選びに追加したくなると思います。 条件が多くなればなるほど、一人で物件を探すのは困難になっていきますので、「こんな条件の物件なんてあるのかな?」と一人で悩まず、そんな時はプロに任せてしまいましょう! エイブルAGENTではお客様の条件を加味し、豊富な物件数から、ひとり一人に合った最適な物件のご提案をすることができます。 またご来店が難しい場合でも、エイブルAGENTの無料登録をしていただくことで、お客様とLINEを通して疑問や質問の返答や物件のご提案までをさせていただきます。 物件探しの際はぜひ、お気軽にエイブルAGENTにお問合せください。 お客様の暮らしをサポートいたします。

次の

女性の一人暮らし準備で注意する点 【 一人暮らし情報サイト 】

女性 一人暮らし 部屋

女性の一人暮らしは危険! 女性被害を防ぐためには、物件選びから 昔から一人暮らしの女性を狙った犯罪はありましたが、近年ではストーカー行為に悩まされたり、常軌を逸した通り魔事件が多発したりして、その手口も巧妙で危険度が高まってきています。 特定の女性を狙ったものから、行きずりの犯罪までいろいろありますが、女性側も「決して他人ごとではない」という意識を強く持ち、しっかりと対策を練りたいものです。 そのために、まず物件探しの段階から少しでも危険性の低い物件選びを心がけましょう。 女性が犯罪に巻き込まれる約半数が路上で起きていて、強姦事件の半分は自宅での被害となっているのも驚くべきことです。 では、どのような場所や部屋が狙われやすいのでしょう? 人通りや街頭・店舗が少ない道や、細い脇道・空き地・使われていない工場や倉庫など、女性を引きずり込む場所が近い物件は大変危険です。 そして『女性の一人暮らしであることが分かる部屋』『簡単に忍び込める構造の部屋』は大変狙われやすくなります。 そのため、物件を探す際には、建物の構造やセキュリティーはもちろんですが、自宅周辺の土地や地形も大変重要になってきます。 特に公共交通機関で通勤や通学をする場合、バス停や駅から自宅への道すがらに襲われる可能性も考慮して、物件の場所を慎重に選びたいものです。 ここだけは抑えよう!物件内覧時のチェックポイント セキュリティーは徹底重視! 具体的に、一人暮らしの女性の場合はどんな点に気をつけて物件選びをすれば良いのでしょう? 最近では女性の一人暮らし専用の、セキュリティーがしっかりした物件も数が増えていますが、そのような物件はまだ件数も限られており、また家賃が割高であるというのもまた事実です。 とはいえ、できる事なら女性専用にセキュリティーを万全に整えたレディースマンションに入居するのが一番安全と言えるでしょう。 女性専用のレディースマンションには以下のような特徴があります。 ・オートロック・防犯カメラ・二重施錠・管理人常駐などセキュリティーがしっかりしている• ・女性専用なので、住人に変な人が紛れ込む危険性が少ない• ・女性向けデザインの物件が多い• ・家賃が割高• ・家族や知り合いの男性でも、立ち入りが制限されている場合がある 必ずしもメリットばかりというわけではありませんが、安全性の面から言えば安心できると言えるでしょう。 とはいえ、レディースマンションの件数は限られています。 家賃の関係で一般的な物件から選ばなければならないケースが多いのも現実なので、そういった物件を内覧する際にチェックすべき点についてご紹介します。 安全!Goodポイント ・2階以上の部屋 ・ロビーなどに防犯カメラが設置してある ・オートロックがある ・ドアホンなどが設置されていて、ドアを開けなくても訪問者を確認できる ・駐輪場や駐車場に夜間照明・防犯カメラなどが設置してある ・階段の踊り場などが外から見える ・エレベーターに窓がある ・通路側の窓に柵や格子が取り付けられていて、外部から侵入しにくい ・他人にゴミをあさられないよう、ゴミ集積場が設置してある 危険!Badポイント ・人気のない場所にある ・よじ登りやすい角部屋 ・外部の人が郵便物を簡単に見れるような物件(マンション入口付近に全戸の郵便受けがある、等) ・公団のように何棟も同じような建物が立ち並び、物陰が多い ・ドアチェーンがない、ドアが木製で簡単に壊れてしまいそう 引越し後でも遅くない!自分でできる防犯対策 ドア・窓近辺には用心を 誰もがオートロックや防犯カメラのついた物件に入居できるわけではありません。 そのため、一般的な物件に入居した場合に、自分で出来る防犯対策についても知っておくべきでしょう。 まず一番重要なのは『女性の一人暮らしと気づかれないようにする』ことです。 そのためにはどうすればよいのでしょう? ドア近辺 ・郵便箱がロビーなど外部の人でも開けられる場所にある場合は鍵をつける ・玄関の鍵を開ける前に、周りに人が居ないか確認してから開ける(開けた瞬間に押し込まれることがあるため) ・帰宅したら、鍵を開ける前にインターホンを鳴らし、誰かが中にいると見せかける ・帰宅したら靴を脱ぐ前に、ドアチェーンと鍵をかける ・玄関に男物の靴を置いておく 窓近辺 ・洗濯物を夜間に干さない ・下着を外に干さない ・男性用の下着をわざと外に干す ・ピンクや花がらなど、いかにも女性と思われるようなカーテンは使わない ・カーテンは出来るだけ厚めのもので、外から見えないようにする ・夜は必ず窓を締めて、鍵もかけておく これらの他に、自分で設置できる防犯グッズも是非活用したいものです。 盗聴器や盗撮器を発見する『クロスガード』やドアスコープからの覗き見を防止する『ドアスコーププロテクター』など、最近はためになる防犯グッズが多く発売されています。 不特定多数を狙う犯罪者は、防犯を徹底している隙がないと女性はターゲットとして避けるものです。 防犯に気をつけて、安全で楽しい一人暮らしを満喫してくださいね。

次の

男性の部屋、女性たちはココを見る! [一人暮らし] All About

女性 一人暮らし 部屋

女性の一人暮らしの部屋のおしゃれなレイアウトの画像のご紹介! 女性の一人暮らしの部屋は、女子力が試されますよね。 友達を招いてお部屋で、 女子会なんていうのもいいかもしれません。 しかし、おしゃれでくつろげるレイアウトにするには、 どうしたらよいのでしょうか? 早速、 女性の一人暮らしの部屋の、 おしゃれなレイアウト画像をご紹介します。 茶系のカラーで統一された部屋は、 主張しすぎないインテリアで、疲れを癒してくれます。 リゾートスタイルのソファーで読書するのもいいですね。 ポップでカジュアルな女性の一人暮らしの部屋 参照元 www. google. jp こちらの女性の一人暮らしの部屋は、 色使いが可愛く、 おしゃれなレイアウトの画像です。 個性をうまく引き出したインテリアに仕上がっています。 絵画や壁掛け時計の小物をうまく活用し、 お部屋にいるのが楽しい気分になりますね。 ライトカラーのインテリアで部屋の中も明るく、 バランスのいいおしゃれな女性の一人暮らしの部屋ですね。 テーブルを置かず、 必要最低限の物で狭い部屋でもうまくまとめています。 カフェでゆったりくつろいでいる気分になれますね。 お友達も招き入れたくなるような、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 スペースをうまく利用した女性の一人暮らしの部屋 参照元 drive. google. com こちらの一人暮らしの部屋は、 限られたスペースをうまく利用した、 おしゃれなレイアウトの画像です。 ペットと仲良く暮らしている、 隠れ家風のおしゃれなインテリアに仕上がっていますね。 個性をうまく引き出した、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 hokuointerior. リビングエリアと 寝るエリアを、 間接照明を利用して、 上手に空間分けをしていますね。 ワンルームの狭いスペースでも心地よい雰囲気に仕上がっている、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 ピンクとホワイトの組み合わせは、 キュートさを引き出すには抜群に相性がいいですね。 女性目線の柔らかい乙女コーデが完成した、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 背の高い家具を置かずに、 縦の空間を作る事で部屋が広く見えます。 淡いグリーンのラグマットとクッションがアクセントになっていて、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋が完成しています。 domfront. おしゃれな棚を仕切りに利用して、 うまく空間分けをしていますね。 洗練された統一感のある、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋が完成です。 seesaa. 統一感のないインテリアですが、 自分好みにうまくまとめていますね。 まるで自分だけのお城のようです。 赤色のラグマットも個性があって、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 1hitorigurashi. 女性らしいビビットな赤色を取り入れて、 個性を引き出したおしゃれな女性の一人暮らしの部屋ですね。 花柄のカーテンも可愛く、 華やかな雰囲気を引き出しています。 interior-suki. お部屋全体が毎日ウキウキしてしまうような、 おしゃれなインテリアの宝箱のようですね。 ナチュラルな味わいのある、 女性の一人暮らしの部屋です。 naver. ベッドのような大きい家具はレイアウトに困りますが、 ロフトベッドなら狭い部屋でも安心ですね。 木目調の家具もあたたかく、 おしゃれな雰囲気を感じさせる、 女性の一人暮らしの部屋です。 コーヒーを飲みながら、 カフェのようなくつろげる時間を過ごせそうですね。 インテリアや小物のバランスもとても良く、 おしゃれな女性の一人暮らしの部屋に仕上がっています。 1hitorigurashi. 茶系のあたたかみのある家具はやすらぎを感じますね。 収納付きベッドで狭い部屋でも収納スペースを確保し、 うまく馴染ませているおしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 hokuointerior. ナチュラルなウッドの床と白い壁が、 北欧独特の味わいを引き出していますね。 清潔感のあるとてもおしゃれな女性の一人暮らしの部屋です。 jp こちらの女性の一人暮らしの部屋は、 ホワイトを基調にカラフルな絵画をアクセントにした、 おしゃれなレイアウトの画像です。 清潔感のあるホワイトに、 カラフルな絵画を飾り付けて、 インパクトがありますね。 とてもおしゃれな女性の一人暮らしの部屋に仕上がっています。 interiordesignbox. 大きめの絵画をインテリアにして、 個性が溢れるとてもおしゃれな女性の一人暮らしの部屋が完成していますね。 一人掛けチェアをうまく使って空間分けをしています。 いかがでしたか? 女性の一人暮らしの部屋は、 家具やインテリアの小物など、 アイテムが豊富にあります。 是非、こちらのレイアウトの画像を参考にして、 個性溢れるおしゃれな女性の一人暮らしの部屋を作り上げてみてください。 今回は、 女性の一人暮らしのおしゃれなレイアウトの画像をご紹介しました。

次の